IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お願い致します」の例文と「申し上げます」「いたします」違い

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

「お願い致します」はどのように使えば良いのでしょうか。また、敬語表現と言えるのでしょうか。このぺージでは、「お願い致します」の例文や敬語表現、表記の仕方などについて、考察やご紹介をしています。普段何気なく使っている方は、この機会にぜひ見直してみて下さい。

使いこなそう!「お願い致します」の意味・例文・敬語

「お願い致します」という言い回しは、ビジネスシーンで最もよく使われているフレーズの1つだと言えるでしょう。社会人の中には、「お願い致します」という言い回しを、1日に1回以上、必ず使っているという方もいらっしゃると考えられます。 そんな身近なフレーズの1つである「お願い致します」という表現ですが、決まり文句のようになっているために、深く考えずに何となく使っているという方も、少なくないでしょう。そのため、「お願い致します」という言い回しの意味や敬語表現、使い方や言い回しのバリエーションについて、あまり考えたことがない方もいらっしゃると予想できます。 そこで今回は、「お願い致します」というフレーズをテーマにして、言い回しのバリエーションを増やすのに参考になりそうな例文や、敬語表現、「お願い申し上げます」との違いなどについて、考察・ご紹介していきます。

「お願い致します」の例文

早速、「お願い致します」というフレーズを使用した例文をご紹介していきます。「お願い致します」というフレーズは、さまざまなシーンで使用できるフレーズです。そのため、使い方も幅広く、言い回しのバリエーションも豊富にあります。 例文を通して、「お願い致します」というフレーズの使い方や言い回しのバリエーションについて、考えてみることをします。

「お願い致します」の例文【1】:よろしく

さまざまな使い方が存在する「お願い致します」というフレーズの中でも、特に多く使用されるフレーズが、「よろしくお願い致します」という言い回しでしょう。いろいろな言葉と組み合わせて使用できる「お願い致します」というフレーズですが、「よろしく」という言葉との組み合わせは、最も多く使用されている組み合わせの1つだと言えるでしょう。 そこでまずは、「よろしくお願い致します」というフレーズを使用した例文をご紹介していきます。 ・今後ともよろしくお願い致します。 ・ご指導のほど、よろしくお願い致します。 ・不束者ではありますが、よろしくお願い致します。

「お願い致します」の例文【2】:どうぞ

「お願い致します」という言い回しは、上記でご紹介した「よろしく」という言葉以外の言葉と組み合わせて使用することもあります。その1つとして、「どうぞ」という言葉が挙げられます。「どうぞお願い致します」という言い回しは、特に切実なお願いをする場合などに使われることが多い言い回しで、「お願い致します」を「どうぞ」が強調しているとも考えられます。 ・今後とも、どうぞよろしくお願い致します。 ・ご検討いただきますよう、どうぞよろしくお願い致します。 ・お気付きの点がございましたら、ご意見いただけますよう、どうぞお願い致します。

「お願い致します」の例文【3】:ご確認お願い致します

ビジネスシーンでは、書類や企画書、資料などを使ってやり取りすることも多いでしょう。そのため、メールや手紙に、資料などを添付したり同封したりした場合は、確認するようお願いする文言を添えるケースも少なくありません。 上記のようなケースで添える言葉の1つとして、「ご確認お願い致します」というフレーズが挙げられます。以下で、「ご確認お願い致します」を使用した例文をご紹介していくので、ぜひ使い方の参考にしてみて下さい。 ・資料を添付いたしましたので、ご確認お願い致します。 ・お手数ですが、同封いたしました資料の内容について、ご確認お願い致します。 ・プレゼン資料を修正いたしました。ご確認お願い致します。

「お願い致します」の例文【4】:何卒

上記でご紹介した言い回しの他にも、「お願い致します」は「何卒」などの言葉とともに使用されるケースがあります。「何卒」とは、「お願い致します」を強調する言葉です。以下の例文で、使い方や使いどころを確認していきましょう。 ・契約の件につきましては、ご検討のほど、何卒よろしくお願い致します。 ・今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い致します。 ・今後も精進して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

「お願い致します」と「お願いいたします」の違い

文章で文字として見ていると、「お願い致します」という言い回しは、「お願いいたします」と表記されるケースもあります。「致します」の部分を漢字で表記しているか、ひらがなで表記しているかという、些細な違いではありますが、意味や使い方に影響があるものなのかどうか、気になるところです。 そこで続いては、「お願い致します」と「お願いいたします」の違いについて考察していきます。

漢字かどうかの違い

上記でも触れたとおり、「お願い致します」と「お願いいたします」は、音の響きなどは同じであり、異なる点は「いたします」という言葉を漢字で表記しているのか、ひらがなで表記しているのかという点のみです。 しかし、「いたします」を漢字で表記するのと、ひらがなで表記するのとでは、意味やニュアンスに違いがあるとされています。 以下に引用した、「キャリアカーバー」の解説によると、「致します」と表記した場合は、動詞としての用法になるとされています。その場合は、「その物事が原因となり、良くない結果へ結び付く」という意味になるとされています。一方、「いたします」と表記した場合は、「する」という言葉を謙って表現した形になると言われています。

「致します」は動詞の用法になり、“そのことが元で、よくない結果を引き起こす”という意味が含まれます。反対に、「いたします」は補助動詞「する」の謙譲語・丁寧語の用法です。

初回公開日:2018年03月08日

記載されている内容は2018年03月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング