IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

迅速な対応の正しい使い方や意味とは?注意点や言い換え表現も解説

更新日:2022年08月31日

メール

「迅速な対応」という表現をご存知ですか。ビジネスシーンではよく使われる表現ですが、プライベートでも使える表現です。本記事では「迅速な対応」の意味や使い方を解説しています。言い換え可能な類語についても紹介しているので、例文を参考に使い方を習得しましょう。

「迅速な対応」というフレーズを使ったことがあるでしょうか。「迅速な対応」は、早く対応してもらいたいときに使うこともあれば、早く対応してもらったことに対するお礼としても使われています。また、ビジネスでもプライベートでも使えるので、使い方を覚えておきたい言葉です。 本記事では、「迅速な対応」について意味や使い方を紹介していきます。例文も紹介しているので、例文を実際の場面に見立てて言葉の使い方を覚えられます。 「迅速な対応」を別の言葉で言い換える練習もすることで、使う場面に適した言葉を選択できるようにもなれるでしょう。「迅速な対応」はビジネス・プライベートかかわらず、また、会話でもメールなどの文書でも使える言葉なので、ぜひとも習得しておきましょう。

迅速な対応の意味

迅速な対応の意味

「迅速」という言葉の意味は、「物事やタスクをきわめて早くこなすこと」や「物事の進行がきわめて早いこと・はかどっていること」、「速やかに行動を起こすこと」などです。 「対応」という言葉の意味は「特定の物事や仕事に向き合うこと・その仕事に携わること」を言い、一般的には「特定の物事や仕事に関わること・それをすること」を言います。 「迅速な対応」は、一般的に「きわめて仕事を早くこなすこと」という意味で使われます。顧客や取引先からの要求を素早く処理することを「迅速な対応」と表現することも多いので覚えておきましょう。 顧客や上司など、目上の人に何かを依頼していた場合には、依頼に応えてもらったお礼を述べるために「迅速なご対応ありがとうございます」という表現がよく使われています。

迅速な対応の使い方・例文

「迅速な対応」はビジネスシーンで「きわめて早く、正確にその仕事を終えて、従来の成果よりもさらに大きな成果を獲得すること」という意味で使われます。 しかし、「迅速な対応」はビジネスシーンだけでなく日常生活で使われることも多く、その場合は「物事を丁寧かつ正確に、さらにそのことを早く終わらせる」という意味で使われます。 ここでは、「迅速な対応」の使い方をビジネスシーンとメールに分けて解説しているので、例文を参考にしながら正しい使い方を確認しましょう。

ビジネスで使う場合

ビジネスで「迅速な対応」を使う場合は、「正確に仕事をすること」と「丁寧に仕事をすること」、「その仕事をきわめて早く終わらせること」ということを意味しています。 単に早く仕事を済ませるだけであれば、いい加減に対応して短時間で済ませることも可能です。しかし「迅速な対応」で望まれているのは時間の速さだけでなく、仕事内容も手が抜かれていないことが必要です。 「お客様からクレームやお問い合わせがあった場合は、迅速に対応してください」という文章からは、速やかに通常以上に正確な処理を求められていることを読み取れるでしょう。 ビジネスでは通常のスピードで処理された場合や、通常の処理よりも若干早い程度でも「迅速な対応」が使われます。しかし、通常より遅いときに使ってしまうとかえって相手を不快にさせてしまうので注意が必要です。

メールで使う場合

メールの中では、ビジネス・プライベート問わず「迅速な対応」という表現が頻繁に用いられます。緊急事態について処置や対応を急ぐときには、定型文といえるほど「迅速な対応」を含む文章を欠かせません。 「このたびは、迅速な対応をありがとうございました」という文章はよく使われているので覚えておきましょう。「急な依頼にもかかわらず、速やかに対処いただきありがとうございました。迅速な対応のおかげで助かりました」も覚えておくとテンプレートとして使えます。 ビジネスメールでは、依頼相手から受けた対応を完了した旨の連絡に対する返事として、「迅速な対応ありがとうございます」が使われます。

迅速な対応を使う時の注意点

「迅速な対応」は難しめの熟語を使った堅い表現ですが、使い方は難しくありません。定型となっている使い方や言い回しがあるので、例文を覚えておけば応用できます。 「迅速な対応」はビジネスでよく使われるため、顧客や取引先、目上の人に対して使うときは、敬語表現にするときに少々注意が必要になります。丁寧にしようとするあまり間違った敬語を作ってしまわないよう、敬語表現を覚えておきましょう。

敬語で使う場合

「迅速な対応」は敬語表現ではありません。敬語にするためには、「対応」に「ご」という接頭辞をつけ「迅速なご対応」としましょう。 「迅速な」に「ご」をつけて「ご迅速な」としてしまうと誤った表現となるので注意が必要です。「迅速」には接頭辞「ご」をつけることはできないことを覚えておいてください。「迅速な対応」の敬語は「迅速なご対応」です。 「迅速な対応をする」という文章で敬語表現を考える場合は、「する」という動詞部分を敬語表現に活用させます。 丁寧語にするためには「する」を「します」、上司のような目上の人が対応してくれた場合は尊敬語である「なさる」、自分の行動は謙譲語である「いたします」という敬語で表現できます。

迅速な対応の言い換え表現

類語を使えば、「迅速な対応」で表現したい内容を言葉を変えて伝えられます。類語を知っていれば、伝える相手や状況に応じてもっとも内容が伝わりやすい言葉を選択できるので、ぜひとも覚えておきましょう。 「迅速な対応」は「迅速な」という形容詞と「対応」という名詞で構成されています。「迅速」は「早急」「支給」「素早い」「早々」などで言い換えられます。「対応」は「処置」や「行動」などを使って言い換えることが可能です。 「迅速な対応」は、「迅速な」部分を言い換えることが多いので覚えておきましょう。ここでは「至急ご対応ください」「素早い対応」「早急な対応」「早々にご対応」の使い方を解説します。 なお、「対応」部分は何が迅速だったか相手に伝わりやすいように、具体的な行動内容で言い換えることもあります。「迅速な回答」や「迅速な返信」などがよく使われている表現です。

至急ご対応ください

次のページ:迅速な対応の英語表現
初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング