IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

過去帳の書き方と記入例|浄土真宗・位牌との違い・お布施・見台

家事

過去帳とは死者の戒名、俗名、死亡年月日、享年などを記載している帳簿のことです。過去帳の書き方や記入例、それから過去帳と位牌の違いについて詳しく書いてあります。過去帳から、自分のルーツ探しをお考えの方には是非、お寺へご相談ください。

更新日時:

過去帳って何?

過去帳とは何なのかわからい人も多いでしょう。しかし、過去を調べるうえではとても便利な帳簿です。現在、お寺に存在する人も、これから作成される人も、過去帳を作成されるときは以下の内容を参考にしてください。

意味

過去帳とは仏教の儀式で使われる日用品とは異なる特殊な道具の一つで、故人の戒名(法号・法名)、俗名、死亡年月日、享年(行年)などを記載している帳簿のことです。 形状は折本と和本(和綴じ)の物に分けられます。 表紙の素材は布(金襴・緞子など)や唐木(黒檀、紫檀など)などで施されます。紙の素材は和紙(多くは鳥の子紙)製と洋紙製が施されています。

過去帳の日付有無って?

過去帳の中身はというと、「日付入り」と「日付なし」のものがございます。「日付入り」のものは1日から31日までの日付が入っており、亡くなった日のところに記載します。 日付を入れた過去帳は毎日めくることで故人の命日(月命日・祥月命日)を確認し、追善供養、または謝恩をします。 日付の入っていない過去帳は、死亡順に記入していく年表式のものであり、記録簿としての働きが備わっています。寺院ではこちらの物が使用されていることが大半です。また、日ごとに揃えて記入するわけではないので、複数の故人の命日(日)が重複すると同時に開いて出しておくことは不可能です。

見台

過去帳の見台は寺院または家庭の仏壇において、過去帳を乗せておくための台のことです。また、各宗派で使用されていますが使用の仕方は異なることもあります。 浄土真宗の場合は、通常は過去帳は仏壇の引き出しの中に収めておきます。見台は略式の仏具です。しかし、死者の命日を確認する時に有効で、仏壇内の下段に見台を置き過去帳を収めておくことも容認されています。

種類

和をモチーフとした過去帳は寺院で使用されることが頻繁で、家庭用の場合は折本形式が標準的です。また、家庭用では主に日付ありのタイプを用います。仏壇用に購買する場合は、折本形式で日付ありのものを選ぶことをおすすめします。 過去帳を購買するときには、過去帳を開いて置けるようにするための見台を合わせて用意します。見台はページを開いておくための押さえが付いていて、簡単に調節できる角度になっているものが標準です。 図案は過去帳と同じくありとあらゆるジャンルがあります。大事なのは、自らが選んだ過去帳の色や大きさに合ったものを選択することです。見台は過去帳よりひと回り小さい物のほうがジャストサイズでしょう。実際に触ってみて、しっくりきた物の方が供養にもなります。

表紙

過去帳の表紙には金襴や緞子などの布製や、黒檀や紫檀などの唐木材を使用したもの、蒔絵を施したものなどがあります。表紙に記入するタイプの過去帳の場合書き方は、「○○家過去帳」「過去帳」などです。 過去帳の作成が難しい場合は、寺院にお願いしましょう。

過去帳の書き方と記入例って?

過去帳を作成される場合、書き方や記入の仕方が宗派によっても異なりますので、詳しいことは寺院の方と相談をして行いましょう。もし、難しい場合は寺院の方に頼まれることをおすすめします。

浄土真宗

浄土真宗は阿弥陀如来をご本尊としています。戒を受けないため戒名ではなく「法名」と呼んでいます。 過去帳の書き方では、浄土真宗の法名には釋号がつきますので、「釈」や「釋」に続く二文字が正式な法名になります。 ・浄土真宗、一般的な法名、過去帳の書き方の記入例:「釋○○」(男性)「釋尼○○」(女性) ・浄土真宗の法名、院号がつく場合、過去帳の書き方の記入例:「○○院釋○○」 (男性)「○○院釋尼○○」(女性) この書き方の例では男性は6文字、女性は7文字の法名になります。また、男性と女性はフェアーという立場から女性でも釋尼を使用せず、釋○○と使用することもあります。 浄土宗の戒名は「誉」という言葉・誉号が挿入することがあります。五重相伝を授けられた方に授与され、院号、誉号、道号、正式な戒名、位号などの順になります。 過去帳の作成が難しい場合は寺院にお願いしましょう。

曹洞宗

過去帳の書き方には宗派などにより戒名の構成は多種ありますが、共通する所もたくさんあります。曹洞宗は社会的差別の撤廃、人権の確立を目指して取り組みを進めるのは「お釈迦さまと両祖の人間が共に考えるという教えを継承する」という大切な意味があります。 ・戒名の構成には、院号、道号、正式な戒名、位号があります。 ・過去帳の書き方の記入例、戒名(正式な戒名を**) ・男性の場合:「○○院□□**信士」、女性の場合:「○○院□□**信女」 この書き方の記入例では大きい意味での戒名は九文字になります。 オフィシャルな戒名の前の□□は道号といわれる別称で、正式な戒名に続く信士・信女は位号といい、標準的なものでしょう。位号には他に居士、大姉などがあります。 過去帳の作成が難しい場合は寺院にお願いしましょう。

真言宗

真言宗の過去帳の書き方の記入例はまず、最初に寺院の名前真言宗○○派○○寺 住所を書きます。そして、2~3ページに光明真言と「南無大師遍照金剛」と記入します。4ページ目からは可能な限りの範囲で祖たちの名前を書きましょう。5ページ目以降は仏壇に入っている仏様のを亡くなった順に梵字・戒名・俗名・没日・出生地・生年を書いていきます。 梵時は「阿字」が書かれてありますが上手く書けませんので、「阿」「ア」で書いてもかまいません。可能であれば墨を使用し毛筆で書いた方が良いです。 過去帳の作成が難しい場合は寺院にお願いしましょう。

日蓮宗

過去帳の書き方や日蓮宗の法号(戒名)では、「日」という文字、日蓮聖人にかかわりのある日号が多く入れられます。また「法」「妙」などの文字も使用されます。 過去帳は、個人の戒名や俗名・死亡年月日・享年などを記しておく帳簿の事です。日蓮宗の過去帳の表装には日蓮宗の宗門『井桁に橘』が刺繍されています。 また、全ての場所には御題目『南無妙法蓮華経』と 日蓮宗法華宗で信仰される『三十番神』の文字が書かれています。 家々のご先祖様が記ているのが過去帳ですから、お位牌同様非常に大切な仏具の一つになります。詳しくは寺院の方で確認しましょう。

過去帳と位牌の違いってわかる?

過去帳と位牌の違いは、まず、過去帳とは死者の戒名や俗名、没年月日などを記録しておく帳簿のことを指しています。 位牌とは故人の祭祀のため、故人の戒名や法名、法号などを記入した木の板のことです。中国の後漢時代から儒教の葬礼に使用された、神主(しんしゅ。故人の官位・姓名を書く霊牌)と同視されたため、位牌と言われています。 起源は、霊の依代という古来の慣例と仏教の卒塔婆が習合した習わしでしょう。日本には禅宗と共に鎌倉時代に伝来し、江戸時代にはこの習わしが伝わりました。沖縄にも位牌はあり沖縄の方言では、祖先を意味する「トートーメー」も位牌です。 それから、浄土真宗では位牌を祀らないので、代用品として過去帳をお供えするのが本式とされています。

過去帳の起源

過去帳の起源は、鎌倉時代の頃からある少数の寺院で使用されていたという記録が残っています。その後、江戸時代に入ると檀家制度が用いられるようになり、個人の戸籍の管理のために多くの寺院や庶民の家庭でも作られるようになりました。 現在でも、戸籍の管理が役所の管轄になりました。この習わしは現在でも続いています。

寺院と個人の使用方法の違い

お寺で使用される過去帳には、そのお寺を菩提寺とする在家ご先祖の記録が全て記録されています。江戸時代から長らく続く個人情報の全てが備わっています。 興味本意から自分の今までの過去を辿りたいという想いがある場合は、菩提寺にお願いをして過去帳を見せてもらうと良いでしょう。実は近年では、個人情報保護の観点から簡単には過去帳を閲覧させてもらえない場合が増えています。 また、個人の過去帳はその家に縁のある死者の記録が記載されています。浄土真宗の場合は四十九日の法要が終了した際に位牌を作るのではなく、過去帳に法名を記します。 さらに浄土真宗以外の宗派の場合、三十三回忌などの節目に位牌から過去帳に戒名を写して変えてもらうことが増えています。

過去帳記入のお礼のお布施ってどのくらい?

過去帳記入のお礼のお布施ってどのくらい?

過去帳の記入には大体お寺の住職さんにお願いするのが妥当でしょう。記入のお礼なので、どのくらいの手間をかけていただいたかを考えて決めると良いでしょう。 書き込んだ尊霊の文字数がどのくらいなのか、お寺の過去帳を調査していただいたのか、それともすでにあったものからなのかによっても異なるでしょう。 こういった場合、お寺側によってお布施の基準はピンからキリまでで、過去帳の場合はいくらというはっきりとしたお値段は存在しません。

お布施

一つの参考としては、法事の時のお寺さんへのお布施の相場は、駐車料金、精進料理などを考慮した場合は約2万~5万円くらいでしょう。 これはあくまでも、相場です。お布施というのは、お寺への気持ちなので、自分がこのくらいと決めるのが良いでしょう。 ご先祖さまがたくさんいる方などは、お寺の古い過去帳を時間をかけて探して記入いただいという場合は手間と暇がかかります。そういう場合は5万円以上お布施しても相場でしょう。 記入した事柄がその寺院のはかまいり、厄除けなどのお参りで払うお布施よりも少ない金額で構わないというのは、あまりよくないでしょう。

過去帳を作成しよう

過去帳を作成される方は、過去帳の種類には綴じ型と折形の2種類があります。在家の方向けの過去帳は大体が折形でしょう。表紙の部分が金襴であったり、漆塗りが施されているものもあります。 紫檀や黒檀で作られた唐木や黒塗りの過去帳が多く、麗しい蒔絵が施された過去帳も見ることができます。 過去帳とセットで見台と言う台座を両方とも買われることがほとんどです。縦約12~15センチくらい、横約4~6センチくらい、厚みは2~3センチくらいの長方形の形が多数ございます。 仏壇店やネット販売などでは、過去帳の表紙に文字入れのサービスをしている店舗もありますので、購入前に必ず注文から納品までの工程・日数を相談しておくことをおすすめします。 また、買った後仏壇に置く場所は正面から右側が正式とされています。仏像が陰にならないように本尊よりも下段に設置し、死者の月命日には過去帳の記載日を開いておきしょう。

関連タグ

アクセスランキング