IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「頓挫」の読み方/意味/使い方/文例・抑揚頓挫/沈鬱頓挫の意味

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

皆さんこんにちは、今回は「頓挫」の読み方/意味/使い方/文例・抑揚頓挫/沈鬱頓挫の意味と題して、「頓挫」という言葉の正しい意味やその用法、またさまざまな分野で使われる「頓挫」の用例についてご紹介します。非常に興味深い言葉なので、ぜひご参考にしてください。

「頓挫」の読み方

日本語には、むずかしい読み方の漢字から簡単な読み方の漢字まで、実にいろいろな読み方がされる漢字が多くあります。この「頓挫」という言葉はどちらかと言うと「むずかしい読み方の漢字」に入るようで、中学校や高校などでは主に国語の試験問題でも出題される言葉でしょう。 むずかしい読み方の漢字でも、一度覚えてしまえばその意味は簡単で、その後はずっとその言葉を常用できるようになる例も多くあります。この「頓挫」という言葉もそのうちの一つに含まれる言葉であり、一度覚えてしまえばすぐに「自分の言葉・表現」として「頓挫」という言葉を使えるようになるでしょう。

「頓挫」の読み方は「とんざ」

「頓挫」という言葉の読み方は、一般的に「とんざ」となります。この「頓挫(とんざ)」という言葉ですが、主に小説やエッセイ、ポエムなどにおいては、その筆者の主観や心境によって、他にもいろいろな読み方がされる場合が見受けられます。 ・頓挫(しくじ)る ・頓挫(だめ)になる ・頓挫(と)まる ・頓挫(ひく)くなる ・頓挫(むのう)になる ・頓挫(むえき)な ・頓挫(ちゅうだん)された ・頓挫(よわ)まる ・頓挫(か)わる ・頓挫(とど)まる このように「頓挫」の意味合いになぞらえた上で、その文章内容や背景に言葉を添わせ、上手く「頓挫」という言葉を読み方によって主張する場合が多く見られます。

「頓挫」の意味

「頓挫」の意味は「それまで続いていた勢いや調子が、とたんに弱まること」を言い、その意味合いをもって他にも「計画が途中で失敗に終わること」や「計画倒れになること」、また「文章や発表の調子が急に変わってしまうこと」などを意味し、特に「それまで続いていた物事が、急に変調をきたして別の調子を持ち合わせること」を言います。

勢いが急に弱まること

「頓挫」の意味合いで最も中心的な意味になるのがこの「勢いが急に変わること・弱まること」で、特に国や地域の情勢、人の調子、口調、計画の遂行、物事の経過において、「それまで続いていた(保っていた)勢いや姿勢が急に変わってしまうこと」を主張する言葉として認められます。 「勢いが急に弱まる」という言葉を見てもわかるように、この「頓挫」の意味には「衰退」の意味合いが背景に含められ、調子が出ないことや何かが失敗に終わること、またそれまで続けられていたことが途中で止められることや、よくない状態へ変調をきたすことなど、よくない印象を持たれやすい言葉です。 ・A国における財政政策が頓挫した。 ・B国の政治的戦略の経過に頓挫している局面があります。 ・彼の計画は頓挫しました。 ・彼女の姿勢に頓挫の兆しがうかがわれます。 このように、それまで続いていた勢いや姿勢に変調があることを伝えます。

計画や事業などが途中で遂行できなくなること

この「計画倒れ」や「計画の中断」というのも、先述でお伝えしました「勢いが急に弱まること」や「それまでの調子に変調をきたすこと」と同じく、「それまで保ち続けていた姿勢や状態が、何らかの理由で中断された」という内容を明確に伝える表現になります。 一般的に「頓挫した」という言葉を使う場合は、この「計画倒れ」を意味することが多く、この場合でも「計画を進めてきたそれまでの姿勢や対策の勢いが、何らかの理由をもって、急に弱められた」という内容をはっきり提示していることになります。 「頓挫」という言葉は上記のように「途中で止められた・中断された」という意味合いを含めることから、「それまでの計画遂行がなされた上でその計画が止められた・失敗に終わった」という内容を伝え、半ば残念な調子や現状を伝える場合に用いられることになります。

文章や演説の調子が急に変わること

この「文章や演説の調子が急に変わること」を意味する場合の「頓挫」は、主に「会話や発表の内容が、途中で中断された」、あるいは「それまで発表・演説の際に用いていた口調がそこでやめられ、新しく別の口調や姿勢をもって発表が始められる」といった、話・演説そのものの中断と、その際の口調や姿勢が急に変わったことを表現します。 ・彼のそれまでの口調は頓挫し、急に声高になって主張し始めました。 ・その演説はそこで頓挫しました(中断されました)。 ・彼女は頭が真っ白になってしまい、発表を途中で頓挫しました。 このように「発表や演説に用いていた姿勢・口調が変わる場合」や、「その演説自体が中断される場合」を指して「頓挫」という言葉が使われることが多いです。

「頓挫」の使い方と文例

先述でいくつか例をあげてきましたが、基本的に「それまでの調子が変わったり、またそれまでに続けていたこと自体をやめる場合」に「頓挫」が正しく使われていればOKです。 ・彼らの主張はその時点で頓挫しました。 ・A国に対する発表・演説は、不測の事態を招いたことにより頓挫しました。 ・ニュースラインの電波が途絶え、速報はそこで頓挫しました。 ・彼女がそれまでに考えていた予定は頓挫しました。 ・A事業計画はすでに頓挫しています。 このように「それまでの調子に変調をきたし、それ以降は元の調子を取り戻せない場合」や、「それまでに続けていたことが、何らかの理由で中断される場合」において「頓挫」という言葉が使われます。

初回公開日:2018年03月06日

記載されている内容は2018年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング