IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

納骨式の流れとマナー|服装/挨拶/費用/参列者/お供え・時期

ビジネスマナー

納骨式って実際何をするの?お布施と香典って違うものなの?石材屋さんって?お通夜やお葬式を終えて、ゆっくりと故人との別れを偲ぶことのできる最後の機会。本記事ではそんな納骨式を万全の準備で迎えるべく、必要なあれやこれやを徹底紹介。

更新日時:

納骨式とは

意味

納骨式は亡くなられた故人の遺骨をお墓に埋葬する儀式のことです。多くの場合四十九日に合わせて行われます。(キリスト教では1ヶ月後の頃、新道では50日霊祭の頃)

いつ

一般的にはいつ執り行うの?

いつ納骨式を行うのかについては、実は明確な決まりがあるわけではありません。しかし一般的には葬儀もひと段落し、遺族の気持ちも整理のついてくる忌明けに合わせて行われます。仏教でいうところの、いわゆる四十九日に当たります。

宗教、宗派による違い

納骨の時期は仏教であれば忌明けである四十九日ですが、宗教によって異なります。 例えばキリスト教でも納骨の時期にプロテスタントとカトリックで少し違いがあり、プロテスタントであれば1ヶ月後の昇天記念日に納骨を行いますが、カトリックでは1ヶ月後の命日に行われる追悼ミサで納骨式を行います。また、神道では五十日霊祭の日に納骨式を行います。 このように納骨式の一般的な時期は宗教や宗派によって異なりますが、あくまで納骨式はその辺りに行うことが多い、というだけなので、通常1年以内であればいつ納骨式を行っても問題ありません。

参列者

納骨式に呼ばなければならない参列者の範囲というのは、実は決まっているわけではありません。地域やご家族、親族のご意向によって千差万別になります。一般的には故人が親しくしていた友人などに参列してもらい、ささやかに行うことが多いです。 四十九日法要に合わせて行うことの多い納骨式ですが、かといって参列者全員でやらなければいけないというわけではありません。もちろん参列者が多ければそれに越したことはありませんが、納骨式はお布施代や会食費など、多くの費用がかかるという事もあり、ご家族や近親者だけで行う場合ももちろんあります。

案内状

納骨式のご案内状は通常法要ちょ合わせてお送りすることが多いです。ここにある例文を参考に、是非ともご案内状を書いてみて下さい。ちなみにお手紙でお出しする場合は基本的に縦書きになりますので、注意しましょう。 前略 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます ○○日忌の法要と納骨式を相営み併せて粗餐を差し上げたく存じます ので、ご多用中を恐縮でございますが何卒ご臨席を賜りますようお願い 申し上げます なお 当日は納骨式の後 お斎のご用意を致しております その折 亡◯の思い出話など承れれば幸いでございます

納骨式の流れと時間

以下では主に、仏式の納骨式の手順を紹介していきます。宗教や宗派によって納骨式の次第は変わりますが、多くの場合この仏式の流れがベースになっています。

次第

施主からの挨拶 お供え物、お供え花などを並べ終え、納骨式の準備が整いましたら、まずは参列者の方へ向けて施主からのお礼の挨拶を行います。 焼香 参列者による焼香が行われます。焼香には順番があり、まず遺族から近親者、知人という流れで順々に故人へ向けて線香を供えます。 納骨 石材店の方のお手を借りつつカロート(納骨室)の蓋を開け、遺骨を納めます。地域によっては納骨の際骨壺から取り出して直接入れる場合や、白い布で巻いて納める場合などがあります。 卒塔婆を立てる 浄土真宗以外の宗派では、多くの場合このタイミングで卒塔婆を立てます。 読経 納骨室の蓋をしっかりと閉じてから、僧侶の方による読経が行われます。 焼香 はじめに行ったのと同じ要領で再び焼香を行います。 挨拶 最後に施主による挨拶で納骨式を締めます。

食事

法要と合わせて納骨式を行う場合は、その後に「お斎(おとき)」という会食の席を設けるのが一般的です。 会食を行うのには二つの意味があります。 まず、僧侶や参列者の皆様への感謝をお伝えするための場を用意するという意味。 もう一つは、参列者の皆様と語らい、故人を偲ぶという意味です。 昔は精進料理などで質素に済ませることの多かった御斎ですが、最近ではホテルなどで豪華に行う事も多いです。しかし忘れてはならないのは、食事を出していただく場へこれが御斎であるという事をきちんと伝える事です。それを忘れてしまうとお皿などの食器類の色にめでたい赤や白などが使われてしまったり、「慶事」用の料理が混ざってしまう事もあります。

御斎に僧侶をお呼びする場合

御斎の場に読経をしてくださった僧侶の方については、呼ぶ場合でも呼ばない場合でも必要になるマナーがあります。 会食にお呼びする場合は、お布施代とお車代をお渡しするのが基本になります。もし引き出物がある場合はこのタイミングで一緒にお渡しします。 もしお呼びしない場合は、お布施とともに食事代に相当するお膳料をお渡しします。実際時期によっては僧侶の方も忙しく、一日に何件も供養をしなくてはならない事もあるので、止むを得ず御斎に来られないという事も多くあります。

納骨式のマナー

服装

納骨式当日の服装は、少なくとも四十九日の忌明けまでは参列者の方も喪服で出席するのが通例です。男性であれば黒のスーツに白シャツ。ネクタイ、靴下、靴は共に黒が好まれます。忘れやすいところですが、ベルトのバックルも黒が良いでしょう。 女性の場合も同様で、黒のジャケットに黒のワンピース、あるいは黒スーツが好まれます。パンプスやバック、ストッキングなどの小物も黒で統一されているのがベターです。アクセサリーも可能な限り光り物は避けた方が良いです。 忌明け後は近親者の場合、略式喪服でも問題ありません。参列者の方の場合は平服でも良いので、清潔感のある格好を心がけて行きましょう。

お供え花

納骨式では祭壇に飾るための花が一対必要になります。この花は基本的に施主側で準備するものになります。花の種類は生花であればどんな種類でも問題ありませんが、墓参りや葬儀の際と同じく棘がある花、バラなどの香りが強い花、椿などの花弁がすぐに落ちる花や花粉がつきやすい花などは避けましょう。 お墓での納骨の際も同様です。この花は強いて準備しなければならないものではありませんが、選ぶ際は仏花などがベターでしょう。ちなみにこの花は参列者が用意する事も可能です。

お供え花以外にも、お供え物のマナー

お供え花以外にもお供え物をしたいという時は、のし紙をつけてお渡しします。のし紙の表書きには「御供」や「粗供養」と書かれた物を選びましょう。四十九日以前であれば黒白の水引がプリントされた物を用います。四十九日以降は双銀の結び切りがプリントされたものを用意しましょう。 お供え物を渡す際にもマナーがあります。仏壇に直接供えるのはNGで、まず遺族の代表の方にお渡ししましょう。 また、お渡しする物で肉や魚などの生ものはNGです。貰ったところで取り扱いに困るというのもありますが、何より殺生を連想させてしまいます。亡くなられた故人の方の好きだったお菓子など、日持ちのする物を選ぶのがオススメです。

お布施・表書き

お布施というのは葬儀、法要、納骨などにおいて僧侶の方に読経していただく際にお渡しするお金です。「お気持ち」としてお渡しするもので、あくまでサービスに対する代金ではないため、決まった金額などは存在しません。 とはいえ、おおよその目安はあります。納骨堂やお墓の種類、場所などに関係なくお布施はおおよそ30,000円〜50,000円程度が相場となっています。 確かに定額ではないのでいくらお渡ししても良いのですが、あまり安いと恥を書きますし、読経をして下さっている僧侶の方にも失礼に当たります。かといって、高過ぎると僧侶の方も困ってしまいますから、相場を考慮し、近親者の方々と相談した上でお渡しするのが重要です。

僧侶の方へのお布施の渡し方

よく間違われる事ですが、納骨式におけるお布施は香典とは別ものになります。そのことを踏まえた上で、正しい礼式に則って僧侶の方にお布施をお渡ししましょう。 お布施をお渡しする際、お札は半紙で包むかあるいは中袋に入れるなどした上で、「奉仕紙」で包みます。そして「奉仕紙」に黒炭で「お布施」(あるいは「御布施」)と書いて、中袋の裏側に「住所、氏名、金額」を書きます。追加で水引をつける事もありますが、地域によって異なります。 以上でお布施をお渡しするための準備は完了です。読経を終えたのち、小さなお盆あるいはふくさにお乗せして僧侶の方にお渡ししましょう。また、市販のもので白い紙に「お布施」と書かれたものも販売されていますので、そちらを使うのもおすすめです。

挨拶

納骨式にはお葬式や告別式とは異なり、故人の方により近い人が集まります。そのため、故人の方との思い出話などを織り交ぜた挨拶をしますと、より記憶に残る納骨式になります。

お礼・石材店

参列者の方々、僧侶の方と並んで納骨式において重要になるのが、お墓の石材店とのやりとりです。石材店の方にはお墓の準備から実際の納骨まで多くのポイントでお世話になります。お互いに気持ちよく納骨式を終えることができるよう、流れを確認し、しっかりと準備して臨みましょう。 石材店とのやり取りではまず、新しく納骨される戒名などを石に彫刻してもらうべく依頼をする必要があります。同時にお寺様とも連携を取りつつ、納骨の法要が可能な日取りを調整しましょう。 日取りが近づいてきましたら、石材店へお支払いする謝礼も忘れないように準備しましょう。とはいえ、石材店の方は住職や神職の方ではなく、あくまでお仕事の方なので、別途のお礼などを用意する必要はありません。担当の石材店が提示する金額の謝礼をお支払いし、きちんと領収書を受け取りましょう。

納骨式の費用

納骨式の費用の内訳

納骨式には平均して約数万円〜十万円ほどの費用がかかります。ここからは必要になる費用のおおよその内訳をご案内していきましょう。あくまで目安なので、正確にこれだけかかるとはいえませんが、どうぞ参考にしてみて下さい。

その1、僧侶/宗教者の方にお渡しするお布施代(30,000円〜50,000円)

いわゆるお布施代です。あくまで「お気持ち」なので固定した金額はありませんが、少なくとも仏式の場合この程度は用意しておく必要があります。もし、開眼法要や回帰法要などをされる場合は、その分と合わせてお渡しするのが良いでしょう。

その2、石材店の方に納骨をお願いするための作業費用(約15,000円〜30,000円)

石材店ごとに費用には幅があります。もしご自身でカロート(納骨室)の開け閉めを行える場合この作業費用は不要ですが、石材店の方と連絡を取り、確認をする必要があります。

その3、戒名などの名前を墓石に彫刻する費用(30,000〜50,000円)

こちらも石材店とのやり取りが必要です。墓誌に追加で戒名などを掘っていただく場合も、事前に連絡しましょう。また、生前に赤色に塗っていただいていた場合は、白く塗りなおしてもらう必要があるので、そこもポイントです。

その4、法要部屋の代金(約10,000~30,000)

自宅で納骨式を行う場合は不要ですが、霊園などで法要室を利用した際に必要になる費用です。場合によってはお寺を使うことができる場合もあるので、節約されたい時などはお寺の方に一度ご連絡するのがオススメです。

その5、塔婆代(約2,000円〜5,000円)

浄土真宗以外の仏式で必要になります。お寺によって値段は変わりますので、お寺に一度確認してみましょう。

その6、お供え物、お供え花代などの小物費用

お供え物やお供え花、手桶などの小物費用です。手桶については霊園によって設置している場合もあるので、ぜひ確認してみてください。

実は安く抑えるための裏ワザも、、?

以上が納骨式に必要な費用のおおよその全体像です。結構費用が嵩むと驚かれるでしょうが、実は安価済ませるための裏技として、納骨堂を利用するという手もあります。納骨堂を利用する場合は墓石などの費用が掛からないので断然安く抑えることが可能です。 とはいえ納骨式といえば、葬式や法要についで故人を偲ぶための最後の場。どんな形にするかは、お財布とも相談しつつ、ご家族とご相談してお決めください。

納骨式の準備はお早めに!

いかがでしたでしょうか。今回は納骨式に必要な色々な費用やマナーについてご紹介していきました。 全体を通して改めてハッキリするのは、やはり早めの準備が不可欠だということです。石材店とのやり取りやお寺の住職さんとの打ち合わせなど、焦りはもちろん禁物ですが、準備に多くの手間が必要になるというのも確かです。 一生に一度の納骨式。葬儀や法要に埋れがちな式ですが、故人のことを友人や親族みんなで集まって偲ぶことのできる最後の機会です。清々しい気持ちで故人を送り出せる様、しっかりと準備してみて下さい。

関連タグ

アクセスランキング