IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「申し訳ございません」の正しい使い方・類語・言い方|敬語

更新日:2020年11月19日

敬語

「申し訳ございません」という言葉をみなさんは使ったことがあるはずです。しかし、この「申し訳ございません」という言葉。実は注意しなくてはいけない言葉だってご存知ですか。さまざまな例文とともに「申し訳ございません」、そして謝罪についてまとめました。

「申し訳ございません」と「申し訳ありません」

さて、日常で「申し訳ございません」という謝罪の言葉を使うとき少し困ったことがあります。「申し訳ございません」と「申し訳ありません」の違いについてです。同じ意味のように見えますが、言葉が別個に存在するということは、なにかあります。 さっそく、「申し訳ございません」と「申し訳ありません」の違いについて見ていきます。

2つの言葉にある「申し訳」

「申し訳ございません」という言葉と「申し訳ありません」という言葉の2つに共通するのは「申し訳」です。 「申し訳」とは、さきほどの『大辞林(第三版)』の引用どおり、➀自分の行動に対する「弁解」という意味と➁「ほんのわずかな」という意味です。 ここでの「申し訳」は➀の「弁解」の意味です。ということは、「申し訳ございません」と「申し訳ありません」には「弁解がない」「弁解ができない」という意味になります。このとき、この「申し訳ございません」「申し訳ありません」という言葉は、相手に自分のとった行動などを謝罪するときに用いることのできる言葉となります。

丁寧のレベルで違う!?「申し訳ございません」「申し訳ありません」

「申し訳ございません」と「申し訳ありません」の違いというのは、丁寧のレベルです「申し訳ありません」の「あります」の部分に注目してください。「あります」をもっと丁寧な言いかたにしてみるとどうなるでしようか・ そう、「あります」をもっと丁寧にすると「ございます」という表現が考えられます。つまり、「ある」を丁寧にした「ござる」を使った「申し訳ございませんは「申し訳ありません」よりも、丁寧さというレベルで勝っているということがわかります。

丁寧レベルがたかいのは「申し訳ございません」

しかしながら、なんでもかんでも丁寧なほう丁寧なほうと考えて、いろんな状況で「申し訳ございません」を用いればよいというわけではありません。 たとえば、緊急を要するときはどうでしょうか。目上の人のものを壊してしまったとき、「ごめんなさい」という言葉がすぐに思い浮かぶでしょうが、相手が目上の立場であるので敬語のほうがふさわしいです。そこで「申し訳ございません」か「申し訳ありません」を選ばなくてはならないわけなのですが、少し考えてみましょう。

丁寧さと時間は反比例?

緊急を要するとき、すぐに謝罪の言葉を必要とするときは「申し訳ございません」よりも「申し訳ありません」という言葉を選択したほうが良いです。 「申し訳ございません」という言葉は、比較的、謝罪の言葉のなかでも上位の敬意レベルを伴っている言葉です。緊急時に使う言葉というよりも、改めて謝罪をするとき、つまり事態が落ち着いたときに使うほうがベターです。 「申し訳ございません」という言葉を自分のなかで発してみてください。発した直後、礼をしているのがイメージできます。敬意のレベルが高い言葉は、その言葉だけでなく、その言葉にあった行動と一緒に使用されることがおおいです。 なので、緊急を要するときは「申し訳ありません」という言葉を選択したほうが、よりスマートな対応といえます。そして、事態がおさまったときに「申し訳ございません」を使うというふうにしてみると、相手も納得のいく解決策となりやすいです。

丁寧な「申し訳ございません」とスマートな「申し訳ありません」

改めての謝罪や事態収束後の謝罪など、そのようなときに選ぶべきはより丁寧な「申し訳ございません」です。 事態がまだ収束していない、緊急事態であるときの謝罪はスマートな「申し訳ありません」というふうに使い分けてみるのもひとつの方法です。

「申し訳ございません」と「恐れ入ります」との区別

「恐れ入ります」なんていう言葉もよく耳にします。いままで見てきた「申し訳ございません」との違いは一体何なのでしょうか。

「申し訳ございません」と「恐れ入ります」

初回公開日:2018年04月02日

記載されている内容は2018年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング