IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「申し訳ございません」の正しい使い方・類語・言い方|敬語

更新日:2020年11月19日

敬語

「申し訳ございません」という言葉をみなさんは使ったことがあるはずです。しかし、この「申し訳ございません」という言葉。実は注意しなくてはいけない言葉だってご存知ですか。さまざまな例文とともに「申し訳ございません」、そして謝罪についてまとめました。

「申し訳ありません」については、後述いたします。「申し訳ございません」よりもフラットに聞こえる言葉ですが、はたして目上のひとに使っても大丈夫なのでしょうか。

「申し訳ございません」の正しい使いかた

しかし別の言いかたがあるとしても、「申し訳ございません」で慣れてしまったひとはそのまま「申し訳ございません」を使いたいはずです。 また、そもそも「申し訳ございません」は間違っているわけではないのですから、そのまま使っても何の問題もありません。

「申し訳ございません」の使いかた

「申し訳ございません」という言葉が注意しなければならないということはもうあなたもマスターしたと思われます。 おさらいすると、「申し訳ない」という言葉で一語の複合形容詞という考えかたと「申し訳」(名詞)+「ない」という考えかたの二派があり、どちらが正解とも言えないし、そもそも大多数が「申し訳ございません」と使っているならそれが正解ということになります。

「申し訳ございません」は相手が使っているのをみて判断

言葉というものは相手に自分の意思を伝えるためのコミニュケーションツールです。つまり、相手が自分とおなじコミュニケーションツールを持っていれば円滑に会話をすることができます。ここで、おなじコミュニケーションツールというのはおなじ言語ということではなく、言葉についておなじ考えを持っているということです。 「申し訳ありません」と「申し訳ございません」、どちらがより丁寧にきこえるでしょうか。

ひとの数だけ言葉がある

ひとの数だけ、言葉について考えがある。つまりひとの数だけ言葉があるということです。 もし相手が「申し訳ないです」と言うのだったら「申し訳ないです」と言えばよいです。もし相手が「申し訳ございません」と使うのなら、申し訳ございませんと言えばよいです。そうやって、相手によって言葉をすこし変えてみるのも、相手との円滑なコミュニケーションのためには必要かと思われます。

敬語での「申し訳ございません」の使いかた

相手が目上の立場のとき、「申し訳ございません」のまえに物事の程度をあらわす言葉を加えると、丁寧さをあげることができます。

程度をあらわして丁寧さアップ!

「申し訳ございません」と「大変申し訳ございません」のどちらがより丁寧にきこえるでしょうか。 「大変」という言葉をつけると、「申し訳ない」という気持ちがいっぱい(たくさん)ですという意味になります。 また、「まことに申し訳ございません」という言いかたもあります。「大変」との違いは、意味的なところにあります。さきほどの「大変」が「いっぱい/たくさん」という意味だったのに対し、「まことに」は「本当に」という意味です。 こう捉えたときに。「まことに」のほうがより丁寧にきこえると考えるひともおおいです。

「申し訳ありません」は目上に使える?

おまたせしました。 あなたが謝罪をするとき、自然と頭に浮かんでくる言葉はどのようなものでしょうか。「ごめんなさい」「すみません」という言葉は、まっさきに浮かんでくる謝罪の言葉です。 しかし、この「ごめんなさい」や「すみません」という言葉を、相手の立場関係なくすべての場面で使おうと思われてはいけません。たしかに「ごめんなさい」や「すみません」は、謝罪の場面ではごくごく一般的にわたしたちが使う言葉ですが、それらはいずれも家族、友達、親しい先輩に対して使う言葉です。目上の人に対して使えるような言葉ではありません。 そんなとき、「申し訳ございません」や「申し訳ありません」という言葉が使えると、相手を敬っているという敬意を相手にあらわすことができます。

初回公開日:2018年04月02日

記載されている内容は2018年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング