IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

試用期間に辞める方法・伝え方とタイミング・給料|正社員

退職ノウハウ

試用期間という存在は就職する場合にも発生しますし、アルバイトをする学生さんにも発生するので当たり前の存在になりますが、その時期に辞めるとどうなるのかを知っている人は少ないでしょう。今回は試用期間中に辞めることはできるのか、アルバイトの場合も含めて考えます。

更新日時:

試用期間に辞める方法

試用期間に辞める方法

仕事においての最初の立ち位置は試用期間とされている企業も多いでしょう。この試用期間は企業側が自分の能力を見定める期間として用いることが多いですが、自分たちもどのような仕事をすることになるのか確認する期間として用いることが可能となっております。 そこで、自分の予想としている仕事内容と異なっているとか提示されている内容と全く違うことに気がついた場合は自らその仕事を辞めるために動き出すのも有効的な方法です。しかし、どうすれば試用期間中に辞めることができるのでしょうか。

正社員としての契約がある場合

正社員の場合でも試用期間ならば簡単に辞めることが可能と考えている人が多いですが、試用期間中であったとしても労働契約は成立しているという解釈が法律上はなされますので、気軽に辞めることはできません。「何か予想と違ったので明日からきません」といった振る舞いはできないと考えましょう。 なので、辞めるときはできるだけ早く申し出る必要があり、電話やメールを使わないで直接辞めるということを伝えて退職願を書面にして提出する必要があります。つまり、試用期間でも正社員が会社を辞めるときと同じようなやり方をする必要があると言うことです。

雇用契約書を交わさない場合について

ただし、中小企業は雇用契約書を交わさないことがほとんどで、就業規則すら用意されていないケースも多々あります。この場合は、試用期間中はバイト扱いになっていることも多いので、その場合はお互いが合意することで即日辞めることができるケースもあります。 この部分は会社によってこ異なってくる部分なので、しっかりと契約に関しての意識付けがされている会社なのか、契約に関しては色々と曖昧なところが多い会社なのかを見極めることも重要になります。

NGとなる辞め方について

このように正社員になる予定の試用期間で辞める場合には制限がついてしまいますので、この制限から脱している行動はNGとなってしまいます。たとえば、試験期間中に突然「もう辞めるので明日から出社しません」と電話越しに伝えるとか、退職希望日を当日にしていきなり提出して出社しないという行為です。 つまり、就業規則を一切守らずに試用期間中に辞めるという行為はしてはいけないということになります。一方的にこちらからただ「辞める」と伝えるだけでは駄目と考えるとわかりやすいです。

バイトの試用期間に辞める場合

正社員の場合は就業規則が関わってくるので簡単に試用期間であっても辞めることはできないですが、これがアルバイトの試用期間となった場合はお話が多少変わってきます。 しかし、アルバイトの場合はお互いの同意があればお互いが同意することができれば即日退職が可能なので、試用期間でこの仕事が合わないと判断して辞めるという意志を相手に伝えると即日退職が認められることもしばしばあります。 もちろん、辞め方としては店長や社長といったその場にいる一番偉い人に伝えることが基本なので、電話やメールで伝えるという方法は辞めた方が良いでしょう。電話で伝えることになっても、翌日直接会って辞めることを伝えてください。

試用期間で辞めることができれば転職しやすい

頑張って入社したとしても自分に合わないと感じている方は試用期間であっても早く動いた方が良いのは事実です。転職しない限りずっとその仕事に携わっていくことになりますので、見極めることができたのなら自分に適している仕事を探すために辞めるのは正解となります。 試用期間中の退職は人間関係の形成もできていませんし、引き継ぐ内容もほとんどありませんので、辞めるとしてもすんなり辞めることができるケースがほとんどです。また、試用期間は無茶な残業が少ない企業が多いので、転職活動もしやすいというメリットがあります。

試用期間に辞めるときの伝え方・いい方

実際に試用期間で「自分の想像と違う」とか「契約時に話された内容と違う」と判断して、辞めると判断したとき、実際に辞めることを伝える必要があります。いったい、どのように伝えるのが正解となるのでしょう。

電話で伝えるだけではNG

基本的に辞めることを伝える場合は直接会ってその辞めるという意志を伝えることが大切であり、正社員契約となる試用期間の場合には退職願も必要になってきます。この場合は電話だけで「辞める」と伝えるのはNGになるということです。 これはアルバイトの試用期間にも当てはまりますので、辞めるという意志を伝える場合にはしっかりと直接会って伝えるようにしてください。直接会うのが辛いという気持ちはわかりますが、礼節を欠く行為なのでバイトの試用期間であっても辞める場合には上司に会って伝えることがマナーとなります。

試用期間に辞めることの伝えるタイミングについて

試用期間に辞めることの伝えるタイミングについて

試用期間に辞めることを決意したとしても、伝えるタイミングによって状況が大きく異なってきますので、その辺がどうなっているのかを解説いたします。

辞めると思った即日に辞められるのか

正社員雇用であったとしても試用期間を3ヶ月間としている会社は多いです。しかし、試用期間中であったとしても労働契約は成立しているという解釈が法律上はなされますので、気軽に辞めることはできません。「何か予想と違ったので明日からきません」といった振る舞いはできないと考えましょう。 アルバイトと試用期間を同じように考える人も多いですが、正社員雇用を予定としている契約においての試用期間とアルバイト契約を予定としている契約においての試用期間は契約条件が異なっていることを覚えておくことが大切です。 つまり、正社員雇用目的の試用期間というのは「就業規定に従う義務」が発生するので、その規定において「退職を申し出る前には必ず希望日の1ヶ月以上前に申し出る必要がある」と記載されていたのなら、1ヶ月前に退職の意思を伝えてください。

試用期間が終わりそうな3ヶ月経過後だと

試用期間はほとんどの企業で3ヶ月としているところが多いですが、この3ヶ月が経過する直前に辞めることを伝えた場合、相手側には大きな迷惑となってしまいます。なぜならその3ヶ月間でその人となりを理解され、どのような仕事を任せるのかといった割り振りも考え終わっている段階なので、そこで辞めると伝えるとダメージが大きくなります。 これはアルバイトの試用期間も一緒で、試用期間が終了する頃に辞めることを伝えた場合、仕事ができた段階で辞めるということになるのでダメージが大きくなってしまいます。この場合は「辞めるならもっと早く辞めるべき」と怒られてしまうこともあります。 試用期間中に辞めると決意をしたのなら、できる限り早くその意志を伝えて辞めやすい状況を整えた方が良いです。

アルバイトの場合は試用期間が曖昧なケースも多い

正社員としての道が約束されている方の試用期間は3ヶ月といった決まった日程がしっかりと組まれていることが多いですが、アルバイトの場合は試用期間の定義が曖昧なことが多く、終了合図のようなものも存在しないことが多いです。そのため、辞める場合はできる期間で考えるのではなく早いほうが良いと考えて動いた方が良いでしょう。

試用期間に辞めるときの給料はどうなるのか

正社員雇用目的の試用期間の場合は働いた期間に合わせた給料をもらうことはできますのでそこまで心配する必要はありません。また、アルバイトで試用期間中に辞めるケースでも、働いた場合にはその分の給料はしっかりと支払われるので、もらうことはできると考えてください。 ただし、アルバイトの試用期間が自由期間の研修のような拘束力が非常に低いものだった場合には労働時間としてカウントされないケースが多いので、この場合には給料は貰えないと考えた方が良いです。あくまで、強制参加といった拘束力の強いものに参加していたのなら労働時間とカウントされて給料が発生すると考えましょう。

試用期間で辞める方法をしっかりと理解すること

試用期間というのは会社によって扱いが異なることが非常に多いので、一概に定義づけすることは困難です。正社員としてしっかりと雇用契約を交わしている場合には試用期間中も就業規則に則った扱いが必要になりますが、正社員契約予定でも雇用契約もなく就業規則もないような会社だとこの部分が非常に曖昧になります。 このように、状況次第で早く辞めることが可能なのかも変わってきますので、辞めるという意志が固まったのなら自分に非がないように、綺麗に辞める状況を整えてください。ダラダラと続ける方がその人にとっても会社にとってもダメージが大きくなります。

関連タグ

アクセスランキング