IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【メーカー別】マスクの裏表の見分け方|不織布/プリーツ

初回公開日:2018年03月08日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年03月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

マスクは裏表を間違えてしまうと、正しいマスクの効果が得られません。マスクの裏表はパッケージに記載されている場合がほとんどですが、マスクの裏表の見分け方や正しい装着方法について覚えておき、風邪や花粉から体を守り快適に過ごしましょう。

メーカー別裏表の見分け方

最近では、寒さや風邪をひいてしまった方、インフルエンザになってしまった方のほかにも花粉症予防のためマスクをされている方が増えてきています。そのため、季節を問わず1年間を通してマスクをして歩いている方も多く見かけるようになりました。ですが、マスクはしていればいいというものでもなく、裏表や使い方を誤るとその効果が半減してしまいます。 マスクには、いろいろなタイプのものがあります。マスクのタイプによっても裏表の見分け方が違います。装着方法や裏表を間違えてしまうと、ほとんど意味をなさない場合もありますので、正しい使い方や裏表の見分け方ついてきちんと覚えておきましょう。 それでは今回はマスクの裏表の見分け方や、正しいマスクのつけ方についてお話ししましょう。

マスクの選び方とマスクをつける際の注意

マスクをつけることにより、花粉や風邪、インフルエンザウイルスのほかにも、PM2.5といったほこりも防ぐことができます。ですが、ご自分に合ったマスクを選び裏表を間違わずに使用しないと、せっかくのマスクの効果が正しく発揮されません。では裏表の見分け方や、正しいマスクの選び方とは、どういった点に注意すれば良いのでしょうか。

マスクのサイズ

マスクを使用するには、裏表を見分けるということのほかにも間違ったサイズを選んでしまってもいけません。例えばマスクのサイズが大き過ぎてしまうと、鼻やマスクの周りに隙間ができてしまい、花粉やインフルエンザ、風邪のウイルスがその隙間から入り込んでしまいます。そのため、ご自分のお顔にフィットしたマスクの大きさを選ぶ必要があります。

お顔にあったマスクの大きさとは

ご自分のお顔に合ったマスクを選ぶには、その大きさが重要なポイントになります。マスクが大きすぎると顔とマスクの間に隙間ができてしまい、マスクの効果が十分に発揮されません。 また、マスクの大きさが小さすぎた場合には、耳にあてるマスクのひも部分が皮膚にこすれ、痛くなってしまったり、ひもが顔にあたる部分が食い込んでしまい後になってしまう場合があります。 そうなると、マスクを長く使用することが困難になってしまいます。女性の場合は、通常のものよりも小さめのサイズを選んだ方がお顔にフィットする場合が多くありますが、それでもしも苦しいと感じるようであれば、通常のサイズに取り換えましょう。男性の場合は、通常のサイズで十分です。

正しいサイズのマスクの見分け方

例えば立体型のマスクを選ぶ場合、正しいサイズかどうかを見分ける目安としては、耳の付け根が一番高くなっている部分と鼻の付け根の部分から1センチ程度下の部分までの長さを測り、それが12センチ程度の方の場合には通常のサイズのマスクを選びましょう。 それよりも長さが短かった場合には、少し小さめのサイズのマスクを選んでください。また、12センチ以上の長さがあった方の場合には、大きめのサイズのマスクを選びましょう。正しいサイズのマスクを選ぶためには、あらかじめご自分のお顔のサイズを測っておく必要があります。

間違ったマスクの使い方

マスクをご使用になる場合には、マスクの大きさばかりでなく、裏表の見分け方のほか、使い方にも注意が必要です。マスクにワイヤーが取り付けられているタイプの場合は、そのワイヤー部分を折り曲げずに使用したり、プリーツ部分をきちんと広げて顎の下をカバーして使用しないと、マスクに余計な隙間ができてしまい、マスクの効果が落ちてしまいます。

鼻を出して使わないこと

よく鼻を出したまま、マスクをご使用になっていらっしゃる方を見かけます。マスクは、外気の防ぐために使うものですので、鼻を足して使用するとマスクをつける意味がありません。マスクをつけると息苦しいからと言って、鼻を出したままマスクをつけると、せっかくのマスクが意味をなしません。マスクは鼻や顎まで覆うように装着し、正しく使うよう心掛けましょう。

マスクをつけるには手を清潔に

マスクを付ける場合には、汚れた手で触ることもNGです。ほこりや汚ればかりでなく、ウイルスや花粉が手についている場合もありますので、買ったばかりのマスクをご使用になる場合でも、手が汚れていては意味がありません。そのため、新しくマスクを購入し使用する場合には、必ずその前に手を洗い、清潔にしておく必要があります。

関連タグ

アクセスランキング