IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「申し訳ございません」の正しい使い方・類語・言い方|敬語

更新日:2020年11月19日

敬語

「申し訳ございません」という言葉をみなさんは使ったことがあるはずです。しかし、この「申し訳ございません」という言葉。実は注意しなくてはいけない言葉だってご存知ですか。さまざまな例文とともに「申し訳ございません」、そして謝罪についてまとめました。

謝罪は「冷静」ではできない

私たちが謝罪をするときというのは、自分に非があったということを認めているときですから、気持ちは慌てていたり、焦っていたりと決しておだやかではないはずです。さらにそこに言葉という難しい道具を使おうとするのですから、いちいち言葉の正しさというものを考えているわけはありません。 しかも謝罪というのは、ある程度の焦りや必死さがあるからこそ相手に自らの謝罪の意思が伝わるともいえます。真摯な謝罪の意思が相手に伝わります。 ということは、「いま自分が置かれているこの状況ではこの言葉がベストな選択で、いや待てよ。この言葉は複合形容詞だから、この言葉がベター。よし、落ち着いて。いまだ」とやっているようでは、相手の気持ちを沈めることは困難です。。

謝罪の焦りがあるからこその「申し訳ございません」

言葉の文末に「ございます」「ございません」をつけるということは、常体の「~だ」「~である」や敬体の「~です」「~ます」よりも敬意のレベルは高いと感じられます。むしろそれが一般的です。 「申し訳ない」、「申し訳ありません」、「申し訳ございません」のどれが一番丁寧に感じられますか。とっさの言葉の使用により、間違っているのではないかということを考えず、「申し訳ございません」と謝ってしまうのは、当然のことです。

「申し訳ございません」は悪いことではありません

「正しい日本語」を意識するのは大切です。「正しい日本語」を勉強して身につけたいと思われるのはとても立派なことです。 しかし、謝罪というシチュエーションでは、言葉の合理的な理屈は無視され、本来ならば間違っている表現が一般大衆に浸透しているということはとてもおおいです。 ちょっと前に「潮時」という言葉も、本来ならば好機などの良い意味で使われる言葉であるのに、悪い意味で使われていることがおおいということが話題になりました。

言葉は生きている

しかしよく考えてみれば、たとえ間違った日本語表現であったとしても一般的にみておおくのひとが使っている表現のほうが、おおくのひとが理解できるし、おおくにひとに使うことが可能です。 「言葉は生きている」ということをあなたは聞いたことがあるでしょう。言葉というものは社会性があるので、大多数が正しいとしてしまえば、それが正解ということです。

「申し訳ございません」の類語

「申し訳ございません」っていう言葉についてはわかったから、ちょっと使うのがためらわれるなというひとのために、ここでは類語について紹介します。

「申し訳ございません」をほかの言葉で言いたいなら

「申し訳ございません」の論争には一歩下がって、誰が聞いても正解という言葉を使いたいと思ったのなら、「申し訳ない気持ちでいっぱいです」という言葉を使うのも一つの手です。

➀「申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「申し訳ない気持ちでいっぱいです」を詳しく見ると、まず「申し訳ない」という複合形容詞に名詞の「気持ち」をプラスして、助詞の「で」、程度をあらわす副詞「いっぱい」に助動詞「です」で「申し訳ない気持ちでいっぱいです」が完成します。

「申し訳」+「ない」+「気持ち」+「で」+「いっぱい」+「です」」

さらに、この言葉を丁寧にしてみます。「です」を「ございます」すると、「申し訳ない気持ちでいっぱいでございます」になります。敬語変換の対象となるのは「です」ですから「申し訳ない」に関係ありません。 また「申し訳ない気持ちでいっぱいです」を口ずさんでいれば、自然と脳や口が慣れて、とっさのときでも発することができます。 「申し訳ございません」に抵抗ができたなら、別の言いかたにチャレンジしてみましょう。

➁お詫び申し上げます

ほかの類語も見ていきます。 「おわび申し上げます」という言葉も使うことができます。「わびる」の丁寧語、「おわびする」に、「申し上げる」という謙譲表現(※「言う」の謙譲語ではない)と丁寧語「ます」によって構成されている言葉です。 「申し訳ございません」のような論争はないので、使いやすいといえばこちらのほうが使いやすいです。

③申し訳ありません

初回公開日:2018年04月02日

記載されている内容は2018年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング