IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

宅建の資格を活かせる就職先・就職できないときの原因

更新日:2020年08月14日

資格・検定

役に立つ資格でも上位にある宅地建物取引士(宅建)は本当に役に立つの?どんなところに就職できるの?宅地建物という名前から不動産関係にしか役に立たないのではないかと思われがちですが、幅広い就職先があり、宅建を活かした就職活動をご紹介していきます。

宅建の資格が活かせる職業とは?

宅地建物取引士(以下、宅建)の資格は大きく分けると、民法・都市計画法・宅建業法の三つの法律を勉強し、取得できる国家資格です。また受験資格が誰にでもあるので、受験をする方も多く、国家資格の中でも有名な資格です。 衣食住の「住」の部分に携わる資格であるため、活かせる職業は多いです。ご存知の方が多いところですと、賃貸物件の仲介業や土地・建物の売買や仲介が資格が活かせる職業の代表ではないでしょうか。 その他ですと、住宅ローンに携わる金融関係、登記に関係する司法書士も宅建の資格を活かせる職業です。また建築関係やマンション管理会社も活躍の多い職業です。ただし、宅建を持っていないと報酬がもらえない職業というよりは、知識として役に立つので、持っていると強い、有利であると考えられます。

宅建の資格を持っていないとできない仕事

・重要事項説明書の記名・押印 ・重要事項説明 ・契約書の記名・押印 上記三点が直接的に宅建が必要な仕事です。不動産仲介業はこの三点ができないと報酬がもらえません。 また、事務所や営業店舗の5人に1人は宅建士を雇う、という決まりがありますので、宅建有資格者がいないと営業すらできません。宅建の資格を存分に活かす職業は、賃貸仲介業や土地・建物の売買業だと言えます。

年代別!宅建を活かして就職する方法!

どのような就職活動をしたら良いのか、宅建が活かせる業界やアピールの仕方など、具体的な就職活動方法を年代別に掘り下げていきます。

10代の場合

勉強することに慣れている10代ですと、宅建の資格も比較的とりやすいです。就職活動をするのであれば、不動産管理会社や賃貸仲介業が良いでしょう。 若いので、これから勉強して次のステップに進むために他の不動産関連の資格を取得することもできます。不動産業界の勉強をすることもできるので、営業が苦手でなければ賃貸仲介業界、建築関係に進みたいのであれば不動産管理会社が良いでしょう。不動産業界にとどまらず、その先を見据えた就職活動をすることができます。

20代の場合

大学生であれば、銀行や信用金庫など金融関係の就職活動が良いでしょう。宅建の資格が直接活かせるわけではありませんが、他の就活生より少しリードすることができます。 また不動産仲介業や管理会社の就職は有利です。現在就職しているなど、転職の場合は仲介業が就職しやすい職業です。 また宅建は有名な資格ですので、難易度を広く知られていることが多く、伸びしろがまだまだあると評価されるでしょう。

30代の場合

30代で宅建を取得できた場合は、不動産仲介業や保証会社への就職が良いでしょう。不動産仲介業ですと宅建を持っていると出世の対象になりますので、お店の店長候補として就職が決まることがあります。 保証会社ですと、顧客との会話に説得力が増すため、信用を勝ち取りやすくなります。年齢も上がって、就職活動の難易度が上がるため、宅建を十分に活かせる就職活動が良いでしょう。

40代の場合

転職もいよいよ難しくなってくる頃です。宅建があることで若い世代にも対抗していける就職活動が大切です。不動産売買を中心に就職活動をするのが良いでしょう。 賃貸仲介業は若い世代が多く、40代ですと就職が難しいです。また賃貸は単価が安いため、契約件数が多く体力勝負のところもあります。売買ですと、賃貸に比べ件数が少なく、一契約の単価も大きいため、歳を重ねていた方が説得力や安心感が生まれやすいので、年齢層も30代以上が多いです。

50代の場合

50代も40代と同じく、就職活動が難しくなってきます。若い世代との差をつけられる宅建の資格を武器に、不動産売買を中心の就職活動が良いでしょう。 宅建は出世の役に立ちますので、店長や課長・部長候補として雇用されるケースも少なくありません。

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング