IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スタッドレスタイヤへの交換にかかる料金・時間|持ち込み

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

スタッドレスタイヤへの交換方法や専門店やガソリンスタンドへ頼む場合の料金などを紹介しています。また自分でスタッドレスタイヤへ交換する手順も紹介します。これからスタッドレスタイヤへの交換を検討している方は参考にしてください。

スタッドレスタイヤへの交換にかかる料金

スタッドレスタイヤと夏タイヤの交換は、1年間で2回の交換の必要があります。1回目は秋から冬にかけて、2回目は冬から春にかけてになります。そのため手間とお金がかかるのがネックとなります。 もちろん自分でスタッドレスタイヤへ交換することも可能です。ただし自分で行う場合は、時間と労力は必要ですが、金銭がかからないのが最大のメリットでしょう。 しかし、自分で交換することが不安な人や、交換するための時間や場所がない人はどこかにタイヤ交換を依頼しなくてはなりません。専門店でも大丈夫ですし、ガソリンスタンドでも引き受けてくれます。(交換してくれないガソリンスタンドもありますので事前に連絡して確認してみて下さい)

スタッドレスタイヤへの交換にかかる時間の目安

スタッドレスタイヤの交換にかかる時間の目安の紹介します。タイヤ交換を済ませてから次の予定があるとタイヤ交換にかかる時間を気にする人は多いでしょう。 通常のタイヤ交換は40分から1時間ですが、タイヤの組み換えとなれば1時間を超えてしまいます。このようにタイヤホイールセットになった物を交換するより組み換えでタイヤだけを交換するほうが時間がかかってしまいます。 しかし、天気予報で雪の予報が出ると交換するためにお店に駆け込む人が増えて予約をしていないと2~3時間待たされる可能性があるので、事前に予定を立てておきましょう。 タイヤ交換が30分で終わっても待ち時間が1時間あったりしたら次の予定が狂ってしまいます。ですので業者でタイヤ交換する際は事前に予約することをします。

業者別スタッドレスタイヤへの交換にかかる工賃

オートバックスとエネオスのスタッドレスタイヤへの交換工賃について紹介します。どの県にもある有名店なので参考にしてみて下さい。

オートバックス

オートバックスは 1台 3,240円(税込)です。店舗によって料金が異なる可能性があるので事前に確認してみてください。 タイヤ交換する方には、ホイール付きを交換してもらう方と、タイヤとホールを組み替えて交換してもらう方が混在していますので、オートバックスなどの総合カー用品ショップは大変混み合います。訪問する際は予約をします。

エネオス

エネオスのスタンドは日本にあるスタンドの3分の1を占めますからほとんどの方の家の近くにあるでしょう。それだけ身近にあるので、急なタイヤ交換にも便利で使いやすいガソリンスタンドと言えます。 タイヤ交換はガソリンスタンドで行うと他で交換するより高くなっています。エネオスも例外ではなく、タイヤ量販店より高めとなっています。そこで緊急でタイヤ交換をしたい時に、予約が取れず時間をお金で買うという感覚で利用することが許されるのであれば、エネオスは利用しても良いでしょう。 エネオス は 1台 12,960円(税込)~です。店舗によって料金が異なる可能性があるので事前に確認してみてください。 待ち時間もそれほど長くないので、タイヤ交換の次に予定が入ってる方にはです。

イエローハット

イエローハットは4本4,320円~円(税込)となっています。タイヤサイズにより値段が変わるので事前に確認をするようにしましょう。 イエローハットでは、1台当たりの作業時間は20分~となっており、組替え作業でなくてもホイールバランス調整もこの価格でしてもらえますのでお得といえるでしょう。

スタッドレスタイヤの自分での交換方法

初回公開日:2018年04月13日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング