IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「添削」の読み方/意味/使い方/類語・「添削/校正/校閲」の違い

初回公開日:2018年03月07日

更新日:2018年03月07日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

皆さんこんにちは、今回は「添削」の読み方/意味/使い方/類語・「添削/校正/校閲」の違いと題して、「添削」という言葉の正確な意味合いやその類義語、またさまざまな分野での用例についてご紹介します。いろいろな場面で活用できるよう「お役立ち情報」にしてみてください。

「添削」などのむずかしい漢字の読み方の覚え方

日本語には、むずかしい漢字とやさしい漢字とがあり、そのむずかしさはまず「読み方」に表れると言います。この「添削」という言葉の読み方も、一見すると正当な読み方から別の読み方をしてしまう可能性もあり、覚える際にはしっかりとした覚え方で学習することが大切です。

「添削」の読み方は「てんさく」

「添削」という言葉の読み方は「てんさく」となります。よく「添付資料」や「添付ファイル」などとう言い方があり、皆さんも資料作成の折りやパソコンを使用している際に目にしている言葉でしょうが、この「添削」の「添」という字を「はん」と読んでしまい、「添付」を「はんぷ」としてしまう場合も多いでしょうか。 こうした「ちょっとむずかしい読み方」の漢字を覚える際には、別の言葉で使われている読み方を先に覚えてしまい、「この字はあの熟語でこう読んでいるから、この熟語でもこう読むんだろう」などと参考にする形で覚えるのも一つの手でしょう。

「添削」の意味

「添削」という言葉の基本的な意味は「他人が書いた文章を手直す・校訂する・改訂すること」を言い、主に作文や論文など、何らかの試験をはじめ、提出が課された文章の手直しをする作業のことを意味します。 作文にもいろいろな分野の物があり、読書感想文、レポート、報告書、答案、詩歌、文学作品(小説やエッセイ)など、実に多くの文章表記された作文がありますが、この添削はどの分野の文章作品にも使用され、学校ではこの添削を「学習指導の一つ」として認めています。 よく小学校や中学校のときなどに、読書感想文や文章表記による問題文などが課されたとき、提出後に赤ペンで文章を手直しされたり、不要の文章を削られたりと、適切な文章と不要な文章や表現ごとに分けられて評価されることがあったでしょう。この「赤ペンでの修正(赤入れ)」がまさにここで言う添削の作業となります。

他人の詩文や答案などを語句を添えたり削ったりして直すこと

先述しましたように、「添削」というのは「他人が書いた文章の手直し」を言い、その校訂作業は主に「何らかの試験が課され、提出を命じられた文章」においてなされます。その際に赤ペンで適切な文章と不要な文章とを修正されたり削られたりする作業を意味し、それらの行程すべてを指して添削と言われます。 この添削作業を一人ですることを校訂作業や加筆修正と言い、つまり自分で書いた文章をもう一度自分で反省し、自分の手によってこの添削作業をすることになります。いわゆる文章チェックとなりますが、この添削と校訂作業の違いには、添削では「他人の視点によって評価される新鮮な修正や補正」が伴われる点が利点として見受けられます。

斧正

「斧正(ふせい)」という言葉の意味は「他人が書いた文章に評価を加え、その文章の適切な箇所と不適切・不要の表現を削ったり、修正したりすること」を言い、この添削作業と同じ作業をすることを意味します。 この「斧正」というのは「添削」の謙譲語・丁寧語による表現として認められており、特に目下の人から目上の人に「添削をお願いします」と言うときに「どうぞ斧正をよろしくお願いいたします」という別の言い方に変えられる際に使用される言葉です。

添竄

「添削」の意味合いを持つ言葉は先述の「斧正」を踏まえ、実に多くの言い方によって表現されます。この「添竄(てんざん)」という言葉もその意味は「添削」や「斧正」と同じであり、「他人が書いた文章の手直し」を言い、その際に適切な箇所と不要の箇所を改めたり削ったりして、さらに文章として磨きをかける作業を意味します。 この「添竄」という言葉は「添削」の意味を表すむずかしい表現となり、現在ではあまり使用されていません。しかし、試験などで漢字の問題が出題される場合にはこの「添竄」という言葉も当然出題されることもありますので、ぜひこれを機会に覚えておくとよいでしょう。

書道で朱筆を加えて直すこと

関連タグ

アクセスランキング