IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「万障お繰り合わせ」の例文・使い方・意味・類語・読み方

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

必ず参加してほしいという強い要求を指す言葉である「万障お繰り合わせ」。強い要求を指す言葉ゆえ、言い方によっては感情的な反発を招く恐れがあると思っている方も少なくないでしょう。今記事では、「万障お繰り合わせ」の意味や例文、類語などについて解説しています。

「万障お繰り合わせ」の読み方

「万障お繰り合わせ」は「ばんしょうおくりあわせ」と読みます。「万障」を「ばんしょう」ではなく、「まんしょう」とよく間違う方がいますが間違っているので注意するようにしてください。 この記事では「万障お繰り合わせ」の意味や語源、例文や類語などについて詳しく解説しています。ぜひ今後活用する機会があれば参考にしてください。

「万障お繰り合わせ」の意味

意外と知らない方が多い「万障お繰り合わせ」の意味についてですが、皆さんはご存知でしょうか。「万障お繰り合わせ」は「どんなことがあっても、必ず都合をつけて参加してほしい」という相手に対する強い要求を表している言葉です。 これだけ聞くと伝え方によっては角が立ちそうだと感じますが、そもそも「万障お繰り合わせ」という言葉自体があまり日常的ではなく、格式ばった表現を使った言葉である分、感情的な反発を防ぐという意味合いも込められています。

「万障お繰り合わせ」の語源

「万障」とは万(よろず)の障(さわ)りと言い、「障り」は「差し障り」つまり障害のことを指します。そして「万障」で「参加するにあたって差し障りとなるさまざまな事情」という意味です。 それを「お繰り合わせ」するというのは、参加するために日程を調整して都合をつけるということになります。そのことから「万障お繰り合わせ」とは、「どんなことがあっても必ず参加してほしい」というかなり強めの要求を指す言葉となります。

「万障お繰り合わせ」の例文

ここでは、「万障お繰り合わせ」の例文をご紹介しています。

万障お繰り合わせの上

「万障お繰り合わせ」の例文の一つで、「万障お繰り合わせの上」を使った表現方法があります。使い方としては、「ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、お運びください」となります。 意味は大変忙しいところ失礼ですが、必ず都合をつけて頂いた上で、来るようにしてください。と、表現を柔らかくした場合はこういう感じになります。

「万障お繰り合わせ」の類語

ここでは、「万障お繰り合わせ」と類語の関係性にある言葉「是が非でも」と「雨が降ろうが槍が降ろうが」について詳しく解説しています。「万障お繰り合わせ」と併せて覚えておくと効果的です。

「是が非でも」

「万障お繰り合わせ」の類語で「是が非でも」という表現方法があります。一文字ずつの意味を見ると「是」は「道理にかなっていること」でつまり「正しい」という意味です。反対に「非」は「道理にかなっていないこと」を指し、「間違っている」ことです。 単純に言ってしまえば「是が非でも」とは「正しいことでも間違っていることでも」という意味になります。ただ、これはあくまでもそれぞれの漢字が持つ意味としてなので、組み合わせることで意味合いは多少なりとも変わってきます。 この場合は、「どうしても」や「どちらにしても」、「なにがなんでも」という意味合いを持つ言葉になります。例文は「是が非でも来てほしい」となり、「なにがなんでも来てほしい」という意味になります。「万障お繰り合わせ」と併せて覚えておくと良いでしょう。

「雨が降ろうが槍が降ろうが」

「万障お繰り合わせ」の類語の二つ目は、「雨が降ろうが槍が降ろうが」です。その意味は「どんな障害や困難があろうとも、必ずやり遂げる」という強い意思を示す言葉です。「雨が降ろうが」は多少の困難なら大丈夫そうに感じますが、「槍が降ろうが」という表現方法を使用している時点で生半可な気持ちではないということが理解できるでしょう。 例文としては、「雨が降ろうが槍が降ろうが、今日中にノルマを達成させる」です。どんな障害や困難があったとしても必ず今日中にノルマを達成させるという強い気持ち・意思が伝わってきます。こちらも「万障お繰り合わせ」と類語の関係にある、「是が非でも」と併せて覚えておくと良いでしょう。

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング