IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【シーン別】怒らない方法・心理・性格・生き方・本

初回公開日:2018年03月29日

更新日:2020年11月13日

記載されている内容は2018年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己啓発

仕事でも家庭でも、学校生活でも怒っている人必ずいます。そもそも何故怒りを抑えられない人がいるのでしょうか。怒らない人は羨ましいです。怒らない方法とはいったいどうしたらよいのでしょうか。まず怒りたくなる原因を分析してみましょう。

怒らないために読みたくなる本を手にするという事は、自分が起こりやすくて悩んでいる人が多いという事です。これから紹介する本は、怒るという現象は「煩悩」に関係してるという事にハッとする内容があります。この本を読むことで、本来の自分を見つめ直すきっかけになったり、心を正されることに気づきます。

「もう、怒らない」

怒りと言うのは「煩悩」から来ている、煩悩と言うは、わが心の「貪欲」「愚痴」「怒り」そのすべてが揃っている心の環境であることです。他人を怒るという行動は、相手のためにではなく、自分の煩悩からきている、つまり自分の感情に任せて怒りをぶつけているだけです。 煩悩と言うのは、欲が充満しているため、生活の環境に執着をしています。執着しているから悩みが出てきます。 この本は人の心ではなく、自分の心の煩悩を消すことで怒らない感情を生み出すことができると知ります。この本を読めば、新しい自分に出会えることができます。

小池さんの講和を聞く機会があり、興味が湧き購入しました。私が短気なので戒めのため、読み進むにつれ、色々な事にきずかされました。 よかった本の1冊になりました。

怒らないでいる生き方の方法

怒らないでいる生き方の方法
※画像はイメージです
出典: https://www.pakutaso.com

人間は「喜怒哀楽」という心の環境があります。現代人は主に「怒り」が強く出る傾向があります。 「怒り」は仏教用語で「修羅界」と言われ、特に「怒り」「愚痴」「欲望」の3つが三毒と呼びます。もし三毒が強い傾向があれば、相手を傷つけるだけでなく、自分をも傷をつけています。 この原理は因果関係が全てであり、もし相手に怒りを感じてしまった場合、自分に返ってくるという事を肝に銘じることが肝心です。もしこの原理がわかれば、怒らないようにしようという思いが湧いたり、むしろ怒れない自分に気が付くようになります。

怒らない人の性格の特徴

怒らない人の性格の特徴
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

怒らない性格を持つ人は、とにかく「平和主義」です。とにかく争いごとが嫌いです。争いがあれば、頭の環境が複雑になる事や、無駄なことを考えてしまうということで、めんどくさいと感じます。また、常に頭の中は、余計な感情を持ちこまないようにしようと警告を発しています。 本当は、つねに怒らないようにしようと構えているわけではありません。生活の中に「三毒」を持ち込まないようにしているため、生きるためには能率がいいです。もし心の中が「修羅」「愚痴」「怒り」が充満していれば、脳裏では「損」と判断し、シャットダウンします。このような性格は、いつも笑顔が多く、愚痴をこぼさない人に多くいます。

怒らないで言いたいことを伝える方法

怒らないで言いたいことを伝える方法
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

仕事でも友達や家族でも、つい感情的になってしまう場合があります。怒りたくて怒っているわけでもなく、誰もが怒らないで話をしたいはずです。ですが感情を抑えられずに、強い言葉を発してしまうと、かえって自虐に陥ってしまいます。この場合、「自分はダメなんだ」と自分の気持ちを押し殺そうと、どんどん気持ちがブルーになっていきます。 ここ心の環境では、上記で言うならば「愚痴」にあたり、自分が毒を吐いていることに気づく必要があります。相手に怒らないで言いたいことを伝える方法として、今自分の心は三毒なのか、毒を吐いたら自分だけのみならず、相手も不幸にしてしまうと気づくはずです。相手を傷つけずに考えるならば、冷静になって怒らないで話を伝えることができます。

怒らない方法は「煩悩」を捨てる事!

怒らない方法は「煩悩」を捨てる事!
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

怒りたくても怒れない人もいれば、怒りたくても感情を抑えらえなくて苦しい人もたくさんいます。怒られると相手も自分もいい気持ちはしません。お互いプラスになるためには、怒らない感情をどうやって抑えるか、その怒らない感情になる原因は一体何なのか、これは「煩悩」と言うことが分かりました。 煩悩さえなくなれば、怒りたい感情が自然と心から消え去る事ができるし、心も楽になります。心が穏やかになれば、環境も穏やかな風が吹いてきます。 怒らない人間がこの世に増えれば、人間関係も穏やかになります。すべては因果関係です。穏やかな環境を作ればいいことが自分へ戻ってきます。

関連タグ

アクセスランキング