IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職した時の年末調整の書き方・必要なのか|源泉徴収/国民年金

更新日:2020年08月14日

転職ノウハウ

給与所得者は、原則年末調整が必要です。転職したときも給与所得者は年末調整が必要ですが、普段の年末調整と違う点もあり、注意が必要です。正しい年末調整を行うことは、あなたのメリットに繋がります。今回はそんな年末調整の、転職したときに注目して詳しく見ていきます。

前の会社から源泉徴収票をもらっていないときは?

通常は、退職後数日で受け取る源泉徴収票ですが、稀に源泉徴収票を発行してもらえない場合があります。退職して1ヶ月経っても源泉徴収票をもらえないときには、必ず退職した会社へ問い合わせましょう。 会社には、従業員の退職後1ヶ月以内に源泉徴収票を発行する義務があります。たとえ転職する予定がないとしても、後々確定申告などで必要になってきますので、退職した会社へ問い合わせをし、源泉徴収票を発行してもらえるように依頼しましょう。 では、退職後に源泉徴収票は受け取ったものの、紛失してしまった場合はどうでしょうか。この場合も退職した会社に連絡し、源泉徴収票の再発行を依頼しましょう。源泉徴収票は再発行できます。しかし、会社のタイミングによってはすぐに対応できない場合もありますので、転職で必要のときには入職日直前ではなく、日にちの余裕をもって依頼しましょう。

転職までの間に国民年金や健康保険を納めていたときは?

会社を退職し、しばらく期間が空いて転職する場合、その間は国民年金や国民健康保険に加入することになります。年末調整の社会保険控除と聞くと、生命保険が思い浮かびがちですが、転職活動中の国民年金や健康保険料も、社会保険控除の対象になります。 転職活動中の国民年金等の支払い証明書は必ず保管し、新しい会社での年末調整をするときに提出しましょう。また、年末調整で提出する「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の社会保険控除欄への記入も忘れずにしましょう。 なお、扶養家族の国民年金や健康保険料も、支払ったのがあなたご自身であれば社会保険控除として申告できますので、忘れずに申告しましょう。

転職した時期で年末調整の違いはある?

転職を11月にしたときの年末調整

この場合、年末調整は新しい会社で行います。退職後に前の会社から受け取った源泉徴収を、新しい会社に提出しましょう。11月を過ぎると、会社の経理担当者はとても忙しくなりますので、11月に転職をしたときは、速やかに前の会社の源泉徴収票を提出しましょう。 なお、年末調整に必要な、その年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「平成29年分給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」、そして翌年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」も、新しい会社へ提出することを忘れないように注意しましょう。

転職を12月にしたときの年末調整

この場合、年末調整の判断は複雑になります。前の会社で12月中の給与を受けた後退職し、年内に転職しなかった場合、年末調整は前の会社で行います。しかし、年内に転職して新しい会から12月の給与が支給された人は、新しい会社で年末調整を行うことになります。 しかし、退職から転職に間がなく、前の会社からの源泉徴収票の発行が遅くなった日にちによっては、新しい会社での年末調整が間に合わない場合もあります。新しい会社での年末調整が間に合わないときは、自分で翌年に確定申告を行う必要がありますので、まずは新しい会社に相談しましょう。

転職を1月にしたときの年末調整

年末調整は、年末に在籍している会社で行いますので、1月に転職した場合、通常どおり、その年の12月に新しい会社で年末調整を行います。前の会社の源泉徴収票を提出する必要もありません。 ただし、前の会社での未払い給与等が1月以降に発生する場合、その年の前の会社から発行の源泉徴収票が必要になります。繰り返しになりますが、年末調整は「1月1日から12月31日」までの所得から計算するので、その年の1月以降に前の会社から収入があったときには、前の会社から源泉徴収票を発行してもらい、新しい会社に提出しましょう。

転職したときの年末調整を理解して正しく控除を受けよう!

いかがでしたか。転職したときの年末調整について、理解いただけましたか。年末調整で大切なことは、「転職したから、以前の職場での給料は関係ない」と考えないことです。 年末調整は、所得税を納付するために必要な手続きです。正しく年末調整を行わないと、翌年になって自分で確定申告をする必要が生じてしまったり、正しい所得控除が受けられず、過分な税納付に繋がってしまいます。 あなた自身のためにも、正しい年末調整の知識を持ち、転職したときでも慌てることのないよう備えましょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントをチェックしましょう!

初回公開日:2018年03月02日

記載されている内容は2018年03月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング