IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スタッドレスタイヤへの交換にかかる料金・時間|持ち込み

ビジネスマナー

スタッドレスタイヤへの交換方法や専門店やガソリンスタンドへ頼む場合の料金などを紹介しています。また自分でスタッドレスタイヤへ交換する手順も紹介します。これからスタッドレスタイヤへの交換を検討している方は参考にしてください。

更新日時:

スタッドレスタイヤへの交換にかかる料金

スタッドレスタイヤへの交換にかかる料金

スタッドレスタイヤと夏タイヤの交換は、1年間で2回の交換の必要があります。1回目は秋から冬にかけて、2回目は冬から春にかけてになります。そのため手間とお金がかかるのがネックとなります。 もちろん自分でスタッドレスタイヤへ交換することも可能です。ただし自分で行う場合は、時間と労力は必要ですが、金銭がかからないのが最大のメリットでしょう。 しかし、自分で交換することが不安な人や、交換するための時間や場所がない人はどこかにタイヤ交換を依頼しなくてはなりません。専門店でも大丈夫ですし、ガソリンスタンドでも引き受けてくれます。(交換してくれないガソリンスタンドもありますので事前に連絡して確認してみて下さい)

スタッドレスタイヤへの交換にかかる時間の目安

スタッドレスタイヤへの交換にかかる時間の目安

スタッドレスタイヤの交換にかかる時間の目安の紹介します。タイヤ交換を済ませてから次の予定があるとタイヤ交換にかかる時間を気にする人は多いでしょう。 通常のタイヤ交換は40分から1時間ですが、タイヤの組み換えとなれば1時間を超えてしまいます。このようにタイヤホイールセットになった物を交換するより組み換えでタイヤだけを交換するほうが時間がかかってしまいます。 しかし、天気予報で雪の予報が出ると交換するためにお店に駆け込む人が増えて予約をしていないと2~3時間待たされる可能性があるので、事前に予定を立てておきましょう。 タイヤ交換が30分で終わっても待ち時間が1時間あったりしたら次の予定が狂ってしまいます。ですので業者でタイヤ交換する際は事前に予約することをおすすめします。

業者別スタッドレスタイヤへの交換にかかる工賃

オートバックスとエネオスのスタッドレスタイヤへの交換工賃について紹介します。どの県にもある有名店なので参考にしてみて下さい。

オートバックス

オートバックスは 1台 3,240円(税込)です。店舗によって料金が異なる可能性があるので事前に確認してみてください。 タイヤ交換する方には、ホイール付きを交換してもらう方と、タイヤとホールを組み替えて交換してもらう方が混在していますので、オートバックスなどの総合カー用品ショップは大変混み合います。訪問する際は予約をおすすめします。

エネオス

エネオスのスタンドは日本にあるスタンドの3分の1を占めますからほとんどの方の家の近くにあるでしょう。それだけ身近にあるので、急なタイヤ交換にも便利で使いやすいガソリンスタンドと言えます。 タイヤ交換はガソリンスタンドで行うと他で交換するより高くなっています。エネオスも例外ではなく、タイヤ量販店より高めとなっています。そこで緊急でタイヤ交換をしたい時に、予約が取れず時間をお金で買うという感覚で利用することが許されるのであれば、エネオスは利用しても良いでしょう。 エネオス は 1台 12,960円(税込)~です。店舗によって料金が異なる可能性があるので事前に確認してみてください。 待ち時間もそれほど長くないので、タイヤ交換の次に予定が入ってる方にはおすすめです。

イエローハット

イエローハットは4本4,320円~円(税込)となっています。タイヤサイズにより値段が変わるので事前に確認をするようにしましょう。 イエローハットでは、1台当たりの作業時間は20分~となっており、組替え作業でなくてもホイールバランス調整もこの価格でしてもらえますのでお得といえるでしょう。

スタッドレスタイヤの自分での交換方法

スタッドレスタイヤの自分での交換方法

タイヤ交換を自分でする場合の方法は以下のとおりです。 1:ホイールカバーを外す。 2:ボルトをホイールレンチを使い緩めます。この時に対角線上で緩めるようにしないとスタッドボルトが折れるので注意が必要です。 3:ジャッキで車体を上げます。 4:ボルトをホイールレンチで回して取り外します。 5:タイヤホイールを取り外してスタッドレスタイヤを取り付けます。 6:ボルトを手である程度、締めていきます。 7:ジャッキを下げてタイヤを地面に設置させます。 8:ボルトをホイールレンチを使い締め付けてから、トルクレンチで既定のトルクで締めると良いでしょう。 9:ホイールカバーを取り付けます。 慣れていれば1本10分程度でできるでしょう。またトルクレンチは会ったほうが良いですが、無ければ手で締めるだけにして足でレンチを踏んで締めるようなことはしないようにして下さい。

スタッドレスタイヤへの交換と保管方法

スタッドレスタイヤへの交換と保管方法

タイヤをDIYで交換する時にはナットの外し方と締め方に注意が必要です。特にスタッドレスタイヤを夏タイヤに取り付ける際にはホイールナットの締め過ぎに注意をしなければハブボルトを破損させてしまう恐れがあります。トルクレンチを使い適正なトルクで締めるようにしましょう。 タイヤを保管する場合は、横積みで保管しなければタイヤを変形させてしまいます。タイヤを立てて保管すると数か月その状態に置かれるので、変形する元となるからです。 保管する場所は日の当たらない風通しの良い所に保管します。またタイヤをベランダに保管するとタイヤの跡がベランダのコンクリートに黒く残る事がありますから、コンクリートの上に段ボールなどを敷いてその上に保管すると良いでしょう。 保管場所が無い場合は、タイヤ館などのタイヤ専門店で保管サービスを行っているので利用するのも一つの手です。

スタッドレスタイヤの持ち込みでの交換費用

スタッドレスタイヤの持ち込みでの交換費用

スタッドレスタイヤを持ち込みで交換する場合、タイヤのみ持っていき交換してもらう方法と、タイヤホイールセットの脱着をしてもらう方法があります。 タイヤホイールセットの脱着の場合、ガソリンスタンドでもタイヤ専門店やカー用品店など、車に関するお店でタイヤ交換の設備が整っていればホイールのインチ数により、1本約400円~約1,000円が相場となっています。 変わってタイヤ持ち込みの場合ですが、そのお店でタイヤを購入するより高めに料金設定がされています。カー用品店などでは、お店で購入すると1本約1,000円~組替えしてもらえますが、持ち込むと1本約1,500円~となっているところが多いです。

スタッドレスタイヤへの交換は安いのか

スタッドレスタイヤへの交換は安いのか

最近は燃費性能を上げたスタッドレスタイヤも発売されていますが、一般的にはスタッドレスタイヤの方が燃費は悪いと言われています。ノーマルタイヤはタイヤが受ける転がり抵抗を極力抑え、少ない力で前進するよう開発され続けています。 しかし、スタッドレスタイヤは深い溝と細かなサイプによって路面をしっかり噛むように作られており、柔らかいゴムが路面の接触面積を増やす分、摩擦力(転がり抵抗)も増えるため、ノーマルタイヤより燃費が悪くなります。また、溝の深いスタッドレスタイヤは、単純にノーマルタイヤより厚みや重みがあるため、その分燃費が悪くなると言えます。 このようにスタッドレスタイヤで乾いた路面しか走らない場合は、スタッドレスタイヤにすることで燃費の悪化というコスト増になります。しかし雪道や凍結路を走行する機会が多いのであれば安全には替えられないでしょう。

スタッドレスタイヤへの交換の予約方法

人の心理は不思議な物で、いざ雪が降らないとタイヤ交換を行おうと重い腰を上げません。そこで雪が降ってしまうとどこのお店も大変混雑をして予約どころの話ではなくなってしまいます。そこでスタッドレスタイヤに交換する予定があるのであれば、余裕をもって予約をしましょう。 交換の予約を入れるには電話予約が手軽で良いでしょう。自分の都合の様日にちと時間を伝えれば、お店で開いていれば希望の日時と時間に予約を入れてもらえます。また仮に予約が入っていれば、代替え案として違う時間や日にちを指定してもらえるでしょう。 スタッドレスタイヤに交換する場合は、早めにお店に電話連絡をして余裕を持って予約する事が基本です。

スタッドレスタイヤには早めに交換を

スタッドレスタイヤには早めに交換を

スタッドレスタイヤは冬の雪道を走るには欠かせないタイヤです。交換するには自分で交換する事もできますが、組み換えとなれば専門店で行う必要があります。 雪国ではクリスマスを迎える頃には道路が凍結している事も多く発生するので、早めの行動が安全運転にも繋がります。 冬の道路を安全に走行できるよう早めにスタッドレスタイヤへの交換の予約を入れて、快適なドライブをしましょう。

関連タグ

アクセスランキング