IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

文章の構成力を上げる方法・基本ポイント・おすすめのツール

ビジネススキル

文章の書き方を上手にできればと願う方は多いです。では文章の構成力を上げる方法とはどのようなものなのでしょうか。読みやすく理解しやすい文章の書き方や基本ポイントについてのご紹介、およびおすすめのツールなど含めた、文章の書き方についての特集です。

更新日時:

文章の構成力を上げる方法

文章の構成力を上げる方法

ネット環境が整い始め普及するようになり、文章を書く機会が相当増えています。仕事でも取引先に送るメールや企画書といったビジネス文章の取り扱い方、またはブログやFacebookなどのSNSにて日常を発信する習慣でも、文章によって自分のアイデンティティが証明される時代となりました。 では相手に伝わる文章や説得力のある文章、質の高い構成力のある文章表現を身につけるには、どうすればいいのでしょうか。そのためには文章構成力が欠かせません。

まず第一に考えるのはテーマ・主題

文章の構成を考える際に、多くの場合「内容の良さ」へこだわってしまうケースが目立つと言われています。本当に重要なのは内容ではなく、何を書いて伝えたいかという「テーマ」が明確に示されていることが先決です。 テーマをしっかり構成内へ盛り込む工夫をするということは大切です。内容や構成はその後に考えればいい話です。は基本的に変わることがないテーマから徐々に内容へと落とし込んでいきましょう。

文章を書く能力とはどのようなものか

文章を書く能力とはどのようなものか

文章構成を司るために必要なコツは、大きく分けると6つの能力にあるとされています。しかもそのコツから一つの能力にだけこだわるのではなく、総合的な力としてどれも不可欠であるとされています。

文章構成に必要な能力①語彙力

文章は言葉のつなぎ合わせであることは言うまでもありません。その言葉の複数が組み合わさるからこそセンテンスとして成り立ちます。語彙力を身につけることは文章校正のベーシックな作業です。単語や言葉一つ一つの知識が必須となっていきます。これがなければ何も始まりません。

文章構成に必要な能力②表現力

文章の構成における表現力とは、全体の装飾力を指します。必要に応じながら修飾語、季語、その他付属する表現方法を用いてデフォルメしたり、逆に質素にしたり、テンポを作るような能力が文章構成には必要です。当然ながら基本的文法の理解なども含まれていきます。

文章構成に必要な能力③構成力

文章全体を見渡した時にバランスが良いか否かを確かめる能力を言います。文の順番、筋道の立った説明ができているか、その文章の空間を把握するための能力です。構成は文章の設計図とも言えます。

文章構成に必要な能力④説得力

文章構成での説得力とは、文章の論旨が納得できて理解できるように書かれていることが条件です。著者の言いたいことが伝わっていること、文章により論旨を伝達させ納得させる能力があることを指します。

文章構成に必要な能力⑤魅力

文章そのものに創造性があるか否かが問われます。その先を読ませてくれそうな文、読みたくなるような文として工夫されていることが条件です。文章自体、もしくは著者の個性がにじみ出ているのが特徴です。構成された文章が「パーソナリティ」に富んでいる能力を潜んでいるものを言います。

文章構成に必要な能力⑥生産力

文章構成における生産力の意味とは、文章そのものを生み出せる能力を指します。言い換えれば「執筆力」とも呼ばれます。必要に応じて文字数や構成そのものを量産できて、テーマから外れず、欲求されている文章を書くことができることを指します。

文章の構成力は書き慣れることから

文章構成を磨くには、とにかくひたすら書くしかありません。例えば絵を上手に描きたいと考えている人はかなりの数いますが、そのほとんどは実際に描こうとしません。それでは上達するはずがないのと一緒です。まずは文章を書かなければ始まらないからです。 書くことによって自分の文章がどのように書かれ、弱点がどこなかが明確にならなければ、テクニックや構成力も磨きようがありません。 書いたものを自分で読み客観視できるようになれば、自分の弱点や良さを知るきっかけになります。ブログや日記を書くのは良い方法です。常に文章に慣れ親しむしかありません。

文章構成の基本ポイント

文章構成の基本ポイント

わかりやすく伝わる文章を書くのは、意外と難しいものだと考えていませんか。しかし、ある程度のコツを掴めば、実は簡単にわかりやすい文章構成で書くことは可能です。文章構成の基本ポイントをいくつかご紹介します。

文章の構成には順番がある

もっとも分かりやすく簡単に作成できる文章構成としておすすめなのが「問題提起」をし「結論」「説明」そして「まとめ」という順序で文章を書きあげるというルールです。何でもそうですが、まず最初に主題やテーマを提示するという方法は大見出し的になり、すんなりと入りやすい構成作りになります。 文章を作る順番として、問題提起、結論、説明、まとめという順番を覚えておきましょう。

文書構成の階層表現/章

文書構成の階層表現/章

書く文章の種類にもよりけりですが、小論文やレポートといった比較的に長い文章を書く際には、段落や章を設けるのが普通です。大見出し的なタイトルなどを書いて、そこで言いたいことの全体像が把握できるようにしておくと、読み手へ親切さが伝わります。

文書構成の階層表現/節

章をさらに細分化して表現すると「節」になります。いくつかの文にて段落や章を作っておき、その段落から「節」を作りあげるという順序です。章が大見出し的役割だとしたら、小見出しを含んだセンテンスが節の役割だと言えます。

起承転結で文章を書く場合の注意点

起承転結はもっともオーソドックスな文章構成および表現の方法論です。「事柄の説明」から導入し、「展開」をしながら今までの流れと「違う側面」へと流れ、全体の「まとめ」で締めるという構成です。起承転結を意識して文章を書くとストーリー調となり、読み手へ感情を訴える有効手段になります。 ただし文章の種類を選んでしまうことが欠点でもあります。ビジネス文章やウェブライティングにこの構成を使ってしまうと、読み手に対して親切さが半減してしまいます。ビジネス文章やウェブライティングの場合は、事実や結論を即効で知りたいという需要が多いので、相応しくないからです。

文章構成のおすすめのツール・ソフト・アプリ

文章構成のおすすめのツール・ソフト・アプリ

ブログやメルマガ、SNS、プレスリリースといったネット上でも文章を書く機会は一般化してきました。ライティングや文章構成に苦手意識のある方にとっては悩むどころです。しかし今では簡単に優良な文章作成ができるツールも存在します。おすすめな文章構成ツールなどをご紹介します。

日本語校正サポート

「日本語校正サポート」は、正しい日本語の文章を作るためのお手伝いするサイトです。使い方はとても簡単です。対象となる文章を入力してボタンを押すだけです。気になる部分をチェックして指摘をしてくれます。一回で最大1万文字まで入力できるのが魅力の一つです。

小説形態素解析CGI(β)

一つのまとまった文章の中にある「ひらがな:カタカナ:漢字」の割合を算出して表示します。他にもひとつの文章の長さや細かい分析をして、その文章の質を指摘してくれるサイトです。漢字やカタカナなどの比率で読みやすさが決まります。客観的に判断できるおすすめサイトです。

わかりやすい文章構成にするコツ

わかりやすい文章構成にするコツ

表現力やセンス、味のある文章を書くためには、ある程度の経験や才能が必要になって、なかなかすぐに身につけることはできません。一方、 伝わりやすい文章を書こうとする場合は、ある程度のコツや技術を知っておけば誰でも書くことができます。 文章を書くのが苦手だという方がおられますが、それは分かりやすい文章の書き方を知らないというのが原因です。ここでは、誰もが理解できるわかりやすい文章の構成を作るコツをご紹介します。

目立つように概要を伝えること

分かりやすい文章を作る際に「概要」に力を入れると効果的です。 概要を伝えることで、読者へストレスを与えないような配慮ができます。 もし商品案内をするのであれば、「今のお悩みを解決する商品のご案内です」と書けば、読者もそれが商品案内だと理解できます。しかし概要を伝えずに商品の詳細や専門性からいきなり書き始めてしまうと、読者はもう読まなくなってしまいストレスを感じ始めます。 概要をなるべく最初に伝えておくことで、読者が読む準備をしてくれます。

文章だけではなく他のツールを使う

どのような条件や種類の文章を作るのかにもよりますが、もし文章のほかに使えるツールがあるのならば、遠慮なくそれらを使用することをおすすめします。例えば、いくら叙情的な表現を駆使して書いたとしても、現場の写真を1枚見せるほうが伝わってしまうことのほうが多いからです。 小説や詩などを書くのであれば別ですが、普段の生活に密着したドキュメント文書を書く場合は、可能な限りイラストや写真画像、図解なども織り交ぜたほうが説得力が出ます。

文章構成に関するおすすめの本

文章構成に関するおすすめの本

すてきな文章を目にすると「こんな文章が書けるようになりたい」と憧れます。文章作りがうまくなりたいと考えてる方は多いはずです。どうすれば飛躍的に上達するのでしょうか。まずは先人の知恵を拝借するのも手です。ここではおすすめな文章指南のための本をご紹介します。

「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。
「言葉にできる」は武器になる。

大手広告代理店のコピーライターが、ビジョンを言語化する具体的な方法を紹介している実用的なビジネス書です。風潮として、コミュニケーションツールと化して「外に向かう言葉」の比重が高まりすぎると指摘しています。 言葉はあくまで思考の上澄み、思考を磨くことで言葉は成長すると申しています。 考え方のアウトプットについての方法を知っておきたいビジネスマンにもおすすめな一冊です。

言葉にできないだけでなく、喋りが下手である原因のひとつも多分こういうことなんだなって思った。日ごろから内なる言葉を磨くよう1章・2章のトレーニングをする。そして、もうちょっと自分の考えをうまく言えるようになりたい、とおもった。非常に役に立つ本だと思う。

考える技術・書く技術

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

マッキンゼーなどの世界的なコンサルティング会社でライティングコースを教えるバーバラ・ミントによる著書で、文書の作成術を披露したおすすめの一冊です。  わかりやすい文章を書くには、論理構造をしっかり組みたてるところから始めるのがベストです。著者が考案した「ピラミッド原則」と呼ばれる考え方で、論理立てたライティングテクニックが学べます。

ビジネスライティングだけでなく、普段のコミュニケーションにも活かせる良書。

伝わる・揺さぶる!文章を書く

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

高校生のための小論文指導に携わり、糸井重里氏のサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』で「大人のための小論文教室」を連載している著者によるベストセラーとなった新書です。文章を書く目的と終着点を再確認することができる本です。論点や根拠、問題提起の大切さがわかる内容でおすすめです。

「書く」ということは、書く人の生きざまと思いを伝えること。それを読んだ人の意識や行動を良い方向へ動かすこと。How toやテクニックより、その人の思いこそ重要である、という原点に立ち戻ることができる。

種類別文章構成のチェック方法

種類別文章構成のチェック方法

志望動機を書く際の文章構成

志望動機を書く際の構成は、企業などの採用者に伝わることが大切です。読みやすい文章を心がけることにあります。卓越さはあまり関係がなく、文章内容の主旨や骨格がハッキリしていることがポイントです。 志望動機の書き始めは「結論」から入ります。アピールする熱意をを印象つけるためです。その次に希望する「理由」を記入します。その際にはなぜその会社を選択したのかという理由を含めます。やがて入社後の取り組みたい「ビジョン」を書きます。最後に再度、「決意表明」を記入することで、意志の強さを示します。

スピーチにおける文章構成

スピーチの原稿の構成には個人差もありますが、大まかにすれば「三段構成」と呼ばれるものが主流です。三段構成の基本構成は、別名「序・本・結」ともいいます。3分程度のショートスピーチには適しています。自分の経験や意見などを踏まえて「考え」「事実」「考え」の三段にして構成します。 考えとはテーマについて意見、事実とはその根拠、具体例を述べ、もう一度考えをさらに詳しくまとめあげるという方式です。

メール文書での構成とは

メールを送る際の文章には、ある特定のルールに則って行います。慣れればさほど難しいものではありませんが、通常ビジネスメールを含めて、この一定ルールに則って送受信のやり取りを覚えておくといいでしょう。

メール文書のルール①件名

件名には、本文内容の概要が相手に理解できるような名称にしましょう。件名こそ受信側が最初に気づく部分なので配慮が必要です。受信メール検索の中から見つけやすくする工夫が必要です。

メール文書のルール②宛名

ビジネスメールで欠かせないのが宛名の入力です。会社名、部署名、名前(フルネーム)の順番が通常です。名前は省略せず正式に送ります。ただし相手との付き合いの距離感によりけりなのでフルネームや役職記載の敬意表現、より身近な相手であれば節度ある親近感のある「様、さん」などで使い方を変えるといいでしょう。

メール文書のルール③本分

まず「いつもお世話になっております」といった簡単な挨拶を記入します。次に、用件を簡潔で読みやすい文章で書きます。まわりくどい表現やあいまいな文章を避け、文章が長くなる場合は、段落や改行を入れます。相手にお願いする場合や用件を記載したら、結びの言葉を付けて終えるようにします。

メール文書のルール④署名

そのメールが誰によって送信されたのかを明確にするのが署名欄です。メールの文末に、自分の所属先・名前・電話番号などの入った署名を入れておきましょう。事前に設定しておけば自動的に入ります。使い分けることも可能です。

文章は書き続けて上達する

文章は書き続けて上達する

各用途や目的によって最適な文章の構造を知っておくとよいでしょう。読み手にとって一番良い読み心地を考えながら書けば、最初は苦手でも改善されていきます。ビジネス文書を送るのであれば、スムーズな意思疎通を図ったり、提案を通過させるための工夫が必要です。またブログやSNSの記事であれば、読み手が楽しめるようなサービス精神も育まれていきます。 文章構成は毎日書くことで鍛えられていきます。ぜひ続けていってください。

関連タグ

アクセスランキング