IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

納骨式の流れとマナー|服装/挨拶/費用/参列者/お供え・時期

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

納骨式って実際何をするの?お布施と香典って違うものなの?石材屋さんって?お通夜やお葬式を終えて、ゆっくりと故人との別れを偲ぶことのできる最後の機会。本記事ではそんな納骨式を万全の準備で迎えるべく、必要なあれやこれやを徹底紹介。

納骨式とは

意味

納骨式は亡くなられた故人の遺骨をお墓に埋葬する儀式のことです。多くの場合四十九日に合わせて行われます。(キリスト教では1ヶ月後の頃、新道では50日霊祭の頃)

いつ

一般的にはいつ執り行うの?

いつ納骨式を行うのかについては、実は明確な決まりがあるわけではありません。しかし一般的には葬儀もひと段落し、遺族の気持ちも整理のついてくる忌明けに合わせて行われます。仏教でいうところの、いわゆる四十九日に当たります。

宗教、宗派による違い

納骨の時期は仏教であれば忌明けである四十九日ですが、宗教によって異なります。 例えばキリスト教でも納骨の時期にプロテスタントとカトリックで少し違いがあり、プロテスタントであれば1ヶ月後の昇天記念日に納骨を行いますが、カトリックでは1ヶ月後の命日に行われる追悼ミサで納骨式を行います。また、神道では五十日霊祭の日に納骨式を行います。 このように納骨式の一般的な時期は宗教や宗派によって異なりますが、あくまで納骨式はその辺りに行うことが多い、というだけなので、通常1年以内であればいつ納骨式を行っても問題ありません。

参列者

納骨式に呼ばなければならない参列者の範囲というのは、実は決まっているわけではありません。地域やご家族、親族のご意向によって千差万別になります。一般的には故人が親しくしていた友人などに参列してもらい、ささやかに行うことが多いです。 四十九日法要に合わせて行うことの多い納骨式ですが、かといって参列者全員でやらなければいけないというわけではありません。もちろん参列者が多ければそれに越したことはありませんが、納骨式はお布施代や会食費など、多くの費用がかかるという事もあり、ご家族や近親者だけで行う場合ももちろんあります。

案内状

納骨式のご案内状は通常法要ちょ合わせてお送りすることが多いです。ここにある例文を参考に、是非ともご案内状を書いてみて下さい。ちなみにお手紙でお出しする場合は基本的に縦書きになりますので、注意しましょう。 前略 ◯◯の候 皆様には益々ご健勝のことと存じあげます ○○日忌の法要と納骨式を相営み併せて粗餐を差し上げたく存じます ので、ご多用中を恐縮でございますが何卒ご臨席を賜りますようお願い 申し上げます なお 当日は納骨式の後 お斎のご用意を致しております その折 亡◯の思い出話など承れれば幸いでございます

納骨式の流れと時間

以下では主に、仏式の納骨式の手順を紹介していきます。宗教や宗派によって納骨式の次第は変わりますが、多くの場合この仏式の流れがベースになっています。

次第

施主からの挨拶 お供え物、お供え花などを並べ終え、納骨式の準備が整いましたら、まずは参列者の方へ向けて施主からのお礼の挨拶を行います。 焼香 参列者による焼香が行われます。焼香には順番があり、まず遺族から近親者、知人という流れで順々に故人へ向けて線香を供えます。 納骨 石材店の方のお手を借りつつカロート(納骨室)の蓋を開け、遺骨を納めます。地域によっては納骨の際骨壺から取り出して直接入れる場合や、白い布で巻いて納める場合などがあります。 卒塔婆を立てる 浄土真宗以外の宗派では、多くの場合このタイミングで卒塔婆を立てます。 読経 納骨室の蓋をしっかりと閉じてから、僧侶の方による読経が行われます。 焼香 はじめに行ったのと同じ要領で再び焼香を行います。 挨拶 最後に施主による挨拶で納骨式を締めます。

食事

初回公開日:2018年02月14日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング