IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社員の副業は確定申告するべきか・おすすめの副業と税金

事務

終身雇用制の崩壊に伴い副業をしなくては、生きていけない人が増えてきました。しかし未だに副業に対して偏見をもっている会社は存在します。この記事では副業がバレるケースや、副業として適している職業を中心に紹介しています。副業するときの参考にしてください。

更新日時:

会社員の副業は確定申告しないといけないのか

結論からいえば確定申告する必要があります。金額の多寡に関わらずにすることが義務付けられています。昔の会社員は副業が全面的に禁止されていたので、こんな質問が出ることは滅多にないことでした。 しかし今は時代が変わりました。終身雇用制が崩壊して、生活のために副業を営む人が増えてきました。 それは税金を管轄する国税局も把握するようになってきました。副業による収入を隠し通すことが難しくなってきました。 特にネット長者と呼ばれる人が注目されるようになった頃は、脱税に対して国税局は厳しくなってきました。副業している人は脱税している意識はなかった可能性はありますが、今ではきちんと申告しないと追加で課税されるケースはあります。

会社員の副業でおすすめのもの

昔は副業でできる仕事はプログラマーやCADのオペレーターが主でしたが、最近は副業の種類は多岐にわたるようになってきました。代表的な副業を挙げてみます。

ウェブライター

最近は副業としてウェブライターを選ぶ人が増えてきました。ウェブライターはプログラム作成のように、敷居が高くないのが人気の秘密でしょう。 調べることが好きで分かりやすい文章が書ける人は、ウェブライターとして向いていると言えるでしょう。最近は主婦に人気の在宅ワークになりました。人気のウェブライターになれば、本業を上回る収入を得ることも可能です。

アフィリエイト

自分のホームページやブログに広告を貼って、そこから収入を得ている人がいます。アフィリエイターと言われる人たちです。アフィリエイトはホームページや、ブログに広告を貼るだけの仕事ではありません。 多くのアクセスがなければ広告をクリックしてもらえないので、ホームページやブログの質と量が大切になってきます。それでもGoogleの検索エンジンに評価されない期間は、大きな収益を上げることは難しいでしょう。 アフィリエイトで成功している人は、多くの収入を得ていますが少数派と推測されます。軌道に乗れば効率のいい副業になりますが、それまでは地道な作業が必要になってきます。しかし会社員として働きながら副業として営むには、都合のいい副業と言えるでしょう。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアも副業としてはいいでしょう。その理由は家の近くに、コンビニがあるケースが多いからです。家の近くにあれば移動時間がないので働きやすいです。それから短時間でも働けるのが利点です。 会社員は本業で疲れている可能性があるので、家の近所で短時間だけ働けるコンビニは便利でしょう。いくら副業でお金を稼ぎたくても、長続きしなければ継続的に収入を得ることは難しいです。 コンビニでの勤務は特別な技術がなくてもできるので、普通の会社員にもお勧めです。人と接することが好きな人であれば、楽しい仕事になる可能性もあります。常にコンビニは人を募集しているので、興味がある方は一度当たってみるといいでしょう。

警備員

曜日の融通が利きやすい警備員も、会社員にとっては都合のいい副業と言えるでしょう。完全週休二日制の会社員であれば、週末の内一日だけを警備員として働くのもいいでしょう。警備員の仕事は、週末にも仕事が多い傾向です。 警備員は研修を受けなくては勤務に就けないので、平日に休まなければいけないのは面倒なことですが、警備員の副業を続けたければ何とか都合を付けましょう。昔から会社員が警備員を副業にするケースは多かったですが、現在でも比率的には多いと推測されます。 現場によっては楽なことも、会社員にとって有り難いことでしょう。施設警備の資格を取得すれば、比較的楽な現場に就きやすい可能性があるので、取得を考えてもいいでしょう。

会社員の副業したときの税金

宝くじのような一時的な所得であれば、確定申告の用紙の一時所得の欄に稼いだ金額を記入すればいいです。しかし継続的な事業の所得の場合は、事業所得の欄に記入することになります。事業所得の場合は、正確に稼いだ収入を記録しておくことが大切です。 会社員としての収入と事業で上げた収入の合計額に税金が課せられますが、できれば自分で確定申告した方が、還付金のことを考えたら楽でしょう。今はインターネットに繋がっているパソコンがあれば、自動的に確定申告の用紙を仕上げてくれるようになっています。

会社員の副業禁止の場合バレるのか

会社員の副業禁止の場合バレるのか

終身雇用制が崩壊して昔のようにすべての会社が、会社員の副業を禁止することはなくなりましたが、今でも副業を禁止している会社はあります。会社の就業規定に明記されていることが多いので、しっかりと目を通しましょう。 副業が就業規定で禁止されていても、やむ得なく副業をしなくてはいけない会社員はいるでしょう。その際は秘密で副業をすることになりますが、会社にバレる可能性があるので注意が必要です。 以下の内容では副業の種類別に、バレるケースを考えてみました。秘密で副業をする人は参考にすればいいでしょう。

個人事業

個人事業の職種はさまざまですが、個人事業者の形態であっても副業していることがバレるケースがあります。個人事業でネットショップをおこなう場合も、特別商取引法で定められている住所と責任者の名前を記載することでバレることがあります。 インターネット上でビジネスをおこなうことは、大海でビジネスをおこなうことではありません。意外に見つかりやすい可能性があります。今はネットで物を購入することは、誰もがする時代になりました。 そこで見たことがある名前が記載されていたら、会社の○○と同じ名前だと思ってしまうでしょう。世間は広いようで狭いです。

バイト

会社員の傍らバイトをする人はいるでしょう。しかしバイトをしていることもバレやすいです。特に人目に付くバイトは、バレやすいでしょう。会社員の仕事が終わったあとに、バイト先に行くときにバレやすいです。 自宅と違う方向に行けば、同僚や先輩は怪訝な顔をするでしょう。見慣れた顔は人混みの中でも見つかりやすいです。

起業・会社設立

少ないケースですが、会社員として働きながら起業をする人もいるでしょう。しかしそれは思っているよりも難しいことです。会社員としての人生に重きを置く人は、何とか両立できる可能性はあるでしょう。 しかし起業して会社を設立する人は、会社員としての人生に見切りを付けた人が多いでしょう。そんな人はやがて会社員としての仕事中にも、起業した仕事をするようになります。同僚や先輩の見ている前で自分の仕事をすれば、バレるのは早いでしょう。 やがて会社員としての仕事を、ないがしろにするようになります。そうなれば周囲の人との軋轢が発生する可能性があります。そうなったら会社員としての人生に、完全に見切りを付ける時期でしょう。

一番バレるケースはうっかり話すこと

さまざまな副業がバレるケースを紹介してきました。しかしなんと言っても会社員の副業がバレる一番の原因は本人が副業を、うっかりと口にすることでしょう。少しばかりとはいえ副業で収入があれば、周りに言いたくなるのは人間の性です。 口外したときに噂が広まることなどは、ほとんどの人が考えていないでしょう。でもお金にまつわる噂は流れやすいです。会社員として勤めながら副業をしている人は、肝に銘じておきましょう。

用心深く副業をしましょう。

会社員の副業はバレやすくて、バレたときは最悪は解雇される恐れがあります。それほど会社によっては、副業するリスクがあります。しかし会社の就業規則で副業を禁止していても、事情によっては副業をしなければならない人はいます。 もし正社員として働かなければならない人であれば、用心深く副業をするしかありません。住民税の額から副業がバレるケースもありますが、対策をすればバレる可能性は低くなります。その対策とは副業の分は自分で確定申告することです。他には住民税の納付方法は、普通徴収を選びましょう。 以上の方法だけでもバレにくくなる効果はあります。一度試してみたらいいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング