IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女・季節別】戌の日のお参りの時の服装|ジーパン/妊婦

社会人常識

お腹の中の赤ちゃんの安産を祈願する大事な日である「戌の日」。神社で祈祷を受ける際に、どのような服装で行くのがふさわしいのでしょうか。妊婦さんが快適に戌の日を過ごせるように、季節ごとにおすすめの服装を紹介していきます。戌の日のお参りにいく時の参考にしてください。

更新日時:

男女別戌の日のお参りの時の服装

男女別戌の日のお参りの時の服装

お腹の中にいる大切な赤ちゃんが、無事に産まれてきてきれますように。 「戌の日」のお参りは、安産を祈願する大切な儀式です。昔から続いてきた神聖な儀式のため、服装にも気を使わなければなりません。では、戌の日のお参りにはどのような服装でいけばよいのか紹介します。

戌の日とは?

そもそも「戌の日」とは、どのような日なのでしょうか? 戌(犬)は一度にたくさん子供を産み、さらに、お産が軽いということから、昔から安産の象徴とされてきました。戌の日は、十二支の11番目にあたる12日に1度回ってきます。戌の日参りは、妊娠5カ月に入った最初の戌の日に腹帯を巻いて安産をお祈りをする風習です。地域によっては、「酉の日」にお参りするところもあります。 戌の日参りには一人で行ってもいいですし、パパやおじいちゃん、おばあちゃん、親戚と一緒にお参りしても大丈夫です。大切な赤ちゃんの安産祈願なのできちんと行いたいと思う人も多いはずです。では、戌の日参りにおすすめの服装について詳しく紹介していきます。

男性のお参りの服装

神様へ参拝となると正装でなければならない気がしますが、ほとんどの神社では普段着でいいとされています。もちろん正装で参拝してもかまいませんが、一人だけスーツだと堅すぎてしまいます。一緒に参拝に行く人達との服装のバランスを考えるといいでしょう。そして、神聖な場所での最低限のマナーをわきまえた服装で戌の日参りへ行きましょう。

女性のお参りの服装

妊娠5カ月は「安定期」と言われていますが、油断することなく、服装にも気を使って安全に戌の日参りをしてください。特に、体温調節が大切です。妊娠すると、今までとは温度の感じ方も変わってくるため、体温調節しやすい服装や小物を用意していくことが必要です。 戌の日のお参りは、きちんとした服装をすることも大事ですが、その日の気候に合った、締め付けのない、ゆったりとした服装を選びましょう。

戌の日参りの服装を季節別に紹介します

戌の日参りの服装を季節別に紹介します

妊婦さんにとって、体調管理は非常に重要です。それぞれの季節に合わせたおすすめの戌の日参りの服装を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

春のお参りにおすすめの服装

春は暖かく気持ちのいい気候ですが、朝晩の寒さはまだまだ厳しいです。花冷えと言って、雪が降るほど寒くなる季節でもあります。ですので、体温調節ができるように、羽織れるジャケットや厚手のカーディガン、ストールがあると便利です。 「長袖ワンピース・チュニック+レギンス」「チュニック+マタニティデニム」という服装がおすすめです。少し暖かい日には、七分袖の薄手のブラウスやワンピースに、カーディガンなどを羽織るといいでしょう。 ヒールが高い靴だと転んでしまう心配があるので、低めのパンプスやバレエシューズにストッキングやタイツを履きましょう。 男性は、きれい目のシャツやポロシャツに薄手のジャケットを羽織るといいです。シャツは清潔感のある白や水色がおすすめです。靴は、カジュアルなスニーカーがいいです。

夏のお参りにおすすめの服装

夏は暑さ対策だけでなく、湿気対策や防虫対策も必要です。 ワンピースは通気性のよい素材のものを選ぶようにしましょう。スカートの丈は、祈祷を受ける時に正座をすることもあるので、短すぎない膝丈くらいがちょうどいいです。マキシ丈は、裾を踏んで転倒してしまう危険があるので気を付けてください。 他に、「ブラウス+七分丈のパンツ」という服装もおすすめです。室内では冷房が効いているので、ストールや薄手のカーディガンなどがあると便利です。特にお腹を冷やさないようにしてください。 男性は、Tシャツよりも、襟がついているシャツやポロシャツだと、きちんとした雰囲気になります。半ズボンでもいいですが、ラフになりすぎないものを選ぶようにします。 足元は、サンダルでも構いませんが、裸足にならないようにストッキングや靴下を履きます。ビーチサンダルは避けましょう。

秋のお参りにおすすめの服装

秋は日によって気温差が大きいです。1日の中でも気温が変化しやすいので、急な変化にも対応できるように調整しやすい服装にしましょう。11月は七五三の参拝者も多くなるので、神社は混雑します。待ち時間に体が冷えてしまわないように気を付けてください。 寒さ対策に、ショールやコートを用意しておくと安心です。ショールは座席の下にひいて腰掛替わりにも使えて便利です。 「長袖ワンピース+タイツ・レギンス」「チュニック・ブラウス・セーター+パンツ」「長袖カーディガン+ブラウス+膝丈スカート」の組み合わせがおすすめです。足元は、タイツにショートブーツを合わせると暖かいです。しかし、祈祷の時に靴を脱ぐこともあるので、着脱のしやすいものにしましょう。 男性は、「長袖シャツ+スラックス」、寒い時はジャケットを羽織るなど、男性も体を冷やさないように上手く調整しましょう。

冬のお参りにおすすめの服装

冬は寒さ対策を万全にしていきましょう。冷えは妊婦さんにとっての大敵です。下着は保温性のあるものを選びます。ホッカイロを貼るのもいいでしょう。 「ニット+マタニティーパンツ」「トレーナー+マタニティデニム」「長袖ワンピース+厚手のタイツ・レギンス」の組み合わせがおすすめです。コートはお尻が隠れるロングコートを選び、とにかくお腹周りを冷やさないようにします。靴は、着脱が楽なものを選びましょう。 男性も「ロングコート+タートルネック+パンツ」「ロングコート+セーター+パンツ」などの組み合わせで、寒さ対策をしっかりしましょう。ブーツもいいのですが、着脱のしやすいものを選びます。 さらに、ショールやマフラー、手袋に帽子などの小物も使って暖かく過ごせるようにしましょう。これらは、祈祷の際には脱ぐことを忘れないようにしましょう。

戌の日のお参りはジーパンでもいいの?

戌の日のお参りはジーパンでもいいの?

神社でのお参りの時の服装には特に決まりはありません。しかし、決まりがないといっても、どんな服装でもいいというわけではありません。神社という神聖な場所で、神様に失礼のない服装を選びましょう。そして、将来子供に戌の日参りの写真を見せた時に、恥ずかしくない服装がいいです。 では、ジーパンで戌の日のお参りに行くのはいいのでしょうか? 普段着のイメージがあるジーパンですが、穴の空いたダメージジーンズや短く切られたジーパンなど、だらしのない印象を与えるものでなければ大丈夫です。妊婦さん向けの腰回りがゆったりとしたマタニティジーンズは、動きやすく負担がかからないのでおすすめです。

他にもNGな服装は?

他にはどのような服が戌の日のお参りにNGなのでしょうか。神社参拝の時にマナー違反になる服装を紹介します。 ①肩や胸元が開きすぎた服②派手な色合いや柄のついた服③スパンコールや飾りがジャラジャラついた服④だらしなく見える・汚らしい服⑤裸足⑥ミニスカートやショートパンツなど肌が露出した服。このような服装を避けて、戌の日のお参りに合う服装を選びましょう。 NGではありませんが、着物もあまり向いていないとされています。せっかくの戌の日参りの記念に着物を着たいと思う人も多いです。しかし、妊娠していなくても着物は締め付けがきついですし、妊婦さんがお腹を締め付けてしまうことは、赤ちゃんにとってもよくありません。普段から洋服を着慣れている人は、着物は避けたほうが無難です。

戌の日参りの服装で妊婦さんが気を付けることは?

戌の日参りは、安定期に行くという方も多いでしょう。何度も繰り返しになりますが、安定期だからと油断せず、体調管理に十分気を付けてください。 妊婦さんにとって特に避けるべきなのは、「冷え」です。気温が低い時だけでなく、室内の冷房に対にも対応できるように準備をしておきましょう。腹巻や、保温性のインナー、カーディガンやストールなどの小物があると安心です。 もう一つ気を付けてほしいことは、お腹の締め付けです。長時間の外出で疲れも出て、お腹が張ってしまうこともあります。そのため、伸縮性のある素材のパンツや、ストンとした形のワンピースなど、お腹を締め付けない服装がいいでしょう。長い時間正座をすることもあるので、ゆったりとした動きやすい服装にしましょう。 神社は石畳や段差が多く転びやすいので、靴は歩きやすく、ヒールのないものがいいです。そして、かがまなくても着脱できるものだと体に負担がかかりません。

万全の服装で戌の日のお参りを楽しんで!

万全の服装で戌の日のお参りを楽しんで!

赤ちゃんとお母さん、家族のための大切な儀式である戌の日参り。その日の天候に合わせて、上手に服装を選び、快適に楽しく過ごしてください。お母さんの体調が第一優先なので、無理をせずに戌の日のお参りをしましょう。 一緒に参拝される方は、妊婦さんの体調を十分に気づかい、無理をさせないよう配慮する必要があります。思い出に残る、素敵な戌の日参りにしてください。

関連タグ

アクセスランキング