IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「萎える」の読み方と意味・「萎える」の使い方と文例・類語

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

皆さんこんにちは、今回は「萎える」の読み方と意味・「萎える」の使い方と文例・類義語と題して、「萎える」という言葉の正確な意味合いやその用法、またさまざまな分野で扱われる「萎える」の用例についてご紹介します。ぜひ「お役立ち情報」にピックアップしてみてください。

「萎える」などのむずかしい漢字の読み方について

「萎える」という言葉を皆さんはご存知でしょうか。「萎える」という言葉はあまり使われないようでいて、実は多くの分野で使われている「隠れた用例の多い言葉」に認められます。この「萎える」という漢字の読み方を知らない人も多く、ぜひこれを機会に覚えておくとよいでしょう。 日本語には実に多くのむずかしい漢字があり、そのむずかしさは「その言葉の読み方」から始まるとも言われます。その点から言ってもこの「萎える」という言葉もむずかしい漢字の1つに認められ、その読み方を知っておくといざと言うときに便利でしょう。

「萎える」の読み方は「なえる」

「萎える」という言葉の読み方は「なえる」です。しかしこの「萎える」の「萎」という字には他にも読み方があり、それぞれの読み方によっていろいろな分野や用途において使い分けられています。 「萎」は「萎(しお)れる」や「萎(しぼ)む」という読み方もあり、さらに古い読み方では「萎(なや)す」や「萎(しな)びる」という読み方もされていました。1つの言葉にもこのように「さまざまな読み方や用途」を持つ場合があり、言葉を覚える際にはすべての読み方や用途について覚えておくとよいでしょう。

「萎える」の意味

漢字の読み方がわかっても、その言葉の用法・用途を知らなければ実際に使うことはできません。この「萎える」という言葉の意味は主に植物の形容に使われることが多く、「草木がしおれる」、「植物の生気が衰える」、「生気を失うこと」などを意味します。 人間の身体機能や感覚、能力についても「萎える」という言葉が形容表現として使われる場合もあり、その場合も植物の形容と同じく「能力が衰えること」や「従来の機能や性能をなくしてしまうこと」、また栄枯盛衰に見られるように「勢いや精力の衰え」を指す言葉としても認められます。

手足などが麻痺まひして動かなくなる

先述でご紹介しましたように、「萎える」という言葉が人間の体に当てられて形容される場合は「手足が動かなくなること」をはじめ、「身体機能が麻痺して動かなくなること」や「従来の身体的機能を失ってしまうこと」、「感覚が衰えてしまうこと」などを指して言われます。 中途障害や先天性的な障害を形容してこの「萎える」という言葉の意味が使われる場合もありますが、主に老衰をはじめ自然に身体的機能が失われていく場合においても、この「萎える」という言葉が形容表現として使われることも多いです。

「萎える」の意味合いにある「力が抜けてぐったりすること」

「力が抜けてぐったりすること」を指して「萎える」という意味合いを使うときには、たいてい「そのいっときに疲れてしまい、その場でぐったりしてしまう状態」を形容する場合が多いです。 上記の意味合いを指す他の場合では、「走って疲れること」や「バーベル上げをしてその場限りで疲れること」などを指すよりも、「気力が抜けてぐったりすること」や「その後にも後を引くような疲労」を形容することも多々あります。 しんどくなって体がしばらく動かない・動けない状態を指して「萎える」という言葉・意味が使われる場合が多く見られ、その際でも身体的機能の衰えや気力の衰えについて、先述までにお伝えした「萎える」の意味合いが使われています。

「萎える」の意味合いにある「気力がなくなること」

この「気力がなくなること」を指して「萎える」という形容や意味合いを使う場合は、言葉のとおり、主に「精神的疲労や困憊」を指して形容される場合が多く、この場合でも「いっときの疲れを指すのではなく、その後にも影響する疲労」について形容する意味合いとして表現されます。 また「それをするのに気力が萎えた」という形容・意味合いもあり、その場合は「何か新しいことや、従来してきた仕事をする際の気力がしぼんでしまうこと」などを意味し、「もう○○をしたくない」や「もう○○する気力が湧いてこない」などの「そのための行動をする気力・気持ちが湧かない」という意味で使われることもあります。

「萎える」の意味合いにある「精神の張りを失うこと」

初回公開日:2018年03月07日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング