IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

女子の意味・女子と女性の違う点|読み方/年齢/類語/個人

更新日:2022年10月20日

言葉の違い

「女子」という言葉の意味をご存知でしょうか。実は「女子」という単語は、比較的限定的な使われ方をしています。この記事では「女子」の意味だけでなく、「女性」との使い分けや類語など詳しくご説明しています。詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

「女子」についてご説明してきましたが、同じような意味をもつ「女性」という単語はどういう意味なのでしょうか。詳しくご説明します。 まず、「女子」は「女の学生(成人するまで)」という意味で使われることが多いのに対し、「女性」は「大人の女の人(=成人した女の人)」に対して使われることがほとんどです。学校・学生生活の間は「女子(男子)」と使われることが多いですが、社会に出た途端「女性(男性)」という表現が一般的です。

「女性」の読み方は?

「女性」の読み方は「じょせい」だけでなく「にょしょう」という読み方もできるのはご存知でしょうか。どちらも意味は「女の人」になります。 実は「じょせい」の読み方は比較的最近言うようになった言葉で、江戸時代までは女の人のことを「にょしょう」という呼ばれ方をしていました。明治時代以降に、現在でも使われている「じょせい」の読み方が定着してきました。

「女性」が入った言葉

「大人の女の人(成人した女の人)」の意味として使われてる「女性」の文字が入った言葉をいくつかご紹介します。「大人の女の人」の意味が含まれた単語は数多くありますが、「女性記者」「女性編集者」「女性警官」「女性誌」などが挙げられます。

実はどの年齢層に使っても大丈夫

また、「大人の女の人」という意味で使われる「女性〜」のような単語や、「女の子ども」の意味として使われる「女子〜」という単語は他にもたくさんあります。それだけでなく、年齢について関係なく「女子」と使ってる単語もあったりと、実にさまざまです。 この「女性」と「女子」との明確な線引きはありません。何歳までが「女子」で何歳からが「女性」なのかという規定も定めも何もありません。ですので、未成年の子どもに「女性」と使っても、大人の人に「女子」と使っても問題はないです。

「女性」の類語は?

「女性」にももちろん類語は存在します。「大人の女の人」という意味で、よく似た言葉をご紹介します。 「婦人」「婦女」「婦女子」「成人女性」などが挙げられます。これらは「成人した女の人」という意味を持ちます。このことからもわかるように、「女性」という単語は一般的には「大人の女の人」に対して使われる言葉だということがわかります。

【補足】最近では「婦人」は差別用語だとする意見も…

ここ数年で、「婦人」という言葉が差別用語だとする認識が広がりを見せています。 「婦人警官」や「看護婦」などの「婦人」「婦」が入った言葉を「女性警官」や「看護師」などという表現に言い換えられている傾向にあります。

「女子」と「女性」の意味の違いは?

「女子」と「女性」の違いですが、規定などの明確な線引きは何もありません。ですが、多くの方が「女子」は「女の子ども」「女の子の学生」「成人するまでの女の子」という意味として使っています。それとは対象的に、「女性」は「成人した女の人」「大人の女の人」という意味で使うことがほとんどです。

使い分けられるようになった背景

上記の説明で軽く触れていますが、「女子」と「女性」が使い分けられている背景として、学校内や学生の間に頻繁に「女子」という単語がかなり使われており、逆に言うと、学生に対して「女性」と表現することがほとんどないことが要因の一つになっています。 学生の間は「女子トイレ」「女子更衣室」「女子高生」「女子中学生」などと、いろいろなことを「女子」と表現していましたが、社会に出ると「女子」を使った表現をあまりしなくなり、「女性」という単語がいきなり増えます。 このように、学校内で限定的に「女子」が多く使われているのと、社会に出た途端「女子」という単語を聞かなくなることが背景にあり、自然と年齢(年代)によって「女子」「女性」が使い分けられている要因になっています。

ふたつの共通項目とは?

この「女子」と「女性」の単語の両者の共通項目は、「性別が女」であるという点です。ですので、実質的には、「性別が女」である人に「女子」でも「女性」でも、どちらを用いて表現しても問題はありません。 ただ、学生の間に使われることが多い「女子」、社会に出た途端「女性」という言葉で表現されることが増えるという2つの背景から、「女子」=「女の子ども」、「女性」=「大人の女の人」という年齢・年代によって自然と使い分けされるのが一般的な使い方になっています。

英語に置き換えてみたら分かりやすい

次のページ:一般的には「女子」=「女の子ども」
初回公開日:2018年03月18日

記載されている内容は2018年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング