IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【地域別】自転車の防犯登録の譲渡の証明書の取得方法|控え

更新日:2020年11月14日

社会人常識

新生活を始めるときに自転車を処分または譲渡をするケースは少なくありません。防犯登録が義務付けられている自転車の譲渡には手続きが必要になります。そのため譲渡をする時の手続きにはコツが必要です。自転車の対処にお困りの方へ、自転車譲渡に関するポイントを紹介します。

譲渡や盗難被害などを申請する時には、自転車の保有を証明する防犯登録書類だけでは不十分と言えます。手続きを行う時には、防犯登録をした本人であることを示す身分証明書も欠かさずに携帯しましょう。防犯登録の名義変更には、車体と本人確認を行ってはじめて可能になります。手続きにも費用が掛かりますので、料金を確認の上で持参することも必要です。

自転車譲渡手続きの流れ

自転車を譲渡する時の譲渡手続きとは、具体的にどんなことが行われているのかご存知でしょうか、防犯登録を含めた自転車を譲渡する時の手続きの流れや、ポイントとなることについて紹介します。大まかに自転車譲渡に関する法定手続きの流れを把握しておくことで、時間で手間を取らずに自転車の譲渡・売買などに重荷を感じることが少なくなります。

保有している自転車かをチェック

自転車の譲渡手続きで大事なことの一つが、保有者の徹底確認と言えるでしょう。車体番号やメーカー、購入したお店などをチェックすることで不審なことがないか確認されます。このチェックを終えることで、正当な保有者からの譲渡に関する以来として届けが受理されると認識しても問題ありません。所有に関する証明書が必要となるのは、このチェックのためです。

証明できた後で名義変更が可能

前の持ち主である譲渡手続きであることが、本人確認と所有者証明の二つを終えることで法定手続きが認められるようになります。自転車ということで軽視する方も少なくありませんが、自転車も法律上では車と同じく「車両」として扱われています。 道路交通法でも罰則が存在し、自転車の取り扱いには慎重であることをします。正しい方法で譲渡や防犯登録を完了させるべきでしょう。

都道府県で手続きが異なる

自転車の譲渡に関する方法は、全国一律ではありません。お住まいになっている地域の防犯登録の協会などに問い合わせる必要性もあるでしょう。以前住んでいた地域と異なる方法を指示されたと戸惑う可能性もあります。入念に調べた上で自転車譲渡や、防犯登録の変更・抹消を検討することが理想的です。違いを調べておくことも選択肢としてと言えます。

地域別自転車の防犯登録の譲渡の方法

自転車に関する法定手続きは、地域ごとに準備をする必要があると言われています。学生生活や社会生活などで自転車を譲渡する場合には、なおさら地域ごとの手続きについて理解する必要があるでしょう。主な地域別での防犯登録の名義変更など、自転車に関する手続きについて紹介します。引っ越しなどで自転車を譲渡・処分するときにも役立つ情報です。

大阪

大阪では大阪府公安委員会から認可を受けている「大阪府防犯商協力会」が手続きを行っています。原則として同協力会から委託を受けている自転車屋さんなどで、防犯登録などの手続きを行うことが可能です。 事前に自転車屋さんに問い合わせることで、必要書類をチェックすることがポイントになります。通常は自転車の特徴がわかる情報、前の持ち主である人の住所や連絡先の記載があるものを準備することが重要です。

千葉

千葉県では千葉県自転車軽自動車商協同組合から委託を受けている自転車屋が自転車防犯登録所になっています。500円を払って防犯登録をすると、10年間の有効期限で警察本部で情報が管理されます。譲渡に関する名義変更・抹消などでも防犯登録の控え、あるいはネットでダウンロードできる譲渡証明書があれば申し込むことが可能です。

愛知

愛知県では愛知県自転車防犯登録協会が防犯登録を行っています。基本は他県と同じく、委託を受けた自転車屋さんで登録を行います。600円を払うと、防犯登録が可能で、譲渡における新しい防犯登録でも同じ金額です。 譲渡を申し込むときには、前の持ち主が防犯登録したことを証明する控えか、各自が作成した譲渡証明書があれば問題ありません。特定の書式はありませんが、前の持ち主がわかる情報を記載して作成することがポイントです。

初回公開日:2018年03月29日

記載されている内容は2018年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング