IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

更新日:2020年02月10日

社会人常識

当て逃げは被害者でも加害者の立場になってもつらいことです。当て逃げ被害やしてしまったらどう対処をすれば良いのでしょうか。実は当て逃げは立派な犯罪になるので甘く見てはいけません。当て逃げとはどんなものか、対処法まで含めて解説します。

当て逃げとは?

当て逃げとは自動車などで物損事故を起こしたのにその場から離れる行為です。物損事故を起こした場合は道路上における危険を防止するなどの措置を行わなければなりません。それは義務となっているからです。 これは危険防止措置義務と呼ばれています。交通事故などで自分は全く過失がないことは確かだとしても、危険防止措置を取らなければ道路交通法違反として処罰対象になるので注意してください。もっと言えば犯罪行為になるからです。

物損事故とは?

当て逃げとひき逃げ、どちらにしても事故を起こしてその場から離れるという意味では同じと考えられるでしょう。しかし事故の対象が人間の場合と物の場合では、加害者としても気持ちや受け取り方も変わることも多いです。特に物が対象となる物損事故の場合では逃げてしまう人も居るでしょう。 物損事故の場合、自分が壊した物に対する賠償責任が発生します。しかし道路交通法などが関連して違反点数や罰金や逮捕され懲役という刑罰については特にありません。

当て逃げとひき逃げの違い

最初は物損事故や当て逃げだったのに被害者が警察に診断書を提出したら少し面倒なことになります。最初は物損事故だったとしても、加害者が診断書を出した時点で人身事故やひき逃げとして取り扱われることになるからです。 このような状況になり、もし逮捕されたら過失運転致傷罪や危険運転致傷罪、ひき逃げというかなり重い罪に問われる可能性が出て来ます。下手をすれば懲役刑もあり、前科がつきますから社会的にも経済的にもリスクはかなり高いと言えるでしょう。

当て逃げとひき逃げは違う犯罪です

当て逃げとひき逃げはどちらも同じだと考えている人も居るでしょう。しかし交通事故のひき逃げの場合、対象は人間です。例えば加害者として、自動車やバイクや自転車などを運転中に事故を起こし被害者を怪我させたとします。 それなのに危険防止措置義務も無視して現場から逃げ、後で警察に逮捕された場合にはかなり重い罪を覚悟しなければなりません。ひき逃げによる加害者となれば道路交通法の交通事故の救護義務違反や報告義務違反について厳しく責められることになるでしょう。他にも過失運転致傷罪などにも問われる可能性があります。

起訴猶予がつくと甘く見てはいけない

起訴猶予がつくだろうと甘く見てはいけません。悪質とみなされた場合、起訴猶予どころから刑事事件に発展する可能性さえあります。このように物損事故だとしても対象が人間である人身事故によるひき逃げでも逃げることはかなりリスクがあると頭に叩き込んでおきましょう。

動物でも当て逃げは成立する?

物や人間ではなくペットなど動物をひいた場合はどういった判断されるか気になる人も多いでしょう。動物は人間と同レベルの判断ができません。特に野生動物ならなおさらです。動物の種類によってもそれぞれ行動は異なるため、人間も注意しなければなりません。

ペットや家畜でも当て逃げになる可能性があり警察へ連絡を

動物をひいてしまった場合でも警察に連絡する必要があります。特にペットや家畜と言った飼い主が居る場合で、器物損壊となる場合があるからです。 動物は生き物ですが器物として判断されます。そのためペットや家畜などを引いて逃げた場合、当て逃げが成立する可能性があるでしょう。 ただ野生動物の場合、所有している人間が居ないので罪に問われることはありません。そのため、減点や反則金などの対象にはならないです。しかし事故を起こした際に、飲酒運転などをしていた場合にはその罪が問われることになるでしょう。

初回公開日:2018年03月13日

記載されている内容は2018年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング