IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「御中」と「様」の違い・使い分け方法・書き方|封筒/履歴書

初回公開日:2018年03月10日

更新日:2020年07月25日

記載されている内容は2018年03月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書き方・例文

「御中」「様」の使い方について説明しています。「御中」「様」はどんなときに使えばいいのか迷うことがあるでしょう。そんなときに使い方を覚えておけば迷わずにすみます。ビジネスではよく使用することばなので覚えておくといいでしょう。

「御中」と「様」の違い

「御中(おんちゅう)」と「様」の違いは「組織宛て」に対するのか、「個人」に対してなのかになります。「組織の中のだれか」に対しては「御中」の敬称を使用し、「個人」に対しては「様」の敬称を使用します。 また「敬称」というのは人名や役職の後ろに付けてその方への敬意を表します。例えば『先生』『社長』『部長』などはすべて敬称であり、『様』と同じの意味合いを持ちます。「〇〇先生」など敬称は最後につけます。 「御中」と「様」を両方使ってしまうと、『様様』という意味になり、敬称が重複する状態になるため、このような書き方は使用しない方が良いです。たとえば、取引先の〇〇さん宛の場合、〇〇さんという特定の個人に宛てたものなので「○○株式会社〇〇様」とするのが正しいということになります。

「御中」と「様」の使い分け方法

それでは「御中」と「様」の具体的な使い分けは簡単にいうと「御中」は宛名が特定の個人以外になっているときに使う敬称、個人名がわかっている場合は「様」を使用します。もう少し知りたい方は以下のサイトをご活用ください。

御中

「御中」は会社または会社の組織や団体などで直接誰に出すのかわからないときに付けるもので「その中のだれか」宛という意味です。そのため、宛先の会社または会社の組織や団体に所属している人は誰でも見てよいというものになります。 「御中」は会社または会社の組織や団体宛に対する敬称なので、会社または会社の組織や団体の誰なのかあらかじめわかっている場合の宛名として「御中」は使用しません。会社または会社の組織や団体の宛名として「〇〇部〇〇様」とは使用しないので注意しましょう。

「様」は個人宛に対する敬称です。個人名がわかっている人宛の場合のみに使用します。また、敬称(役職など)を後ろにつける場合は「様」はつきませんので注意しましょう。その場合は「総務部○○部長」と使用します。 各職名で「様」つけたい場合は「総務部長〇〇様」と記載するようにしましょう。「総務部○○部長様」と記載しないように注意してください。「部長」と「様」で二重敬称となってしまいます。

担当

「御中」と「様」以外に個人名はわからなくても業務の担当者である個人に宛てる場合は「ご担当者様」を使用するのがおすすめです。 この場合も、個人名まではわからないものの、業務の担当者である個人に向けてメッセージを送るときに使う「担当者様」「ご担当者様」と記載します。 すでに「様」という敬称がついていますので「御中」は使用しません。使い方は以下になりますので参考にしてください。 【「ご担当者様」の使い方例】 ・○○株式会社 ご担当者 様 ・○○株式会社 経理部 ご担当者 様 【「ご担当者様」の間違った使い方例】 ・○○株式会社 経理部 御中  ご担当者 様 ・○○株式会社 経理部  ご担当者 御中

「御中」と「様」の併記

敬称は併用しません。「御中」と「様」を両方使ってしまうと、『様様』という意味になり、敬称が重複している状態になるため、このような書き方は使用しないように気を付けましょう。また、「〇〇部長様」や「〇〇先生様」なども敬称の併用に当てはまりますので気を付けましょう。正しい記載は「〇〇部長」や「○○先生」と記載します。

「御中」と「様」の書き方

関連タグ

アクセスランキング