IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

独り言が多い人の心理と原因・うざいときの対処法|小学生

社会人常識

独り言は、自分の頭の中で思っていることが口から漏れていることが多いです。なので、場合によっては、独り言として漏れている愚痴によって、周囲の人から良くない印象を持たれてしまうこともあります。では、この独り言の癖を直すにはどうすれば良いのでしょうか?

更新日時:

独り言が多い人の心理

独り言が多い人の心理

作業に集中したり、テレビを観ていたりなどするときに、独り言をブツブツと言ってしまう人がいます。独り言が癖のようになってしまい、本人が思っているよりも大きな声で独り言を言ってしまっている場合もあります。 独り言は、自分の頭の中で思っていることが口から漏れていることが多いです。なので、独り言を恥ずかしく思って、独り言の癖を直したいと思っている人もいれば、独り言として漏れている愚痴によって、周囲の人から良くない印象を持たれてしまうこともあります。 では、この独り言を直したり、聞こえてくる独り言にはどのような対処をすれば良いのでしょうか?

独り言が多い原因

独り言が多い原因

独り言を言う人もいれば、全く独り言を言わない人もいます。独り言を言う人はどのようなことが原因で独り言を言うようになるのでしょうか?

不安の感情が強い

自分の行動や考えに不安を持った場合、自分で自分を言い聞かせて精神状態を冷静に保とうとすることがあります。この、自分で自分を言い聞かせるときに、心の中で言葉を発するだけでも良いのですが、人によっては独り言として、心の中で呟いている言葉が漏れてくることがあります。 不安の感情が強くなるほど、この独り言は多くなり、また、声も大きくなりやすいです。緊張したときなどに「大丈夫、大丈夫、」と同じ言葉を多く繰り返しているときが、このパターンになります。

アピール

独り言は誰かに対して向けられた言葉ではなく、自分自身に向けられた言葉です。ですが、この独り言をコミュニケーションの入り口として使う人もいます。 仕事などで行き詰まってしまった人などが、大きな声で「あれー?」、「おかしいなぁ」などと独り言を言うことがあります。これは自分が困っていることを独り言を言うことによって周囲にアピールしています。 周囲に自分がこまていることをアピールすることで、「大丈夫ですか?」、「どうしたんですか?」などと、声をかけられることを期待しています。また、独り言ではなく、大きなため息を頻繁にすることでアピールする人もいます。 このような人は、かまって欲しいという欲求が強いため、アピールの独り言が多いです。あまりに大きな声での、独り言が多いため、周囲からは面倒に思われていることが多いです。

集中している

集中している

単純に作業や考え事に集中すると、独り言をしてしまうという人は多いです。頭の中で考えるだけでなく、言葉に出した方が作業効率が上がったり、物事が考えやすくなったりします。 集中することで独り言を言ってしまう人は、集中している間に独り言を言うので、長い時間の独り言を続けてしまうことが多いです。

マイペース

集中すると独り言を言ってしまう人も多いですが、マイペースな人も独り言を言う人が多いです。独り言を言うと作業がしやすくなったり、考え事がしやすくなったりします。しかし、独り言は恥ずかしいと思う人も多いです。なので、独り言を言わないように注意しています。 ですが、マイペースな人は、自分のペースを優先するため、他人からの印象をあまり気にしません。自分のペースで作業を進めながら、声を出して確認したいときは、周囲の目を気にせずに独り言を言います。

小学生

小学生のように子供であれば、心が不安定にな流ことが多いです。心が不安定になるということは不安の感情になることが多いということです。 先に述べた通り、不安の感情を解消するために独り言を言う人もいます。なので、小学生のような子供が独り言が多いのはこのためです。

ストレス解消

テレビを観ていたり、スポーツ観戦をしていたりなどするときに、独り言を言う人もいます。野球を観ていて、納得のいかない試合運びになったりすると、叫び声をあげながら独り言を言います。 これは自分の想像していた通りにならなかったことや、ハラハラするような展開などで、心にかかったストレスを発散しています。ゲームなどに熱中して大きな声で独り言を言うことも、このパターンに入ります。

家で独り言が多い人の理由

家で独り言が多い人の理由

上記で述べた通り、独り言を言う人は不安やストレスを解消するための癖のようになっている人が多いです。しかし、リラックスできるはずの家の中でも、独り言を言う人もいます。 スポーツやドラマなどでをテレビで観ていると、自分が思うような展開にならなかったり、緊張が張り詰めるような場面を見ることがあります。このような場合にも、ストレスはかかっています。このストレスを解消するために、テレビに向かって独り言を言ってしまう人は多いです。 また、一人暮らしであれば、急に孤独感や寂しさを感じることもあります。その感情を解消するために、つい独り言を言ってしまう人も多いです。

仕事での独り言が多い人への対処法

仕事での独り言が多い人への対処法

仕事中はみんな作業に集中しています。その職場の中で、独り言を言う人がいると、周囲の人たちは作業に集中できなくなってしまいます。しかし、独り言がうるさいとストレートに伝えてしまうと、相手を傷つけてしまう可能性もあります。 では、独り言を言う人に対しては、どのような対処をすれば良いのいでしょうか?また、自分がつい独り言を言ってしまう癖がある場合は、どうすれば直す事ができるのでしょうか?

ガムを食べる

独り言が多い場合は、ガムや飴など、仕事中に食べても問題ない物を口に入れておきましょう。口の中に食べ物があると喋りづらいので、独り言の数を減らす事ができます。 自分ではなく、他の人の独り言がうるさい場合は、ガムや飴などをおすそ分けして、一緒に食べるようにして、さりげなく独り言が減るように仕向けましょう。

自覚してもらう

独り言の多い人は癖になっていたり、作業に集中しすぎてしまっている事があります。そのため、自分の独り言が周囲の人に迷惑をかけている事に気がついていない場合があります。 そのような場合は、咳払いや、ペンで自分の机をコンコンと叩くと、独り言で迷惑している人がいると気がついてもらえます。独り言が多い人も、わざとではない人が多いので、ストレートに苦情を伝えるような事はやめましょう。

独り言が多い人がうざいときの対処法

独り言が多い人がうざいときの対処法

独り言が他人に迷惑をかけてしまう場面は職場だけではありません。他の場所であっても独り言が多すぎると、周囲からうざいと思われてしまう可能性があります。

おばさん

すべての場合に当てはまるわけではありませんが、おばさんには独り言を言う癖を持つ人は多いです。おばさんといえばマイペースな印象があります。 先に述べた通り、マイペースは独り言を言う人の特徴の1つです。なので、スーパーなどで「今日買うものはあれとこれと、」と口に出して確認したりします。ただし、これはおばさんだからという理由ではなく、その人の性格のためです。 自分と関係性のないおばさんの独り言を聞きたくないのであれば、その場から少し離れましょう。独り言は違法行為ではないので注意する事もできませんし、それほど多大な迷惑がかかる行為でもありません。

親とは同じ家で生活をします。先に述べた通り、家の中でもテレビを観たり、ゲームをするとき、作業に集中するときなど、独り言を言ってしまいやすい場面は多いです。 子供は親の独り言を気にする事がありますが、気がつかないうちに、家の中で本人も独り言を言ってしまっている事はあります。家の中では、できるだけ自由に過ごし、リラックスして仕事などのストレスを和らげるべきなので、変な事を口走っていなければ、独り言を言っていても、そっとしておいてあげましょう。

独り言は迷惑をかけないようにする

独り言は迷惑をかけないようにする

独り言は、不安な気持ちを解消したり、ストレスを和らげたりするための行為でもあります。なので、無理に我慢してやめる必要はありません。しかし、職場などでは周囲の人に迷惑をかけないように注意しましょう。 独り言は他人に迷惑さえかけなければ良いので、一人のときには気にせず独り言を言いましょう。

関連タグ

アクセスランキング