IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

神道の五十日祭の流れとマナー|服装/お供え/挨拶/お礼/玉串料

ビジネスマナー

神道、神式では、仏式の四十九日にあたる「五十日祭」を執り行い、忌明けの儀式としていますが、「五十日祭」の流れやマナーを足ししく理解できている人は多くありません。「五十日祭」を正しく理解し、適切に対処できるビジネスマンを目指しましょう。

更新日時:

五十日祭とは

五十日祭とは

日本では、結婚や年始は神社にお参りし、お葬式や年末にはお寺にお参りするケースが多いです。 しかし、神道を奉じているご家庭では、お葬式についても神道流でお祀りします。ビジネス関係のお悔やみ事でも神道形式に接する場面があります。 こちらでは、神式、神道の御葬祭法要のひとつである五十日祭をとりあげ、その意味やマナーを紹介します。 「五十日祭」を正しく理解できるビジネスパーソンを目指しましょう。

五十日祭の意味は?

五十日祭の意味は?

神式では葬儀が終わると10日毎に霊祭(みたままつり、れいさい)を催し、お祀りします。これを毎十日祭と呼びます。 仏式の初七日にあたる十日祭から二十日祭、三十日祭、四十日祭と続き、仏式の四十九日にあたる五十日祭が催されます。 仏式の四十九日と同様、神式でも五十日祭は区切りとしてとらえられており、この霊祭をもって忌明けとされ、最も盛大に行われます。 二十日祭、三十日祭、四十日祭は省略されることも多いですが、五十日祭は執り行う場合が多い祭事です。 五十日祭を過ぎると、次は故人の霊祀を先祖の霊を祀った祖霊舎へ移して合祀する合祀祭、100日目の毎十日祭である百日祭を経て、一周忌である一年祭をお祀りします。

神道とは?

五十日祭を執り行うもとになっている神道についても簡単に整理しておきます。 神道とは、日本に古来から伝わる八百万の神をお祀りする信仰で、主に神社神道が中心となっています。あらゆるものに神が宿るとの考えから、地域の氏神様や、山や木をご神体としてお祀りする場合があります。 神道では、人は亡くなると神になるとされています。神式では五十日祭を執り行い故人の霊璽(霊璽)を祖霊舎(神棚)に移す合祀祭を経ると、神様として祀られることになります。

拝礼とは?

拝礼とは?

神社、神式などの神前での参拝作法の一つで、いわゆる「2礼、2拍手、1礼」です。 2拍手は一度手を合わせた後に、右手を少し手前にずらして柏手(かしわで)を打つのが正しい作法です。 神社などで神様にお祈りする場合は「パンパン」と音を出して手を打ちますが、五十日祭を経て祖先神に合祀される合祀祭前までは忌中(きちゅう)として「忍手(しのびて)」といって、音をたてずに柏手を打ちます。 五十日祭、合祀祭を経て、個人が先祖の霊に並ぶと以降は通常の柏手でお祀りすることができます。

納骨

納骨

神式の場合の納骨は、本来は骨あげ(火葬が終わった後の遺骨を骨壺に納めること)後、その日のうちに行うことになっていますが、現代では仏式と同様、忌明けである五十日祭にて実施されることが多くなっています。 神式では納骨式は埋葬祭と言います。埋葬祭ではお墓の周りに注連縄(しめなわ)で囲いを作り、墓石の周囲に故人の姓名、神職の職名を書いた銘旗、供花などを配置して、お供え(神饌)をそなえます。埋葬祭においても神職がお祓い、祭詞を奏上し、お玉串を奉奠(ほうてん)します。参列者もお玉串を奉奠します。

五十日祭の流れとマナーをみてみよう

五十日祭の流れとマナーをみてみよう

五十日祭について、内容を理解したところで、五十日祭の流れと服装、神主へのお礼要領などマナーを整理します。 神式独特のマナーがあある場合がありますが、根底にある故人に対する弔いと敬いの気持ちが大事である点は仏式と変わりません。 神式では、死は穢れがあるとされるため霊祭(みたままつり)は神社では行われません。自宅や葬祭場、霊園の拝礼所などで行います。 また、細かい要領や風習は地域あるいは神社により異なる場合があります。実際に五十日祭を執り行う場合には、神職の方によく相談、確認して進めます。

五十日祭の流れは?

五十日祭の流れは?

献饌(けんせん)

祭壇に、神饌および故人の好物などをお供えをする献饌(けんせん)を行います。

祝詞(のりと)奏上

神職の方に、祝詞を奏上してもらいます。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

仏式の焼香にあたるものとして、神式では玉串奉奠(たまぐしほうてん)が存在します。これは玉串といって真榊あるいは榊の束に紙垂(しで)をつけたものです。玉串に自分自身の心をのせ、神にささげるという意味があります。 ・玉串は左手で先を、右手で枝元を支えて祭壇に臨みます ・祭壇の前では、右手を下げて、先が神前に枝元が手前にくるように捧げ持ち、この状態で神前に祈念します。 ・祈念が終わった後は、右手を玉串のまんなかあたりへ移し、左手は枝元に移動させます。 ・この状態から右手を手前に左手を神前に時計回りに回し、根本が神前になるように回転させます。 ・御神前に玉串を置きます。

直会(なおらい)とは?

祭事が終わった後には、直会(なおらい)儀式を行います。一連の神事の最後にお供えした神饌を下して、参列者でいただく儀式となります。供物を飲食することで神霊との結びつきを強くし、その力をわけてもらう、加護してもらうという意味があります。

清祓い(きよはらい)の儀

五十日祭の翌日に行われる清祓いの儀はも忌明けの儀式で、死の穢れが神棚に入らないように白紙を貼り付け閉じていた扉を開け、遺族は通常の生活に戻ります。 五十日祭の翌日ではなく、五十日祭と同日に行うケースが増えてきています。

五十日祭に参加する服装は?

主催者側の服装は?

喪主、遺族や親族といった主催者側の方は神葬祭(葬儀)の際に着用していた正式礼装の喪服を五十日祭においても着用します。正式礼装の喪服とは、男性であれば和装かモーニング、女性であれば和装かブラックフォーマル(ワンピース、アンサンブル、スーツ)となります。 喪主が一番高い格式の喪服を着用しますので、一班の参列者の方は着用しません。

準喪服

一般の礼服のことです。男性であればブラックスーツ、女性であればブラックフォーマルとなります。

略喪服(=葬祭関連の平服)

急な弔問や、主催者側でも三年祭以降に着用する服装となります。普段着とは異なります。弔事における失礼に当たらない服装ということになります。五十日祭に参列される方は通常この略喪服(平服)を着用します。 ・男性:地味目のダークスーツ(黒でなくとも可)、インナーのシャツは白、ネクタイは黒が基本だが、暗い紺やグレーでも可とされています。 ・女性:スーツ、派手ではない地味目のワンピース、アンサンブル、インナーや小物は黒として、白ブラウスは避けることとされています。ストッキングは黒が良いとされています。 弔事で平服でお越しくださいとご案内いただいた場合はこちらの服装を着用します。 なお、神式の場合は数珠は持参しません。

お供え

祭壇にお供えものをすることを、神式の場合は「献饌(けんせん)」を行うといいます。五十日祭においても神饌(しんせん)と幣帛(へいはく)をお供えします。 神饌は御神酒、洗ったお米、水、塩、お餅、野菜、乾物、魚、卵、菓子、その他故人の好物をお供えします。 幣帛(へいはく)は古来より布や紙、紙幣であったとのことですが、最近は絹や木綿の布が一般的であり、くすんだ赤地のものを用います。 お供えは「案」と呼ばれる片側四本足が両側についた八足台の上に、神饌を供えた「三方」を配置します。

祭壇

五十日祭の祭壇には、神饌・幣帛のほかに次のものを配します。 ・鏡 ・本榊、榊 ・生け花 ・紙垂(しで)を配した注連縄(しめなわ) 祭壇は地域による風習や、神社により配し方がいろいろと異なります。またスペース上の制約も加味されます。実際には神職の方とよく相談して準備します。

喪主挨拶

五十日祭はこれをもって忌明けとなる霊祭(みたままつり)となります。また本来、五十日祭の翌日に執り行われる「清祓いの議(きよはらいのぎ)」が五十日祭と同日に行われることが多くなっています。そちらで行われる「直会(なおらい)」にて参列者に対して感謝の気持ちを込めて会食でおもてなしします。 喪主は会食の前と後に参列していただいた方へご挨拶します。会食の前では参列していただいた方への感謝を述べ、近況報告や葬儀の際の感謝の気持ちを述べたうえで、会食を楽しんでいただくよう述べます。会食の後では改めて五十日祭に参列していただいた方へのお礼の気持ちを述べ、会の終了を述べます。

神主へのお礼

五十日祭をはじめ、霊祭(みたままつり)を執り行うに際し、神主へのお礼をお渡しします。 ・お渡しする場合の封筒には「御礼」「玉串料」「神饌料」と記載します。 ・表書きは濃墨で書きます。 ・ハスの花の浮き出しのない水引・封筒を選んでお包みします。

玉串料・香典

五十日祭に参列する参列者の方は、喪家に対しお弔い金として玉串料をお納めします。玉串料は、玉串の代わりに納める金銭のことを言います。 神社、神職へのお祓い、葬儀の謝礼としてお渡しする金銭の表書きにも「お玉串料」と記載しますが、仏教でいう香典にあたるものとして参列する方が喪家に対してお納めする場合もお玉串料として表書きします。 お玉串料は、黒白の水引を用います(地域によっては黄白)。通常の不祝儀袋の場合は紫銀の結び切りが印刷されたものを使用します。いずれも仏式で用いるハスの花の浮き出しがあるものは使用しません。五十日祭では表書きは濃墨で書きます。 なお、五十日祭に限らず神式の場合は香を焚きませんので香典とは言いません。またお線香もあげません。

納骨

神式では、火葬し骨上げ後その日のうちに墓地にて納骨することが本来の姿です。しかし、現代ではお墓が準備できていない場合などもあり、遺骨は家に持ち帰り、五十日祭に納骨することが一般的になっています。 神式の納骨の儀式は埋葬祭と言います。墓前に神職の方をお招きして執り行います。 墓前においても、神饌や榊、供花をお供えし、注連縄を配して飾り付けします。 神職の方がお祓いと祝詞の奏上を行った後、参列者一同が玉串奉奠といって、玉串を正式な形で捧げて拝礼します。

案内状と喪主挨拶の例文

神式の霊祭(みたままつり)である五十日祭は、故人を偲び、忌明けとなる大事なイベントです。故人がお世話になった、あるいはお付き合いのあった方に心を込めて案内状を送付します。 また、当日は主催者側として多くの行事が含まれています。参列いただいた方に失礼に当たらないよう、喪主挨拶については事前に作成、お世話に神職の方に内容を事前確認してもらいましょう。

五十日祭の案内状

一般に五十日祭のご案内は、往復はがきに内容をしたため、返信がしやすい形で対応します。 往ハガキに記載するべき内容は次のとおりとなります。 ・時候の挨拶、先般葬儀に際してのご参列御礼 ・五十日祭など霊祭(みたままつり)の名称 ・五十日祭へのご参集依頼 ・五十日祭の日時、場所 ・喪主住所氏名(電話番号を添える) ・送付タイミング:復ハガキの投函期日1週間から10日前をめどに

五十日祭の喪主挨拶例文

五十日祭の喪主挨拶例文

五十日祭における喪主挨拶は会食の前後でそれぞれ行います。神葬祭および五十日祭に参加していただいたこと、その後の本日までのお気遣いについて、参列された方へのお礼と感謝の気持ちを表します。また、神葬祭以降の近況などを紹介することもこのタイミングで行います。

当日喪主挨拶例1

皆さまにおかれまして、本日はお忙しい中お集まり頂きまして誠にありがとうございました。 神葬祭の際には、皆さまには大変お世話になり、あらためて御礼申し上げます。 ○○が亡くなり本日まで、それはそれで寂しい毎日を過ごしてまいりました。五十日祭を迎えるにあたり、これからも遺された家族が協力し合って毎日を過ごしてまいります。どうかこれからも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 ささやかではございますが、お食事をご用意いたしました。お時間の許す限り、ごゆっくりお過ごしいただけますでしょうか。本日はありがとうございました。

当日喪主挨拶例2

本日はたいへんお忙しい中、亡き○○の五十日祭にお越しいただき誠にありがとうございます。 神葬祭の際には、皆さまには一方ならぬご懇情を賜り、あらためて御礼申し上げます。 本日、無事に五十日祭を迎えることができましたのも、ご列席の皆様方のお力添えの賜物と深く感謝いたしております。 ○○を失ったことはとても悲しいことではありますが、遺された者が力を合わせて生きていく事が、亡き○○への何よりの供養と考えます。どうか今後ともご指導賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 本日はお時間の許す限りごゆっくりお過ごしいただければと存じます。本日は誠にありがとうございました。

当日喪主会食終了時挨拶例

・お忙しい中、本日は最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。これにて会のほうはお開きとさせて頂きたいと存じます。本日は誠にありがとうございました。 ・そろそろお時間となりました。これにて会のほうもお開きにしたいと存じます。本日はお越し頂きまして、誠にありがとうございました。

玉串料の表書きの書き方

玉串料の表書きの書き方

玉串料は参列者の方が喪家に対し、お弔いの気持ちを表すためにお納めする仏式でいうところの香典にあたるものを指します。玉串料の表書きも葬儀にあたる神葬祭とその後の法要にあたる霊祭(みたままつり)でも書き方に違いがあります。 玉串料の表書きの書き方を整理します。

五十日祭の表書き

表書き

御玉串料、玉串料、御榊料、神饌料、御霊前(みたまの前) 霊祭の場合は、濃墨で記載します。一方、葬祭の場合は薄墨で記載します。

不祝儀袋

お包みする金額に応じて簡易な水引が印刷されているものから、水引き束数が増えていくなどグレードも変わります。ハスの花の浮き出しのない商品を選びます。

水引

白一色、あるいは黒白、あるいは銀一色の大きく三種類があります。 京都や北陸では黄白の水引を用いる場合があります。

五十日祭の費用の相場

五十日祭に限らず、冠婚葬祭に際しての各種費用については宗派や地域により千差万別ではっきりとした決まりがあるわけではありません。こちらでは一般的な相場ということで整理します。

神主へのお礼

神主へのお礼

神式の霊祭については忌明けとなる五十日祭や1周忌である一年祭などは盛大にとりおこないますので、神主をはじめとした神職の方にも相応のお礼をすることになります。 また、神職の方がご自身で会場まで来られた場合は御車代として5千円~1万円を御包みします。喪主など主催者側で手配した場合は必要ありません。 神職の方が霊祭の後の会食にご参加されない場合は、御食事代としてやはり5千円~1万円を御包みします。表書きは「御膳料」とするのが一般的です。

玉串料・香典

五十日祭に参列する際に、弔い料として御包みする金額も毎度迷うところです。 友人・知人といった一般の参列に際しては平均1万円です。御親戚の場合は1万円、1.5万円、2万円となります。 御親戚の場合でも身近な方であったか、滅多にお会いしたことがなかったかといった関係性で金額をかえてもよいとされています。また自身が孫である場合は孫一同としてまとめたり、夫婦の場合も夫婦名義でまとめる場合があります。

引き出物・お返し

玉串料のお返しとして返礼品を用意します。これらの返礼品には、「偲草」「しのび草」などと薄墨で記したのし紙を掛け、お礼を記載した挨拶状を添えてお渡しします。引き出物の予算相場としてはいただく金額の半分程度が目安となります。 高額の玉串料をいただいた際も、原則は半分程度の返礼品を用意します。神葬祭の際に、当日返しを行った場合は、忌明けである五十日祭終了後に当日返しから差し引いた程度の贈り物をします。 ただし、高額の玉串料をお供えいただくのはそれ相応の理由がある場合が多いです。経済的な援助や、故人への敬いを表してもらっている場合も多いです。そこを半返しにこだわってしまうと、かえって失礼にあたります。 その場合は、金額にこだわるのはなくお礼のお気持ちを表すような御礼状やご挨拶で対応するのがよいです。

食事会

食事会

五十日祭が終わった後には食事会をして改めて故人を偲びます。清祓の儀、合祀祭などを兼ねる場合もあり、忌明けとしての直会(なおらい)を行う場合もあります。直会とは神事の最後に、神饌としてお供えしたものをいただくことです。 忌明けの食事会ですから、特に避けたほうがよい食事はありません。外食の場合は3,000円から5,000円の懐石料理などが、自宅で食事する場合は同程度の仕出し弁当などが一般的です。

「五十日祭」を正しく理解して失礼のないように対処しよう

「五十日祭」を正しく理解して失礼のないように対処しよう

冠婚葬祭は普段は接することが少ないイベントですが、そのマナーを知らないと失礼にあたることがよくあります。今回は、神式、神道の「五十日祭」の意味や式の開催要領などについて整理しました。 「五十日祭」に正しく対処することができれば、お客様や上司からも認められる存在になります。この機会にしっかりとマスターしておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング