IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【状況別】余興のネタ・一覧|結婚式/忘年会/会社

更新日:2020年11月16日

趣味

いろいろなシーンでどのような余興ネタを考えているのでしょうか。「興ネタって、実際にやってみて大したことないんじゃない?」と感じさせてしまうようなものばかりです。そのような余興ネタもみなさんが恥ずかしがらないでできれば成功と言えるでしょう。

余興ネタ一覧

どのような余興ネタをすればいいか、それは、まさにあなた自身にストックが存在しているかです。カラオケ・歌&ダンスパフォーマンス、感動的ムービーや簡単で盛り上がるゲームやクイズの余興ネタなどいろいろあります。 この手品を覚えたからするという努力は評価することができるでしょうけど、毎度毎度同じ手品というのはいただけません。それでは努力と言うこともできませんし、要は、やはりストックの量です。私達は芸人でもありません。本当に面白いことは芸人に任せておけばいいです。私達は私達なりに、私達らしい芸というものを浅く追求すればいいでしょう。

こんな余興ネタはNG

よかれと余興ネタをしているのに外すということもあります。5分以上の長い余興ですと、収拾がつかなくなってしまう可能性がありますのでご注意ください。あまり長くしないというのも、妥当な余興ネタとして見られるための手段です。 ダンスなどで恥ずかしがって余興をしていると、なんだか見ているこっちも恥ずかしく感じてしまうことでしょう。やはり、余興ネタというものは、どこかにある恥ずかしい気持ちをかなぐり捨ててやりきることが大切です。

タブー

結婚式のシーンなどで、新郎側の内輪ネタをクイズにしたりすることもタブーとされているので注意をしてください。結婚式では、新郎を立てなければならないのに、新郎イジリが過ぎる余興を披露する人もいます。頑張っているのは評価できても、方向性を間違えています。 さらに余興の中で男性が脱ぐネタはよくありますが、新婦側のゲストや年配者が引いてしまうので避けましょう。

余興は誰に向けたものなのか

余興ネタを成功させるために、余興は誰に向けたものなのかを気付くことからはじめてみましょう。 結婚式の場合、新郎新婦が自分たちに向けてパフォーマンスしてくれと言っている訳ではなく、会場を盛り上げてほしいという意図のほうが大きいでしょう。ということは、しっかりゲストの顔ぶれについて考えることが大事です。 親族が多いという結婚式では、親族たちが若い人のノリにはついて行けないこともあります。友だちが多い結婚式なら、ある程度盛り上がりを狙って余興ネタを考えるのもいいでしょう。 そしてみなさんが余興ネタを考えるとき、どうしても笑いを求めてしまうものですが、笑いよりも驚きを取りに行くというモチベーションでやった方が良いでしょう。

驚き

笑いのツボは十人十色です。世代も違ったりいろいろな人がいる場で、万人に笑いを求めるのがなかなか難しい現状です。しかし、余興ネタとして映像・ダンスを披露するとき、そこに「クオリティ」や、意外な人物がそれをおこなう「意外性」で驚きの評価を得られることもあります。 たとえばみなさんが知っている意外な人物が登場するだけで、意外な驚きを生み出すことができます。生で新郎・新婦の似顔絵を描く程度の余興ネタでも充分驚きを与え、ネタとして通用します。 ダンスが得意な人は本気のモードダンスを披露するというのもいいでしょう。和太鼓や三味線など、楽器の演奏というのもです。あなた自身で何ができるかということを考えると、個性的な余興ネタを実現することができます。

状況別余興のネタ

余興を披露する場が多い会社員にとって、余興ネタに苦しんでいる会社員も多いでしょう。今回、そんなみなさんに、いろいろなシーンにおける余興ネタについてアドバイスをしましょう。 みなさんは芸人ではありません。人を受けさせるテクニックなど持っていないのが普通です。でも、受けない余興ネタなど意味がありません。手軽に取り入れられるものばかりですので、ぜひ参考にして下さい。

忘年会の余興

忘年会で余興ネタを楽しみにしている人がいる一方で、さんざん文句を言っている社員もいます。それでも長年余興の文化は絶えません。飲み会では余興がないとやはりなかなか盛り上がらないためです。 まず、盛大にお金をかけて「ビンゴ大会」をするのも余興のアイディアのひとつです。旅行券やディズニーペアチケットが当たるとなれば、そんな子供騙しのビンゴでも、大いに盛り上がることは間違いありません。 しかし、ビンゴ大会で嫌いな社員が良い景品を持って行ったりすれば、腹の中では飲み会といえども煮えくりかえっている社員もいます。飲み会で社員全員が幸せに満たされるということはほとんど不可能です。そのため、ビンゴ大会はシラけるという人も少なからずいるでしょう。

次のページ:結婚式の余興
初回公開日:2018年05月11日

記載されている内容は2018年05月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング