IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【世代別】忘年会のカラオケで盛り上がる曲・ネタ曲

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

忘年会にはカラオケがつきものです。一番盛り上がる瞬間ですが、カラオケが苦手な場合、何を歌えばいいか迷うことが多いです。今回は、年代別のやのある楽曲を紹介しながら、カラオケの曲の魅力に迫ります。忘年会カラオケの選曲に役立ててみて下さい。

30代の忘年会カラオケでがあったのは、ドラマや映画のサウンドトラックから選ばられる傾向があります。「恋(星野 源)」もさることながら、30代から全体的に好まれる爽快系サウンドの「前前前世(RADWIMPS)」をピックアップします。この曲は、映画「君の名は」のの影響もありヒットしました。 爽快感のあるロックサウンドは30代から特に支持されています。30代には爽快感サウンドがカラオケです。

40代

40代の忘年会カラオケには、ポップスとバラードがランクインし、新しいトレンド曲が有数にランクインした一方、「フレンズ(レベッカ)」のように青春時代を彩る名曲が上位に入っている傾向がありました。

ひまわりの約束(秦 基博)

40代の忘年会カラオケの曲に共通しているのがバラードです。「恋(星野 源)」、「糸(中島みゆき)」、「残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)」があり、昔のアニメソングが上位に入っています。ここでは、その中のバラードから「ひまわりの約束(秦 基博)」をご紹介します。 この曲はドラえもんの映画に起用されています。しっとりしたバラード曲で、何度聞いてもジーンと心に響く曲です。社会人といて成長した40代は、仕事の合間にほっとできる心和むバラード曲がです。

50代

50代のカラオケは「切ない曲」がランクインされているのが特徴でした。有数テンではありませんでしたが、NHKドラマの挿入歌「365日の紙飛行機(AKB48)」がラインクインし、全体的にカラオケの好みはドラマの影響を強く受けている傾向がありました。

セーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子)

今回、50代の忘年会カラオケでご紹介するのは「セーラー服と機関銃“夢の途中”(薬師丸ひろ子)」です。この曲は薬師丸ひろ子が主演となった、一世を風靡した名画の挿入歌です。50代の人たちから高評価の曲でした。他には「糸(中島みゆき)」、「恋(星野 源)」、「ハナミズキ(一青窈)」もが高い楽曲でした。 全体的にゆったりめのバラード曲が多くラインクインしています。成熟した50代の大人には、ゆったりめの落ち着いたバラードがです。

60代

60代の忘年会カラオケでのある曲は、全体的に演歌が多くランクインしました。

津軽海峡・冬景色

60代忘年会カラオケでが高い曲は「津軽海峡・冬景色(石川さゆり)」でした。演歌の代表的な有名な曲です。他には「あゝ人生に涙あり(里見浩太朗/横内 正)」、「酒よ(吉 幾三)」などの演歌が好まれる曲でした。また、「桃色吐息(高橋真梨子)」は演歌ではありませんが、ゆったりめの切ない曲でこれもが高い傾向がありました。 大人のしっとりした雰囲気と、情緒あふれる演歌の歌詞で60代の心を掴んで離さない演歌は、忘年会カラオケの選曲です。

年配

初回公開日:2018年03月20日

記載されている内容は2018年03月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング