IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ドコモの雑誌読み放題サービスの料金・雑誌の種類・解約方法

エンタメ・芸能

ドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」。人気もあってCMやネットでも話題になっているけれど、料金や解約の手続きはどうなっているのか知らない、という方も少なくないはずです。この記事では、そんなドコモの雑誌読み放題サービスについてご紹介します。

更新日時:

ドコモの雑誌読み放題サービスの料金・雑誌の種類・解約方法

渡辺直美さんがド派手な外国人セレブになりきっているCMで有名な、ドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」は、2016年3月には契約数300万人を突破した、人気のあるサービスです。興味をお持ちの方も少なくないことでしょう。 しかし、いざ利用してみようと思うと、「利用してみたいけど、ドコモで契約してないし無理かも」、「契約に時間かかるのか」、「そもそもそこまで雑誌読む機会あるかな」と悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。 こちらの記事では、そんなドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」について、解説していきます。興味があるけれど利用に踏み切るのに二の足を踏んでいる方は必見です。

ドコモの雑誌読み放題サービスの料金

まず、一番気になるのはその料金。「雑誌が読み放題」と聞くと、料金もそれなりなのではと尻込みしてしまう方もいることでしょう。実際にはどれほどかかるのかご紹介します。

なんと月額400円!

なんとドコモのdマガジンでは、月額400円で雑誌を読み放題できます。雑誌を普通に本屋さんで買うと一冊500円くらいですが、ドコモではその雑誌一冊分で200種類以上の雑誌が読めてしまうというので、驚きです。

ここに注意

ドコモでなら雑誌を400円で読み放題できます、と先ほど言いましたが、これには2点ほど気を付けなければいけない点があります。 一つ目は、通信料は別ということです。雑誌を読むためには、雑誌のページの読み込みが必要ですが、この読み込みにかかる通信料は別途かかります。とはいえ、ドコモではこの雑誌のページも1ページ1MB程度に抑えてくれているので、雑誌を一冊読み込んでも80~100MBくらいになります。たくさん色々な雑誌を読みたい方は要注意です。 二つ目は、いつ契約したとしても月額400円はかかってしまうということです。例えば3月31日に契約したとしても、3月分の400円はかかってしまいます。日割りの計算はしないとのことですので、ここも注意が必要です。

通信料が気になるならパケット定額サービスに入ろう

たくさん雑誌が読みたいけれど、気づかないうちに通信料が高額になっていたら怖い、という方は、パケット定額サービスを利用しておきましょう。こうすることで、通信料のかかりすぎに予防線をはっておくことができます。

ドコモの雑誌読み放題サービスの雑誌の種類

では、ドコモの雑誌読み放題サービス、「dマガジン」にはどのような雑誌が読めるのでしょうか。詳しくみていきます。

数で表すと200誌以上の雑誌が読み放題

ドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」では、なんと200種類以上の雑誌が読めます。本数にすると、1500冊以上です。この札数の中にはバックナンバーも含まれているとのことですので、読み損ねてしまったコラムなども読めるということです。

例えばこんな雑誌も読める

週刊誌なら「FRY DAY」や「週間 文春」、「週間 現代」、ファッション誌なら「Can Can」、「non-non」、「 VIVI」など有名どころも読めます。また、ジャンルもお料理やライフスタイル、グルメ、ビジネス、エンタメと幅広く、これまで読んだことがないジャンルにも手が伸ばせるのが魅力的です。

ドコモの雑誌読み放題サービスじゃなきゃ読めない雑誌もある?!

実は、ドコモの雑誌読み放題サービスでしか、読むことができない雑誌もあります。先ほどあげた「週刊文春」もその一つです。他にも「週刊新潮」、「LEONE」、「FADGE」、「CREA」、「nomber」、「週間ファミ通」などの雑誌は「dマガジン」でしか読むことのできない雑誌です。

ドコモの雑誌読み放題サービス解約方法

ドコモの雑誌読み放題サービス解約方法

「ドコモの雑誌読み放題サービスを利用してみたいけれど、そんなに雑誌を読むか分からないし、無駄なお金はかけたくない」という方には、読める雑誌に限りはありますが、1ヶ月無料で試せるサービスもるので、そちらで試してみると良いでしょう。 ただ、こちらのサービスは1ヶ月経ってしまうと有料サービスに変わり、月額料金400円がかかってしまいます。 「試してみたらあんまり使わなかった」、「ドコモ以外の雑誌読み放題サービスも試したい」、そんな方のためにこの項では解約方法について説明します。

解約する方法

ドコモの雑誌読み放題サービスを解約する方法は、二つの方法があります。

ドコモの「dマガジン」サイトから解約する方法

こちらは、パソコンやネットを通してドコモの雑誌読み放題サービス、「dマガジン」を利用していた時の解約の方法です。 ① サイト トップページから、dマガジンを利用する際に作ったdアカウントでログインします。 ② ログインしたら、もう一度dマガジン・サイトを開いて、ページの下の方にある「会員登録/解約」をクリックします。(この「会員登録/解約」という項目は、スマートフォンの場合は、アプリダウンロードボタンの上の方にあります。) ③ 会員解約ページに飛びますので、「解約する」ボタンを押すと解約できます。

ドコモの「dマガジン」アプリから解約する方法

こちらはアプリを使って、ドコモの読み放題サービス「dマガジン」を利用していた場合の解約方法です。 ① dマガジンのアプリを立ち上げます。 ② アプリのTOPメニュー(横三本線になっているところです。)をタップします。 ③ メニューの中の「アカウント」という項目をタップしましょう。 ④ 「サービス解約」の項目ををタップすると、dマガジンのサイトの会員解約ページに画面が移ります。 ⑤ 会員解約ページから「解約する」ボタンをタップすると解約できます。 ここで注意なのが、スマートフォンのiOS機種を使っている場合は、アプリからの解約ができないことです。その場合一つ前の項の、サイトからの解約方法を使って解約となります。

解約時の注意点

解約する時に気をつけたいのが、解約する時期です。料金のお話のところでも少し触れましたが、ドコモの雑誌読み放題サービスは、登録した月からその月の月末までが利用料金になるので、月の途中で解約しても、解約したその月の分は支払わなければなりません。 例えば、2月からドコモの無料お試しサービスを利用していて、3月1日に解約をしたとしても、月末を過ぎてしまっているので、3月分の月額料金400円はかかってしまいます。 ですので、1ヶ月無料で試せるサービスで、もし本当に無料で試したい、というのであれば、上の例であれば、2月28日に解約しないと、3月分を支払わなくてはいけなくなるということになります。 できるだけ、支払いの無駄がないタイミングで解約できるように、タイミングを計って解約しましょう。

雑誌読み放題サービスのドコモとソフトバンクの違い

ここまで記事を読んできた方で、「ドコモのサービスについては、なんとなくわかってきたけれど、具体的に他のサービスとどこが違うのかが知りたい」、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 では、ソフトバンクの雑誌読み放題サービス「ブック放題」と比較して、どのような点が違うのか見て見ましょう。

料金が違う!

ドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」は、月額400円で利用できるとお伝えしました。それでは、ソフトバンクの雑誌読み放題サービス「ブック放題」はというと、月額500円です。ドコモと比べると100円高いです。 毎月かかるということを考えると、一年で1200円も違う計算になるので、ドコモの方が断然お得と言えそうです。

読める雑誌の種類が違う!

ドコモの「dマガジン」で読める雑誌は200種類以上で本数にすると1500冊以上です。対してソフトバンクの「ブック放題」で読める雑誌の種類は170種。雑誌の種類の点でも、ドコモの方が多いということになります。 ただし、ドコモの「dマガジン」でしか読めない雑誌があったように、ソフトバンクの「ブック放題」でしか読めない雑誌もあります。例えば、総合週刊誌JELLY、Ozplus、ネイルヴィーナス、BGina、毎日スポニチ、プレジデントNEXT、プレジデントWomanBikeJIN/培倶人、月刊ガルヴィ、ムー、などです。 読みたい雑誌がどちらにあるか、でどちらを利用するか見定めるのも、良い手と言えそうです。

ソフトバンクの「ブック放題」は漫画が読める!

雑誌の読み放題と聞いて、週刊誌やファッション誌の他に、漫画雑誌を思い浮かべた方も多くいることでしょう。 実は、ドコモの「dマガジン」では漫画雑誌は取り扱われていません。対して、ソフトバンクの「ブック放題」では雑誌ではないものの、20000冊以上の漫画が取り扱われています。 雑誌よりも漫画をよく読む、という方にはソフトバンクの「ブック放題」の方がお勧めです。

自分の趣向に合わせて最適なサービスを

いかがでしたでしょうか。ドコモの「dマガジン」について、料金や雑誌の種類についてなど、詳しく書いてきました。 サービスを利用するかしないかの決め手はやはり、自分がどれだけ、どのような雑誌を読んでいるか、読みたいのか、ということになるのではないでしょうか。 どこでも手軽に好きな情報誌を読める、雑誌読み放題サービス。自分にあったサービスを選んで楽しみましょう。

関連タグ

アクセスランキング