IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「いただきたく存じます」の使い方・上司に使うか|二重敬語

敬語

かしこまった場でよく耳にする「いただきたく存じます」というフレーズ。ですが、いざ自分で使おうとすると「二重敬語じゃないか?」、「使い方あってる?」と疑問になる方も少なくないのではないでしょうか。この記事ではそんな「いただきたく存じます」について解説します!

更新日時:

「いただきたく存じます」というフレーズ

「いただきたく存じます」というフレーズ

お祝いの席のスピーチで、取引先とのやり取りのメールの中で、と社会人なら誰でもどこかで一度は見たことがあるでしょう、「いただきたく存じます」というフレーズ。 一見正しく丁寧な敬語表現のようですが、「あれ?これって二重敬語じゃない?」、「どういう時に使える言葉だっけ?」、「目上の人には使えるの?」など、自分で使おうとすると戸惑ってしまう方も少なくないはずです。 この記事では、そんな「いただきたく存じます」について、解説していきます。改めてしっかり使い方や意味をおさえて、さらっと使えるようになりましょう。

「いただきたく存じます」の意味と使い方

「いただきたく存じます」の意味と使い方

まずは、「いただきたく存じます」の意味・使い方をおさらいしておきましょう。

「いただきたく存じます」の意味

「いただきたく存じます」を分解すると、「いただきたく」という言葉と、「存じます」という言葉に分けられます。 こちら二つの言葉はどちらも、敬語の謙譲語に分類される言葉で、「いただきたく」は「〜して欲しい」という意味の言葉、「存じます」は「思います」という意味の言葉です。 この二つの言葉の意味を並べると、「いただきたく存じます」という言葉は、「して欲しいなと思います」という意味の言葉になります。

「いただきたく存じます」の使い方

「いただきたく存じます」は上記で見たように、「して欲しいなと思います」という意味の言葉です。ですので、相手の方に何か依頼する時に使うのが、正しい使い方になります。 例えば、取引先の方に打ち合わせの約束を取り付けたい時は、「打ち合わせのお時間をいただきたく存じます」、というように使います。 ここでポイントなのは、「いただきたく存じます」は、謙譲語でできたフレーズであるということです。謙譲語は「自分より目上の人に対し、自分や自分の所有している、所属していると思うものを、へりくだって言い表すことで相手の人をたてる言葉」です。 ですので、同僚や部下など同じ立場や目下に当たる相手には、「いただきたく存じます」は使いません。

こんな場面で使うのがベスト

ところで、「いただきたく存じます」という言葉を、耳で聞く機会はなかなかないよな、と思われる方も多いのではないでしょうか? もちろん、正しい敬語ですので、会話の中に取り入れても何も問題はありません。ただ、「いただきたく存じます」は、会話の中で使うには少し堅苦しい言葉ではあります。 ですので、使う時にはかしこまって話すスピーチの場やメール、文章の中で使うのがベターな表現だと言えるでしょう。

「いただきたく存じます」は上司に使っていいのか

「いただきたく存じます」は上司に使っていいのか

先ほどの使い方のところで、「いただきたく存じます」は謙譲語で、同じ立場の人や、目下の人には使わない言葉であるとお話ししました。 では、同じ会社の上司には使っていいのか、ですがもちろんOKです。あなたにとって、上司の方は目上の方にあたりますので、「自分より目上の人に対して、自分をわざとへりくだって見せて相手をたてる」謙譲語の「いただきたく存じます」を使って、敬意を示してもおかしくありません。 例えば、上司の方に何か教えて欲しい時などは、「ご教示いただきたく存じます」という風に使えます。

ビジネスメール

意味を覚えれば、誰かに依頼するときに使える良いフレーズですが、メールで使うときには「使いすぎ」に注意です。 「いただきたく存じます」という言葉は、誰かに何かをお願いする表現です。「して欲しいなと『思います』」と、少し遠慮がちに何かをお願いしている言葉でもあります。 ですので、あまりたくさんのことを一つのメールの中でお願いするのに「いただきたく存じます」を使っていると、送られた側も遠慮されている気がしません。また、何を一番して欲しいのか、焦点ぼやけてしまいます。 「いただきたく存じます」を使うときは、これこそはお願いしたい、という項目に対して使うように心がけましょう。

「いただきたく存じます」は二重敬語なのか

「いただきたく存じます」は二重敬語なのか

「いただきたく」も「存じます」も敬語の表現であると聞いて、何人かの方は「あれ?それって一つのフレーズに二つも敬語が入っているから、二重敬語で謝りじゃない?」と疑問に思われたのではないでしょうか。 この項では、「二重敬語とは何か」についておさらいし、「いただきたく存じます」が二重敬語かそうでないかを見極めていきます。

そもそも二重敬語とは?

「二重敬語」とは「一つの単語に二重の敬語が使われている言葉」のことをさします。簡単な例をご紹介しますと、「おご飯」という言葉は誰もが聞いて違和感を持つでしょうが、二重敬語になります。 「飯」という単語に、敬語の丁寧語に当たる「お」と「ご」、どっちもついているので、敬語として使うには一つで十分なのに、さらに敬語をつけている状態と言えます。 間違いやすい例として、「おっしゃられる」などが挙げられます。つい使ってしまいがちですが、これは二重敬語です。 「おっしゃられる」は「言う」の尊敬語の「おっしゃる」と、「する」の尊敬語の「される」が繋がった言葉です。「言う」と言う言葉に二つの敬語がついているのが、お分かりになるでしょうか。正しい言い方は「〜とおっしゃる」です。 このように一つの言葉に対し、二重の敬語表現がついてしまっている敬語を二重敬語と言 います。

では、「いただきたく存じます」は二重敬語なのか?

二重敬語であるか見極めるポイントは「一つの単語に」敬語が二重についているかどうかです。 「いただきたく存じます」は、「欲しい」という「一つの単語」に対して、「いただきたく」という「一つの敬語」、「思う」という「一つの単語」に対して、「存じます」という「一つの敬語」がついている言葉です。 「欲しい」にも「思う」にも、二重に敬語表現が入っていません。したがって、「いただきたく存じます」は二重敬語ではないことになります。

敬語の表現が連続で続いているから勘違いしやすい

敬語の表現が連続で続いているから勘違いしやすい

二重敬語は「一つの単語に二重の敬語が使われている表現」であると説明しました。その定義によれば「いただきたく存じます」という言葉は、二重敬語でないのももうお分かりでしょう。 どうして勘違いしてしまうのか、と言いますと、「いただきたく」と「存じます」という二つの敬語表現が並んでいるからです。ですが、実際には二つ敬語表現が並んでいるだけでは、二重敬語にあたりません。

例えばこんな言葉も正しい敬語

例えば、「おっしゃる」を、「言う」ではなく、「言っていた」にしたい時を考えてみましょう。「言って」は「おっしゃって」と尊敬語に直します。「いた」も敬語にしなければいけませんので、「いました」、あるいは同じ尊敬語で「いらっしゃった」に直しても、くどい言い回しですが、間違いではありません。 すると、「おっしゃっていました」「おっしゃっていらっしゃいました」と、二つの敬語が並んだフレーズになりますが、一つの単語に一つの敬語表現なので、二重敬語ではありません。 「一つの単語に二つの敬語表現」が二重敬語、「敬語表現が二つ並んでも正しい敬語」と覚えておきましょう。

「いただきたく存じます」の言い換え表現

「いただきたく存じます」の言い換え表現

では、「いただきたく存じます」の他に、「して欲しいと思います」と伝えられる表現はあるのでしょうか。他の表現もチェックして、ぜひ使える敬語のレパートリーを増やしましょう。

「〜いただければ幸いです」

「いただきたく存じます」よりも、「そうしてもらえると助かります、嬉しいです」という気持ちが伝わる表現です。また、「いただきたく存じます」より柔らかなニュアンスで、自分の希望を伝えられる表現とも言えるでしょう。

「〜願いたく存じます」

「〜をお願いしたいと思ってます」という意味の言葉です。「いただきたく存じます」が「〜して欲しいけど良いですか?」というニュアンスがあるのと同じように、「お願いしたいけど良いですか?」というような遠慮が見られる表現です。

「〜のほどよろしくお願いいたします」

「〜をよろしくお願いします」を、「〜のほど」とすることで少しぼかして、ニュアンスを柔らかくした表現です。「いただきたく存じます」より「〜をお願いします」と、はっきり依頼しているニュアンスの言葉となっています。

「いただきたく思います」は間違いではないか?

「いただきたく思います」も「思う」が謙譲語の「存じる」ではなく、丁寧語に変わっただけですので、間違った敬語ではありません。 ただし、「いただきたく存じます」より砕けた言い方なので、改まった場面や普段あまり話すことがない、少し距離がある上司の方、お客様の前では「いただきたく存じます」と言った方が無難でしょう。

「いただきたく存じます」は失礼になるのか

「いただきたく存じます」は失礼になるのか

「いただきたく存じます」という言葉自体は、正しい敬語ですし、目上の方やお客様に対して使うのであれば、十分丁寧な言葉ですが、ビジネスメールの項でお話したように、「お願いする時に使う言葉」なので、多用するのは失礼となります。 また、前後の話の文脈から、「それをお願いするのはどうなの?」と思われるようなことを、「いただきたく存じます」と言ってしまうのも、一方的で失礼な行為と言えるでしょう。 「いただきたく存じます」を使うときには、その言葉を使う相手のことを考えて使えるようになりましょう。

正しく使って上手にお願いしよう!

正しく使って上手にお願いしよう!

いかがでしたでしょうか。正しく敬語を使うことは難しいことですが、意味や使い方を一度覚えれば、円滑に人とやりとりができるようになります。 「いただきたく存じます」の正しい使い方を知って、上手に物事を進められるようになれるようになりましょう。

関連タグ

アクセスランキング