IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

独り言が多い人の心理と原因・対処法|小学生

初回公開日:2018年02月19日

更新日:2020年02月12日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

独り言は、自分の頭の中で思っていることが口から漏れていることが多いです。なので、場合によっては、独り言として漏れている愚痴によって、周囲の人から良くない印象を持たれてしまうこともあります。では、この独り言の癖を直すにはどうすれば良いのでしょうか?

独り言が多い人の心理

作業に集中したり、テレビを観ていたりなどするときに、独り言をブツブツと言ってしまう人がいます。独り言が癖のようになってしまい、本人が思っているよりも大きな声で独り言を言ってしまっている場合もあります。 独り言は、自分の頭の中で思っていることが口から漏れていることが多いです。なので、独り言を恥ずかしく思って、独り言の癖を直したいと思っている人もいれば、独り言として漏れている愚痴によって、周囲の人から良くない印象を持たれてしまうこともあります。 では、この独り言を直したり、聞こえてくる独り言にはどのような対処をすれば良いのでしょうか?

独り言が多い原因

独り言を言う人もいれば、全く独り言を言わない人もいます。独り言を言う人はどのようなことが原因で独り言を言うようになるのでしょうか?

不安の感情が強い

自分の行動や考えに不安を持った場合、自分で自分を言い聞かせて精神状態を冷静に保とうとすることがあります。この、自分で自分を言い聞かせるときに、心の中で言葉を発するだけでも良いのですが、人によっては独り言として、心の中で呟いている言葉が漏れてくることがあります。 不安の感情が強くなるほど、この独り言は多くなり、また、声も大きくなりやすいです。緊張したときなどに「大丈夫、大丈夫、」と同じ言葉を多く繰り返しているときが、このパターンになります。

アピール

独り言は誰かに対して向けられた言葉ではなく、自分自身に向けられた言葉です。ですが、この独り言をコミュニケーションの入り口として使う人もいます。 仕事などで行き詰まってしまった人などが、大きな声で「あれー?」、「おかしいなぁ」などと独り言を言うことがあります。これは自分が困っていることを独り言を言うことによって周囲にアピールしています。 周囲に自分がこまていることをアピールすることで、「大丈夫ですか?」、「どうしたんですか?」などと、声をかけられることを期待しています。また、独り言ではなく、大きなため息を頻繁にすることでアピールする人もいます。 このような人は、かまって欲しいという欲求が強いため、アピールの独り言が多いです。

集中している

単純に作業や考え事に集中すると、独り言をしてしまうという人は多いです。頭の中で考えるだけでなく、言葉に出した方が作業効率が上がったり、物事が考えやすくなったりします。 集中することで独り言を言ってしまう人は、集中している間に独り言を言うので、長い時間の独り言を続けてしまうことが多いです。

マイペース

集中すると独り言を言ってしまう人も多いですが、マイペースな人も独り言を言う人が多いです。独り言を言うと作業がしやすくなったり、考え事がしやすくなったりします。しかし、独り言は恥ずかしいと思う人も多いです。なので、独り言を言わないように注意しています。 ですが、マイペースな人は、自分のペースを優先するため、他人からの印象をあまり気にしません。自分のペースで作業を進めながら、声を出して確認したいときは、周囲の目を気にせずに独り言を言います。

ストレス解消

テレビを観ていたり、スポーツ観戦をしていたりなどするときに、独り言を言う人もいます。野球を観ていて、納得のいかない試合運びになったりすると、叫び声をあげながら独り言を言います。 これは自分の想像していた通りにならなかったことや、ハラハラするような展開などで、心にかかったストレスを発散しています。ゲームなどに熱中して大きな声で独り言を言うことも、このパターンに入ります。

家で独り言が多い人の理由

関連タグ

アクセスランキング