IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【シーン別】御芳名の書き方・消し方・書き方・使い方|斜線

更新日:2018年02月19日

言葉の使い方

社会人であればだれもが「御芳名」という言葉をご存じでしょう。しかし、御芳名の正しい意味や、正しい書き方をご存じでしょうか。ここでは、「御芳名」という言葉について、さまざまなことを紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

結婚式に出席したことのある方であれば、出席する前に招待状が送られてきたはずです。結婚式の招待状には、一般的に、結婚式の出欠確認、自分の名前、住所、お祝いメッセージの欄が設けられています。この自分の名前を記載する欄には、「御芳名」という記載があるので、返信する際には、消して返信する必要があります。 基本の消し方と同じように、「御芳名」の「御芳」の二文字を消しましょう。結婚式の招待状の書式や様式に従って、縦書きであれば縦に、横書きであれば横に、二重線を引いて消すことがマナーとなっています。線は、定規を使用して、丁寧に書くようにしましょう。 ちなみに、出席の欄の「御」や住所欄の「御」も消さなければなりません。漢字一文字を消す際には、書式に関係なく斜線で構いません。また、出席の場合は、「欠席」にも二重線を引きましょう。お祝いのメッセージを余白に書くと、新郎新婦に喜ばれるでしょう。

葬儀

葬儀では、芳名帳が用意されている場合が多くあります。芳名帳は、会葬者名簿の役割をはたしており、葬儀に参列した方は、受付にて自分の住所や名前を記入します。芳名帳の他にも、香典帳を用意している場合もあり、その場合には、芳名帳のみの記入で構いません。芳名帳には、「御芳名」との記載がありますので、基本的には「御芳」の文字が消すことがマナーとなっています。 お葬式の際に、芳名帳に名前を書く際には、御芳名という記載の「御芳」を消すことを忘れないようにしましょう。

往復はがき

パーティーや同窓会などの出席確認をする際には、返信はがきが使用されることがよくあります。一般的には、当日の出席確認の欄、自分の氏名、住所を記載する箇所があります。ここでも、名前を書く欄には、「御芳名」と記されている場合が多いので、そのような記載があれば、「御芳」を二重線で消すことが大切です。線は定規で丁寧に引くようにしましょう。

会費袋

結婚式の披露宴や二次会などでは、出席者の方が祝儀について考えなくてもよいように、あらかじめ会費制にする場合があります。その際、会費袋を使用する場合があります。会費袋には、自分の名前を記載する欄が設けられている場合が多いですので、その際には「御芳名」の「御芳」を二重線で消し、自分の名前を書くようにしましょう。 自分の名前を書くことで、消す作業を忘れてしまう方が多くいらっしゃいますので、忘れずに正しく消すようにしましょう。

招待状

結婚式やパーティーなどの招待状には、出欠確認、また自分の名前や住所を記載する欄が設けられています。自分の名前を書く場合には、必ず「御芳名」の「御芳」を消すことを忘れないでください。消さずにそのままにしておくと、相手にも失礼な印象を与えてしまう可能性があります。マナーを守って、招待状の返信を行うようにしましょう。

御芳名の使い方

結婚式やパーティーの招待状や、お葬式の際に自分の名前を記載する際には、名前を記載する欄に「御芳名」という言葉で記載があります。「御芳名」という言葉は、名前を表す「芳名」という言葉に、尊敬の意味を表す「御」が付いた言葉になります。簡単にいえば、お名前という意味になります。 そのため、敬語表現が適切であり、よく使用される冠婚葬祭の場面で使用されたり、ビジネスシーンで使用されたります。一般的には、相手に名前を書いてもらう際には、より丁寧な表現の「御芳名」を使用します。間違えても、自分が名前を記入する場合に、「御芳名」という表現はしませんので注意してください。相手に失礼な印象を与えてしまう可能性のもありますので、気を付けるようにしましょう。

御芳名の使い方のマナーを学ぼう!

いかがでしたでしょうか。「御芳名」とは名前の丁寧な表現で、相手を敬うときに使用する表現だといえます。結婚式やお葬式などの冠婚葬祭でのシーンや、ビジネスシーンでよく使用されます。基本的には、「御芳名」の「御芳」を二重線で消すことが正しいマナーです。二重線を書く際には、定規を使用して丁寧に線を引くようにしましょう。

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング