IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

頭の回転を早くするおすすめの方法・食事・トレーニング

自己啓発

ふとしたことで自分の判断能力を問う機会もあるかと思います。頭の回転を早くすると仕事やライフスタイルに影響が出てきます。頭の回転を早くするおすすめの方法、効果的な食事の方法、トレーニング方法などを含めた、頭の回転を速くする特集です。

更新日時:

頭の回転を早くするおすすめの方法

頭の回転を早くするおすすめの方法

頭の回転を早くすることで、あらゆる状況に対応できることは言うまでもありません。誰しも頭の回転を早くする方法を実践したいと願いつつ、なかなか行動に移せないのも事実です。以降、具体的に頭の回転を早くするためのコツやポイントをご紹介していきます。

面接の受け答えと頭の回転

就職活動の際に不可欠となる場面、それは面接です。採用担当者からの質問に対して臨機応変に的確な答えを導き出せる方法はないかと、そう考えている就活生も多いはずです。しかし結論からいえば、面接に特化した頭の回転を早くする方法というのは存在しません。 頭の回転を早くするというのは、一夕一朝にマスターできることではなく、普段からどのような物事の捉え方をして、多角的かつ深く観察しているかに関わってきます。面接のためにだけ、頭の回転を訓練することはナンセンスです。そうではなく、自分の懐を広く深くする広義な意味で取り組む姿勢が大切です。

普段の会話の中から頭の回転を早くする

頭の回転を早くする方法として、最も相応しい現場ともいえるのが「会話」をする状況に身を置くということがあげられます。会話をする相手との関係性もいろいろありますが、できれば初対面な人とうまくコミュニケーションする機会を設けたほうが、頭の回転を早くするために自分なりな努力や工夫をするようになり効果的です。 会話とは相手に対するサービス精神です。その場の空気を読んでどのような言葉を投げかけるべきかを判断することの繰り返しで、相手に喜んでもらうことが前提です。そのためには、相手の話す内容にもしっかり耳を傾ける必要性もあります。

頭の回転を早くする食事・食べ物

頭の回転を早くする食事・食べ物

脳は人の体重との比重から、約2%程度の重さだとされています。全体からしても大した重さではないにもかかわらず、摂取エネルギーの約20%は脳で消費されていきます。脳を構成する成分は70~80%が水分、その他にもリン脂質、タンパク質などがあります。 タンパク質の中でも脳を動かすためのエネルギーとなるのは「ブドウ糖」です。ブドウ糖はエネルギー源として大切な栄養素で、不足状態になると頭や体の動きも鈍くなってしまいます。また、脳を活発にさせるには、常に食事をバランスよくとる必要性があります。

頭の回転を早くする栄養素

ブドウ糖

ご飯やパン・麺といった炭水化物は、体内で分解され「ブドウ糖」として生成されます。脳が最もエネルギー源として使う栄養素です。ブドウ糖が不足すると思考能力低下に陥り、集中力がなくなります。ブドウ糖が多く含まれる主な食品は、米、パン・小麦製品、麺類、イモ類、砂糖、果物、ハチミツなどがあげられます。

DHAとEPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(イコサペンタエン酸)は、脂の多い青魚に多く含まれた「不飽和脂肪酸」と呼ばれる栄養素です。この2つは体内では作れない栄養素なので、外部から食事として摂り続けるしかありません。DHAとEPAが多く含まれる主な食品は、マグロ、いわし、うなぎ、さば、あじ、ぶり、さんまといった魚類です。

レシチン

「レシチン」とは、脳の神経伝達物質です。記憶力や集中力の向上のために発揮される栄養素とされています。とくに大豆に多く含まれているとされています。古来より大豆製品を食事に取り入れる習慣は大切にされてきました。レシチンが多く含まれる主な食品としては、大豆製品、枝豆、卵黄、チーズ、芋類、ゴマ油、レバー、ナッツなどがあります。

頭の回転を早くするトレーニング

頭の回転を早くするトレーニング

いつもやることなすことが遅くて困っている。他の人から仕事が遅いと指摘されているという方もいらっしゃるはずです。中でも、頭の回転を早くする良いトレーニングはないかと探しているケースもあるかと思われます。 実際には、頭の回転を早くするトレーニングを特殊に行うというよりも、普段からの習慣をいかに定着させていくかが重要になってきます。ここでは頭の回転を早くするための考え方や取り組み方についてご紹介します。

頭の回転を早くする方法①声に出して言う

これはその一日のことを回想するという作業を伴います。毎日就寝前に、その日のできごとを思い返しましょう。そして声に出して発言するという習慣です。声に出すことで一作業加わりますから、頭を無意識に使います。そのため記憶力を向上させる効果もあるとされています。 もしルーティーンの作業にミスをする傾向がある方は、この夜の確認作業を毎日の習慣にしてみるといいでしょう。ある日、その効果が表れる可能性があります。

頭の回転を早くする方法②十分な睡眠

脳にも意識的に休息を与えない限り、回転スピードは遅くなっていきます。徹夜明けや寝不足では通常の仕事にも悪い影響が出ます。しっかりと睡眠を取ることで、頭の回転を早くすることに関わってきます。 常にバランスの良い食事と睡眠の質によって、健康維持に繋がっていくことを心がけておきましょう。生活リズムを守りながら、食生活バランスを整えるということです。

頭の回転を早くする方法③コミュニケーションを大切にする

他者との対面による言葉のコミュニケーション、これこそが頭の回転を早くする重要ポイントです。人と話すことで情報を伝える作業が生まれます。情報を伝えるためにはいかにしてわかりやすくするかを考えます。 表現力を養うというのは、何も突飛な言葉を使うことではなく、いかにして相手に理解してもらうかということです。それはコミュニケーションを繰り返すことで上達していきます。 ネットが発達し、SNSでも可能ではありますが、やはり対面でライヴ感のある現場に赴く姿勢こそ、頭の回転をフルに活動させます。出会いの新鮮さも関わってくるからです。

頭の回転を早くするアプリ

頭の回転を早くすることを目的にしたアプリなども開発されていて、手軽にダウンロードができるようになっています。暇なときなどにぜひチャレンジしながら、自然と頭を使って取り組むような感覚が楽しめます。代表的なものとしては、ワーキングメモリーを向上させる「n-back」や、計算問題で頭の回転を早くする「数学の王者」といったアプリがありおすすめです。

n-back

n-backは、言い換えれば記憶力を確かめるアプリです。ちょっと前にあった事象をどれくらい覚えていられるかを確認することができるゲーム感覚で人気です。

数学の王様

「数学の王者」はさまざまな問題を取り扱った数学ゲームです。農夫や農婦としてスタートして数学の問題に答えていきます。やがて合計点によってキャラクターをレベルアップさせるRPG的な要素もあります。自分のスコアを向上させ世界中のプレイヤーとも対戦できます。

頭の回転を早くするゲーム

頭の回転を早くするゲーム

スマホのアプリケーションと同じように、ネット上にはゲーム感覚で頭の回転を早くする効果が期待できるサイトも充実しています。ここでは頭の回転を早くするゲームをご紹介します。

頭の回転をはやくする!脳トレ!Blackhole

脳トレ爽快系パズルゲームとして人気ゲームになりました。パネルを集めるというルールだけながらなかなか難しいという評価です。遊び方は簡単で、画面表示されているすべてのパネルを画面中央に集めていくだけです。選択した場所の左右上下に、2つ以上パネルがあると集めることができます。

間違い探し劇場。

2枚の動く絵を見比べながら、その中にある間違いを探し出すというシンプルなゲームです。キャラクターの動きの可愛らしさも相まって、子どもから大人まで幅広く楽しめるおすすめなゲームです。自然と集中力や頭の回転を早くすることに効果が発揮されていきます。

頭の回転を早くするサプリ

頭の回転を早くするサプリ

毎日の食事の質やバランスによって頭の回転を早くする効果も期待できます。しかし現実的な問題もあって、毎日しっかりとした食事が摂れないという方も少なからず存在します。そのような方には、サプリメントの摂取をおすすめします。

DHAはサプリから摂るのが手っ取り早い

前述している、頭の回転を早くする栄養素の一つとして、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(イコサペンタエン酸)については、普段の食事から摂取するのが比較的に難しいとされています。青魚などのごく限られた食材にしか含まれず、それを恒常的に続けるには限界もあります。 そこでDHAやEPAは、サプリメントとしても販売されているので、それを習慣化するという方法も考えることができます。

頭の回転を早くするおすすめの本

頭の回転を早くするおすすめの本

頭の回転を早くする方法としてはさまざまな考え方がありますが、それらを総体的に見直す方法としては「読書」こそ効果的です。頭の回転を早くすることに特化されたおすすめな本をご紹介します。

頭の回転が速くなるすごい!法

頭の回転が速くなるすごい!法 (知的生きかた文庫)
頭の回転が速くなるすごい!法 (知的生きかた文庫)

30年かけて研究開発をした著者による渾身の書籍です。約1万人以上に指導してきた能力開発方法より、頭の回転を早くするというテーマに厳選しプログラムを組んでいます。「脳のリラックス」「集中力向上」「記憶力向上」という3つのポイントに則って書かれています。精神面や身体面からのアプローチも加わっているノウハウ本とは一線を画したおすすめな一冊です。

著者も「心身の健康無くして能力開発はありえない」というように自己啓発本でいう能力開発以前の段階、心身のリラックス法だとか緊張を解く呼吸法が中心です。

頭の回転数を上げる45の方法

頭の回転数を上げる45の方法
頭の回転数を上げる45の方法

本書の著者は税務会計のプロフェッショナル兼ソフトウェア開発の辣腕プロジェクトマネジャーという肩書きです。それぞれの分野にて現場に身を置きながら数多くの経験が活かされた内容になっています。とてもオーソドックスな心構えも含まれているので、新入社員の頭の回転を早くする課題図書としても評価の高いおすすめな一冊です。

本書の内容は芸道などの修業における段階に準えて『守・破・離』と分かれており、段階的に実践していって欲しい内容とその基礎的な修得方法を詰め込んだ構成になっています。

フリーズする脳 思考が止まる、言葉に詰まる

フリーズする脳 思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)
フリーズする脳 思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)

パソコンがフリーズしたかのように、何を言おうとしたのか突如忘れてしまうという現象が度々起ることありませんか。例えば人物名が思い出せなくなるのも「空白の時間」と呼ばれています。 放置すると深刻になりかねない「フリーズする脳」の問題についてを専門医が語っている内容です。頭の回転を早くすることに努めたい現代人、その脳に起っていることを解説してくれています。

読んでいて思い当たるところがいくつものありました。本書が書かれた2005年よりも事態はより悪化しているはずです。この本にあったトレーニングをいくつか試みてみましたが、かなりの効果があったと感じます。なんとかクリエイティブな思考力を保っていければと思います。

頭の回転を早くするには日頃からの心がけ次第

頭の回転を早くするには日頃からの心がけ次第

頭の回転を早くするといろいろと良い効果が期待できます。しかし現代人の多くは、それを理屈では分かっているつもりながら、実際に行動にしようとはしません。時折触発されて試す機会はあっても長続きしません。 これから重要なことは、決めたことは続ける努力、その習慣を見直す姿勢です。心身が衰えるのは年齢のせいだけでしょうか。とにかく頭の回転も鍛えなければ、早くすることはできません。 毎日何を行い省みて、未来にどう活かすかを具体的にしますようにしましょう。簡単なことから始めれば、誰にでも可能です。

アクセスランキング