IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

女子の意味・女子と女性の違う点|読み方/年齢/類語/個人

更新日:2022年10月20日

言葉の違い

「女子」という言葉の意味をご存知でしょうか。実は「女子」という単語は、比較的限定的な使われ方をしています。この記事では「女子」の意味だけでなく、「女性」との使い分けや類語など詳しくご説明しています。詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でご紹介している「女子」と「女性」という意味を英語に置き換えてみたら分かりやすいでしょう。ここではあえてカタカナ表記をします。 【「女子」を意味する英単語】 ガール、ミス〜 【「女性」を意味する英単語】 ウーマン、ミセス〜 これらを見たらわかるように、「女子」は「女の子ども」に向けた表現、「女性」は「婦人(=大人の女性)」という意味で使い分けられています。ただし、後者の「ミセス〜」は既婚女性に対して使われていますので、若干意味合いは異なりますが、概ね「子ども」「大人」として使い分けてるという解釈ができます。 日本でも「女子」と「女性」で、それに近い意味の使い分けをされてるということです。

一般的には「女子」=「女の子ども」

それでは、この記事の内容をまとめます。 「女子」は「女の子ども」「女の子の学生」「成人するまでの女の子」という意味として使われています。一方、「女性」は「大人の女の人」「成人した女の人」という意味で使われます。 ですが、この両者は明確な使い分けの規定はありません。多くの人が「女子」と「女性」を年齢で自然と使い分けをしてしまっているので、「女の子ども」に対して「女性」、「大人の女の人」に向かって「女子」と表現すると、間違いではありませんが多くの方が違和感を覚えてしまうでしょう。

前向きな言葉として使えば喜ばれます!

最近では「女子会」「30代女子」「大人女子」などの新語(造語)が出てきたことや、明確な使い分けの決まりがあるわけでもないので、年齢・年代できっちり使い分けをするは難しいところです。子どもに向かって「女性」と表現するのも不自然さを感じます。 ですが、「大人の女の人」に向かって「女子」と表現するのは、以前と比べて不自然さを感じなくなりつつあります。先程の例のように「30代女子」や「大人女子」という表現があるように、「大人は大人でも、特に若々しい大人の女の人」という意味を含んでいますので、女の人にとっては嬉しい表現になります。 そもそも明確な決まりはないので、「女子」でも「女性」でもそこまで意識して使い分けにこだわらなくて大丈夫です。表現される人にとって、喜ばれるような表現・前向きな表現をしてあげることが大切になります。

初回公開日:2018年03月18日

記載されている内容は2018年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング