IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「恐縮ですが」の意味の使い方・例文・恐れ入りますがとの違い

初回公開日:2018年03月07日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「恐縮ですが」の意味の使い方・例文・恐れ入りますがとの違いと題して、「恐縮ですが」という言葉の意味合いやその用法、またさまざまな分野で扱われる「恐縮ですが」の用例についてご紹介します。ぜひ「お役立ち情報」にしてみてください。

「恐縮ですが」という言葉について

「恐縮(きょうしゅく)」という言葉は主に、ビジネスシーンやプライベートでの日常用語として使われています。日本語としてもかなりへりくだった謙譲語表現として認められており、この「恐縮ですが」という言葉を使う人・使われた人の間には、かなりの立場の差異や、または丁寧な言葉・表現のやり取りが見られる信頼関係が見受けられます。

「恐縮ですが」という言葉を使うタイミングについて

先述でご紹介したように「恐縮ですが」という言葉は主に、ビジネス用語としても日常用語としても一般的に使われており、ビジネス用語としては会社での上司や先方とのやり取りにおいて、またプライベートでは冠婚葬祭などの公式の式典・礼典において使われています。

何かを依頼するときに使う「恐縮ですが」

「恐縮ですが」という言葉が使われる場面には、大きく分けて2種類あります。1つ目の場面は「上司や尊敬する人に対して使われる場合」で、この際には「話者が自分の立場や姿勢をかなりへりくだらせて敬意を示す、最上級の謙譲語表現」として認められます。 2つ目は「何らかの仕事や頼み事を依頼する場合」で、これはビジネス上でもプライベートでも普通に見受けられる、一般的な場面での使われ方になります。「恐縮ですが、○○をお願いできますか」などと改まった姿勢をもって相手に伝え、「○○をしてほしい」という話者の気持ちをへりくだった姿勢をもって伝えられます。

「恐縮ですが」という言葉が使われる場面について

「恐縮ですが」という言葉が使われる多くの場面は、たいていビジネス上での連絡やり取りがほとんどで、確かに冠婚葬祭などの仕事以外での日常風景にも見られますが、その場合でも「式典・礼典で特定の人(司会者など)に課された仕事」と見るのが妥当となるでしょう。 主に「この人に対しては、このように表現しなくてはならない」といった敬語表現での受け答えとなり、特に話者がその立場や姿勢を改めて、自分の趣意や意見を伝える際に「恐縮ですが」という言葉は使われます。 ・さまざまなビジネスシーン ・冠婚葬祭などの式典・礼典 ・尊敬する人に対するとき ・目上の人に対するとき 主にこんな場合に「恐縮ですが」という言葉が使われ、こうした表現はすべて敬語表現のうちの謙譲語表現として認められます。

「恐縮ですが」の意味の使い方

「恐縮」という言葉の意味は「話者が自分の立場や姿勢をへりくだらせ、その身がちぢこまるほど(震えるほど)恐れ入って相手に敬意を示す形容表現」として認められ、主に次に続く意見や気持ちの内容を修飾する副詞的表現となります。 ・恐縮ですが○○をお願いいたします。 ・大変恐縮ですが、ご連絡いただけると幸いです。 ・ご来訪いただき、誠に恐縮です。 このように「感謝いたします」や「ありがとうございます」といった謝意に近い気持ちを、改めて相手に(先に)伝える表現を取り、話者からその相手への一方的な敬意とその印象を与える形容となります。

「恐縮ですが」の意味の例文

日本語に限らずどんな言葉を覚えるときでも、「その言葉を実際に使って覚える」という実践的な学習の仕方が非常に効果的です。そうすることによってその言葉を「自分の言葉・表現」として学ぶことができ、いざと言うときに臨機応変に使い分けることができます。 この「恐縮ですが」という言い方もぜひ、自分でさまざまな場面を想定し、実際に自分で例文を作って覚えてみるとよいでしょう。その例文の中に「恐縮ですが」という言葉を組み入れておき、さまざまな場面で「恐縮ですが」という言葉やその意味合いが「どう使い分けられているか」ということを、しっかり認識することが大切です。

大変恐縮ですが

「大変」という程度や範囲を示す冠詞が付くことにより、「恐縮ですが」の意味合いをさらに引き立たせた表現になります。話者が相手に対して最上級の敬意を示す場合に取られる表現でもあり、この「大変恐縮ですが」という言葉が使われる場面というのは、主に公式の礼典や式典、またビジネス上においても、特に改まった場面設定が想定されます。 ・大変恐縮ですが、こちらのご質問にお応えいただけると幸いです。 ・大変身に余るお言葉をいただくことができ、恐縮の至りでございます。 ・皆々さまからいただきましたご尽力とご協力に、大変恐縮いたしております。 ・大変恐縮ですが、こちらのサインボードにご記帳いただければ幸いです。 このように公式の式典・礼典でも、あまり見慣れない(遭遇しない)最上に改まった場面において使われます。特にビジネス上では、得意先とのやり取りや、大手のスポンサー会社とのやり取りで使われます。

お忙しい中恐縮ですが

「お忙しい中恐縮ですが」という言い方はビジネス用語としてはよく使われる表現で、挨拶代わりの言葉として会話でも文章でも冒頭で使われます。その際でも末尾に「よろしくお願いいたします」や「○○をよろしくお願いいたします」などと本題について伝える言葉を付け加える場合が多いです。 ・お忙しい中恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 ・お忙しい中恐縮ですが、○○のご対応のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 ・お忙しい中恐縮ですが、お取り計らいのほどよろしくお願いいたします。 このように使い分けられます。この「お忙しい中」というのは「お忙しいところ・お忙しいとは存じますが」の省略された言い方になり、上司や得意先を含む目上の人に対して使う敬語表現となります。

恐縮ですがよろしくお願い致します

先述でもご紹介しましたが、「お忙しい中恐縮ですが」や「恐れ入りますが」などの表現の後には必ず「○○のほどよろしくお願いいたします」や「ご対応よろしくお願いいたします」などの要件・本題に入る言葉がついてきます。 この「よろしくお願いいたします」という言葉も「○○をよろしくお願いいたします」という旨を相手に伝えるときに用いられ、「恐縮ですが」と先に敬意を示した表現をしておき、相手への非礼を打ち消す場合の言い方となります。

「恐縮ですが」と「恐れ入りますが」の違い

「恐縮」という言葉の意味は先述のとおり「自分の立場や姿勢を低め、相手への敬意を最上に表す敬語表現」となり、「大変申し訳ない気持ちで身がちぢこまるほどに恐れ入ること」を言います。つまり「恐縮ですが」と「恐れ入る」という言葉は同じ意味合いの言葉として用いられ、どちらも目上の人や上司、また得意先や常連先に向けて使われます。 ・恐縮ですが、○○のご対応のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 ・恐れ入りますが、明日の会議でのご挨拶をどうぞよろしくお願いいたします。 ・恐縮ですが、こちらの書類に印環をよろしくお願いいたします。 ・恐れ入りますが、お名前をよろしくお願いいたします。 このように、「恐縮ですが」と「恐れ入りますが」の意味合いはどちらも相手の立場を引き上げて言う表現であり、話者が自発的に姿勢を低めて言う謙譲語表現になります。

ビジネスでの「恐縮ですが」の使い方

さまざまなビジネスシーンにおいて「恐縮ですが」という言葉は使われ、どの場合でもその話者よりも目上の人や得意先などへの連絡など、立場が上位にある人への使用となる場合がほとんどです。 ・恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 ・恐縮ですが、お取り計らいをよろしくお願いいたします。 ・恐縮ですが、未熟なわたくしにアドバイスをください。 ・このようにご丁寧なお品をいただき、誠に恐縮です。 このように話者と相手とのさまざまな場面での連絡のやり取りにおいて使われ、どの場合でも話者から相手に対する敬意の表現が目立って伝えられます。

メールでの「恐縮ですが」の使い方

さまざまなビジネスシーンでこの「恐縮ですが」という言い方は使われますが、特にメールでのやり取りで「恐縮ですが」という言葉を使う場合は、文法的なミスや誤字脱字などのケアレスミスは徹底してなくしておくことが大切です。 ・ご多忙のところ恐縮ですが、どうぞこちらの書類にお目をとおしていただけると幸いです。 ・このようにお取り計らいをいただき、誠に恐縮です。 ・ご貴重なご提案をいただき、誠に恐縮です。 ・恐縮ですが、今週中にどうぞご懸案ください。 ・恐縮ですが、○○事業計画の件につきまして、どうぞご意見いただければ幸いです。 文章で相手に意見を伝えるときには、必ず2度3度は表記のチェックをしましょう。完璧に書いたと信じていても、必ず誤字脱字や表現の誤りが見つかる場合があります。

「恐縮ですが」と「申し訳ありませんが」の違い

「恐縮ですが」という言葉は、相手が目上の人や立場が上位にある人に対して敬意を示す際に使われ、先述でお伝えした意味をもって相手に最上の敬意を示す表現になります。多くは謙譲語表現として認められ、この場合は「相手から何かをしてもらって感謝する気持ち」を示すときと、また「相手に何か依頼するとき」に敬意を示すときに用いられます。 「申し訳ありませんが」という言葉は主に、「相手に頼み事をするとき」に用いられる言葉としてあり、「申し訳ございませんが○○してください」というように、注意・勧告を含めた主張の敬語表現となります。 「恐縮ですが」という言い方は「依頼するとき」と「感謝するとき」のどちらの場合でも使われ、「申し訳ありませんが」は主に「何かを依頼するとき・頼みごとをするとき」に用いられる言葉になります。

「恐縮ですが」の類義語

1つ1つの日本語には関連語があり、その関連語には類義語や対義語などの「意味が似た言葉」や「全く正反対の意味を持つ言葉」とがあります。1つの言葉を覚える際にはこの関連語をセットで覚えることが実に効果的で、そうすることで言葉そのものへの理解がさらに深まるでしょう。 ・恐れ入ります ・申し訳ございませんが ・相済みません ・恐縮のいたりです ・恐悦至極に存じます ・大変身に余る光栄です ・感無量です ・感涙にむせびます ・汗顔のいたりです これらの言葉並びますが、どの言葉にも「相手に対する謙譲語表現」がまず含まれ、そして話者から相手に対する最上の敬語表現と感謝の気持ちが含まれます。

「恐縮ですが」の対義語と意味

類義語があれば対義語もある、ということで、「恐縮」の対義語もきちんとあります。類義語と対義語を覚えておくことにより、1つの言葉を多角的な視点をもって捉えることができ、その言葉の用例を把握する際にも柔軟な捉え方ができるようになります。 ・大胆 ・不敵 ・横柄 ・横行 ・堂々たる ・大胆不敵 ・無敵 ・勇ましい ・武勇 ・獰猛 ・放胆 ・壮烈(そうれつ:勇ましくて意気盛んなこと) ・敢然たる(勇気をもって行動する) ・毅然(きぜん:信念を固くもって臨む) ・度胸 ・果敢(かかん:物事への決断力に優れていること) これらの言葉が並びますが、どの言葉も「恐縮」そのものの対義語となり、「堂々とした姿勢」や「相手に対する恐れを少しも感じないあり方」をその意味合いに含みます。

「恐縮ですが」に謝意は含まれるのかどうか

「恐縮ですが」に謝意は含まれるのかどうか
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

「恐縮」の意味合いは先述のとおり「相手を敬って恐れ入ること」を言うため、どんな場面においても敬語表現として認められます。その場合、どの敬語表現においても「相手に対する申し訳ない気持ち」や「自分への対応を取ってくれることへのありがたい気持ち」が含まれますので、少なくとも必ず「相手への謝意」に似た気持ちが含まれます。 しかし「謝意」という言葉の意味には「感謝の気持ち」に加えて「申し訳ない気持ち」や「お詫びの気持ち」が含まれますので、「一方的に謝る」といった「お詫びだけの姿勢」は認められません。

「恐縮ですが」と「お手数ですが」の違い

「お手数ですが」という言葉の意味は言葉のとおり、「面倒をおかけしますが」や「自分のために時間を割いてくださってありがたいですが」といった「自分の立場や姿勢を低めた謙譲語表現」をもって伝えられる言葉となります。 この謙譲語表現を使って相手に伝えられる言葉としてはほぼ同じ用法ですが、「恐縮ですが」の意味合いには「感謝の気持ち」が「お手数ですが」という言い方よりも、さらに強く含まれる形になります。

「恐縮ですが」と「恐縮至極」の意味の違い

「恐縮至極(きょうしゅくしごく)」という言葉は古典資料に多く見られ、主に日本古来の言い方になりますが、その意味は「あまりに恐れ多くで、身がちぢこまってしまう状態をもって相手に敬意を示す」というその姿勢を表現します。 よく時代劇なんかでこの「恐縮至極」という言葉が使われますが、このセリフは主に家来が殿さまに向かって主張するときに使われ、絶対的な立場の壁を越えて意見が言われる際に聞かれます。それだけ「恐れ多い」と言うときに表現される言葉が「恐縮至極」ですので、「恐縮ですが」の意味合いから比べてさらに上級の敬語表現となります。 しかしこの「恐縮至極」という言葉は、現代用語としてはほとんど使われておらす、この「恐縮至極」の代わりに「恐縮ですが」や「恐れ入りますが」といった言葉が使われているため、最上級の謙譲語表現は「恐縮ですが」という言い方になります。

「恐縮ですが」と「恐悦至極」の意味の違い

「恐悦至極(きょうえつしごく)」という言葉も先でご紹介しました「恐縮至極」と同義の言葉となりますが、こちらの「恐悦至極」という言葉は完全に「戦国時代の言葉」としてもよいほど、現代では全く使われなくなった言葉・表現になります。もちろん時代劇などでは使われていますが、現代用語としては全くと言ってよりほど使われません。 しかし「恐悦至極」という言葉の意味も「恐縮至極」と同じ「立場や身分を超えて何かされたとき、主張をさせてもらうとき」などに使われる言葉の意味合いになるため、「恐縮ですが」の意味と同じ「相手に感謝を示す言葉」や「身がちぢこまるほどに相手に敬意を示す謙譲語表現」となります。

「恐縮ですが」と「失礼ですが」の意味の違い

「失礼ですが」という言葉の意味は、相手への非礼を先にお詫びしておき、それから自分の気持ちや主張を伝える謙譲語表現になります。この意味合いでは「恐縮ですが」とほぼ似ていますが、「恐縮ですが」の意味には「相手を敬い、感謝する気持ち」が色濃く含まれているため、ただ「失礼ですが」と非礼を伝える場合とは、「相手への感謝の度合い」が大きく違ってきます。

「恐縮ですが」と「すみませんが」の意味の違い

「すみませんが」という言い方も「失礼ですが」の意味合いとほぼ同じです。「失礼ですが」という言い方少し崩した言い方になり、より柔軟な表現が「すみません・すみませんが」という言葉になります。 この「すみませんが」という言葉も「相手への非礼を先にお詫びしておき、次に自分の主張を伝える」という謙譲語表現となるため、その点では「恐縮ですが」という言い方と同じ用法になります。

「恐縮ですが」と「申し訳ありませんが」の意味の違い

「申し訳ありませんが」という言葉は「失礼ですが」という言い方よりもさらに上級の謙譲語表現に認められ、より「恐縮ですが」という言い方と近い用法になります。同じく謙譲語表現であることから、その話者が相手に対する敬意の示し方がさら浮き立ってきます。 「申し訳ありませんが」という言葉も主にビジネス用語として使われることが多く、「恐縮ですが」という表現が使われる改まった場面でも普通に使われる敬語になります。

「恐縮ですが」を使うときのニュアンス

「恐縮ですが」という言葉は先述のように、きわめて改まった場面において相手への尊敬の念を示して使われる言葉でもあるため、場合によってはその形容を憚られることもあります。お得意先の社員や上司にしても、あるいていど信頼関係を築いている仲である場合、「そんなに恐縮しなくていいから」などと柔軟な対応が求められる場合もあるでしょう。 初対面から3度目くらいのアポイントであれば、この「恐縮ですが」という言い方は普通に見られますが、その後において信頼関係を築き上げた仲であれば「恐れ入りますが」や「失礼ですが」などといった、少し柔軟な敬語表現を使うとよいでしょう。

「恐縮ですが」の英語表記と意味

「恐縮ですが」という言葉を英語に直すと「I am sorry but」や「sorry but」などの表現が一般的ですが、他にも「excuse me(すみません)」、「Sorry, excuse me(ありがとうございます、失礼ですが)」「excuse me moment(ちょっとすみません、失礼ですが)」「appreciation(感謝します)」、「be afraid(恐縮ですが)」「thanks for(感謝します、恐縮です)」などの言葉に置き換えられます。

「恐縮ですが」の英語表現と意味(1)

先述でご紹介しました「恐縮ですが」の英語表記を参考にして、「恐縮ですが」の意味合いを含めた英語の基本的な例文をいくつかご紹介します。 ・I'm afraid, I'm pleased if you can contact us. 「恐縮ですが、ご連絡いただけると幸いです。」 ・I'm afraid I'd appreciate it if you could get a seal. 「恐縮ですが、ご印鑑をいただけると幸いです。」 ・Thank you very much. 「大変、恐縮です。」

「恐縮ですが」の英語表現と意味(2)

先でご紹介しました「恐縮ですが」の英語表現に引き続き、もう少し具体的な「恐縮ですが」の意味合いを含めた英語の例文をご紹介します。 ・I am truly indebted to you for having done your work. 「ご足労いただきましたことを、誠に恐縮に存じます。」 ・I am truly appreciate receiving such large items. 「このようにたいそうなお品をいただきまして、誠に恐縮です。」 ・I'm afraid I'd appreciate it if you can respond. 「恐縮ですが、ご対応いただけますと幸いです。」

「恐縮ですが」の英語表現と意味(3)

先述の「恐縮ですが」の具体的な英語表現に引き続き、次はさまざまな場面での「恐縮ですが」についてご紹介します。 ・The word excuse comes from a humble attitude. 「恐縮という言葉はへりくだった姿勢から生まれます。」 ・After building a trust relationship at will, there is a more appropriate expression than the word "afraid". 「信頼関係をあるていど築いた後には、「恐縮」という言葉よりももっと適当な表現があります。」

「恐縮ですが」の正確な意味と用法をしっかりマスターしましょう

いかがでしたか。今回は「恐縮ですが」の意味の使い方・例文・恐れ入りますがとの違いと題して、「恐縮ですが」という言葉の意味合いやその用法、またさまざまな分野で扱われる「恐縮ですが」の用例についてご紹介しました。 「恐縮ですが」という言葉はビジネスシーンやプライベートを問わず、実に多くの場面で用途に従って使われ、主に目下の人から目上の人に向けて使われる敬語表現に認められます。敬語表現で使われることがメインになるため、その用法をしっかりと心得ておくことが大切です。

関連タグ

アクセスランキング