IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【地域別】自転車の防犯登録の譲渡の証明書の取得方法|控え

社会人常識

新生活を始めるときに自転車を処分または譲渡をするケースは少なくありません。防犯登録が義務付けられている自転車の譲渡には手続きが必要になります。そのため譲渡をする時の手続きにはコツが必要です。自転車の対処にお困りの方へ、自転車譲渡に関するポイントを紹介します。

更新日時:

自転車の防犯登録の譲渡の証明書の取得方法

新生活をする時に引っ越しする方も多いです。これまで愛用していた自転車をどうされているでしょうか。そのまま利用・廃棄する場合もありますが、親しい方に譲渡・売買する可能性も珍しくないでしょう。車と同じく、自転車にも譲渡をする時には法的な手続きが必要です。自転車を第三者に譲渡する時に必要な手続きやステップについて紹介します。

自転車を譲渡する時には

自転車を購入する時には、防犯登録をすることを最近では義務付けられています。そのため自転車を譲渡する時には、防犯登録者の名義を変更しなくてはなりません。変更しないまま自転車を譲渡すると、防犯登録物は前のユーザーのままという扱いになります。盗難や破損など何か自転車のトラブルが起きた場合に、現ユーザーに連絡が届きません。

防犯登録も名義変更が必要

法的にも自転車の所有権を譲渡するには、防犯登録の名義変更が不可欠です。仮に口約束として実際に何も手続きせず自転車を譲渡したとしても、法的には譲渡どころか盗難したと同じ扱いを受ける可能性もあります。安心して新しいユーザーとして、不安なく譲り受けた自転車を利用するには防犯登録の名義変更を忘れずに行うことから始めるべきでしょう。

自転車譲渡の証明書を取得しよう

防犯登録の名義変更を行うためには、少しだけ別の準備が必要になります。防犯登録の手続きを解約・変更するには、自転車の正式な所有者であることを証明する必要があります。所有者であることが確認されることで、自転車譲渡に必要な手続きに入ることが可能です。まずは身の周りを確認して、自転車譲渡に不可欠な所有を証明する書類などを探しましょう。

自転車の譲渡手続きに必要なもの

自転車は車と同じく、保険や所有者の証明が必要になる大事な乗り物です。第三者に譲渡する時には、口約束にとどまらせず、正式な法定書類によって行うことが理想と言えるでしょう。自転車の譲渡手続きに必要になる物や、譲渡に関する法定手続きをポイントについて紹介します。必要書類の準備をしておくと、段取りがスムーズで便利です。

自転車防犯登録カード

自転車防犯登録カードは、自転車を購入した時に登録する書類です。登録カードには、お店の名前や購入者の住所など詳細な情報が記載されます。メーカーや自転車本体の登録番号も記載されているので、法定手続きには欠かせない書類と言えるでしょう。 自転車を購入した場合には、紛失しないように保管しておくことがおすすめです。いったん発行された自転車防犯登録カードは再発行されないので注意しましょう。

保証書や自己所有を示す領収書など

自転車防犯登録カードは、譲渡や盗難被害を届け出る時には欠かせない書類です。紛失や盗難など見当たらない場合には、保証書や自転車を購入したことを証明する領収書などを代用できることもあります。 自転車だけではなく、高額な買い物をした時には領収書と保証書をセットにして保管するクセを付けておいた方が良いでしょう。いざという時には役立つことが少なくありません。

自転車本体

自転車を譲渡する時には、自転車本体も近場にある方が良いでしょう。証明書類と同じものであるかチェックをすることが多いです。また証明書類が不足している場合でも、本体があることにより必要な登録番号や車体番号といった情報がわかることが少なくありません。自転車本体を持参の上で手続きに行くと、手続き時に困ることがおきる可能性を抑えられるでしょう。

身分証明書とお金

譲渡や盗難被害などを申請する時には、自転車の保有を証明する防犯登録書類だけでは不十分と言えます。手続きを行う時には、防犯登録をした本人であることを示す身分証明書も欠かさずに携帯しましょう。防犯登録の名義変更には、車体と本人確認を行ってはじめて可能になります。手続きにも費用が掛かりますので、料金を確認の上で持参することも必要です。

自転車譲渡手続きの流れ

自転車を譲渡する時の譲渡手続きとは、具体的にどんなことが行われているのかご存知でしょうか、防犯登録を含めた自転車を譲渡する時の手続きの流れや、ポイントとなることについて紹介します。大まかに自転車譲渡に関する法定手続きの流れを把握しておくことで、時間で手間を取らずに自転車の譲渡・売買などに重荷を感じることが少なくなります。

保有している自転車かをチェック

自転車の譲渡手続きで大事なことの一つが、保有者の徹底確認と言えるでしょう。車体番号やメーカー、購入したお店などをチェックすることで不審なことがないか確認されます。このチェックを終えることで、正当な保有者からの譲渡に関する以来として届けが受理されると認識しても問題ありません。所有に関する証明書が必要となるのは、このチェックのためです。

証明できた後で名義変更が可能

前の持ち主である譲渡手続きであることが、本人確認と所有者証明の二つを終えることで法定手続きが認められるようになります。自転車ということで軽視する方も少なくありませんが、自転車も法律上では車と同じく「車両」として扱われています。 道路交通法でも罰則が存在し、自転車の取り扱いには慎重であることをおすすめします。正しい方法で譲渡や防犯登録を完了させるべきでしょう。

都道府県で手続きが異なる

自転車の譲渡に関する方法は、全国一律ではありません。お住まいになっている地域の防犯登録の協会などに問い合わせる必要性もあるでしょう。以前住んでいた地域と異なる方法を指示されたと戸惑う可能性もあります。入念に調べた上で自転車譲渡や、防犯登録の変更・抹消を検討することが理想的です。違いを調べておくことも選択肢としておすすめと言えます。

地域別自転車の防犯登録の譲渡の方法

自転車に関する法定手続きは、地域ごとに準備をする必要があると言われています。学生生活や社会生活などで自転車を譲渡する場合には、なおさら地域ごとの手続きについて理解する必要があるでしょう。主な地域別での防犯登録の名義変更など、自転車に関する手続きについて紹介します。引っ越しなどで自転車を譲渡・処分するときにも役立つ情報です。

大阪

大阪では大阪府公安委員会から認可を受けている「大阪府防犯商協力会」が手続きを行っています。原則として同協力会から委託を受けている自転車屋さんなどで、防犯登録などの手続きを行うことが可能です。 事前に自転車屋さんに問い合わせることで、必要書類をチェックすることがポイントになります。通常は自転車の特徴がわかる情報、前の持ち主である人の住所や連絡先の記載があるものを準備することが重要です。

千葉

千葉県では千葉県自転車軽自動車商協同組合から委託を受けている自転車屋が自転車防犯登録所になっています。500円を払って防犯登録をすると、10年間の有効期限で警察本部で情報が管理されます。譲渡に関する名義変更・抹消などでも防犯登録の控え、あるいはネットでダウンロードできる譲渡証明書があれば申し込むことが可能です。

愛知

愛知県では愛知県自転車防犯登録協会が防犯登録を行っています。基本は他県と同じく、委託を受けた自転車屋さんで登録を行います。600円を払うと、防犯登録が可能で、譲渡における新しい防犯登録でも同じ金額です。 譲渡を申し込むときには、前の持ち主が防犯登録したことを証明する控えか、各自が作成した譲渡証明書があれば問題ありません。特定の書式はありませんが、前の持ち主がわかる情報を記載して作成することがポイントです。

岡山

岡山では、岡山県自転車・原付防犯登録会が運営を行っています。通常は新しく所有者となる方が手続きすることが多いです。しかし同会が運営するホームページ上から、前所有者が自転車の防犯登録を削除することもできます。防犯登録を抹消した状態で、新しい所有者に譲渡することになりスムーズです。

岐阜

岐阜県では、(公財)岐阜県防犯協会が防犯登録などを任されています。同協会が防犯登録取り扱い指定店としている販売店で、防犯登録に関する手続きを依頼することができます。他の地域と同じく600円で、手続きが終了します。

神奈川

神奈川自転車防犯協会が、自転車に関する手続きを管理して言います。同協会が指定する自転車さんが自転車防犯登録所として利用可能です。譲渡する自転車やネット購入した自転車などを持ち込むことで、防犯登録することができます。証明する書類がない時にはネットから譲渡証明書をダウンロードしましょう。

自転車の防犯登録の譲渡の控えがない場合

通常、防犯登録の名義などを変える時には書類の控えなどが必要になります。しかし、防犯登録に関する書類を扮しているというケースが少なくありません。自転車を譲渡する時に防犯登録の書類がない時にどうすればよいのでしょうか。自転車に関する防犯登録の控えがない時に、気になる譲渡手続きなどの流れや申請に関するポイントについて紹介します。

本来は防犯登録の抹消が必要

自転車の譲渡手続きを行う場合には、以前の持ち主が届け出た防犯登録を抹消することから始まります。盗難された自転車が不当に譲渡・売買されないようにするためにも必要な手続きです。しっかりと以前の持ち主が同意であることを確認するために多くの確認手続きが求められます。十分に確認が取れたうえで、新しく持ち主となる人名義の防犯登録が可能です。

前の乗り手の抹消証明がないと

譲渡手続きを進めてく時には、前の自転車乗り手の抹消証明が不可欠です。手続きをお願いする場所によっては、書類がないと拒否される可能性もあります。証明が不十分な自転車を譲渡する場合には、盗難車両という疑いもかけられるためです。盗難車両であるか否かも確認する作業が始めり。スムーズに進めたい自転車の譲渡に時間がかかりすぎる可能性も否めません。

証明書なしでも抹消登録できる

自転車保有や防犯登録の証明が不十分であると、譲渡に関する防犯登録は難しく思えるでしょう。地域の手続きを行う防犯登録の協会によっては、説明をすることで依然の防犯登録を抹消してくれる可能性も低くありません。諦めて防犯登録をしないで口約束で譲渡するよりは、しっかりと説明をして以前の防犯登録を抹消することをお願いする方が理想的です。

最寄りの防犯協会に問い合わせしてみよう

今回は友人や親戚間などで自転車を譲渡する方法について紹介しました。自転車の譲渡は、保有を証明するものや自転車防犯登録カードがある場合は難しくありません。もし証明書類などが見当たらない場合は、自己解決せずに最寄りの防犯協会に問い合わせることをおすすめします・地域によって手続きが違うので、手間を最小限に抑えることがポイントになります。

関連タグ

アクセスランキング