IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「取り急ぎご報告まで」の意味と使い方・例文と返信方法

初回公開日:2018年03月15日

更新日:2018年03月15日

記載されている内容は2018年03月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

メールでのやり取りというのは、お互いの顔が見えない状態ですので、通常の会話よりも気を使わないと、思わぬ誤解を招いてしまう原因になりかねません。今回はビジネスメールでよく使われる「取り急ぎご報告まで」の正しい使い方や意味についてご紹介いたします。

ビジネスでメールを使う場合に覚えておきたい言葉

昨今のビジネスは対面だけに留まらず、メールでのやり取りをすることも多くなって参りました。メールでのやり取りというのは、お互いの顔が見えない状態ですので、通常の会話よりも気を使わないと、思わぬ誤解を招いてしまう原因になりかねません。 正しい言葉の使い方を覚えることは、ビジネスパーソンとして必要なスキルであることはもちろん、柔らかい印象を与えることはビジネスを円滑に進める可能性をあげてくれます。 そこで今回は、ビジネスメールで使われることが多い「取り急ぎご報告まで」の意味や正しい使い方、「取り急ぎご報告まで」と書かれたメールを受け取った場合の返信方法などをご紹介いたします。

「取り急ぎご報告まで」の意味と使い方

「取り急ぎご報告まで」の意味と使い方

最初に「取り急ぎご報告まで」の意味ですが、まず「取り急ぎ」という言葉はその文字のとおり「とりあえず急ぎで」の意味を持ちます。他にも報告すべき事柄はあるけれども、とりあえずこの件については報告しておきます、といった意味合いや、後で詳しい報告をするけれどまずは伝えておきますといった意味合いで使われます。 詳細な報告をした長文のメールで「取り急ぎご報告まで」を使うことは普通無いでしょう。 しかし、考えてみてください。急ぎの要件であれば、電話や訪問などの方が早く伝えることができるので、本当に急ぎの要件であれば、電話や訪問を選んだほうがビジネスにおいては信頼を得られるでしょう。 もちろん、メールで一度連絡したうえで電話した方がスムーズにいく場合や、メールでしか対応していない部署に連絡する場合などには「取り急ぎご報告まで」を使用することもありますが、本当に重要度の高い案件で使われることは少ないです。

文末に使うことが多い

メールで「取り急ぎご報告まで」を使う場合は、ほとんどの場合文末に使用されます。「まで」と言っているので、要件を伝えた後に使われます。宛名、挨拶、要件、取り急ぎご報告まで、署名、といった並びで簡単に送られることが多いでしょう。まだ全ての案件が落ち着いた訳ではないけれど、一次報告をしなければいけない場合などに、締めの言葉として使える便利な言葉になります。

人によっては失礼にあたる?

人によっては失礼にあたる?

先ほどもご紹介したとおり、「取り急ぎご報告まで」という言葉は、「とりあえず」という意味なので、取引先や目上の人、上司などに使うのは好ましくないとされています。もちろん、どうしても急ぎでメールを作った場合に使われることもあります。また「取り急ぎ報告まで」という言葉自体は敬語として間違ってはいないので、目上の人に使ったらダメだという事はありません。 ただ、「取り急ぎご報告まで」を使うと「マナーのなっていない人」のレッテルを貼られる恐れがあるので多用は避けた方が好ましいと言えるでしょう。「取り急ぎご報告まで」はほかの言葉に言い換えることもできるので、どうしても使いたいシーンに出くわした場合はそれを使った方が良いでしょう。具体的な言い換え方法はのちほどご紹介いたします。

あとで詳細な説明をするのが前提

「取り急ぎご報告まで」という言葉を使ったメールを送った場合には、あとで詳細な説明をするのが前提条件となります。例えば、メールが届いた場合や打ち合わせの日時が変更になった場合に使えます。届いたメールに関する詳細な返事はあとでする場合や、打ち合わせの日時が変更になったことをすぐに伝えないと、相手に迷惑がかかってしまう場合に使います。 逆に言うと、先ほど紹介したように緊急性がないメールでこの「取り急ぎご報告まで」を使うことは少ないです。 そのほかに連絡すべき事項がある場合や、後ほど詳細な連絡をする場合には「取り急ぎご報告まで」の他にも、「追って連絡いたします」と言った言葉を添えると、受け取った場合の印象が柔らかくなるでしょう。ビジネスパーソンとして、連絡が遅くなりすぎないように注意して「取り急ぎご報告まで」を使うようにしましょう。

「取り急ぎご報告まで」の例文

「取り急ぎご報告まで」の例文

今まで「取り急ぎご報告まで」の意味について紹介してきました。では実際に「取り急ぎご報告まで」を使った例文を見てみましょう。

取り急ぎご報告までですが

「取り急ぎご報告までですが」という言葉を使う場合は、結果がまだ出ていない場合に多く使われます。ひとまず、こういった状態になったのであなたに知らせておきます、という意味になりますので、先ほどご紹介した「打ち合わせの日時が変更になった」場合や「依頼していた物品の納品の確認が取れた」場合に使用されます。

取り急ぎご連絡まで申し上げます

ビジネスで大事なものは「ホウレンソウ」と言われます。「ホウレンソウ」とは「報告」「連絡」「相談」の三つの頭文字をとった言葉の事を表していて、上司と部下の連携が大事だということを表現しています。そのため、何か緊急事態が起きた場合や、報告を受け取った場合に「取り急ぎご連絡まで申し上げます」が使われます。 また、何か納品をしてもらった場合に、内容はまだ確認していないが受け取ったことは確か、という旨を先方に伝える際に「取り急ぎご連絡まで申し上げます」を使います。この「取り急ぎご連絡まで申し上げます」を使う場合には、先ほどの「取り急ぎご報告まで」と同じように、のちほど詳しい連絡をすることが前提となっています。

「取り急ぎご報告まで」の丁寧語

「取り急ぎご報告まで」の丁寧語

さて、「取り急ぎご報告まで」を使用すると失礼だと感じる人がいる、ということを先ほどご紹介しましたが、どんな風に言えば失礼に当たらないのでしょうか。まず、「取り急ぎ」という言葉が「とりあえず急ぎで」という意味を持つので、「取り急ぎ」の部分を「まずは」などに言い換えると少し丁寧な印象になります。 続いて「ご報告まで」の部分ですが、「ご報告」は丁寧語になっているのでそのままで大丈夫です。では問題は「まで」の部分です。「まで」という言葉は言い切りの形になっているので、ぶっきらぼうな印象を相手に与えてしまいがちです。「まで」ではなく「いたします」や「申し上げます」といった言葉に変えると相手はマイルドな印象を受けるでしょう。

他の言葉で丁寧さを補う

先ほど「取り急ぎご報告まで」の後に「追ってご連絡いたします」という言葉を添えると柔らかい印象を与えることができると書きました。上記の言葉に加えて、「追ってご連絡いたします」や「後ほど改めて詳細なご連絡差し上げます」といった言葉を付け加えるとさらに柔らかい印象を相手に与えることができるでしょう。

「取り急ぎご報告まで」の言い換え表現

「取り急ぎご報告まで」の言い換え表現

先ほどの言い換え方をまとめると「取り急ぎご報告まで」は「まずは、ご報告いたします」や「まずは、ご報告申し上げます」といった言い方にするのが良いでしょう。あとで詳細な連絡をする予定の場合は「まずはご報告のみで失礼いたします」といった言葉を最後に添えるのも、相手に柔らかい印象を与えることができます。

「取り急ぎ」の部分を変える

「取り急ぎご報告まで」の「取り急ぎ」が「とりあえず」という意味を持つので、良くない印象を与える場合があるというのをご紹介してきましたが、「まずは」の他にも色んな言葉に置き換えることができます。 例えば、報告すべき事案なのか自分では判断がつきかねる場合には「取り急ぎご報告まで」の「取り急ぎ」を「念のため」に置き換え、「念のためご報告いたします」といった言葉に変えると、相手に自分の意図が伝わる確率が上がることでしょう。そのほか、詳細に連絡することができた場合には「取り急ぎご報告まで」ではなく、「以上、ご報告させていただきます」といった表現に言い換えることができます。

「取り急ぎご報告まで」への返信は必要?

「取り急ぎご報告まで」への返信は必要?

メールを受け取った際に「取り急ぎご報告まで」と書かれていた場合、そもそも返信が必要かどうかで迷う方もいます。実際、「取り急ぎご報告まで」という言葉が使われているメールは先述のように、のちほど詳細な連絡がくる予定のものがほとんどなので、その連絡がくるまで返信をしなくても良いという考えの人もいます。では、返信はするべきなのか、それともしない方が良いのでしょうか。

返信はした方が無難?

「取り急ぎご報告まで」と書かれたメールを受け取った場合、返信した方が良いのでしょうか。結論から言うと、「取り急ぎご報告まで」とあっても返信をした方が無難だと言えます。人によっては、ビジネスメールということを踏まえると、報告を受けたのだから返信をしないとマナー違反にだという考えの方もいます。 また、返信がないと相手もメールが届いたのか分からず、不安になってしまう可能性があります。一言返信をすれば、相手方を安心させることができ、円滑に仕事を進めることができる可能性が上がります。ということから、「取り急ぎご報告まで」と書かれたメールを受け取った場合には、返信をした方が無難と言えます。

「取り急ぎご報告まで」の返信方法

「取り急ぎご報告まで」の返信方法

では、実際に「取り急ぎご報告まで」と書かれたメールを受け取った場合の返信方法をご紹介します。基本的には相手からのメールに詳細な情報が書かれていないので「確認いたしました」や「承知いたしました」という言葉を返すことになるでしょう。 また、その返信をする際に「ご連絡ありがとうございました」や日程変更の場合には「当日よろしくお願いいたします」などの言葉が一言あると、相手に柔らかい印象を与えることができるでしょう。

「取り急ぎご報告まで」は使い方が難しい

「取り急ぎご報告まで」は使い方が難しい

「取り急ぎご報告まで」はとても使いやすい言葉ですが、使い方によっては相手に悪い印象を与えてしまう場合があるとご紹介しました。しかし正しい使い方ができれば、相手に良い印象を与えながら自分の意思を伝えることができる言葉です。 注意点としては、取引先や目上の人に使う場合には「取り急ぎ」「まで」は使わない方が無難。「まずは」「いたします」などの言葉に置き換えて使った方が良い印象を与えることができる、という事を覚えておきましょう。また、あとから詳細な連絡をすることが前提になりますので、後ほど連絡をするのを忘れないようにしましょう。 正しく柔らかい印象を与えることができる言葉を使って、ビジネスを行えると、一人のビジネスパーソンとして、先輩や上司からの信頼を得られたり、ビジネスが円滑に進められる可能性が上がります。知らないうちに相手に不快な思いをさせないように使い分けていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング