IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「いただきたく存じます」の使い方・上司に使うか|二重敬語

更新日:2020年11月19日

敬語

かしこまった場でよく耳にする「いただきたく存じます」というフレーズ。ですが、いざ自分で使おうとすると「二重敬語じゃないか?」、「使い方あってる?」と疑問になる方も少なくないのではないでしょうか。この記事ではそんな「いただきたく存じます」について解説します!

「いただきたく存じます」というフレーズ

お祝いの席のスピーチで、取引先とのやり取りのメールの中で、と社会人なら誰でもどこかで一度は見たことがあるでしょう、「いただきたく存じます」というフレーズ。 一見正しく丁寧な敬語表現のようですが、「あれ?これって二重敬語じゃない?」、「どういう時に使える言葉だっけ?」、「目上の人には使えるの?」など、自分で使おうとすると戸惑ってしまう方も少なくないはずです。 この記事では、そんな「いただきたく存じます」について、解説していきます。改めてしっかり使い方や意味をおさえて、さらっと使えるようになりましょう。

「いただきたく存じます」の意味と使い方

まずは、「いただきたく存じます」の意味・使い方をおさらいしておきましょう。

「いただきたく存じます」の意味

「いただきたく存じます」を分解すると、「いただきたく」という言葉と、「存じます」という言葉に分けられます。 こちら二つの言葉はどちらも、敬語の謙譲語に分類される言葉で、「いただきたく」は「〜して欲しい」という意味の言葉、「存じます」は「思います」という意味の言葉です。 この二つの言葉の意味を並べると、「いただきたく存じます」という言葉は、「して欲しいなと思います」という意味の言葉になります。

「いただきたく存じます」の使い方

「いただきたく存じます」は上記で見たように、「して欲しいなと思います」という意味の言葉です。ですので、相手の方に何か依頼する時に使うのが、正しい使い方になります。 例えば、取引先の方に打ち合わせの約束を取り付けたい時は、「打ち合わせのお時間をいただきたく存じます」、というように使います。 ここでポイントなのは、「いただきたく存じます」は、謙譲語でできたフレーズであるということです。謙譲語は「自分より目上の人に対し、自分や自分の所有している、所属していると思うものを、へりくだって言い表すことで相手の人をたてる言葉」です。 ですので、同僚や部下など同じ立場や目下に当たる相手には、「いただきたく存じます」は使いません。

こんな場面で使うのがベスト

ところで、「いただきたく存じます」という言葉を、耳で聞く機会はなかなかないよな、と思われる方も多いのではないでしょうか? もちろん、正しい敬語ですので、会話の中に取り入れても何も問題はありません。ただ、「いただきたく存じます」は、会話の中で使うには少し堅苦しい言葉ではあります。 ですので、使う時にはかしこまって話すスピーチの場やメール、文章の中で使うのがベターな表現だと言えるでしょう。

「いただきたく存じます」は上司に使っていいのか

先ほどの使い方のところで、「いただきたく存じます」は謙譲語で、同じ立場の人や、目下の人には使わない言葉であるとお話ししました。 では、同じ会社の上司には使っていいのか、ですがもちろんOKです。あなたにとって、上司の方は目上の方にあたりますので、「自分より目上の人に対して、自分をわざとへりくだって見せて相手をたてる」謙譲語の「いただきたく存じます」を使って、敬意を示してもおかしくありません。 例えば、上司の方に何か教えて欲しい時などは、「ご教示いただきたく存じます」という風に使えます。

ビジネスメール

意味を覚えれば、誰かに依頼するときに使える良いフレーズですが、メールで使うときには「使いすぎ」に注意です。 「いただきたく存じます」という言葉は、誰かに何かをお願いする表現です。「して欲しいなと『思います』」と、少し遠慮がちに何かをお願いしている言葉でもあります。 ですので、あまりたくさんのことを一つのメールの中でお願いするのに「いただきたく存じます」を使っていると、送られた側も遠慮されている気がしません。また、何を一番して欲しいのか、焦点ぼやけてしまいます。 「いただきたく存じます」を使うときは、これこそはお願いしたい、という項目に対して使うように心がけましょう。

「いただきたく存じます」は二重敬語なのか

次のページ:「いただきたく存じます」の言い換え表現
初回公開日:2018年03月18日

記載されている内容は2018年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング