IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フレンチのテーブルマナー・服装|ナプキン/食べ終わり/料理

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

あなたはフレンチのテーブルマナーの基本をおさえていますか。今回は、ナイフとフォークの正しい使い方や服装のマナー、そしてフレンチ料理の内容別のマナーをご紹介します。ぜひ、フレンチ料理を味わう上で欠かせない洗練された大人のマナーを身につけましょう。

もっと楽しくフレンチ料理が食べたい!

外食でフレンチ料理を食べる時、食事のマナーで困ったことはありませんか。特に高級感のあるフレンチ料理のレストランでは「すごく緊張してしまって、食べた心地がしなかった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、そんな方のために『知って置いて損はない』、どこでも使えるフレンチのテーブルマナーをご紹介します。また、フレンチレストランに行く時の服装のマナーや、食事中のマナーなどの細かいところにも注目してご紹介します。

フレンチでのテーブルマナーの基本について

早速、フレンチ料理を食べる時に使うナプキンとナイフ・フォークの正しい使い方を見ていきましょう。フレンチでのテーブルマナーは見た目も美しく機能的です。また、椅子に腰掛ける時は、背筋を伸ばすとより美しいでしょう。

ナプキンを使うタイミングは?

ナプキンはフレンチ料理に限らず、食事中の口元や手を拭くときに使います。また、衣服にソースが飛んだり、食事や飲み物をこぼしてしまった時に汚れないよう、あらかじめ用意されています。通常、ナプキンはメイン料理で使う大皿の上などに置かれています。 テーブルに全員が着席して料理の注文をしたら、給仕係(料理を運んできたり、食事している人々の世話をする人のこと)が料理を運んでくる前にナプキンを使いましょう。逆にテーブルに人が揃っていない場合は、ナプキンは取らないのがマナーです。

正しいナプキンの使い方

ナプキンを手に取ったら、二つに折ってあなたのひざの上(太もも)に置きます。折ったナプキンの輪っかになっている方をあなたのおなか側に、ナプキンの布の端がひざ側にくるように置きましょう。また、ナプキンは料理や飲み物が運ばれてくる前にひざに置けばいいので、慌てる必要はありません。 そして、食事の途中で席を立つ場合はナプキンをあなたの椅子の上に置き、戻ってきたら同じようにひざの上に置きます。

カトラリーについて

「カトラリー」という言葉を耳にしたことはありませんか。カトラリーとは、食器や調理器具を除いた食事のテーブルで使うナイフ、フォーク、スプーンなどをまとめて言います。 例えば、フルコースの料理を食べる時には、前菜用・魚用・肉用など何本ものカトラリーがテーブルに用意してあります。使う順番としては、一番外側に置かれているフォークとナイフから使います。 また、ナイフを右手に、フォークは左手に持ち、腕はハの字になるようにします。ナイフの刃は決して相手に向けることなく使いましょう。

「人差し指がコツ」ナイフの持ち方

ナイフの刃先をやや下に向け、柄に右手の人差し指を添えるようにして持ちます。食材を切る時はナイフと皿が擦れて不快な音を立てないよう、気をつけましょう。 また、ワインやパンを取るときに一旦ナイフとフォークを置く時は、食べている料理皿の手前側に、そのまま(左にフォーク・右にナイフ)ハの字になるようにします。

「フォークは持ち替えない」が正式なマナー

フォークもナイフと同様に先端を下に向けて持ち、テーブルにひじをつかないようにすると美しく見えます。なお、正式なマナーにおいてはフォークは右手に持ち替えません。ただし、知人・友人とのカジュアルな食事をする場合は、ナイフの刃を相手に向けずに皿の奥に横向きにして置き、フォークを右手に持ち替えます。

料理で使い分けよう!フレンチのテーブルマナー

初回公開日:2018年03月18日

記載されている内容は2018年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング