IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

離婚届の書き方・保証人の書き方と同居中の場合・訂正方法

初回公開日:2018年03月18日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書き方・例文

離婚はお互いにとってストレスの大きいものです。そのため、早く離婚の手続きを済ませてしまうためにも、正しい離婚届の書き方について覚えておきましょう。それぞれの項目ごとの書き方についてや、正しい訂正方法覚えておくことにより、早く離婚手続きを済ませることができます。

離婚届の書き方

離婚届は、一生のうちに層を何度も書くものではありません。中には一生書かない方もいらっしゃいます。そのため、離婚届の正しい書き方がよくわからないという方も少なくありません。ですが、正しい書き方が分からないまま作成することにより、不備があった場合は受理されない場合もあります。 そのため、今回は正しい離婚届の書き方についてお話ししましょう。離婚届の書き方を失敗してしまい、離婚するにあたって時間がかかってしまうといったことが内容正しい書き方について覚えておきましょう。

離婚届を書く前に

離婚届を書く前には、あらかじめ準備を整えておき正確な書き方をしなければいけません。しっかりと準備をしておかなかったために、後になってトラブルに発展する場合もあります。それでは、離婚するにあたっては遠いったことに注意をし、どういった準備が必要なのでしょうか。

離婚した後のことについて

離婚届を提出するにあたっては、離婚した後の戸籍をどうするかといったことも考えておく必要があります。また、相手側に問題があったために離婚することになった方の場合には、賠償金をいくら支払い受け取るかといったことについても考えておきましょう。 また、お子さんがいらっしゃる方の場合には、どちらが親権をもつかについても決めておく必要があります。その場合、養育費をいくら支払うのか、年金分割はどうするかといったことを決めておきましょう。

証人を頼む

離婚協議を行った場合には、離婚協議書を作成します。これは、後はと「言った言ってない」といったトラブルを防ぐために作成するものです。その場合は、証人となる方を2人を探しておきましょう。

離婚届を書くにあたって

離婚届を書き方では、基本的にボールペンを使います。離婚届はその地域の役所に直接受け取りに行く場合もありますが、法務省のページに掲載されている離婚届をダウンロードする方法もあります。 その場合は、自分でプリントアウトした用紙の場合は受け取っていただけない場合もありますので、注意しておきましょう。離婚届をダウンロードしたものを用いる場合には、用紙のサイズはA3のものを使います。

お名前の書き方

まずはじめに離婚届にお名前を記入します。離婚届の場合のお名前の書き方は、戸籍に記載されているお名前を書き入れ、離婚前のお名前を記入します。そのため、まだ離婚届を作成している間は、離婚が成立していませんので、ご夫婦の姓はまた同じお名前になります。

結婚前の姓に戻る場合の本籍について

もともとの戸籍に戻る方の場合の離婚届の書き方は、元の戸籍を確認したうえで本籍または筆頭者のお名前を記載します。筆頭者とは、離婚した後に名字が変わらなかった方のお名前です。離婚届を提出する場合には、その場で記入してもかまいませんが、協議離婚をされるのであれば、二人以上の証人の署名と押印が必要になります。

生年月日について

次にご自分の生年月日の書き方についてです。離婚届の生年月日の書き方については、和暦で書き入れてもかまいません。ですが、生年月日を離婚届に書くときには、西暦で書いても問題はありません。

関連タグ

アクセスランキング