IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

既卒の就活は厳しいのか・おすすめのサイトとやり方|大手

就活サービス・サイト

既卒の就活はどのように攻略すればいいのでしょうか?既卒になると就活が難しくなる、厳しくなるなどのイメージを持つ人も多いですが、実際にはそれは本当なのでしょうか。既卒の就活について正しく理解し、就活のやり方を工夫して上手に就活を進めていきましょう。

更新日時:

既卒の就活は厳しいのか?

既卒の就活は厳しいのか?

就活をするにあたってはさまざまなシチュエーションがあり、学校の卒業前に就活を開始する新卒の就活もあれば、在職中に他の企業への就職を考える転職もあります。就活と言えば新卒と転職の二つが代表的にイメージされやすいですが、それだけではなく既卒の就活というものもあります。 既卒とはすでに学校を卒業している状態を指す言葉であり、卒業後に就活を開始、あるいは一度は働いていたものの退職し、その後に就活を開始する状態をいいます。就活と言えば新卒と転職のイメージが強く、既卒での就活は厳しいのではないかとイメージする人も多いです。既卒の就活は厳しいために新卒のうちに決めてしまいたいと考える人も多いですが、既卒の就活は本当に厳しいのでしょうか。

大手

大手

既卒の就活の場合、大手に就職するのはかなり難しいと言えます。大手は採用枠も大きいですが基本的には新卒に限定している場合も多く、既卒では募集自体が出されていないこともあります。また新卒以外で就職する方法としては、主に転職であり、大手の企業に転職しようと考えればそれなりの実績や能力などが必要になることが多いです。 特筆すべき能力や実績がなければ大手に就職することは難しいですし、この点においては新卒と比べると既卒の就活は厳しいと言えます。しかし新卒であっても大手に就職する上で有利になるというわけではなく、就職難易度が高いことに変わりはありません。そのため新卒でも就職できない人は多いですし、既卒や新卒に関係なく、大手への就職は難しいと言えます。

中小

既卒で大手の企業への就職を目指すのは難しいですが、中小企業であればそれほど難しくない場合も多いです。日本の企業のほとんどは中小企業ですし、中小企業を対象として就活を進めるのであれば、選択肢はかなり広く用意されています。既卒であっても中小企業であれば募集が出されていることも多いですし、就職難易度としては新卒とそれほど変わらないという場合も多いです。 また企業側も既卒や新卒などは特に意識していない場合も多いです。既卒であろうと新卒であろうと、就職して働いてくれればいいと考えている企業は多く、既卒の就活でもそれほど厳しくなることはありません。人手不足の業界や企業を狙えば既卒であってもすぐに就職が決められる場合も多いです。

第二新卒

第二新卒

既卒と一口に言ってもその在り方はさまざまであり、学校を卒業して3年以内程度であれば既卒としてではなく、第二新卒として考えられる場合も多いです。第二新卒とは、完全に新卒ではないものの、基本的には新卒と同じ扱いとして考えられているものであり、第二新卒であれば就活が厳しくなることもほとんどありません。 既卒であっても若年層であれば第二新卒として扱ってもらうことができますし、就活もスムーズに進められる場合も多いです。既卒になってしまうとイメージだけで就活が厳しいと考えてしまい、なかなか前に勧めない人も多いですが、実際にはそれほど難しくない場合も多いです。まずは一歩進んでみることが大切ですので、第二新卒である場合は特に前向きに就活に取り組んでいくことが大切です。

既卒で就活を成功させるのは無理?

既卒で就活を成功させるのは無理?

既卒の就活は厳しいというイメージを持つ人も多く、実際に就活に難航している人もたくさんいます。既卒であれば新卒や転職とは条件が違っていますし、企業によっては中途半端な存在として考えられてしまう場合もあります。しかし既卒であっても就活をしている人は多いですし、一生懸命に就活をしても就職することができないのであれば、就活を続ける意味もありません。 また既卒で就職することが無理なのであれば、新卒の段階で精いっぱい頑張らなければなりませんし、事前の準備などによって人生を決めてしまわなければなりません。既卒の就活は厳しいイメージがあるだけではなく、成功させるのは無理なほど難易度の高いものなのでしょうか。

不可能ではない

不可能ではない

結論から言えば、既卒の就活を成功させることは不可能ではありません。何事も不可能なことはありませんし、既卒であっても一生懸命に就活に取り組めば就職することは充分に可能です。また単に就職するだけではなく、努力次第で条件の良い企業に就職できる場合もありますし、気持ちを強く持って就活に取り組むことが大切です。 もちろん既卒の就活であっても、どの条件でも就職できるわけではありませんし、最低限応募条件を満たしていなければ選考に参加することもできません。文系の既卒の人が理系の専門職を目指そうと考えてもそれは無理な話ですし、これは新卒でも共通しています。応募条件さえ満たしていれば選考に参加することはできますし、そこで評価されればどんな企業であっても就職することは可能です。

新卒よりは難しいことも

既卒であっても就活を成功させるのが不可能なわけではありませんし、努力次第で好条件で就職を決められる場合もあります。既卒であっても就活の選択肢は広く用意されていますし、後ろ向きな気持ちにならずに前向きに就活に取り組むことが大切です。 しかし既卒の就活を成功させるのは不可能ではないものの、成功させるのが新卒よりも難しくなってしまう場合が多いのは確かです。新卒であれば好条件、高待遇での募集も多いですし、就職しやすいことも多いですが、既卒の場合は好条件を探すのも難しく、就職難易度自体も新卒よりも高くなっている場合もあります。既卒であることで少なからず就活の難易度が上がる可能性はありますので、それは覚えておきましょう。

既卒の就活の履歴書の書き方は?

既卒の就活の履歴書の書き方は?

既卒の就活を進めるにあたっては履歴書が必要であり、まずは書類選考を突破しなければなりません。これは新卒や転職の場合でも同じことで、就活を進めるためには最初に履歴書を作成する必要があります。履歴書は就活において非常に重要なものであり、これがしっかりと作成できていなければ就活を進めていくことはできません。 履歴書を見て書類選考がおこなわれますし、書類選考に合格した後も、履歴書を見ながら面接がおこなわれることも多いです。履歴書は就活中に常に必要になるものですし、既卒の就活を攻略するためには、履歴書もこだわって作成する必要があります。既卒の履歴書の書き方を知って、上手にアピールして就活を有利に進めていきましょう。

基本的には新卒と同じ

基本的には新卒と同じ

既卒の就活を成功させるためには、履歴書もこだわり、工夫して書く必要がありますが、基本的な作成方法は新卒の場合と同じです。履歴書はフォーマットが決まっていますし、作成する内容についても既卒でも新卒でも変わることはありません。またバイトであっても転職であってもフォーマット自体は同じですし、書き方などは基本的には同じと考えていいでしょう。 履歴書の基本的なマナーを守って作成していればマイナスの印象を与えることはありませんし、書類選考であれば簡単に突破できることも多いです。しかし自己PRや志望動機などについてはしっかりと練り込むことが大切です。書き方自体は変わりませんが、それぞれの項目はしっかりと考えて記入するようにしましょう。

職歴がある場合は職務経歴書も必要

既卒の場合は人によっては職歴がある場合もあります。新卒の場合は履歴書の職歴欄は空白にして提出しますが、既卒で職歴がある場合はそれも記入しておかなければならないことを覚えておきましょう。また職歴がある場合は、基本的には職務経歴書が必要になります。職務経歴書とは自身の職歴に詳細に記したものであり、これまでの仕事の経験や実績などをアピールします。 職務経歴書の内容によってアピール力は違ってきますし、評価のされ方なども違っています。企業によっては応募書類の一つとして職務経歴書を求める場合もありますし、必要なものはしっかりと確認しておく必要があります。既卒であっても職歴がない場合は、職務経歴書の作成は必要ありません。

空白期間がある場合はその説明も

空白期間がある場合はその説明も

既卒の場合、人によっては学校にも企業にも属していない空白の期間がある場合もあります。空白期間がある場合は、その旨も履歴書に記しておかなければなりませんし、聞かれてもきちんと答えられるようにしておく必要があります。空白期間については書かなくても履歴書を見ればわかることですし、その期間に何をしていたのかを明確に答えられるようにしておかなければなりません。 既卒の就活の場合は空白期間について聞かれることも多いですし、これにきちんと答えることができなければ、不信感を与えてしまい、マイナスの印象となってしまう場合もあります。空白期間を誤魔化してもすぐにバレますし、いいことはありませんので、自分からきちんと申告するようにしましょう。

既卒は就活前にバイトをした方がいい?

既卒は就活前にバイトをした方がいい?

既卒の場合は学校にも企業にも所属していない空白の期間がある場合も多く、その間の過ごし方は人によってさまざまです。家事手伝いや介護など家庭の事情で就活ができない場合もあれば、単にやる気が起きずに就活をしていない場合もあります。空白期間の過ごし方はさまざですが、どの場合でも生活費が必要になりますので、一刻も早く働かなければなりません。 しかし既卒で就職を決めるのはそれほど簡単なことではありませんし、なかなか決められず生活費ばかりがかさんでしまうという人もいます。生活ができなくなれば元も子もありませんし、当面の仕事を確保して収入を得る必要があります。生活費を稼ぐためにはバイトが考えられますが、既卒の就活前にはバイトをしておいた方がいいのでしょうか。

就活に専念すべき

就活に専念すべき

既卒の就活をする際には生活費などが必要ですし、お金がなくなってしまい困ることも多いですが、基本的にはバイトはせずに就活に専念した方がいいです。バイトをしてしまうことで、当面の生活費をまかなうことができますし、生活ができないという心配はなくなります。しかし生活の心配がなくなることで、就活をしようという気持ちが弱くなってしまうことも多く、就活をするのが面倒に感じてしまうことも多いです。 加えてバイトで働くだけであれば気楽なことも多いですし、わざわざ大変な正社員として働くのはよくないのではないかと考えてしまう場合もあります。バイトをすることで生活費は稼げるものの、就活への意欲が低くなってしまうことが多いため、基本的にはバイトはしない方が無難でしょう。

バイトをしていると就活ができない場合も

バイトをすることで就活への意欲が低くなってしまう可能性があり、既卒の就活前はバイトはしない方がいいですが、バイトをしない方がいい理由はそれだけではありません。就活前にバイトをしていることで、バイトの方に精を出してしまい、忙しくなってしまうことも多いです。バイトであっても忙しく働いていることで充実感を得ることができますし、それによっても就活への意欲が低くなってしまいます。 またバイトの予定を入れすぎることで、就活をする暇がなくなってしまうことも多いです。せっかく面接に呼んでもらっても、バイトが忙しくて参加できないのでは意味がありません。バイトによって面接の機会を逃してしまうことも多いので、既卒の就活前のバイトはおすすめできません。

バイトから正社員になることもある

バイトから正社員になることもある

既卒の就活前はバイトはせず、基本的には就活に集中することが大切です。しかし人によっては当面の生活費にも困り、バイトをしなければ生活ができないほどに困窮してしまっているということもあります。その場合は生活が第一ですので、バイトをするなり収入を得るようにしましょう。 生活ができなければ就活どころではありませんし、まずはきちんと生活を成立させることが大切です。バイトをすることで就活が厳しくなることも多いですが、バイトに精を出すことで、そのまま正社員として雇ってもらえる可能性もあります。そのためバイト先を選ぶ際には、正社員を募集している企業を選ぶのがおすすめです。バイトをして当面の生活費をまかないながら、そこでの働きが就活に直結する場合もあります。

既卒はなぜ就活が難しい?

既卒はなぜ就活が難しい?

既卒の就活は厳しい、難しいと言われることが多く、実際に就職先を決めることができずに困っている人はたくさんいます。就活をするにあたっては新卒が最も有利であることが多く、できれば新卒のうちに就職を決めているに越したことはありません。しかし新卒の就活でも納得のいく結果が得られない場合もありますし、憧れの企業に就職しても、理想と現実は違い、早期に退職して既卒として新卒をしなければならない場合もあります。 既卒の就活は誰もが経験する可能性はありますし、その実態を正しく知っておくことが大切です。既卒は新卒に比べれば就活が難しくなるケースも多いです。就活が難しくなることには理由がありますので、どんな理由で既卒の就活は難しいのかを知っておきましょう。

採用枠が少ない

採用枠が少ない

既卒の就活が難しい理由としては、採用枠が新卒に比べると少ない傾向にあることが言えます。新卒の場合は多くの人が同時に就活を開始しますので、企業でも採用枠を大きく取っている場合が多いです。そのため難関の大手であっても、採用枠が広いため就職できる確率は高まりますし、大手を狙うのであれば新卒で就活をすることが大切になります。 しかし既卒の場合は新卒に比べればそもそもの全体数が少ない場合も多く、求人情報があまり出回っていないことも多いです。採用枠自体が小さいために倍率は自然に高くなりますし、そもそも求人を出している企業を見つけることが難しい場合も多いため、既卒の就活は難しいと言われています。

じっくりとチェックされる

既卒の就活は採用枠が少なく、応募者自体も新卒に比べればそれほど多くはありません。選考を受けているのが自分一人だけというケースもありますし、複数受けている場合でも、十人以下であるということも少なくありません。新卒の場合は数十人単位で応募者がいるのは基本ですし、多い場合は数百人単位の応募者を相手にしなければならないこともあります。 応募者が多いことで、一人ひとりにかけられる時間は自然に短くなり、チェックなども甘くなってしまう場合が多いです。しかし既卒の場合は応募者が少ないため、じっくりと見られて評価されることが多いです。じっくりと見られているため評価のポイントは厳しくなることも多く、細部まで見られているため、対策が難しい場合も多いです。

既卒の就活の面接のポイントは?

既卒の就活の面接のポイントは?

既卒の就活では当然面接がありますので、就職を決めるためには、面接をしっかりと攻略しなければなりません。面接を攻略しないことには、選考を進めることもできませんし、内定を獲得することもできません。既卒でも新卒でも選考の中心は面接ですし、就活攻略のためには面接の対策は必須になります。 既卒の場合は面接でもさまざまなポイントがチェックされていますので、事前にしっかりと対策をしておくことが大切です。面接ではどのような点に気をつければいいのかを知っておき、面接を上手に攻略していきましょう。

既卒はマナーが重要

既卒の就活ではマナーが重要になりますので、しっかりと面接のマナーを身に付けておかなければなりません。新卒の面接でもマナーは重要視されていることが多いですが、それでも厳しくチェックされていることはほとんどありませんし、多少の失敗であれば大目に見てもらえることも多いです。 これは企業側も新卒の場合は半分学生と考えているからであり、これからマナーなども覚えていけばいいと考えているからです。しかし既卒の場合は学生とは当然考えてもらえませんし、社会人としての振る舞いや行動などが求められます。面接中のマナーは社会人としては基本的な部分になりますので、これができていなければ評価が大きくマイナスになるので注意しましょう。

ハキハキと話す

ハキハキと話す

既卒の面接ではハキハキと話し、元気の良さをアピールすることが大切です。既卒であれば若いことも多いですし、若さを活かしてアピールを進めることで好印象を与えることができます。元気の良さをアピールすることで、人柄の良さやコミュニケーション能力の高さなどが伝わる場合もありますし、それが好印象につながることは多いです。 反対に暗い印象を与えてしまうと、ネガティブな人柄を想像させてしまい、マイナスの印象につながってしまいます。既卒であることを負い目に感じている人も多く、それが自信のなさにつながっている人は多いです。既卒であることを負い目に感じる必要はありませんので、後ろ向きにならず、前向きに考えてハキハキとした受け答えを心がけましょう。

能力をしっかりとアピール

既卒の就活の面接では能力が求められている場合も多く、自身の能力の高さやいかに企業の仕事で役立てられるかなどをアピールしていくことが大切です。面接では企業への就職意欲をアピールすることが大切ではありますが、やる気だけでは仕事を進めることはできませんし、仕事で活躍できるだけの能力が必要になります。 どれだけやる気があっても、能力がなく空回りしているだけでは意味がありませんので、きちん仕事ができるだけの能力の高さをアピールしていくことが大切です。自身の能力を挙げ、それが企業の仕事でどのように役に立つのか、どのように仕事を進めて企業に貢献できるのかを、具体的にアピールしていきましょう。

職歴があれば実績もアピール

職歴があれば実績もアピール

既卒の就活の場合は、すでに職歴を持っている人もいますし、その場合は仕事の実績などをアピールするのも効果的です。既卒であれば仕事をしていた期間もそれほど長くない場合も多いですが、それでも短期間で企業で活躍している人もいますし、何か実績を残したのであれば、それをしっかりとアピールしていきましょう。 企業での仕事の実績は、能力を判断する上で重要なものになりますし、実際の仕事での実績があれば、能力の高さの裏付けにもなります。アピールにも説得力を持たせることができますので、実績があれば積極的にアピールしていくようにしましょう。

既卒の就活ではお礼状は必要?

既卒の就活ではお礼状は必要?

就活では面接が終わった後にお礼状を出すのが一般的です。お礼状とは企業への感謝の気持ちを伝えるためのものであり、面接をしてくれたお礼などを記して企業に提出します。お礼状は送ることで丁寧な印象を与えることができますし、それが好印象につながる場合も多いです。しかしお礼状は必須とされているわけではなく、あくまで送りたい人のみ送ります。 お礼状の作成には時間もかかりますし、面倒でもありますのでできれば送りたくないと考える人は多いです。お礼状は必須ではありませんが、既卒の就活の場合は、面接後などにお礼状を出しておく必要があるのでしょうか。

お礼状を出すのがマナー

お礼状を出すのがマナー

新卒の就活の場合は、面接後などのお礼状はあれば良い程度に考えられていることが多いですが、既卒や転職などの就活の場合はお礼状は出しておくのがマナーです。お世話になった企業に対してきちんとお礼の気持ちを示すのは大切なことであり、お礼状を送ることで基本的なマナーが備わっていることや気が利くことなどがアピールできます。 基本的なマナーではありますが、送ることで好印象になることも多いですし、送っておくに越したことはありません。既卒の就活は新卒と比べれば難しい場合も多いですし、少しでも就活の成功率を上げるためにも、面接後などはお礼状はできるだけ送っておくようにしましょう。

出さなくてもマイナスになるわけではない

お礼状は出しておくことで好印象を与えることができますし、既卒の就活の場合は出すのがマナーとされています。しかしお礼状は出すのがマナーではあるものの、必ずしも出さなければならないというわけではありません。出さなかったからといってマイナスの印象を与えるものではありませんし、作成が難しいのであれば無理に作成する必要はありません。 既卒の就活であっても忙しく動き回っていることは多いですし、他社の選考などが重なってお礼状の作成に時間を割くことができない場合もあります。時間の余裕がないのに無理にお礼状を作成しても良い内容を書くことはできませんし、他社専攻の準備が疎かになってしまうこともありますので、作成が難しい場合は無理をしないようにしましょう。

既卒の就活におすすめのサイトは?

既卒の就活におすすめのサイトは?

既卒の就活におすすめのサイトとしては、Re就活が挙げられます。Re就活では既卒者専用のページも用意されてますし、既卒歓迎の求人情報を数多く閲覧することができます。

既卒のおすすめの就活の方法・やり方は?

既卒のおすすめの就活の方法・やり方は?

既卒の就活を攻略するためには、さまざまなことに注意しなければならず、また就活の方法などにも工夫が必要です。新卒と同じ方法で就活を進めても上手くいかない場合も多いですし、間違った方法で就活を進めているために良い成果が得られていない人もたくさんいます。就活の進め方は一つではありますし、自分に合った方法で進めていくことが大切です。 就活がうまくいっていないと感じるのであれば、やり方を間違えている可能性が高いので、根本的な部分の見直しを図ることが大切です。既卒の就活のおすすめのやり方や方法を知り、正しい方法でスムーズに就活を進めていきましょう。

1年目

既卒1年目の就活の場合は、基本的には新卒の就活とやり方は変わりません。企業によっては第二新卒としてではなく、新卒と同じ扱いで考えている場合もありますし、1年目であれば既卒であることが不利になることもありません。既卒であるというだけで負い目や引け目を感じてしまう人は多く、それが就活の失敗の原因となっている場合も多いです。 既卒1年目であれば難しいく考える必要はなく、前年の新卒の就活と同じやり方で進めても問題はありません。もちろん前年のやり方がうまくいかずに就活に失敗したのであれば、そのやり方は避け、新しい方法を考える必要があります。基本的には新卒の就活のやり方をベースとし、必要な部分を改善していきましょう。

2年目

既卒で2年目の場合は、企業によっては新卒と同じ扱いにしてもらえる場合もありますが、すべての企業でそうなるわけではありません。多くの場合で既卒、中途採用枠として考えられることが多いので、しっかりと対策をしておかなければなりません。2年目以降は既卒の募集に強い就活サイトなどを使用して求人を探すことが大切であり、まずは求人情報を集めるところから始めましょう。 既卒であっても2年目であれば就職の選択肢は広いですし、一部の業界などに絞り込みすぎる必要はありません。最終的に志望する業界や企業は絞りこむ必要がありますが、情報収集の段階では絞る必要はありませんので、視野を広く持って、さまざまな選択肢を検討していくようにしましょう。

3年目以降

既卒で3年目以降となれば、基本的には転職の就活の方法を参考にして就活を進めていきましょう。3年目以降は能力のアピールやこれまでの仕事の実績のアピールなどが重要であり、それらをいかにアピールすることができるかが、就活攻略のカギになります。もちろん実績がない場合でも、資格やスキルなどがあればそれを主軸にアピールを進めていくことでも、好印象を与えることができます。 スキルなどがなくて困っている人は資格の取得を考えてもいいですし、ハローワークなどで行われている、就職支援のセミナーなどに参加してもいいでしょう。企業でいかに活躍できるか、採用メリットが高いかをアピールすることが大切ですので、能力や実績を洗い出し、それらでのアピールを行いましょう。

既卒の就活の時期は?

既卒の就活の時期は?

既卒の就活を行うにあたって、問題になりやすいのが就活の時期です。新卒の場合は一斉に始まりますので、大きな流れに合わせて就活を進めることができますが、既卒の場合は違っています。既卒の就活は基本的には個人で行うものになりますし、他の人と併せて就活を行うことはありません。 そのためいつに就活をするのかが非常に重要になります。企業によってはシーズンごとに求人情報を変えている場合もありますし、適切な時期で就活を行うことも、好条件の企業に就職するためのポイントです。既卒の就活を行う時期を知り、正しい時期に就活をして上手に就職を決めていきましょう。

既卒の就活の時期としては、春がおすすめであり、新卒が動き出すのと同時に就活を進めるのがいいでしょう。春からは企業も採用活動に乗り出しますし、求人情報が発表されていることが多いです。1年の中でもスタートの時期になりますので、気持ちも新たに就活に取り組みやすくもありますし、心機一転春から就活をスタートさせてみるのもいいでしょう。

夏

夏場であっても求人情報を出している企業は多く、それを狙って就活を進めるのもおすすめです。春採用で取り切れなかった分を既卒でまかなおうと考える企業も多く、好条件の企業が残っている場合もあります。ただ夏に就活をするとなれば、暑いなかスーツを着なければならないというデメリットがあります。 既卒の場合も身だしなみは評価の対象として見られていますし、基本的にはジャケットを着て就活をしなければなりません。企業によってはクールビズをOKとしている場合もありますが、それでもジャケット着用を正装と考える企業は多く、暑さから夏場の就活を避ける人は多いです。

企業では春と秋に入社する人が多いため、それ以前の段階から選考を行いますので、秋にはそれほど多くの求人情報は残っていない場合も多いです。それでも求人が全くないわけではありませんし、探せば良い条件で採用してくれる企業もあります。 また秋であれば気温的にも活動がしやすくなりますし、この時期にさまざまな企業を訪れておくのもおすすめです。外資系などであれば秋から採用を始める企業も多いですし、それらを狙って就活を進めてみるのもおすすめです。

冬

企業は春に多くの社員を入社させることが多いため、最後の駆け込みとして冬に求人を出している企業は多いです。企業としても来年度に向けて人材を確保したいと考えていますし、採用枠が大きい、あるいは好条件で採用されるなどメリットも多いです。 またどうしても人材がほしいと考えている場合は、評価も緩くなることが多く、就職しやすいことも多いです。冬場は新卒の就活生は準備期間ですし、新卒に混ざる心配がありませんので、この時期に就活を進めている既卒の人は多いです。

年中求人を出している企業も

既卒の場合は春夏秋冬さまざまな時期で就活を行うことが可能であり、それぞれの時期によって進め方のポイントや特徴などは異なっています。それぞれおすすめの時期などはありますが、時期に関係なく、年中求人を出している企業があることも知っておきましょう。既卒の場合は基本的には時期に関係なく就活を行うことができますし、しっかりと探せば好条件で就職が決められる場合も多いです。 年中募集を出しているからといって、人気がないとは限らず、また仮に人気がないとしても高待遇が用意されている場合もあります。企業の良さや労働条件などは、企業の規模とは必ずしも一致しませんので、小さな会社でも逃さずにチェックしておくことが大切です。

既卒の就活におすすめのエージェントは?

既卒の就活におすすめのエージェントは?

既卒の就活におすすめのエージェントとしては、第二新卒エージェントneoが挙げられます。第二新卒エージェントneoでは既卒の就活を応援するさまざまなサービスが用意されていますし、キャリアプランの相談なども可能です。求人情報も数多く扱っていますし、エージェントと力を合わせて就活を進めることができますので、既卒の就活が不安な人にもおすすめです。

既卒の就活におすすめのスーツは?

既卒の就活におすすめのスーツは?

就活をする上ではスーツが必要であり、これは既卒であっても同じです。面接では身だしなみもチェックされていますし、スーツにも気を遣わなければなりません。既卒の就活におすすめのスーツを知り、正しく着こなして就活をスムーズに進めていきましょう。

リクルートスーツ

リクルートスーツ

既卒の就活におすすめのスーツとしては、リクルートスーツが挙げられます。リクルートスーツは新卒の就活で着るというイメージが強いですが、既卒で着ていても問題はありませんし、それがマイナスの評価になることもありません。 むしろ正しい服装ができているとして、身だしなみの面で高評価が得られる場合もあります。リクルートスーツは就活をするにあたっては無難なスーツですし、服装に迷った場合は新卒の就活で使用していたスーツを着るのがおすすめです。

リクルートスーツ以外

既卒の就活ではリクルートスーツがおすすめであり、最も無難ではありますが、必ずしもリクルートスーツでなければならないわけではありません。リクルートスーツ以外のスーツであっても問題はありませんし、着こなしなどさえ守っていればマイナスの印象を与えることはありません。 ただ就活にふさわしいスーツを見つけるのは難しいですし、着こなしを考えるのも大変になるためリクルートスーツがおすすめではあります。正しい着こなしのマナーを理解していて、自信がある場合はリクルートスーツ以外を着ても問題はありません。

カジュアルすぎるものはNG

カジュアルすぎるものはNG

既卒の就活ではリクルートスーツ以外のスーツを着ても問題はありませんが、カジュアルすぎるものはNGです。スーツとしっても色やデザインなどもさまざまですし、フォーマルなものもあれば、カジュアルなものもあります。カジュアルなスーツはプライベート感が出てしまい、就活にはふさわしくありませんので、派手すぎるデザインのものは避けるようにしましょう。

既卒の就活をやる前に考えておくべきことは?

既卒の就活をやる前に考えておくべきことは?

既卒の就活は難易度が高い場合も多いですし、就活を始める前にさまざまなことを考えておかなければなりません。深く考えずに就活を進めてしまうと失敗してしまう可能性も高いですし、正しい準備をしてから臨むことが大切です。既卒の就活を始める前に何をしておけばいいのか、何を考えておけばいいのかを知って、上手に就活を進めていきましょう。

自己分析

既卒の就活をするでは、自己分析を欠かすことはできません。自己分析は自分が目指す業界や企業を知るためのものでもありますし、面接や履歴書で使用する自己PRを考えるためのものでもあります。新卒の就活でも自己分析を行っているはずですが、既卒の就活をするにあたってはもう一度自己分析をやり直す必要があります。 自己分析を徹底して行うことで、就活を進めるための地盤を固めることができますし、効率的に就活を進めていくことができます。反対に自己分析ができていないと、進むべき道がわからなくなってしまう可能性も高いので注意しなければなりません。自己分析を徹底して行い、どのように就活を進めていくのか、その軸を決めていきましょう。

業界研究

既卒の就活を進める上では業界研究も重要であり、志望する業界だけではなく関連する業界についても知識を深めておく必要があります。志望する業界について知ることは当然ですが、関連業界まで知っておくことで既卒の就活を攻略するポイントになります。 他業界との関係性を知っておくことで、業界理解が深いことをアピールできますし、即戦力としても期待されることが多いです。志望業界を知り、どの業界と関係が深いのかを知って、その業界についても知っておくようにしましょう。

企業研究

業界研究を行えば、次に志望する企業についてしっかりと理解を深めていきましょう。企業研究は就活の基礎であり、既卒に関わらず重要です。既卒であっても新卒であっても、転職であっても企業研究は重要なものであり、これができていなければ就職を決めることはできます。 企業の歴史について知ることはもちろん、事業内容や経営方針、今後のビジョンなども知っておくことが大切です。また企業についてのニュースがある場合は、それも調べておきましょう。ニュースサイトなどで企業名を入れて検索し、最新の情報はないかを調べておくことも大切です。

既卒の就活は新卒と変わらない?

既卒の就活は新卒と変わらない?

既卒の就活にはさまざまな特徴があり、攻略するためにはさまざまな点を工夫しなければなりません。しかし細部を見れば特徴的なことも多いですが、大まかに考えれば既卒と新卒の就活は共通していることも多いです。 共通点は意外にも多いですが、既卒の就活と新卒の就活は、実はほとんど変わらないのでしょうか。

基本的には既卒も新卒も一緒

就活の基本的な部分については、既卒も新卒も同じで変わることはありません。履歴書のマナーや面接のマナー、企業との連絡のマナーなどはすべて共通していますので、正しいマナーを身に付けておくことが大切です。就活特有のマナーがあるわけではなく、基本的にはビジネスマナーが必要とされています。 就活マナーとは厳密に言えばビジネスマナーであり、ビジネスマナーが正しく身に付いていれば、就活でもマイナスの印象を与えることはありません。基本的な部分については既卒も新卒も転職も同じですので、まずは大前提の部分を知っておくことが大切です。

評価のポイントが違う場合も

評価のポイントが違う場合も

既卒も新卒も大前提の部分は共通していますが、細部に関しては違っているところも多いです。評価のポイントなどは既卒と新卒では違っている場合が多く、それらの違いを正しく理解した上でアピールしていくことが大切です。違いを理解せずにアピールをしても好印象を与えることができず、評価の対象にもならない場合もありますので注意しましょう。

既卒は能力重視

既卒の就活では能力重視で採用が決定する場合が多いです。職歴があればそれも重要視されますし、これまでの経験から身に付けた能力やスキル、仕事で得た実績などをアピールしていくことが就活攻略のカギになります。

新卒は成長力重視

新卒の場合は成長力重視で採用が決定することが多く、ポテンシャルを示すことができれば好印象を与えることができます。既卒の場合で成長力をアピールしても高評価にならない可能性がありますので注意しましょう。

既卒の就活は対策が必要?

既卒の就活は対策が必要?

既卒の就活では新卒と共通している部分も多いですし、新卒の経験があれば就活の対策は必要ないのではないかと考える人も多いです。既卒の就活を行うにあたっては、しっかりと対策をしておいた方がいいのでしょうか。

就活成功のためには対策は必須

既卒であろうとなんであろうと、就活を攻略するためには対策は必須です。就活は対策なしで攻略できるほど簡単なものではありませんし、しっかりと対策をしておかなければ書類選考すら攻略できない場合もあります。また全く対策をせずに選考に臨むのは企業の人にも失礼です。やる気がないと判断される可能性もありますので、しっかりと対策をしておくようにしましょう。

自分にあった対策を心がける

自分にあった対策を心がける

既卒の就活では対策が必須ですが、ただ闇雲に対策をしても意味がありません。既卒には既卒に合った対策がありますし、その中でも人によってどのような対策をすべきかは違っています。自分に合った対策を心がけるようにしましょう。

就活を続けることが大切

既卒の就活をしていて最も問題になるのが、就活を続けられるかどうかです。既卒は就活が難しいことも多く、なかなか成果が出ないと途中で諦めてしまう人も多いです。諦めてしまっては成功のしようもありませんし、まずはしっかりと継続して行うことが大切です。就活を続けている限りチャンスはありますので、簡単に投げ出さないようにしましょう。

既卒の就活はやり方次第で成功する

既卒の就活はやり方次第で成功する

既卒の就活は厳しいのかやおすすめのサイトとやり方などを紹介しましたが、既卒の就活もやり方次第で成功を目指すことは可能です。既卒の就活は難易度が高い場合も多いですが、しっかりと対策すれば攻略することはできますし、まずは就活に取り組む姿勢が重要になります。就活を始めてみないことには事態は動きませんし、勇気を持って一歩踏み出すところから始めてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング