IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ご祝儀の渡し方とマナー・言葉|ふくさ/親族/結婚式/披露宴

社会人常識

ご祝儀を渡すタイミング、ふくさに入れるのがマナーなのか、親族にご祝儀を渡すタイミング、受付でご祝儀を渡すときは何て声をかければいいのか、お祝いの席でマナーを守ってスマートにご祝儀を渡せるように、シーン別にご祝儀の渡し方とマナーを詳しくご紹介します。

更新日時:

ご祝儀の渡し方は相手によって違う?

親戚や友人がめでたく結婚するので、ご祝儀を用意したはいいものの、タイミングで渡せばいいかわからなかったり、渡し方はどうすればよいか迷う時があります。結婚式や披露宴に何度も出席しても、会場や状況によってタイミングも変わってきます。そんな時でも迷わずマナーを守って渡したいです。 それではどうやってご祝儀を渡せばよいのでしょうか。相手やシーン別に渡し方をご紹介していきます。

親族にご祝儀を渡すタイミングは?

親族にご祝儀を渡すタイミングは?

親族へのご祝儀の渡し方、タイミングは、できれば結婚式よりも前に渡しましょう。結婚式よりも前に、親族顔合わせの食事会などがあるのならば、そのタイミングで渡すのがベストです。なぜなら、結婚式や新婚旅行、新居の準備など結婚するにはなにかとお金がかかります。親戚の気遣いとして式よりも前に渡すと相手にも喜ばれます。 しかし、親戚が遠方であったり結婚式当日まで会うことがないのであれば、式当日に渡してもマナー違反ではありません。その際、渡し方は相手に相談するとよいでしょう。他のゲストと同じように受付で渡すか、式前の親族顔合わせで渡すなど、タイミングは相手の都合に合わせましょう。

友人、同僚などにご祝儀を渡すタイミングは?

友人、同僚などにご祝儀を渡すタイミングは?

友人や同僚へのご祝儀の渡し方は、披露宴当日に渡すのが今は一般的です。 披露宴の会場前に受付があることがほとんどのため、受付をする際にご祝儀を渡しましょう。受付担当の人は、新郎新婦が信頼している人です。また受付にはには厳重な入れ物などがあるので安心して渡しましょう。 新郎新婦に直接渡したい、親族に言葉を添えて渡したい、という気持ちがあったとしても、披露宴当日は直接渡すことは避けましょう。新郎新婦は忙しくしていることも多く、また大切なご祝儀を手元に保管することはできません。ご祝儀は受付に私、本人には気持ちを言葉で伝えましょう。 しかし、新郎新婦と頻繁に会っているなどの理由で、結婚式より前にご祝儀を渡すとこも失礼にはなりません。事前にご祝儀を渡している場合、披露宴当日の受付では「お祝は事前に渡してあります」とひと言受付の人に伝えましょう。

ご祝儀の渡し方に迷ったら周囲に相談しよう

最近は、イベントのような結婚パーティーだったり、レストランで少人数でお披露目会のみだったりと、新郎新婦の個性的な気持ちを込めた形式も増えています。渡すタイミングや渡し方に迷ったら、一緒に参加する友人などに相談してみるのも良いです。 また、とても親しい友人で、家族のみの式に友人である自分だけ参加させてもらう時のように、一緒に参加する友達がいない時は、新郎新婦に事前に渡し方を聞いても良いでしょう。 迷った挙句、周りと違ったことをしてしまったり、新郎新婦の手間を増やしてしまうことはできるだけ避けたいです。渡し方に迷ったら誰かに相談しましょう。

受付を担当した場合のご祝儀の渡し方は?

結婚式、披露宴に招待され、親しい友人のため受付を担当することになった、という場合の渡し方は、受付を始める前に自分自信で受付をし、ご祝儀も出しておきましょう。

ふくさを使うのはいつ?出すのはいつ?

ご祝儀袋はふくさに入れて持参するのがマナーです。持っていない場合はきれいなハンカチに包むのも良いですが、大人のマナーとして一つ持っておくと良いでしょう。 ふくさに入れたご祝儀袋は、男性なら胸のポケット、女性ならバッグに入れ、丁寧に扱いましょう。 また、親戚などで事前にご祝儀を渡すときも、ふくさに入れて持参しましょう。 ふくさに入れたご祝儀の渡し方は、ご祝儀を渡す直前にふくさから出します。そして、ふくさの上にご祝儀を乗せ、相手にご祝儀袋の正面がくるようにして渡します。しかし、ふくさをテーブルなどにきれいに置き、両手でご祝儀袋を持って渡しても良いでしょう。

シーン別ご祝儀の渡し方のマナー

シーン別ご祝儀の渡し方のマナー

結婚式にゲストとして呼ばれた場合や二次会だけ参加する場合など、参加の仕方によって渡し方が変わってきます。それでは、シーン別に渡し方を紹介します。

結婚式のゲストとして呼ばれたときの渡し方は?

結婚式に呼ばれた場合、結婚式、披露宴と両方参加することが多いです。その場合の渡し方は、結婚式の前ではなく、式が終わり披露宴が始まる前の受付でご祝儀を渡しましょう。 式のみの参加の場合、ご祝儀を持って行かないことの方が多いです。また、新郎新婦側から事前に「ご祝儀は辞退いたします」と事前に連絡がある場合はご祝儀を持参するのは控えましょう。式には参加したが何かお祝いをしたいと考えるときは、お祝いの品を贈るのも良いでしょう。

披露宴に参加するときのご祝儀の渡し方は?

披露宴に出席するときは、会費制や招待制でなければご祝儀は持参しましょう。渡し方は、披露宴の受付をする際に渡しましょう。 式と披露宴が別の日に行われる場合、式は披露宴よりも前に行われるので、式に出席する際にご祝儀を渡すと良いです。そして後日行われる披露宴の受付では「お祝は式の日にお渡ししました」と一言添えましょう。

結婚式の二次会に参加するときのご祝儀の渡し方は?

結婚式の二次会では、ほとんどの場合会費制で行われます。会費にはお祝いも含まれているので、ご祝儀は基本的に渡さないのがマナーです。 また、結婚式場はご祝儀を保管しておく場所や入れ物が用意されていますが、二次会の場合、会場によってはご祝儀などを安全に保管する場所が無い場合もあります。そのため、ご祝儀を渡したい場合は会の当日ではなく、事前に別の機会を設けて直接渡すと良いでしょう。 しかし、なかなか会えるチャンスもなくどうしても渡したい場合は、二次会の幹事もしくは二次会の受付の方に渡しましょう。その際、「保管が大変で申し訳ないのですが、お預かりいただきありがとうございます。」と一言謝罪と感謝の言葉を添えましょう。

式や披露宴などに参加はしないがご祝儀を渡したい時は?

遠方であったり日程が合わないなどの理由で結婚式や披露宴などに参加はできない時や、結婚式など行わない新郎新婦へのご祝儀の渡し方は、事前に会える機会があるならばその時に渡しましょう。 会える機会もないがご祝儀を贈りたい時の渡し方は、ご祝儀袋ごと現金書留で送りましょう。その際、ご祝儀だけでなく、手紙も添えるとより気持ちが伝わります。

海外挙式に出席するときは?

海外挙式に出席するときは?

海外挙式に呼ばれた場合、ご祝儀を渡すタイミングは、新郎新婦が海外に出発する前に会って渡すがベストです。出発前に会えないのならば、帰国後でも良いでしょう。海外渡航中にご祝儀を渡してしまうと、高額な現金を新郎新婦が管理しなければいけない負担がかかってしまうので避けましょう。 自分が海外在住で、新郎新婦が渡航して挙式をする際にゲストとして招待されるなど、海外でしか会うことができない場合は、直接新郎新婦か親族に渡しましょう。海外挙式の場合はとくに受付を設けないことも多く、日本よりも形式にこだわらないことが多いので、タイミングをみて渡しましょう。

ご祝儀を渡すときにかける言葉は?

披露宴の受付の方へのご祝儀の渡し方はスマートにしたいです。披露宴によってはゲストの人数も多く、また慣れていない状況にとまどうこともありますが、ここではきちんと言葉をかけましょう。 受付で自分の順番が来たら、まずは「本日はおめでとうございます」「お招きいただきありがとうございます」と丁寧に挨拶をしましょう。緊張してしまいますが、おめでたい日なので明るくハキハキと話しましょう。 次に「新婦の友人の〇〇でございます」と、自分は新郎新婦どちらから招待されている誰なのかを伝えましょう。 そしてご祝儀を渡しましょう。その際の渡し方は「こころばかりのお祝いでございます」と言葉を添えるのかベストです。しかし言い慣れなない言葉なので「お祝いでございます」でも良いでしょう。

受付ではあれこれ話さない

受付係が久々に会う友人で嬉しくなり自分の近況報告をしたり、受付係にお祝いの気持ちを長々と話したりするのはマナー違反です。あくまでも受付は手短に、ご祝儀の渡し方のマナーを守ってスマートに済ませましょう。

ご祝儀はマナーを守り気持ちを込めて渡しましょう

今回はご祝儀の渡し方とマナーや渡す時の言葉、ふくさの使い方をシチュエーションごとに紹介しました。 結婚式や披露宴に招待される際、できるだけスマートに渡したいけれど渡し方がわからないと思う方や、当日自分の渡し方が間違っていないかと不安に感じる方も多いのではないでしょうか。 ご祝儀の渡し方の基本は、相手への気持ちを込めることです。人生における大切な日を一緒に祝うためには、渡し方のマナーを守っていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング