IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フレンチのテーブルマナー・服装|ナプキン/食べ終わり/料理

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

あなたはフレンチのテーブルマナーの基本をおさえていますか。今回は、ナイフとフォークの正しい使い方や服装のマナー、そしてフレンチ料理の内容別のマナーをご紹介します。ぜひ、フレンチ料理を味わう上で欠かせない洗練された大人のマナーを身につけましょう。

フレンチと和食でのテーブルマナーの違いは、手に食器を持つか持たないかです。フレンチでは食器を持つことはありません。また、フレンチのテーブルマナーには「スープはすすって飲まない」など、あなたも知っているマナーがあるのではないでしょうか。 ここからは、フレンチの食事内容におけるマナーについてご紹介します。

スープは音に注意する

スープを口に入れる時は、お皿は置いたままスプーンですくいましょう。また、スープをスプーンでたくさんすくうことはしないでください。なぜなら、テーブルや衣服にスープをこぼすことになるからです。 そして、フレンチのマナーでは食事中に出る音が非常に重要です。スープを口に入れる時は、麺類をすする時のように音をたててはいけません。また、食器とスプーンがカチャカチャと音を立てないように気を配る必要があります。緊張していると音が出る可能性があるので、体がこわばらないようにリラックスを心がけましょう。 もし、スープが少なくなってきたら皿や器の手前を持ち、少し傾けてすくいましょう。スプーンを持つのが右手ならば左手は皿に添えます。ちなみに、スープのすくい方にも違いがあり、イギリス式では皿の手前から奥へ、フランス式では奥から手前にすくいます。

パンは一口サイズにちぎる

フレンチ料理ではバゲットに代表されるシンプルな味の固いパンが多く、バターと一緒に提供されることもあります。パンは一口サイズに手でちぎり、食べるたびにバターナイフでバターを塗ります。また、料理のソースにパンをつけて食べても構いませんが、正式なマナーではありません。 なお、パンを乗せる皿がない時フレンチのテーブルマナーでは、テーブルクロスの上に置いても良いとされています。知らなかった方にとっては驚いてしまうマナーですが、メイン料理の左側のテーブルクロスに直接置きましょう。

ワインに迷ったらを頼む

フランス料理の醍醐味でもあるワインは食前酒・食中酒・食後酒が用意され、前菜・肉・魚・チーズ・デザートなど、それぞれに合ったワインが提供されます。 オーダーする時は、ソムリエや店員がすすめるワインや自分の好みと価格の希望を伝えると良いでしょう。テイスティングが促されることもありますが、これはワインにコルクやカビの臭いが混じってないか、確かめるために行います。ソムリエが厳選して管理しているワインでは省くこともできます。 また、フレンチのテーブルマナーでは自らワインなどをグラスに注ぐことはせず、給仕係に全て任せます。もう飲みたくない場合も給仕係に伝えましょう。そして、グラスは脚を持つのが前提です。冷たい飲み物が体温に影響されることを防いでいます。

デザートやコーヒー(紅茶)の味わい方

デザートが何種類か盛られている場合は冷たいものから食べましょう。基本的にはフォークを使いますが、一度に口にできない大きさの果物やデザートではナイフとフォークで食べることもあります。 また、コーヒーに砂糖を入れる時はトングで直接カップに落とすのではなく、一度スプーンに置いて、スプーンからカップへ入れます。そして、砂糖とコーヒーを混ぜる時も、コーヒーの温度を冷ます時もスプーンでカップの中を静かに回します。 フレンチのデザートはコーヒーや紅茶と相性が良いように作られており、コーヒーは温かいものが基本です。コース料理を締めくくるので、ゆっくりと味わいましょう。

もう恥ずかしくない!フレンチでの服装のマナー

フレンチのレストランではテーブルマナーだけではなく、レストランを訪れる客の佇まいや服装にも気を使う必要があります。男性はスーツ、女性はワンピースなど、訪れる店の雰囲気や食事会の目的に合わせましょう。今からその一例を挙げますので、参考にしてください。

男性はジャケット着用が基本

男性がフレンチレストランへ行く時はジャケットの着用が基本です。ネクタイはしなくても大丈夫です。フォーマルでもカジュアルでも、汚れがなくて襟元がくたびれていないシャツを選びましょう。また、季節柄、コートを着用した場合は入店前にクロークに預けましょう。

女性は肌を露出しすぎない

フレンチレストランの雰囲気は各店舗で異なりますが、いずれにせよ、ラフな格好で行くのは避けましょう。夏の暑い時期でも、できるだけ肌の露出は控えるのがマナーです。また、胸元が大きくあいているデザインは避け、ストッキングは着用します。

足元がサンダルはNG

男女ともに気をつけたいのが靴です。ランニングシューズやレジャーに使うサンダルはやめましょう。女性はヒールのある靴だと姿勢がよく見えます。

次のページ:こんな時はどうする?状況別フレンチのテーブルマナー
初回公開日:2018年03月18日

記載されている内容は2018年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング