IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

宅建の資格を活かせるおすすめの就職先・就職できないときの原因

資格・検定

役に立つ資格ランキングでも上位にある宅地建物取引士(宅建)は本当に役に立つの?どんなところに就職できるの?宅地建物という名前から不動産関係にしか役に立たないのではないかと思われがちですが、幅広い就職先があり、宅建を活かした就職活動をご紹介していきます。

更新日時:

宅建の資格が活かせる職業とは?

宅建の資格が活かせる職業とは?

宅地建物取引士(以下、宅建)の資格は大きく分けると、民法・都市計画法・宅建業法の三つの法律を勉強し、取得できる国家資格です。また受験資格が誰にでもあるので、受験をする方も多く、国家資格の中でも有名な資格です。 衣食住の「住」の部分に携わる資格であるため、活かせる職業は多いです。ご存知の方が多いところですと、賃貸物件の仲介業や土地・建物の売買や仲介が資格が活かせる職業の代表ではないでしょうか。 その他ですと、住宅ローンに携わる金融関係、登記に関係する司法書士も宅建の資格を活かせる職業です。また建築関係やマンション管理会社も活躍の多い職業です。ただし、宅建を持っていないと報酬がもらえない職業というよりは、知識として役に立つので、持っていると強い、有利であると考えられます。

宅建の資格を持っていないとできない仕事

・重要事項説明書の記名・押印 ・重要事項説明 ・契約書の記名・押印 上記三点が直接的に宅建が必要な仕事です。不動産仲介業はこの三点ができないと報酬がもらえません。 また、事務所や営業店舗の5人に1人は宅建士を雇う、という決まりがありますので、宅建有資格者がいないと営業すらできません。宅建の資格を最大限に活かす職業は、賃貸仲介業や土地・建物の売買業だと言えます。

年代別!宅建を活かして就職する方法!

年代別!宅建を活かして就職する方法!

どのような就職活動をしたら良いのか、宅建が活かせる業界やアピールの仕方など、具体的な就職活動方法を年代別に掘り下げていきます。

10代の場合

勉強することに慣れている10代ですと、宅建の資格も比較的とりやすいです。就職活動をするのであれば、不動産管理会社や賃貸仲介業が良いでしょう。 若いので、これから勉強して次のステップに進むために他の不動産関連の資格を取得することもできます。不動産業界の勉強をすることもできるので、営業が苦手でなければ賃貸仲介業界、建築関係に進みたいのであれば不動産管理会社が良いでしょう。不動産業界にとどまらず、その先を見据えた就職活動をすることができます。

20代の場合

大学生であれば、銀行や信用金庫など金融関係の就職活動が良いでしょう。宅建の資格が直接活かせるわけではありませんが、他の就活生より少しリードすることができます。 また不動産仲介業や管理会社の就職は有利です。現在就職しているなど、転職の場合は仲介業が就職しやすい職業です。 20代という若さを持っているので伸びしろがまだまだあると評価されます。また宅建は有名な資格ですので、難易度を広く知られていることが多く、若いうちから頑張っていると評価を頂けることもあります。 不動産業界ですと若いことが不利に働くこともあります。しかし宅建保持者ということで不利だった若さも一気に有利な状況へと変わることがあります。

30代の場合

30代で宅建を取得できた場合は、不動産仲介業や保証会社への就職が良いでしょう。不動産仲介業ですと宅建を持っていると出世の対象になりますので、お店の店長候補として就職が決まることがあります。 保証会社ですと、顧客との会話に説得力が増すため、信用を勝ち取りやすくなります。年齢も上がって、就職活動の難易度が上がるため、宅建を十分に活かせる就職活動が良いでしょう。

40代の場合

転職もいよいよ難しくなってくる頃です。宅建があることで若い世代にも対抗していける就職活動が大切です。不動産売買を中心に就職活動をするのが良いでしょう。 賃貸仲介業は若い世代が多く、40代ですと就職が難しいです。また賃貸は単価が安いため、契約件数が多く体力勝負のところもあります。売買ですと、賃貸に比べ件数が少なく、一契約の単価も大きいため、歳を重ねていた方が説得力や安心感が生まれやすいので、年齢層も30代以上が多いです。

50代の場合

50代も40代と同じく、就職活動が難しくなってきます。若い世代との差をつけられる宅建の資格を武器に、不動産売買を中心の就職活動が良いでしょう。 宅建は出世の役に立ちますので、店長や課長・部長候補として雇用されるケースも少なくありません。

状況別!宅建を活かした就職活動の仕方!

状況別!宅建を活かした就職活動の仕方!

高校卒業後、大学卒業後、専業主婦からの就職、業界未経験など、状況に応じた就職活動の仕方や宅建を活かして就職するにはどのような業界が良いのかについて掘り下げていきます。

高卒

10代での就職はまだまだ吸収率があり、どんな職業でもステップアップできます。その反面、まだ未熟であるととらえられることもあります。 賃貸仲介業は若い世代も多く学歴不問のため、就職しやすい職業です。そして若くして宅建を持っていることで、評価が上がり、就職活動は楽に進みます。

新卒

大学生で資格を取得したことは就職活動において、大変有利になります。金融業界は新卒でしか採用がされないところが多いので、金融業界も良いでしょう。 また、宅建の資格取得を自信に、建築士・マンション管理士や司法書士の資格取得をして、不動産管理会社や司法書士、建築関係の会社にいくことも良いでしょう。 新卒は幅が広く就職活動できます。また中途採用を行っていない会社への就職活動もできるので、不動産業界・金融業界・建築業界でも大学卒業を活かした職業を選択することができます。

主婦

主婦で宅建の資格を取得する方も多く、不動産業界で活躍しております。管理会社や仲介業者での宅建事務として正社員やパート社員、最近では時短社員として就職先を探すと良いでしょう。 ただし、どちらもサービス業のため、土日に出社しないといけないという決まりがあるところも多いです。土日の出勤が難しい場合は、建築業の事務も良いでしょう。宅建を活かした事務の募集も多く、他の主婦との差をつけることができます。 不動産仲介業は学歴不問・未経験歓迎の会社が多いので、営業社員としてバリバリ働くことも可能です。給与面は事務に比べ頑張り次第なので、お子様の手がかからなくなってきたら営業社員としての就職活動も視野に入れてはいかがでしょうか。

未経験

建築業界ですと、建築士の資格や何年以上の勤務などの縛りがあるところが多いですが、不動産賃貸業・売買業は未経験採用のところが多いです。不動産業界は営業・事務どちらも未経験歓迎ですので、賃貸または売買を中心に就職活動をすると良いでしょう。 管理会社の事務スタッフや保証会社も未経験の募集があります。宅建を活かせる職業で未経験だからといって、不利になる職業は少ないため、どんどん挑戦していくべきです。

宅建があると年収はいくらくらい?

宅建があると年収はいくらくらい?

宅建があれば、年収が必然的に上がるのかというと、そうではありません。業種や職種によって、宅建が年収に反映されるかどうかが変わります。

宅建を活かせる就職先のお給料は

宅建は資格の中でも手当の金額が多いと言われています。 不動産業界は宅建が必要な職業なので、資格手当も出ます。会社によって資格手当の金額はさまざまですが、1万円~3万円程度のところが多いです。 また初任給は比較的ほかの業界に比べると高く設定されており、だいたい20万円以上です。営業社員ですと、給料+歩合という形になるので年収は売上次第ですが、初任給と歩合の他に宅建の資格手当がプラスされます。歩合給が多い人ですと年収1000万円ということもあり得る職業です。 事務社員ですと事務職としての平均的なお給料にプラス資格手当がつきますので、通常の事務職のお給料より1万円~3万円程度多くなります。

宅建は活かせるけど不動産と直結しない業界のお給料は?

不動産と直結していない金融業界や建築業界などでは資格手当はないところが多いです。しかし出世する際や評価として宅建の有無が見られるため、結果的にお給料が多くなると考えると宅建を持っていることでお給料が増えるととれます。 近年、不動産業界で事務所の所長や店舗の店長、その上の役職は持っていて当たり前という風習のなってきています。そのため、持っていないことで役職が上がれなかったり、運よく役職についても、宅建の資格をいつまでに取れなかったら降格やお給料を減らされることもあります。

宅建を取ったけれど就職出来ない原因と対策

宅建を取ったけれど就職出来ない原因と対策

資格を取ったら就職に有利という話はよく聞きますが、なかなか就職先が決まらない。なぜ決まらないのか。苦労して取得した宅建をは意味がなかったのではないかと悩んでしまいます。就職先が決まらない原因と対策について考えてみましょう。

採用が決まらない原因

宅建を取得して就職活動をしても就職先が決まらないこともあります。考えられる原因の一つは宅建が全く必要ない職業です。資格を取得しているという点では評価されますが、その業界で役に立たないため有利ではありません。

不動産業界への就職活動をしているのに採用されない

不動産業界への応募するも採用まで至らない、という方がいるのでしたら、次のことが考えられます。不動産業界ですと1月から3月が繁忙期と言われています。その時期に売上をあげようと必死になっている時期です。繁忙期に入社するのであれば即戦力を優先されるため、未経験者は採用まで至らないことが考えられます。 時期が繁忙期にかぶっていない場合、賃貸業界ですと年齢層が20代~30代半ばと若いため、年齢で採用されないことも考えられます。不動産業界は体力勝負な業界ですので、過去運動部に所属していると有利ということもあります。なよっとしていると体力的に難しいと判断されてしまう可能性があります。

女性の採用されない原因

サービス業ですので、主婦で土日の出社が難しい場合や残業ができるかどうか、顧客の都合により休日の振替がスムーズにできるかどうかということも採用の決め手になります。繁忙期になると休みの回数が少なくなるところも多いので、対応できるかどうかというところも見られます。 最近では随分と変わってきており、昔の不動産業界のイメージを払拭したいということで、営業職の女性社員を増やす試みをしている会社も少なくありません。それにより男性の就職率が減少していることも考えられます。

対策

対策

宅建を活かして就職先を決めようと思ったら、まずは業界がどのような動きなのかを調べることが重要です。そして働くということに自分が求めている環境が整うかどうかを知る必要があります。 お給料を増やしたいということであれば、不動産業界は営業職が多いので、契約数を増やしていけばお給料はたくさんもらえます。土日休みが希望であれば、法人を顧客とする不動産会社を探してみたり、管理会社ですと土日休みのところもあります。 営業が苦手であれば、事務職を探してみることも視野にいれると良いでしょう。 時期としては4月から6月ごろですと繁忙期も終わり、次の繁忙期に向けて成長できる人材を育てる方向にシフトするので、そのころを狙って就職活動をすると効率の良い就職活動ができます。

他の資格にも目を向けてみる

宅建は不動産業界に必要な資格ではありますが、持っていれば就職できる・絶対に不動産業界で働くために必要な資格ではないです。 もし、宅建の資格を取得したけれどなかなか就職先が決まらないようであれば、他の資格を取得することも視野にいれてはいかがでしょうか。差別化が図れますし、不動産業界以外の職業への就職活動にも役に立つでしょう。

宅建は就職に役に立つ!

宅建は就職に役に立つ!

宅建の勉強範囲は幅広く、宅建の資格が活かせる仕事は多くあります。また男性・女性であることや年齢を問わず就職するときに役に立つ資格です。就職活動先も幅広く対応できます。 絶対に持っていないといけない資格ではないですが、持っていると有利になる資格です。他の資格取得をして、就職をする際にも差別化が測れるでしょう。 パート勤務をする主婦にも少し多めのお小遣い稼ぎができます。最終的には宅建を持っていれば独立もできますので、取得して損はありません。

関連タグ

アクセスランキング