IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「皮肉」の意味/使い方/類語/語源・「皮肉」と「嫌味」の違い

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

誰でも、皮肉めいたことや嫌味を言われたら、気分が悪いでしょう。「皮肉」の意味は、婉曲に相手を非難することです。また、期待していたとおりと違う結果についていいます。今回は、「皮肉」の語源や類語「当て付け」の意味、「嫌味」との意味の違いなどをご紹介します。

「皮肉」の意味は?

自分の言動に対して、相手に何か嫌なことを言われたり、ストレートではないが、わざとこちらの気に触るようなことを突かれたら、誰でも不快に感じるでしょう。 「皮肉」とは、人を不快にするような言葉などを言います。今回は「皮肉」の意味や語源、類語「当て付け」「当て擦り」の意味、使い方例などをご紹介します。

皮と肉の語源の意味

「皮肉」の「皮」は、象形文字で、動物の皮を剥がすように取っている様子を表現していることから、そのまま「皮」を表わす漢字となりました。部首は「かわ、皮」、音読みは「ひ」、訓読みは「かわ」、画数は5画です。 「皮肉」の「肉」は、象形文字で動物の切り取った肉を表現していて、そのまま「にく」を表わす漢字になりました。音読みで「にく」訓読みはなく、画数は6画、部首は「にく、にくづき」です。 「肉づき」は、「偏」として使用される時は、「月」の漢字に変化して、人の体の各パーツなどを意味する役割をします。例えば「心臓」「腸」胴体」などです。 「象形文字」とは、表意文字の一種で、獣や魚などの動物や植物、人や人が何かをしている姿、山、川などの自然を形にして表した絵文字のことをいいます。

からだの「皮」の意味

「皮肉」の「皮」の意味は、動物や植物の外皮や物の外面を覆い包み、その組織の中側を守るものをいいます。「玉ねぎの皮をむく」「スイカの皮を叩く」「肉饅の皮」「熊の皮をはぐ」などがあります。 やましいことや本性を隠す「化けの皮が剥がれる」、際限のない物欲を意味する「欲の皮が突っ張った連中」などがあります

からだの「肉」の意味

「皮肉」の「肉」は、動物や人の体の肉を指し、人間の身体や動物の体の皮膚の下に、臓器や骨を内包し、保護している柔軟な部分をいいます。 また、桃やブドウなどの果実の、皮との間の中身をいう「果肉」、「肉」のように物質に幅があったり、内部構成が密に満たされているものを指し、「肉太な書体文字」「肉厚のステーキ」などがあります。 文章や絵の制作過程などで、骨格となる中身に重厚さや豊潤さを足すことを意味し、使い方の例を挙げると「人物に肉付けをして、豊満な肉体をさらに強調します」「わたしは、ストーリーや登場人物の性格に、さらに肉付けをしたいと思いました」などです。

うわべだけなこと

「うわべ」は「皮肉」の意味の一つで、物事の性質などの体裁のいい外的表面をいい、通常、実際の内側の事実とは違うという、前後の文章内容で使われます。 使い方の例を挙げると「うわべはとても親切で外面はいいが、妻や子には暴力を振るっていた」「いつもブランドの服や宝石を身に付けてうわべは飾り立てていたが、実際は安アパートに住んで、ギリギリの切り詰めた生活だったらしい」などです。

皮相の意味

「皮相」は「皮肉」の意味の一つで、物事の外側の部分だけを見て判断するのみで、実際の事情や真相は明らかではないことを意味します。 使い方の例を挙げると「総理は、国民の所得や賃金が上がり、景気が回復してきていると話していたが、それは皮相的な見方としか言いようがない」などです。

遠回しに意地悪く相手を非難すること

「皮肉」の意味の一つで、ストレートな言い方ではなく、わざと逆の実情などをを遠回しに言って相手の短所や誤りを責めたり、痛い所を突くことを意味します。そこには相手を非難する意地悪な気持ちが表れています。

皮肉屋

「皮肉屋」とは、相手が聞いて不快に感じることを頻繁に言う人や、相手を馬鹿にして笑う人のことで、その人の性質を特徴づけた意味の言葉です。 使い方の例を挙げると「彼は皮肉屋で、耳が痛い所を突いてくるからちょっと取っつきにくいけれど、きれいごとは言わないから決して嫌な奴だともいえないんだ」「確かに皮肉屋だが、彼女に皮肉なことを言われて、自分が目を背けようしていた事実を直視するきっかけになった」などです。

皮肉る

「皮肉る」とは、相手に嫌だな、聞きたくないなと思わせるような嫌味や皮肉を、わざと意地悪な気持ちから言うことを意味します。 使い方の例を挙げると「世界のさまざまな問題を皮肉った、風刺漫画を描いた画家」「関係が極めて悪い2ヵ国を皮肉って、両国の首相が熱いキスを交わしている風刺絵は、世界中で話題を呼んだ」などです。

初回公開日:2018年03月04日

記載されている内容は2018年03月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング