IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車の窓ガラスの水垢の落とし方・コーティング・掃除の方法|内側

更新日:2020年08月28日

車&バイク

車の窓ガラスについた水垢の正しい落とし方を知っていますか。車の窓ガラスについた水垢はなかなか落ちません。今回は、水垢以外にも車の窓ガラスに関するトラブルを解決する方法について詳しくご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

車の窓ガラスについた水垢を落とす方法

車の窓ガラスについてしまった水垢をきれいに落とす方法をご紹介します。一度ついてしまった水垢は、こすっただけではなかなか落ちません。表面をふき取っても汚れのふちが残ってしまいます。 水垢はとても頑固で厄介な汚れの一つです。力任せにこすってしまうと傷がついてしまう可能性があります。一般的な水垢の落とし方は、洗車です。カー用品売り場に販売されている水垢専用の洗剤を使用することできれいに落とすことができます。 今回は、水垢を簡単にきれいに落とす裏技をご紹介します。

食器用洗剤を使用する方法

水垢汚れの主な原因は、排気ガスなどに含まれている油分が原因です。そのため、汚れの分類としては「油汚れ」になります。この油汚れ、しっかり落とすためにはやはり食器用洗剤が一番効果的です。 食器用洗剤を使用して車についた水垢を落とす方法をご紹介します。まず、バケツに食器用洗剤を10倍に薄めます。その液体をスポンジに含ませて車を洗っていきましょう。食器用洗剤を使用するときは、しっかり洗い流してください。少しでもすすぎ残しがあるとそこからまた汚れてしまいます。注意しておきましょう。

メラニンスポンジを使って水垢を落とす方法

最近では100均でも販売されているメラニンスポンジを使用しても車についた水垢を落とすことができます。メラニンスポンジは、細かい繊維に汚れを絡みつかせて落としていく、洗剤のいらないスポンジです。 車に使用する場合は大判のものがです。水垢をこすっていると黒くなってくるので、小さく切りながら白い部分でこすっていきましょう。注意しておきたいことは、ボディに使用すると傷がついてしまう場合があるのでガラスにだけ使うようにしましょう。

車の窓ガラスの撥水加工方法をご紹介!

車の窓ガラスに撥水加工を行う方法をご紹介します。撥水加工を行っておくとワイパーの使用回数も減るほか、水垢も付きにくくなります。車の窓ガラスに撥水加工を行う方法についてご紹介します。

ガラス撥水加工に使用するコーティング剤の種類

自分でコーティングを行う場合は、まずコーティング剤を購入しましょう。コーティング剤には大きく分けると2種類あります。自分の使い勝手に合わせたものを購入しましょう。

シリコン系コーティング剤

基本的に価格が安い1000円以下のものはシリコン系コーティング剤になります。このコーティング剤はシリコン系を原料にしているため、安く撥水力も強いのが特徴です。 シリコン系コーティング剤を使用するときのデメリットは、雨やワイパーを使用することでコーティング剤が劣化し、コーティング剤が油膜となって水垢の原因になってしまうことです。しかし、撥水性はとてもいいのでサイドガラスやリアガラスにコーティング剤です。

フッ素系コーティング剤

フッ素系コーティング剤は、フライパンなどにも使用されていて油もはじいてしまうほど強力なものです。そんなフッ素を配合したコーティング剤は、劣化とともに油膜ができてしまう心配がありません。耐久力も長くて半年持ってくれます。 ですが、シリコン系コーティング剤と比べてみると値段が二倍以上になってしまいます。撥水力もシリコン性のものに比べると弱いのが特徴です。

コーティング剤を車の窓ガラスに塗る方法

実際にコーティング剤をどのように塗っていけばいいのか説明します。まず、塗り始めは窓ガラスの枠からにしていきます。枠を塗り終わったら円を描くように液体を広げて縦と横に塗り広げていきましょう。隙間なく塗っていくことがポイントです。 乾燥したら乾いたタオルでふき取りを行って完了です。商品にもよりますが、大体はこの方法でコーティング剤を塗っていくことができます。

車の窓ガラスの掃除方法をご紹介!

初回公開日:2018年03月23日

記載されている内容は2018年03月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング