IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

本質を見抜く考え方・本・方法|面接/仕事/子供

更新日:2020年11月13日

自己啓発

物事の本質を見抜くことによって仕事や人生に求めるものと向き合うことができると言われます。またこの本質は、物事の存在とは何かという問いに対してある答えであると言われます。物事の本質を知ることで幸せになれると言われます。人生や日常の出来事と繋がる本質を書きます。

本質を見抜く考え方

洞察力

洞察力という言葉には、物事の本質を見抜くという意味があります。この洞察力は、ビジネスや人間関係で有効的であると言われます。またビジネスにおいては、本質を見抜く洞察力などと同様に必要とされる能力があります。この観察力とは、物事をそのまま客観的に見るという意味のある言葉です。 仕事では、物事を俯瞰してみることや客観視するなどの視点が重要と言われることもあると言えるでしょう。また仕事では、木を見る、森を見る、鳥の視点を持つと言われることがあります。物事を見つめる際に様々な視点を持つことによってその仕事を理解をし、本質を見抜く洞察力が養われます。

直感

直観に優れている

直観は、閃きという言葉でも表されることもあります。この閃きがある場合には、アイディアを思い付くことや頭の回転が早いと言われるような機転の利いた意見を出すことができることもあると言えるでしょう。またこの直感は、知識や経験によって生み出されるといわれることなあります。 このようにさまざまな経験によって培われる知識は、直観を働かせる情報のひとつとなることもあると言えるでしょう。また物事の判断能力を生み出すことは、経験や知識を積み重ねたことからとも言われることがあります。本質を見抜くことに繋がる物事への洞察力は、閃きや直感などの感覚や知識によって知る事柄から生まれることもあります。

第六感が優れている

第六感は、英語でsenseと表される言葉です。生まれ持った物でもあるsenseは、物事への感受性を意味する言葉でもあると言えます。感受性の高い人は、頭がいいと言われるようにその感受性は、物事の情報を受け取る役割を持つこともあるでしょう。また洞察力が優れている場合には、この第六感を持っている存在は、天才と言われる人に似た感性を持っていることもあるでしょう。 情報を感受性によって判断することや直感を磨き情報を取捨選択することもできるでしょう。さまざまな情報に触れることや経験によって培われる判断力を養うことで第六感や直感を養うことができます。本質を見抜く際には、第六感と言われる直感を活用することもあるでしょう。

天才

天才を表す際に天才は、人には、できないことを成し遂げる力があると表現されることがあります。天才と言われる人の生まれたながらにして能力が高いと捉えられることもあると言えるでしょう。また天才と言われる人は、情報量が多いと言われることもあります。 天才は、その第六感と言われる直感や感受性が強いために情報を収集し、その情報を使い道を分けることができるとも言われます。天才と表される人は、このような感受性を持っているために情報を分析する能力があるとも言えるでしょう。その際には、能力の一つと言われる洞察力を活かすことや観察力によって情報を置き換えることがあります。

情報を分析する感受性が強い

天才と言われる人は、その脳の構造から自分自身に対して得られた情報を感性によって取捨選択することができると言われています。またその情報のデータベースを作ることができると言われているのも天才の特徴です。また天才は、感受性が高いために物事を洞察することができると言われています。 このような感受性から物事を分析し、洞察することやをその情報を実際に使える形に変化させるために洞察力を発揮し、情報の本質を見抜くこともあるでしょう。

物の見方に独自性がある

独自性とは、それ以外のものと違い、特有のものであることを表した言葉です。またこのように仕事では、0を1にすることや0から1を生み出す創造性が重要視されると言われています。新しいものを創出する創造性は、思考や知識を結びつけることによって、新たに生み出される直感の働きやその閃きによって作り出すことができるとも言えるでしょう。 独創性とは、新たなものを生み出す際に独自性が存在することを表した言葉です。独創性や独自性を持ち、自分自身の頭で思考することによって偏らず、物事の本質を突いた意見を創出することができると言えるでしょう。独自性があるために本質を見抜く意見を判断する基準を持っているとも言えます。

本質を見抜くことに関する本

洞察力の原点

次のページ:面接で本質を見抜く方法
初回公開日:2018年02月21日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング