IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「申し出る」の意味・使い方・反対語・類語・送り仮名|敬語

敬語

「申し出る」という言葉の意味を正しく理解して使うことができるようになれば、自分の率直な考えを周りの人に伝えることも上手になります。そのような魅力的な人になるためにも、この記事から「申し出る」の正確な意味と使い方について詳しく調べましょう。

更新日時:

「申し出る」の意味とは?

職場の同僚や友達と会話をしている時に、正しい敬語を使うことができるのであれば、円滑なコミュニケーションを図ることができます。それに、相手に対して良い印象を与えることができるので、その後の関係も向上していくに違いありません。 しかし、逆に、正しい意味の言葉遣いをすることができないのであれば、自分が伝えたい意味を相手に正確に理解してもらうことができませんし、場合によっては、それが原因になって人間関係のトラブルを抱えてしまうこともあります。誰であったとしても、そのようなトラブルは避けたいと感じるのではないでしょうか。 問題を避けるための対処法は、正確な言葉遣いをすることのできる人になることです。そのような努力を重ねることによって、周りの人から認められる大人にもなれます。では「申し出る」という言葉を普段の生活の中で使いたいのであれば、どのようにして使用することができるのでしょうか。

「申し出る」の意味

「申し出る」というフレーズを正確に使いこなすためには、このフレーズの意味を正しく理解していなければなりません。意味を正確に理解することができていないのにも関わらず「申し出る」を普段の会話の中で使おうとしたとしても、間違った使い方をしてしまう可能性があるからです。 国語辞典などで「申し出る」の意味について調べてみると「意見や希望を進言する」 という説明を見つけることができるでしょう。非常に簡単な意味がこのフレーズに含まれていることがわかります。 何かのことについて周りの人に表現したいと感じた時、さらには、自分の希望を言いたいと感じた時には「申し出る」というフレーズを使用することができるといえます。周りの人に自分の意見を言うのことに恥じらいを感じる人も少なくありませんが、敬意を込めながら表現したいのであれば「申し出る」 というフレーズを使用することができるでしょう。

尊敬語での「申し出る」の使い方

「申し出る」という言葉の意味について理解することができていたとしても、実際にこのフレーズを会話の中で使うことは難しいとされています。国語辞書などから「申し出る」の意味について理解することができたとしても、使い方に精通していなければ意味がないからです。 つまり「申し出る」というフレーズを使いながら、どのような文章を作成することができるのか、また、どのような状況の中でそれなのフレーズを使うことができるのか、についても理解しなければならないということです。 そのため、これから「申し出る」が使われている具体的な例文と、それなら例文を使うことのできる具体的な状況を詳しく説明します。普段の会話の中で役立つことのできる、実際的な情報を見つけることができるでしょう。

「申し出させていただきます」の意味

「申し出させていただきます」という言葉を使用することもできます。「申し出る」の意味がそのまま使われているフレーズになります。つまり「発言させていただきます」という意味を相手に対して伝えることが可能なフレーズと言えます。 普段の会話も発言によって成り立っているので「申し出させていただきます」というフレーズも実際な表現と言えるのではないでしょうか。このようなフレーズを使うことなすことができるようになれば、自分の発言の効力を高めることができるに違いありません。

使える状況

例えば、自分の働いている会社で会議が行われているとします。その会議の中には、目上の人たちも出席しているので、言葉遣いには気をつけなければなりません。そして、他の人たちが目上の人であったとしても、自分が何かの意見を発言したいと感じているとします。 そのような緊迫した状況の中でも役立つのが「申し出させていただきます」というフレーズになります。「率直な意見を申し出させていただきます」と言うことによって、自分が感じたありのままの意見を、敬意を込めながら周りの人に対して伝えることが可能になります。 会議の中で発言するのは緊張することだと誰もが感じますが、場合によっては、率直な発言をしなければ、取り返しのつかない判断を下してしまう可能性があります。事前に失敗を防ぐためには、勇気を出して発言することのできる人になりましょう。

「申し出る」の反対語

「申し出る」という言葉の意味について深く理解するためには、この言葉の反対語についても理解する必要があるでしょう。反対語には、その名のとおり、反対の意味が含められていることになるので、両極端の意味であったとしても、反対語を使うことができれば上手に考えを表現することができるようになります。 では「申し出る」の反対語には、どのようなフレーズがあるのでしょうか。自分の言葉のバリエーションを増やすためにも「申し出る」の反対語について詳しく理解することが大切です。

受領する

「申し出る」の反対語の1つは「受領する」になります。「受領する」というグレードを使うことによって、何かを受け取ったことを相手に大して伝えることが可能になります。何かを「受け取る」というフレーズを使うよりも「受領する」という言葉の方が重みがあることになります。 つまり、何かの取引でお金を受け取ったり、重要な契約をしている時にお金を受け取っているのであれば「受領する」というフレーズを使用することができると言えるでしょう。この言葉を使用することによって、その場にふさわしい敬意を示すことが可能になるからです。

受け入れる

「受け入れる」というフレーズによっても「申し出る」の反対語を使用することができるでしょう。例えば「周りの人の意見を受け入れます」という例文を作成することができるでしょう。 この文章を使用することによって、自分も他のような意見を持っているにもかかわらず、周りの人の意見を尊重している事を表現することが可能になります。常に自分が正しい答えを持っているわけではありませんので、時には周りの人の意見を受け入れなければならない場面も訪れることでしょう。 そのような時に「受け入れる」を使用することによって、周りの人の意見について自分がどのように感じているかを表現することが可能になります。

許容する

「許容する」も「受け入れる」と同じように「申し出る」の反対語ということができます。「間違いがあったとしても許容することができる」という実際的なフレーズを作成することもできます。 このフレーズを使用することによって「間違いには目をつぶって許してあげよう」という意味を周りの人に対して伝えることができます。新入社員など新しく働き始めた人達は、仕事をする上で何らかのミスを犯しがちです。 その他してしまったミスが重要なものでないのであれば、毎回、口うるさく注意するのではなくて、そのミスを見逃してあげることもできるでしょう。時間が経つにつれて、そのような店は少なくなっていく場合があるからです。 そのような時に「間違えには目をつぶって許してあげよう」という「申し出る」の反対語を使うことによって、周りの人の置かれている状況について、道理にかなっていることを示すことができます。

「申し出る」の類語

「申し出る」という言葉の意味について、さらに深く理解したいのであれば、類語について知る必要もあるでしょう。「申し出る」の類語に関する理解を深めることができれば、同じような考えであったとしても、バリエーション豊かな言葉を使うことができるに違いありません。

提案する

「申し出る」を「提案する」という言葉で言い換えることができるでしょう。「申し出る」というフレーズを使うことによって、何かの意見を周りの人に対して言おうとしていることを伝えることができます。 しかし「提案する」にはもっと深い意味が込められている場合もあります。例えば「他のプランを提案する」という表現を使うのであれば、周りの人が考えつかなかった、プラン、つまり、計画について言及することが可能になります。

提供する

「提供する」というフレーズを使うことによっても「申し出る」とほとんど同じような意味を伝えることができます。しかし「提供する」も独特な意味合いで使われることが少なくありません。 例えば「サービスを提供させていただきます」という実用的なフレーズを作成することができるでしょう。この表現を使うことによって「何かのサービスをお客さんに対して与える」という意味を伝えることが可能になります。 サービスを提供することが、必ずしも発言することにはならないので、この文章が使われている場面によっては「申し出る」と少しだけ意味が変わることも覚えておきましょう。そのようにして、どちらのフレーズだったとしても相手に対して上手に意味を伝えることができるようになります。

意見を述べる

「申し出る」を簡単な類語に言い換えるのであれば「意見を述べる」と言うことができるでしょう。このフレーズの意味は非常に簡単ではないでしょうか。誰が聞いたとしても、すぐに理解することのできるフレーズになります。 具体的には「意見を述べてください」と言うことによって、周りの人が感じていることを言うように、依頼することが可能になります。多くの人の意見を取り入れることによって、誰も考えつかなかった良い決断を下すことができる場合も少なくありません。 そのような場合があることを考えて「意見を述べてください」と周りに言うことのできるようになることは大切だと言えるでしょう。

オファー

ニュースなどでも「オファー」という言葉を聞くことがよくあるのではないでしょうか。わかりにくいようにも感じることのある「オファー」というフレーズですが、この言葉には「提案」という意味も含まれていることになります。 そのため、誰かに対して提案をしたいと感じている時に「オファーします」と言うのであれば、提案をすることを周りの人に対して伝えていることになります。

スポーツ選手の契約に関しても

スポーツ選手が契約をしている時にも「オファー」という言葉が使われることがあります。どのような意味かと言いますと、ある特定のスポーツ選手に対して、給料や契約年数が知らされることを意味しています。

敬語での「申し出る」の使い方

「申し出る」という言葉を普段の会話の中で使うためには、実際的な使い方に精通していなければなりません。どのようにして「申し出る」を会話の中で使うことができるのでしょうか。 具体的な例文を紹介します。

お申し出ください

例えば「お申し出ください」という表現を使うことによって「意見を言ってください」というい意味を相手に出して伝えることが可能になります。しかし、実はこのフレーズは正しい日本語ではないと考える人がいるのも事実です。 なぜなら、文法上「お申し出ください」は謙譲語が使われていることになるので、人によっては、周りの人の動作に対してこのフレーズを使うべきではないと考えていることになります。しかし「このフレーズはよく聞くことがある」と感じる人も多いのではないでしょうか。 実際そのとおりで、文法上は正しくない日本語とみなされることもありますが、多くの人は深く考えることなく、このフレーズを使っていることになります。そのため、あまり細かいことを気にしないのであれば「お申し出ください」というフレーズを会話の中で積極的に使うことができるでしょう。

「申し出る」の正しい送り仮名

「申し出る」を漢字で表現する時に、どのようにして送り仮名を書いたら良いのか迷ったことはありませんか。最近ですと、スマートフォンやタブレットを使っている時に、自動的に送り仮名が変換されることがあります。 そのため「申し出る」の正しい送り仮名について理解していなければ、文章を書かなければならない時に、困ってしまう可能性があるのではないでしょうか。そのような場面でも、適切な仕方で文章を作成することができるように「申し出る」の正しい送り仮名について詳しく紹介します。

「申し出る」で正しい

結論から言うのであれば「申し出る」の送り仮名は「る」で良いと言うことができるでしょう。インターネットをとおして「申し出る」の送り仮名について検索してみたとしても「る」が付けられているものが、ほとんどであることに気づかされるはずです。 書き言葉の文章を作成しているときに送り仮名について迷ってしまうことがありますが、そのような時であったとしても、正しい送り仮名を作成することができるように、ここで学んだことを忘れないようにしておきましょう。

「申し出る」で上手に意見を言う

「申し出る」で上手に意見を言う

社会人として活躍するためには、周りの人の意見を取り入れるだけではなくて、自分の意見を周りの人に上手に伝えることのできる人にならなければなりません。実際のところ、 意見を取り入れることが優れている人はたくさんいます。 しかし、逆に、少数派であったとしても自分の意見を堂々ということのできる人は少ないのではないでしょうか。そのため「申し出る」を正しく使うことによって、自分の考えを率直に表現することのできる人になるのは、非常に難しいことと言うことができるでしょう。 それでも、考え抜かれた「申し出る」という言葉が使われている表現を使うのであれば、周りの人が自分の意見を受け入れてくれる可能性を高めることができます。これからも「申し出る」を上手に使うことができるように工夫していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング