IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車の維持費の目安・計算方法・シミュレーションと比較|年間

車&バイク

生活に必要な自動車ですが、みなさんは月にいくら自動車の維持費にお金がかかっているか知っていますか。把握できているようでしていなかった自動車の維持費について、いま自動車に乗っている人もこれから自動車も買う人も一度維持費について考えてみませんか。

更新日時:

維持費って一体いくらかかるの?気になる車所持の維持費目安

維持費って一体いくらかかるの?気になる車所持の維持費目安

自家用車を持っている人で、通勤通学で利用する、または休日のおでかけなどで自動車を利用する、という人はとても多いですが、あなたはその車に月にいくら維持費がかかっているかご存知ですか。 購入時は支払い費用の増減に一喜一憂することはあっても、その後の日常生活の車の維持費のことを考えてなかった、という失敗をした人もいるのではないでしょうか。 とりわけ生活の足として欠かせない自動車は大きな買い物です。今回は買ってから失敗した、とならないように、自動車の維持費について、どのように計算・シミュレーションしていくのかご紹介します。 これから車を買おうとおもっている人、買ったけれど維持費のことは考えていなかった、と言う人はぜひ参考にしてください。

年間維持費を最初に考える

まず自動車を所持するうえで一番最初に考えておきたいのが、年間どの程度の維持費がトータルとしてお財布にかかってくるのかです。自動車は購入するにも大金がかかりますが、まず購入費が一括時で支払われるのか、それともローンとして年単位、月単位で支払っていくのかによって維持費は変動していきます。 年間の維持費をどのように抑えるかは最初が肝心です、どれにどの程度お金が出せるのか、何年間それを維持するのか、まずは検討しましょう。この時点で、少し月収を圧迫してしまう可能性がある人は車の所持自体を一度見直した方がよいでしょう。 自動車年間維持費を計算する場合は、下の表のものが基本的な支出項目となります。ローンで自動車を購入していない人や、駐車場が持ち家でスペースがある、という人が項目から除外していきましょう。

年間の自動車所持にかかる維持費
駐車場代金
任意保険料
12カ月間のガソリン代
自動車税
車検代(2年または3年毎)
オイル交換代金(年2回、または5000キロで一回)
ローン代金

月にかかる維持費はガソリン代が決め手

続きで月額の自動車維持費ですが、こちらの多くはガソリン代が大きく割合を占めていくことになります。ガソリン料金は時期ごとの算定ですので、通勤などで自動車を使用する場合においても、大体このくらいの金額で足りる、ということが難しい支出内容となっています。 時期や情勢によっても大きく左右されるガソリン料金、なるべく安く抑えるために必要なものは、燃費が向上するエコ運転と自宅近くでどこのガソリンスタンドが一番料金設定が低いかなどチェックしておくことです。

簡単な車の維持費の計算方法

簡単な車の維持費の計算方法

自動車の維持費がどの程度かかるのか、調べることは大雑把な概要であれば非常に簡単です。例え運転しなくても絶対に車を所持するうえで維持費が発生してくるのが、自動車税です。 駐車場代金や自動車の任意保険料は、地域やとう級により大きな金額の幅がありますが、自動車税代金だけは自動車そのものに付与されるものですので、現実的な値段を算出することができます。 自動車税+一年間のガソリン料金=必要最低限の自動車所持の維持費。と考えて下さい。もちろん自動車の任意保険には入らなければなりませんし、2年に一回の車検費用も必要です。それらの出費は「必要最低限」の維持費へ加算していくことで、ご自身の等身大に近い自動車維持費を計算することができます。 自動車税は軽自動車は一律10,800円、自家用車は29,500円~となります。自家用車の自動車税は排気量で変わりますのでチェックしましょう。

車の維持費のシミュレーション方法

車の維持費のシミュレーション方法

ご自分の所持したい自動車の自動車税がわかったら、一年間の大雑把な維持費のシミュレーションをしてみましょう。上記にもご紹介したように、自動車維持費の最低限こ、れだけは絶対かかるものとして、自動車税+ガソリン代金とご紹介しました。つぎはガソリン代金の一年間の簡単な計算方法をご紹介します。

一年間のガソリン代の簡単な計算方法

自動車の大体の維持費を計算したい人は、まず最初に月のガソリン代金を算出してください。まず、購入している車の平均燃費を調べます。次に、給油できる満タンの量を確認します。最後に現在のガソリン1L単価を調べてください。 給油満タン量が30Lで、平均燃費が20km/Lであり、仮にガソリン単価が130円の場合 30×130=3900円  ガソリン満タンが3900円となり、走行距離は600キロとなります。通勤距離や休日の走行距離の合計により、月に何回ガソリンを満タンにする中が分かります。 月のガソリン代金が大雑把に計算することができたら、12か月分に再計算します。その合計が一年間のガソリンです。注意事項として、自動車のなかにはレギュラーガソリンではなく、ハイオクを入れた方が長持ちする車もありますので、確認してください。

複数台持ちの場合も同様にシミュレーションする

車が複数台ある場合でも、一台のシミュレーションでそれぞれを計算し、最後に合算しましょう。注意したいのは車種や車体で燃費が違う場合です。維持費が高くなってしまいがちな傾向の人は、自分の車の燃費を知らないパターンが多々あります。自分の車の燃費はおおよそこれくらい、というのを知っておきましょう。

車の維持費の比較

車の維持費の比較

自動車は同じメーカーの同じ車体であっても各個人によって維持費に違いが出てきます。なぜそのようなことが起きるのか、安く維持費をおさえるために効果的な方法と合わせてご紹介します。

維持費が高くなる原因 駐車場

自動車の維持費がメーカーや車種が同じでも各個人によって高くなる原因が駐車場代と任意保険です。持ち家であれば駐車場の心配は不要ですが、無い場合は駐車場を借りなければなりなせん。

駐車場の料金は地域差がある

駐車場の月額は地方によりさまざまで月額6000円~の青空駐車場から月額30000円~の立体駐車場など大きく金額差が出てきます。自動車を所持するならば、必ず停めておくための場所が必要となりので、この駐車場の料金も維持費には含まれてきます。 駐車場の環境により自動車は経年劣化の度合いが違ってきます。どの程度までの経年劣化なら許容範囲なのかも、考えておきましょう。

維持費が高くなる原因 任意車両保険

自動車を所持、運転する際には自動車保険は万が一を考えて必ず入っておいたほうが良い保険です。重大な事故の過失、または損失が出た場合、個人では背負いきれない負債が発生してしまうのが自動車事故です。必ず任意自動車保険に加入してください。 とはいえ、自動車保険は事故を起こさなければ払っているのがもったいない、と思いがちな部類の支出です。また、一度加入した後、見直す人も少ないのが自動車保険の落とし穴です。 任意自動車保険の保険料は維持費の高い安いに幅が出やすい出費です。現在はさまざまな自動車保険が巷に溢れていますが、自動車保険の比較というものをしない人も多いのではないでしょうか。同じ内容でも、保険会社によっては数万円の差が出てきます。

任意車両保険を安くするには少しの手間でもだいぶ違う

任意車両保険を安くするには少しの手間でもだいぶ違う

車両保険の更新の際には、お手元のスマートフォンなどで相場を軽く調べておくのも、無駄な維持費を削減できる方法です。現在では店舗を構えない、インターネット保険のダイレクト系が比較的任意の自動車保険の保険料が安い傾向にあります。 というのもダイレクト系は店舗を構えていないのでその分の費用が削減し、保険料を安くしています。インターネット申し込みで簡単に契約できるのもダイレクト系の人気の理由の一つです。 お手軽で安いダイレクト系ですが、そうなってくると少し不安に思う人もおおいのではないでしょうか。いくら安くても、いざという時の保険料の支払いや対応が悪くては安物買いの銭失いとなってしまいます。 ですが、そこはインターネット。口コミや比較サイトも多数存在しているので、まずは保健会社そのものホームページではなく比較サイトを覗いてみましょう。

維持費に含まれるメンテナンス費用

自動車を所持する場合、メンテナンスにも費用が掛かってきます。自動車は経年劣化や使用頻度により部品を随時交換していかなくてはなりません。 注目したいのがオイル交換とバッテリー交換です。上記でも解説しましたが、オイルは半年に一回、または走行距離5000キロで一回の交換となります。エレメントはオイル交換2回目時に代えるのが目安とされています。交換するディーラ―や所有している車種により異なりますが、料金相場は3000円~10000円となっています。 バッテリー交換は非常に重要です、というのもバッテリーが上がってしまうと、自動車は動くことができなくなります。バッテリー交換に普段は着目しないオーナーさんは多いですが、ギリギリまで交換しないのではなく、適切な交換時期が来たら変えるようにしましょう。バッテリーの交換時期は約2年です。 料金相場は工賃約2000円+バッテリー本体代金です

維持費を安く抑えるには

維持費を安く抑えるには

エコ運転やガソリンスタンドの料金チェックは、人によっては微々たるものと思いがちですが、年間維持費の欄にあるとおり、ガソリンは12カ月を通して発生する継続的な維持費となってます。塵も積もれば、ということを考えれば、けして無駄な労力ではありません。 また、意外なことにタイヤ空気圧でも燃費が向上します。スノータイヤを履く雪国や、長距離運転をする人にはタイヤの空気圧チェックは身近なものですが、年中同じタイヤを履きっぱなし、という人はタイヤの空気圧を少し高めにしてみてください。空気圧はガソリンスタンドでチェックしてもらうことができます。

エコ運転を心がけよう

ガソリン代の節約には。もちろん燃費の良い環境に配慮した自動車を購入すること有効ですが、ドライバーがエコ運転を心がけるだけでも消費量は違ってきます。 エコ運転とは ・発進時アクセルを踏む込まない。 ・車間距離を開ける。 ・急ブレーキを踏まずに減速はゆっくりと。 ・停車時のアイドリングをやめる。 このように誰でも簡単に始めるができます。エコ運転の素晴らしいメリットは、ガソリン代の節約だけではなく、車間距離をあけ、急発進・急停車をなくすことで危険運転を予防し、事故などのリスクを軽減することができます。ぜひエコ運転にチャレンジしてください。

自動車の維持費はやり方次第で安くすることができる

自動車の維持費はやり方次第で安くすることができる

自動車の維持費の計算方法や、一年間のシミュレーションの方法、そして維持費をなるべく安くする方法をが紹介しました。同じ車を所持するでも、せっかく維持費をお得にするやり方がありますから、やって損はありません。 面倒だなと思う人は、はじめやすいエコ運転から取り組んでみてください。アナタの素敵なカーライフを応援しています。

関連タグ

アクセスランキング