IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【地域別】自転車の防犯登録の譲渡の証明書の取得方法|控え

更新日:2020年11月14日

社会人常識

新生活を始めるときに自転車を処分または譲渡をするケースは少なくありません。防犯登録が義務付けられている自転車の譲渡には手続きが必要になります。そのため譲渡をする時の手続きにはコツが必要です。自転車の対処にお困りの方へ、自転車譲渡に関するポイントを紹介します。

岡山

岡山では、岡山県自転車・原付防犯登録会が運営を行っています。通常は新しく所有者となる方が手続きすることが多いです。しかし同会が運営するホームページ上から、前所有者が自転車の防犯登録を削除することもできます。防犯登録を抹消した状態で、新しい所有者に譲渡することになりスムーズです。

岐阜

岐阜県では、(公財)岐阜県防犯協会が防犯登録などを任されています。同協会が防犯登録取り扱い指定店としている販売店で、防犯登録に関する手続きを依頼することができます。他の地域と同じく600円で、手続きが終了します。

神奈川

神奈川自転車防犯協会が、自転車に関する手続きを管理して言います。同協会が指定する自転車さんが自転車防犯登録所として利用可能です。譲渡する自転車やネット購入した自転車などを持ち込むことで、防犯登録することができます。証明する書類がない時にはネットから譲渡証明書をダウンロードしましょう。

自転車の防犯登録の譲渡の控えがない場合

通常、防犯登録の名義などを変える時には書類の控えなどが必要になります。しかし、防犯登録に関する書類を扮しているというケースが少なくありません。自転車を譲渡する時に防犯登録の書類がない時にどうすればよいのでしょうか。自転車に関する防犯登録の控えがない時に、気になる譲渡手続きなどの流れや申請に関するポイントについて紹介します。

本来は防犯登録の抹消が必要

自転車の譲渡手続きを行う場合には、以前の持ち主が届け出た防犯登録を抹消することから始まります。盗難された自転車が不当に譲渡・売買されないようにするためにも必要な手続きです。しっかりと以前の持ち主が同意であることを確認するために多くの確認手続きが求められます。十分に確認が取れたうえで、新しく持ち主となる人名義の防犯登録が可能です。

前の乗り手の抹消証明がないと

譲渡手続きを進めてく時には、前の自転車乗り手の抹消証明が不可欠です。手続きをお願いする場所によっては、書類がないと拒否される可能性もあります。証明が不十分な自転車を譲渡する場合には、盗難車両という疑いもかけられるためです。盗難車両であるか否かも確認する作業が始めり。スムーズに進めたい自転車の譲渡に時間がかかりすぎる可能性も否めません。

証明書なしでも抹消登録できる

自転車保有や防犯登録の証明が不十分であると、譲渡に関する防犯登録は難しく思えるでしょう。地域の手続きを行う防犯登録の協会によっては、説明をすることで依然の防犯登録を抹消してくれる可能性も低くありません。諦めて防犯登録をしないで口約束で譲渡するよりは、しっかりと説明をして以前の防犯登録を抹消することをお願いする方が理想的です。

最寄りの防犯協会に問い合わせしてみよう

今回は友人や親戚間などで自転車を譲渡する方法について紹介しました。自転車の譲渡は、保有を証明するものや自転車防犯登録カードがある場合は難しくありません。もし証明書類などが見当たらない場合は、自己解決せずに最寄りの防犯協会に問い合わせることをします・地域によって手続きが違うので、手間を最小限に抑えることがポイントになります。

初回公開日:2018年03月29日

記載されている内容は2018年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング