IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

宅建の資格を活かせる就職先・就職できないときの原因

更新日:2020年08月14日

資格・検定

役に立つ資格でも上位にある宅地建物取引士(宅建)は本当に役に立つの?どんなところに就職できるの?宅地建物という名前から不動産関係にしか役に立たないのではないかと思われがちですが、幅広い就職先があり、宅建を活かした就職活動をご紹介していきます。

状況別!宅建を活かした就職活動の仕方!

高校卒業後、大学卒業後、専業主婦からの就職、業界未経験など、状況に応じた就職活動の仕方や宅建を活かして就職するにはどのような業界が良いのかについて掘り下げていきます。

高卒

10代での就職はまだまだ吸収率があり、どんな職業でもステップアップできます。その反面、まだ未熟であるととらえられることもあります。 賃貸仲介業は若い世代も多く学歴不問のため、就職しやすい職業です。そして若くして宅建を持っていることで、評価が上がり、就職活動は楽に進みます。

新卒

大学生で資格を取得したことは就職活動において、大変有利になります。金融業界は新卒でしか採用がされないところが多いので、金融業界も良いでしょう。 また、宅建の資格取得を自信に、建築士・マンション管理士や司法書士の資格取得をして、不動産管理会社や司法書士、建築関係の会社にいくことも良いでしょう。 新卒は幅が広く就職活動できます。また中途採用を行っていない会社への就職活動もできるので、不動産業界・金融業界・建築業界でも大学卒業を活かした職業を選択することができます。

主婦

主婦で宅建の資格を取得する方も多く、不動産業界で活躍しております。管理会社や仲介業者での宅建事務として正社員やパート社員、最近では時短社員として就職先を探すと良いでしょう。 ただし、どちらもサービス業のため、土日に出社しないといけないという決まりがあるところも多いです。土日の出勤が難しい場合は、建築業の事務も良いでしょう。宅建を活かした事務の募集も多く、他の主婦との差をつけることができます。 不動産仲介業は学歴不問・未経験歓迎の会社が多いので、営業社員としてバリバリ働くことも可能です。給与面は事務に比べ頑張り次第なので、お子様の手がかからなくなってきたら営業社員としての就職活動も視野に入れてはいかがでしょうか。

未経験

建築業界ですと、建築士の資格や何年以上の勤務などの縛りがあるところが多いですが、不動産賃貸業・売買業は未経験採用のところが多いです。不動産業界は営業・事務どちらも未経験歓迎ですので、賃貸または売買を中心に就職活動をすると良いでしょう。 管理会社の事務スタッフや保証会社も未経験の募集があります。宅建を活かせる職業で未経験だからといって、不利になる職業は少ないため、どんどん挑戦していくべきです。

宅建があると年収はいくらくらい?

宅建があれば、年収が必然的に上がるのかというと、そうではありません。業種や職種によって、宅建が年収に反映されるかどうかが変わります。

宅建を活かせる就職先のお給料は

宅建は資格の中でも手当の金額が多いと言われています。 不動産業界は宅建が必要な職業なので、資格手当も出ます。会社によって資格手当の金額はさまざまですが、1万円~3万円程度のところが多いと言われています。 また初任給は比較的ほかの業界に比べると高く設定されており、およそ20万円以上です。営業社員ですと、給料+歩合という形になるので年収は売上次第ですが、初任給と歩合の他に宅建の資格手当がプラスされます。歩合給が多い人ですと年収1000万円ということもあり得る職業です。 事務社員ですと事務職としての平均的なお給料にプラス資格手当がつきますので、通常の事務職のお給料より1万円~3万円程度多くなるでしょう。

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング