IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

社会人常識

当て逃げは被害者でも加害者の立場になってもつらいことです。当て逃げ被害やしてしまったらどう対処をすれば良いのでしょうか。実は当て逃げは立派な犯罪になるので甘く見てはいけません。当て逃げとはどんなものか、対処法まで含めて解説します。

更新日時:

当て逃げとは?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げとは自動車などで物損事故を起こしたのにその場から離れる行為です。物損事故を起こした場合は道路上における危険を防止するなどの措置を行わなければなりません。それは義務となっているからです。 これは危険防止措置義務と呼ばれています。交通事故などで自分は全く過失がないことは確かだとしても、危険防止措置を取らなければ道路交通法違反として処罰対象になるので注意してください。もっと言えば犯罪行為になるからです。

物損事故とは?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げとひき逃げ、どちらにしても事故を起こしてその場から離れるという意味では同じと考えられるでしょう。しかし事故の対象が人間の場合と物の場合では、加害者としても気持ちや受け取り方も変わることも多いです。特に物が対象となる物損事故の場合では逃げてしまう人も居るでしょう。 物損事故の場合、自分が壊した物に対する賠償責任が発生します。しかし道路交通法などが関連して違反点数や罰金や逮捕され懲役という刑罰については特にありません。

当て逃げとひき逃げの違い

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

最初は物損事故や当て逃げだったのに被害者が警察に診断書が提出したら少し面倒なことになります。最初は物損事故だったとしても、加害者が診断書を出した時点で人身事故やひき逃げとして取り扱われることになるからです。 このような状況になり、もし逮捕されたら過失運転致傷罪や危険運転致傷罪、ひき逃げというかなり重い罪に問われる可能性が出て来ます。下手をすれば懲役刑もあり、前科がつきますから社会的にも経済的にもリスクはかなり高いと言えるでしょう。

当て逃げとひき逃げは違う犯罪です

当て逃げとひき逃げはどちらも同じだと考えている人も居るでしょう。しかし交通事故のひき逃げの場合、対象は人間です。例えば加害者として、自動車やバイクや自転車などを運転中に事故を起こし被害者を怪我させたとします。 それなのに危険防止措置義務も無視して現場から逃げ、後で警察に逮捕された場合にはかなり重い罪を覚悟しなければなりません。ひき逃げによる加害者となれば道路交通法の交通事故の救護義務違反や報告義務違反について厳しく責められることになるでしょう。他にも過失運転致傷罪などにも問われる可能性があります。

起訴猶予がつくと甘く見てはいけない

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

起訴猶予がつくだろうと甘く見てはいけません。悪質とみなされた場合、起訴猶予どころから刑事事件に発展する可能性さえあります。このように物損事故だとしても対象が人間である人身事故によるひき逃げでも逃げることはかなりリスクがあると頭に叩き込んでおきましょう。

動物でも当て逃げは成立する?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

物や人間ではなくペットなど動物をひいた場合はどういった判断されるか気になる人も多いでしょう。動物は人間と同レベルの判断ができません。特に野生動物ならなおさらです。動物の種類によってもそれぞれ行動は異なるため、人間も注意しなければなりません。

ペットや家畜でも当て逃げになる可能性があり警察へ連絡を

動物をひいてしまった場合でも警察に連絡する必要があります。特にペットや家畜と言った飼い主が居る場合で、器物損壊となる場合があるからです。 動物は生き物ですが器物として判断されます。そのためペットや家畜などを引いて逃げた場合、当て逃げが成立する可能性があるでしょう。 ただ野生動物の場合、所有している人間が居ないので罪に問われることはありません。そのため、減点や反則金などの対象にはならないです。しかし事故を起こした際に、飲酒運転などをしていた場合にはその罪が問われることになるでしょう。

動物でも適切な処置が必要

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

動物をひいた場合には、基本的に警察へ連絡しなければなりません。そこから自治体や道路管理者など関連する機関に連絡が行き適切な処置が行われます。また、そのまま放置していると、二次被害の可能性も否定できません。 ある程度大きな動物でしたら、その危険性は高まります。だからこそ、速やかに連絡することが重要です。

当て逃げの罪の時効と点数や罰金

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げの罪や時効、点数や罰金を具体的に知っておく必要があります。事故を起こして相手の自動車や家の塀など物を壊した場合、所有者がその場に居ない、目撃者が居なければついつい「逃げてしまおう」と考えてしまう人も居るでしょう。だからこそ当て逃げという罪が存在するとも言えます。 しかし当て逃げをすれば単純な物損事故ではなくなり「当て逃げ」という犯罪になるのは気をつけたい所です。罰金や違反点数に関係するだけではなく刑事罰に発展するので注意しなければなりません。当て逃げの罪の時効や点数、罰金について詳しく解説していきます。

点数について

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

点数計算は交通違反などをした場合につける基礎点数と事故の種類によって一定の点数をプラスする付加点数という構成になっています。付加点数に関しては、事故の種類や責任、被害者の負傷状態などにより2~20点の間の点数が付けられます。

点数には基礎点数と付加点数があります

点数制度の内容ですが、信号無視や放置駐車違反などの一般違反行為につけられる基礎点数、特定違反行為と言って酒酔い運転やひき逃げなどに付けられる基礎点数があります。付加点数は交通事故を起こした場合や当て逃げに付けられる点数です。 注意点として道路交通法などは改正されるということも覚えておきましょう。例えば平成21年の6月に、道路交通法改正によって交通事故によるひき逃げは基礎点数が35点に変更されています。古い知識で把握している場合、変更したことを知らなければ見解の相違が生じトラブルの基になるので注意しましょう。

点数が累積した場合は免停や取消も

最後に交通違反や交通事故日をした日が点数の起算日となります。過去3年間の累積点数をチェックし、一定の基準に達していたらその時点でさまざまな処分が行われることに。具体的には、運転免許の停止、取消処分などが行政処分として行われます。 過去3年で行政処分を受けていないことを前提にした上で、6~14点で免許停止処分。15点以上では取消処分です。行政処分を1回受けていれば、4~9点で停止、10点以上で取消処分に。3回以上では2点か3点で停止、4点以上は取消となります。

当て逃げの点数はどれくらい?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

賠償責任のことを考え、経済的な問題を想像してケチり、きちんと警察に報告をするか、当て逃げになるかで点数はまったく異なります。基本的に当て逃げを軽く考えている人も多いですが、犯罪になるので注意が必要です。 通常の物損事故として処理をするなら、当て逃げで点数を取られることはありません。しかし警察に届けなかった場合、安全運転義務違反5点と危険防止措置義務違反2点となります。つまり7点で一発免許停止となるので注意しましょう。

当て逃げの罰則には懲役もある

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

一般的に当て逃げは物損事故と解釈されています。道路交通法において当て逃げは、危険防止措置義務違反を考えなければなりません。具体的には道路上でガードレールにぶつかった時、止まったままだと危険な状態となるため、二次被害を防ぐ目的で路肩などに止める必要があります。 そして警察などへ連絡し、状況などの説明や報告をしなければなりません。物損事故であっても当然必要な行動でしょう。しかしパニックになって逃げれば当て逃げとなり罰則では1年以下の懲役や10万円以下の罰金が待っていることになります。

当て逃げの時効はどれくらい?

当て逃げにも時効はあります。民事の損害賠償請求権の時効に関しては、被害者が損害を知った、加害者を知った時点から3年です。また刑事罰では一般的に3年間となります。これは民法で決められていますがポイントは「被害者が知った時点から」という所です。 つまり当て逃げが発生した時点から3年という訳ではありません。少なくとも民事の時効では、被害者が損害や犯人を知ってから3年と考える必要があります。しかし単純に3年で時効が成立して終わったとも言い切れません。事故から20年経過しなければすべての請求権が消えないことも忘れないようにしましょう。

当て逃げで自首した場合

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げの加害者側の立場になった時、後から冷静になり自首するという人も多いです。その時、どれだけ反省しているかによって罪や処分が見送られるケースもありますが、あまり期待しない方が良いでしょう。 自首をするなら当て逃げから、どの程度時間が経過したかもポイントです。もちろん早めに自首をした方が良いでしょう。例えば当て逃げをして警察が捜査をした結果、数日内で特定されることもあります。この時「自首しようと考えていた」と言っても信じてもらえない可能性は高いでしょう。 「その日の内に自首もできたはず」と言われればどうしようもありません。被害者の心象も悪くなりますし示談をしようとしても上手く行かない可能性も高いです。本来、当て逃げをせず冷静にその時点で警察に連絡をすることがいたたずらに罪を重くしないポイントと言えるでしょう。

当て逃げされた場合の注意点

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げをされたら、被害者となります。その時点で気づいた時と後で気づいた時では精神状態や印象もまったく違うものになるでしょう。また道路上と駐車場という部分でも大きく変わって来ます。当て逃げされた場合、何に注意しなければならないのでしょうか。

当て逃げされても冷静さを保つのが大切

運転中に相手が運転する自動車にぶつけられたとします。その際、感情的になる人も多いでしょう。しかも相手は逃げようとしたら腹が立っても不思議ではありません。しかしそんな時こそ冷静に対応をしなければ自分が事故の加害者になる可能性もあります。 どういうことかと言えば、例えば相手がスピードをアップして信号無視もするのを追いかけたらどうでしょうか。かなり危険な状況です。どんなに運転技術に自信を持っていても、興奮している時は、通常、絶対しないような危険な運転になることもあります。 そのまま相手を追いかけて赤信号に突っ込んだら大事故になる可能性も否定できません。当て逃げされても怒りたい気持ちをグッと押さえて冷静さを保つことが重要です。

エンジンを切ってもらいましょう

当て逃げをしようとした相手があきらめたとします。そんな時は安全な場所に移動してもらいエンジンを切ってもらうようにしましょう。これは危険防止措置と共に突然逃走するリスクを低くすることや、外に出て相手と窓越しで話をする場合、急に動かれ足などを踏まれるのを防ぐ意味もあります。 車が動いて身体的なダメージを受けた場合、当て逃げではなくひき逃げになる可能性も出て来るでしょう。自分の身を守るためだけではなく相手にとってもエンジンを切ってもらうのは良いことと言えます。

相手が出て来なくても車両の正面に立つのはダメ

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

会話をする際、絶対に相手車両の正面に立たないようにしましょう。当て逃げをあきらめたのではなく、被害者が車を降りて来たタイミングを見計らい逃走しようと考えている可能性もあります。 他にも、停止したとはいえ、ぶつけたことに対して軽くパニックになっている可能性も0ではありません。話しかける際は側面からが鉄則です。近づき過ぎてとつぜん動き出した車にひかれないためにも少し離れた方が良いでしょう。

当て逃げ犯に喧嘩腰はダメ

相手に話しかける時、当てられたのと同時に、当て逃げをしようとしたということでついつい怒鳴ってしまう人も居ますが控えましょう。怒ったら恐怖を感じて逃げる可能性があるからです。 また、相手が強気な人間なら逆ギレしてケンカ腰で向かって来る可能性があります。そうなると話し合いどころか泥仕合になるでしょう。身体的にも精神的にも負担が大きくなります。 また、売り言葉に買い言葉で、もし脅すようなことを言ったら失敗です。後日、相手が「脅された」と警察に言う可能性もあります。まさに難癖と言っても良いでしょう。ICレコーダーなどがあれば、会話を録音できるので利用してみてください。いざという時に役立ちます。

当て逃げされたら即座にすべき行動

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げをされたらまずナンバーを確認することが大切です。しかしそれだけでは足りません。他にもした方が良い措置はたくさんあります。何をしなければならないか知っておくことで、当て逃げをされても落ち着いて対応できるでしょう。即座にすべき行動について解説します。

ナンバーを記録することが重要

当て逃げをされた時はパニックになることが多いです。混乱した頭では、ナンバーを覚えたとしてもすぐに忘れる可能性も否定できません。記憶力にどれだけ自信がある人でも、通常時と混乱時では感覚も違います。 そのため、覚えたならすぐ紙に書くスマホのメールやメモ帳機能があるならそれを利用することを考えましょう。他に、車種もメモをしていた方が良いです。当て逃げは情報が多いほど、警察も捜査をしやすくなります。 ナンバーだけでも十分と考える人も居ますが、念には念を入れておいた方が良いでしょう。また、自動車のカラーやタイプ、改造車ならどんな特徴があったかも書き残した方が安心です。

ドライバーの特徴も覚えておきましょう

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

自動車だけではなくドライバーもきちんと覚えておきましょう。しかし自動車の情報を覚えるよりむずかしいです。当て逃げの場合一旦止まる人も居れば、当たっても何食わぬ顔で走り去る人も居ます。 また、相手がバックをして来てぶつけられそのまま前方に走り去った場合、ドライバーの顔を確認することはむずかしいでしょう。しかし当てられ方次第では、自動車のウインドウ越しにドライバーの顔を確認するのは不可能ではありません。 自動車ではなくバイクや自転車ならさらに顔の確認はしやすいでしょう。ただ、バイクの場合、フルフェイスのヘルメットなら確認はむずかしいですがそれ以外は顔が見えるのでチェックしやすいです。

自動車にメモ帳とペンは常備を

顔を確認した場合も、後で忘れてしまわないようメモ帳やスマホのメール機能などに特徴を記録しておいた方が良いでしょう。顔を確認することで、性別や年齢などの情報が分かりやすいです。 後で犯人を捜す時の重要な情報になるので即座に取るべき行動と言えます。普段、あまりメモを取らない人も自動車には紙とペンを常備しておいた方が良いでしょう。いざという時に役立ちます。

写真も確実な証拠に

精神的にも余裕があり、スマホでもデジカメでもすぐに取り出すことが可能な状況でしたら、写真を撮影するのが一番でしょう。覚えておく、メモをしたとしても細かな所では忘れたり、書き忘れという可能性も否定できません。 写真はその時の光景をすべてきちんと残すことができます。視覚的な情報となりますし、記憶があいまいになっても関係ありません。証拠として第1級と言えるでしょう。 道路などで当て逃げをされると、状況が状況ですしスマホやデジカメで即座に写真撮影をすると言ってもむずかしいです。ただ相手が止まったらその状況や情報を写真で撮影するのが一番と言えるでしょう。

警察に報告しましょう

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

警察に報告することも大切です。警察を呼ぶのは、当て逃げの通報が一番の目的ですが、他に事故証明書の発行が目的となります。事故証明書がなければ、自動車を修理したとしても保険での支払いができないからです。 ただ、ちょっと擦り傷ができた程度なら警察も本気で対応してくれない場合もあるでしょう。しかしそれは関係のない話です。連絡をしなければ犯人をつかまえられる可能性は0に近くなります。当て逃げをされたらきちんと警察に報告をすることが大切です。

事故の状況を覚えたり記録するのは大切

事故の状況を覚えておくのは警察に報告することだけが目的ではありません。保険会社にも状況を話さなければならないことも多いからです。保険会社に詳細をきちんと報告するためには、嘘や、大げさに言わず事実だけを整理して報告しなければなりません。 走っている最中だったか、止まっていたのか、場所なども保険の請求額に関係します。保険会社に事実を正確に伝えるためにも、状況を覚えておく、メモをするのは大切と言えるでしょう。

目撃者は重要な証人です

目撃者の存在は当て逃げの証拠として重要です。自分は当て逃げの被害者だからすべての話を信じてもらえると考えない方が良いでしょう。警察はあくまで公平に判断をしなければならない立場だからです。 当て逃げをした瞬間を警察は目撃していません。だからこそ目撃者という証人が重要となって来ます。もちろん写真なども客観的な証拠になりますが、目撃者が居るのと居ないのとでは結果が大きく違って来る可能性も否定できません。 そのため目撃がいるなら、証人になって警察に説明してもらえるように頼んでみてください。

保険会社への連絡も忘れず

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

保険会社に連絡もしなければなりません。当て逃げの犯人が見つからなくても自動車は損傷したままです。修理をしなければならないですが、その場合、任意保険に入っていれば自分の車両保険を使う必要があります。 注意しなければならないポイントは、契約内容次第では自分の車両保険が使えない場合があることです。確認のためにも、保険会社へ連絡しましょう。

保険会社の注意点

車両保険には免責金額というものがあります。全損レベルなら良いですが、損傷具合によっては、修理費用が低額になる場合もあるでしょう。もし修理費用が、契約をしている免責金額を超えていなければ保険金は支払われないので注意してください。 保険会社の設定にもよりますが、一般的に免責金額が高ければ自分が支払う保険料について安くなることも多いです。安さだけを考えて契約をする際、免責金額については深く確認しない人も多いでしょう。 どちらにしてもその点を確認するには保険会社に確認をしなければなりません。当て逃げの場合、大きな損傷になることも多いです。しかし、少しへこんだ、擦り傷ができた程度なら修理費用も安くなることも少なくありません。

ドライブレコーダー確認をしましょう

当て逃げをされた場合、ドライブレコーダーを付けているなら大きな証拠となります。当て逃げをされた時、即時にやらなければならないことの多くは記憶力や行動力が必要になるでしょう。 しかし当て逃げをされたら、頭がパニックになるのも必然です。そんな時は、状況のすべてを映像として録画してくれるドライブレコーダーが活躍してくれます。当て逃げをされたら、状況を確認するためにもドライブレコーダーをチェックすると良いでしょう。

当り屋対策にもなります

証拠を残すことだけがドライブレコーダーのメリットではありません。他に当たり屋対策になるからです。当たり屋とは、走行中の自動車などにわざとぶつかって来て、治療費や賠償金などを請求する詐欺です。 人間相手ではどうしても自動車の方が責任を追及されます。例え、自動車側に過失がほとんどなくても関係ありません。ただ、当たり屋相手なら話は別です。それは詐欺という犯罪に当たるからと言えるでしょう。ドライブレコーダーは相手が当たり屋だったかどうか判断するためにも有力な資料であり、証拠となります。

当て逃げ以外に安全運転の確認にも便利

ドライブレコーダーは後から自分の運転を確認するためにも役立ちます。長い間、運転をしていたら、一度や二度は危険な状態に遭遇したこともあるでしょう。その時の映像を残すことができます。 例えば細い道でも知らず知らずスピードを出している、横断歩道と路地があり、人が飛び出て来る可能性がある場所でも、あまり気にせず運転しているなど自分の運転をチェックすることができます。 当て逃げに直接関係はありません。しかし運転することは自分も当て逃げの加害者になる可能性が大いにあることは忘れてはいけないでしょう。安全運転を心がけるためにもドライブレコーダーは重要なアイテムです。

駐車場で当て逃げにあった場合の対処法とは?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げと言えば駐車場で良く起こるというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。なぜ駐車場で当て逃げが多くなるのか理由もあります。駐車場で起きる当て逃げについての注意点や対処法まで解説するので参考にしてみてください。

駐車場の当て逃げは道路交通法が大きく関係

自動車やバイク、自転車などの事故は公道だけで起きるとは限りません。例えば駐車場を筆頭に、家の庭などで起きることもあるでしょう。しかし駐車場などの事故では単純に交通事故と判断されないことがあります。そのため警察が対処をしてくれないケースも。道路交通法が関係するからです。

道路交通法について

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

一般的に道路と呼ばれるのは、道路法、道路運送法における道路となります。簡単に言えば公道のことですが、私有地の解釈となると難しい点も多いです。 道路交通法上の道路とは公道であり交通事故はあくまでその公道で起きたものと解釈されます。では私有地はどうでしょうか。私有地の場合、条件を満たしていなければ公道とみなされない場合があります。 道路交通法の適用条件にならない私有地で当て逃げをされた場合、交通事故にならない場合もあるでしょう。そのため警察が対処できないケースも出て来ます。具体的にどのような道路かと言うと例えば自動車メーカーのテストコースでは道路交通法の範囲外です。

<道路交通法における『道路』> あ 公道 い 『一般交通の用に供するその他の場所』 ※道路運送法2条1項1号

一般交通の用に供するその他の場所とは?

道路交通法では公道以外にも一般交通の用に供するその他の場所という文言が入っています。一般交通の用に供するその他の場所、これが駐車場の当て逃げに大きく関係すると考えてください。 判断基準として、不特定多数の人が自由に通行、利用できる状態かどうかがポイントになります。例えば、一般的に家の庭は不特定多数の人が自由に通行、利用できる場所ではありません。そのため道路とは見なされないです。 では飲食店の駐車場はどうでしょう。お客となる不特定多数の人が通行、利用する場所です。そのため道路と判断されます。月極駐車場はどうなるでしょうか。月極駐車場は道路と判断されません。

<『一般交通の用に供する(場所)』の意味> あ 判断基準 『不特定多数の者が自由に通行(利用)できる状態かどうか』 い 具体例;判例の判断 ア 私有地も含まれる イ 『敷地に接続している私道(位置指定道路や2項道路)』は通常これに該当する ウ 『セットバック部分』も該当する エ 一定の条件・範囲で『民間・公的な駐車場』も含まれる なお,他の法律でも『一般交通の用に供する(場所)』という定義が存在します(後述)。 他の法律でも同様の文言なので,道路交通法の上記判断基準は共通と言えます。

月極駐車場は道路ではない?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

月極駐車場は不特定多数の人が自由に利用できる場所ではありません。契約者だけが使用できる場所と判断されます。そのため、月極駐車場は道路ではないため一般交通の用に供する場所にならないです。 実際、東京高裁により月極駐車場内で無免許運転をした人が無実になったという判例も出ています。月極駐車場は道交法の適用対象になる一般交通の用に供する場所ではないと判断されたことが考えられるでしょう。

私有地でも責任がある場合も

月極駐車場や家の庭であり公道とみなされなくても、人身事故や傷害の具合次第で、刑法上の責任や自動車の運転で死傷させる行為に対する法律上の責任、道路交通法上の責任はあります。勘違いしてはいけません。 道路ではないと判断される場所でも、自動車の運転で人を死亡させるケガをさせてしまうと刑事責任が問われるということです。

民事上の責任は?

民法上でも責任はあるので気を付けましょう。道路とされない駐車場でも当て逃げをすれば責任を問われます。道路ではないからという言い訳は通用しません。特に人身事故ですと治療費や損害は発生するため、場所がどこであろうが関係ないからです。 しかしどちらも自動車やバイクなどを運転している時でぶつかったという場合、駐車場では、どちらがより責任が重いかの判断がむずかしくなることも多いです。 道路標識がない、優先道路がどちらか明確ではない駐車場も少なくありません。駐車場の交差点では特に過失割合についてもめることが多いと言われています。

行政上の責任は?

行政上の責任に関しても駐車場で当て逃げをしたら責任を問われることになります。道路ではないのでスピード違反や一時停止などでは大丈夫でしょう。 しかし当て逃げや人身事故をして逃げれば道路ではないと言った言い訳は通用しません。行政処分の対象になります。 このように月極駐車場や家の庭は道路ではないから当て逃げをしても大丈夫と考えてはいけないです。道路交通法とは無関係だからと言っても警察や保険会社に連絡は必要なので落ち着いた判断をしましょう。

お店の責任は無いのか?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

コンビニエンスストアやスーパーの駐車場で、「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」という看板を見かけませんか。全国各地で良く見られます。 看板でお店は一切無関係ですと宣言していますが当て逃げも含め、本当に責任はないのでしょうか。実はお店に責任を問える場合もあります。お店の駐車場で当て逃げなどの事故が起きた場合、責任を問えるかどうかは環境に左右されるからです。 お店は自動車などが事故を起こさないための環境を整備しなければなりません。絶対とは言えませんが、あるケースでは駐車場を提供する側に責任が生じる可能性があります。

状況次第でお店に責任が生じる場合も

駐車場の照明が切れており、極端に周囲が暗いケースが挙げられるでしょう。また自動車を誘導するための標識が無い、分かりづらい、駐車できるスペースが狭すぎるなどが考えられます。 当て逃げなど事故が起きやすい環境でしたら駐車場の提供者が責任を問われる可能性も0ではありません。他にも設備に関する事故なども関係してきます。 設備のメンテナンスをきちんと行っておらず当て逃げなどの事故が起きたら提供者に責任が生まれる可能性は否定できません。ただあくまで可能性の範囲ですからその時の状況も大きく影響するでしょう。

駐車場で当て逃げされた時は

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

スーパーやコンビニでも多くのお店で防犯カメラが設置されています。そのため当て逃げをされたら、お店に協力してもらう必要が出て来るでしょう。 防犯カメラに当て逃げをした瞬間が残されている可能性も十分あります。精度が良い防犯カメラでしたら、昼夜関係なくナンバープレートを確認できるでしょう。 しかし当て逃げだとしても、防犯カメラの映像をお店側が見せてくれない場合も少なくありません。この場合はとにかく誠意を持ってお店側に頼むこむことが大切です。

目撃者を探しましょう

当て逃げをされたばかりなら目撃者が居る可能性もあります。正義感の強い人なら自動車や運転手の特徴だけではなく、ナンバープレートをメモしてくれている可能性もあるでしょう。 そのため駐車場に居る人たちの中に目撃者が居ないかどうか確認してみてください。もし目撃者を見つけられたら証言者になってくれるか確認しましょう。なってくれるなら、連絡先を交換してください。名刺交換でも良いです。

ドライブレコーダーを搭載した車の人に協力を求めましょう

当て逃げをされた場合、他の人が運転している自動車のドライブレコーダーがすべて録画している場合も0ではありません。この場合も立派な証拠となります。 目撃者を探す時はドライブレコーダーで当て逃げの瞬間を撮影していた人が居ないかどうかもチェックすると良いでしょう。居たなら協力してもらい、ドライブレコーダーの映像を見せてもらってください。

駐車場での当て逃げで良くあるケース

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

駐車場での当て逃げは起きる可能性の高い状況というものがあります。その状況を理解しておけば、上手に避けられます。では、どのような状況が良くあるケースか解説するので参考にしてみてください。

焦りすぎてぶつけることも

空いているスペースを見つけ、バックで止めようとして急ぎすぎ、ぶつけるケースがあります。運転に慣れていない初心者は自動車を上手にコントールできると言えません。 駐車場ではまっすぐ止めていない自動車もあります。駐車スペースのラインギリギリに止めている自動車もあるでしょう。運転に慣れていたら簡単ですが初心者はそうもいかないです。後ろから車が来たら余計に焦りますし、恥ずかしさも生じるでしょう。 急いで駐車しようとして、他の自動車にぶつけ、当て逃げをするケースは多いです。

ドアを開けてぶつけて当て逃げ

無事に駐車スペースに自動車を止めても油断できません。駐車スペースは狭いですし、両側に自動車がある場合、ドアを開けた時にぶつけることもあります。大人だけではなく子供が何も考えず勢い良く開けてしまい、隣の車にドアをぶつけることもあるでしょう。 風の強い日にもドアをぶつけることが多いです。ドアを開けたら強い風が吹いて止めることができず、隣の車にぶつけることもあるでしょう。周りに人が居なければ当て逃げをする人が居ても不思議ではありません。

自転車にぶつけられることも多いです

自転車が関連した駐車場での当て逃げもあります。駐車中の自動車を通り抜けようとしたら、サイドミラーにハンドルをぶつけることも。他に、自動車の間を通り抜けて道に飛び出した時タイミング悪く自動車が走って来ることもあります。 自動車が自転車をひいて逃げたら当て逃げではなくひき逃げで重い罪に問われるでしょう。もちろん駐車している自動車に対しぶつけて逃げたら、自転車と言っても当て逃げになります。

駐車場で当て逃げされないためには

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

駐車場で当て逃げをされないためには自動車を置く場所がポイントなります。例えば大型ショッピングセンターに行った場合、出入り口から遠い場所はあまり人が自動車を止めていません。これはスーパーでも同じ傾向にあります。 あまり駐車していない所を狙って止めることで当て逃げのリスクを少なくすることができるでしょう。ただ、例外もあります。初心者ドライバーは運転に自信がないため、出入り口付近ではなく、人が少ない場所に止めることです。 駐車場の規模も関係しますがそれでもできるだけ出入り口から遠い場所に止めるのも対策となるでしょう。しかし店の出入り口まで歩かないといけませんから、大変なのは間違いないです。

当て逃げされた場合は保険適用になるのか

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げされた場合、自分の車両保険を使って修理するしかないでしょう。逃げられて犯人がまったく分からないのでしたら、どうしようもありません。当て逃げをされた場合は、車両保険を使うことになります。ただ、一般型車両保険でしか保証はされないので注意してください。

エコノミー型だと相手が分からなければ補償されない場合も

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

一般型と異なるのがエコノミー型と呼ばれるタイプです。保険会社によっては車対車+限定Aと言った呼び方もあります。この名称は保険会社によって異なるので注意してください。補償範囲を限定して保険料を安くするタイプの保険です。 エコノミー型では相手のドライバーが分かっている状態なら、補償を受け取れる可能性はあります。しかし当て逃げのように相手が分からない状態では、補償が受け取れない場合もあるので気をつけましょう。 こればかりはどうしようもありません。保険料が安くなるというメリットと引き換えに、補償できる範囲が狭いのがエコノミー型の特徴だからです。しかし保険会社によって条件が細かく異なるので、当て逃げの場合はどうなるか改めてチェックしてみてください。

当て逃げでも車両保険を使うと等級が下がるので注意

当て逃げで修理が必要になった場合、車両保険を使用する前に等級のことも考えてみてください。当て逃げだとしても、車両保険を使用すれば等級が下がることも覚悟する必要があります。 等級がダウンする訳ですから保険料の支払いは高くなります。これは感情的な問題もあり、許せなくなりますがどうしようもありません。そのため少しこすった、当てられた程度でしたら自分の自動車保険を使わないという選択肢もあります。 その点は保険会社と良く相談し、細かな金額も出してもらう必要があるでしょう。

当て逃げの加害者が見つかった場合

当て逃げの加害者が発見されたとします。その場合、修理代金を請求することが可能です。しかし車両保険を使用し修理をすでにしていたとします。その場合、加害者から修理代金を求めることはできないです。 それでは気持ちも晴れないでしょう。少なくとも慰謝料を支払ってもらいたいと考える人も居るはずです。しかし慰謝料は物損事故の場合もらえない可能性が高いです。精神的な損害を自分が負ったと考えていても、原則的には認めてもらえません。 ただ例外はあるのでどうしても引きたくないなら、弁護士に相談することをオススメします。

当て逃げでケガをしたら病院へ

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

赤信号で止まっていて自動車などがぶつかって来た場合、体にダメージを受けることも多いでしょう。良くあるのはムチウチなどの状況です。運転手だけではなく、乗っていた人がダメージを受けることもあるでしょう。 ちょっとした痛みだから病院に行くほどではないだろうと考えれば、損をする可能性もあります。運転者だけではなく同乗者も含めて保険を受け取れる場合があるからです。具体的には人身傷害保険や無保険車傷害保険などが挙げられるでしょう。 また、搭乗者がケガを負った場合も搭乗者障害保険による補償を得られる場合があります。

当て逃げで請求できる損害

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げの損害賠償は損害の内容がポイントになります。当て逃げは人身事故になりませんから、財産的損害や精神的損害などが考えられるでしょう。しかし裁判でも当て逃げは物損事故が多く、精神的損害に対する損害賠償請求はむずかしいです。どんな損害について請求できるか解説します。

修理費用が請求できます

修理費用について請求をすることができます。修理費用は修理をして修理代金を支払ったかどうかは問われない所が特徴です。つまり修理をしなくても修理費用について請求ができます。ただ、金額は法外な値段を請求することはできません。

価値が下がった時の買替差額も

買替差額についても請求できます。当て逃げでも物理的に修理ができないほど壊れた時などがあるでしょう。また、自動車の時価より修理費用が上になったなら時価額と売却代金の差額について賠償を求めることができます。 また買替差額が認められた場合、買い換えのために手続きをしなければなりません。その手続に関しても費用がかかりますから登録手続関係費として請求が認められます。

評価額についても請求を

無事に修理ができたとしても、当て逃げをされた前と後では完全に同じ状態にはなりません。外観だけではなく機能などに不具合が生じるケースもあります。損害によっては事故歴や修復歴があると売る際の評価は下がるでしょう。 その評価額についても賠償を求めることができます。ただ初年登録をし何年も経過しているよりも新しい自動車の方が認められやすい傾向にあるので注意してください。

当て逃げの示談交渉について

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げの被害者になると、状況によっては過失責任がほとんどありません。その場合、当て逃げ犯人が見つかってもそこから少し面倒が生じる場合もあります。保険会社が動いてくれないということです。 自分の代わりに示談交渉を行ってくれると思いこんでいた場合、少し混乱する人も居るでしょう。保険会社の立場としては当て逃げだと保険金を支払う法的な義務がないからです。 また、加害者が任意保険に入っていない場合もやっかいです。相手の保険会社が入らないので被害者自らが示談交渉をしなければなりません。 しかし示談交渉と言っても、専門知識が必要ですし時間も労力もかかるでしょう。その場合、弁護士に依頼をするのも一つの選択肢になります。

当て逃げに気づかなかった場合の対処法

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げは後で気づく場合も少なくありません。ぶつけられて加害者が逃げて行く姿をしっかりと自分の目で確認ができる状況ならともかく、問題は駐車して自動車から離れていた時でしょう。 帰って自動車を見たらフロントやリアバンパーが大きく凹んでいたら何が起きたか分からなくて呆然とする人も居るはずです。また自宅に帰ってから傷がついていることに気づく場合もあるでしょう。 自分が当てた覚えもなく当て逃げされた可能性が高い場合、どうすれば良いか対処に困る場合もあります。その場合でも、警察に被害届は出した方が良いです。特に被害が大きいと、加害者も自覚しているでしょう。警察に出頭する場合もあります。

後で気づいた場合

後で自分が当て逃げしたことに気づく場合もあります。ぶつけた記憶がないけれど自動車に傷がついている場合もあるでしょう。後で当て逃げしたことを気づいた場合、民事上の責任を問われる覚悟は必要です。例えば監視カメラがある場所でぶつけた映像が残っていたなら、それが証拠となります。 ただボンネットがおもいっきりへこんでいるような大きな事故の場合、気づかなかったという言い訳は通用しないでしょう。警察もからんで来て悪質と感じられた場合には、厳しい追求が待ち受けている可能性も高いです。

万が一当て逃げの加害者になったら?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げの被害者ではなく加害者になったら何に気をつけなければならないのでしょうか。当て逃げは立派な犯罪であり逮捕されれば懲役もあることを忘れてはいけません。そんなことになりないよう、当て逃げの加害者になった時に押さえたいポイントを解説します。

当て逃げしてもすぐに帰れば大丈夫?

当て逃げをしてもすぐに帰れば大丈夫と思わない方が良いでしょう。ただ何分何秒まで帰れば当て逃げとならないという基準はありません。 当て逃げも含め、事故が起きたらすぐ警察へ連絡し二次的な被害が起こらないよう危険防止措置を行う必要があります。もちろん警察が来るまで現場に居なければなりません。その義務を怠っているので短時間だとしても当て逃げになる可能性は十分にあります。 一般的には警察が来る間の短時間で戻るなら当て逃げにならないこともあるでしょう。これは被害者が逃げたことを許すか許さないかも関係して来ます。しかし時間関係なく物にぶつけて壊し、その場から離れたら当て逃げと考えた方が良いでしょう。

同乗していた人に責任はある?

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

道路交通法では、物損事故も含めて事故を起こした場合、運転手やその他の乗務員には警察への報告義務が必要となっています。これは危険防止措置なども同じです。ただ、乗務員の解釈については少し複雑と言えるでしょう。 例えば同乗していた友人や家族の解釈です。道路交通法ではあくまで運転手と同等の責任を負う人に限定されているため、友人や家族に義務は課せられないと言えます。 その他の乗務員については業務上における立場の人間です。例えば交代の運転手やバスガイドがそのような乗務員に当てはまるでしょう。しかし同乗者が逃げることを勧めたら、罪に問われる可能性は十分にあります。

レンタカーでの当て逃げはすべての責任がふりかかる

レンタカーに乗っている時、当て逃げをしたらどうなるでしょう。通常の交通事故ならレンタカー会社が入っている保険会社が補償をしてくれますが、当て逃げは無理です。 当て逃げでは保険が使えず加害者が自己負担しなければなりません。これはレンタカー会社の規定により、事故を起こした時の措置を明確に定めているからです。例えば警察やレンタカー会社への連絡が義務と規定していることが多いでしょう。 この義務を無視すると保険金は支払ってもらえないので注意してください。

当て逃げは犯罪です

当て逃げの罪の時効と点数や罰金・駐車場での当て逃げ対処法

当て逃げの被害者になった場合は、あきらめることなく警察へ連絡をしましょう。擦り傷程度であきらめられるならそれも一つの選択肢です。ただ、あきらめられないなら、ドライブレコーダーや、目撃者の確認、防犯カメラがあるならそれをチェックしてもらうなど加害者を探す方法は多いです。 加害者の立場となった場合、当て逃げはリスクが高いです。当て逃げは状況次第ではばれない可能性もあります。しかし、ばれた時のことを考えれば軽く考えない方が良いでしょう。 絶対無いとは言い切れません。実際に、当て逃げをして後になり警察から連絡が来るということはあります。また、当て逃げの結果、死傷事故が起きれば警察が本気になる可能性もあるでしょう。 どちらにしても当て逃げには責任が生じます。その点を考えながら安全運転をしましょう。

アクセスランキング