IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

ビジネスマナー

一周忌の法要を施す側、法要に招かれ出席する側、双方ともお葬式とは違って不慣れなところに、各地方の風習などが入ってくる場合もあります。最近ではお経をあげて済ませるだけという家族もいる新しい常識がある時代です。まず失礼のないよう注意するために、ご紹介していきます。

更新日時:

一周忌とは?行事の流れを知りましょう。

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

一周忌とは、故人がお亡くなりになってから満1年目の命日に執り行う法要・法事のことです。地方によっては一回忌と言いますし、宗教によっては「1年目の記念集会」「ミサ」「一年祭」「霊祭式」と違った呼び方をします。 お葬式では「喪主」という呼び方をしていますが、それ以降は法要になるので「施主」と呼びます。基本的に四十九日法要以降は、親しい親戚や故人と深く所縁のあった友人・知人と少人数で執り行います。最近では友人・知人は呼ばず、親戚だけで執り行うことが多くなりました。 葬儀や告別式と違って、法事の場合は「案内状」を出して出欠の確認を取ります。四十九日法要や一周忌法要では「会食」が含まれているので、人数分の食事・飲み物、そして引き出物(粗供養)を準備しなくてはいけないからです。 一周忌法要の準備も葬儀屋に依頼することができますが、お供え物や引き出物など基本的なことは知っておきましょう。

一周忌のお供えの選び方(施主側が注意すべき点)

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

一周忌法要の運びは、お寺によって違うこともあります。もちろん宗教が違えばなおさらのことです。一般的な一周忌の法要について学んで行きますが、ここではお供え物・粗供養・招かれた人が持参するお供え物などについて説明していきます。 まずは、施主側が用意するお供え物にはどんな物があるのか、お供え物ごとにしきたりがあるのか、などを個別に見て行きましょう。

「花」はやっぱり菊がいいの?

お葬式や弔事の時の花のイメージと言えばやっぱり「菊」でイメージカラーは「白」ですが、最近では「百合・カーネーション・カスミソウ」などの花でアレンジメントをしてあることが多くなりました。 一周忌のお供えとしてのお花は、全体的に白過ぎないように淡い指し色を足して少し明るめの雰囲気のあるアレンジメントをしてあるものが良いでしょう。お仏壇にお供えするお花に加え、余裕があれば両サイドにも対でアレンジメントをしたお花を飾ると、さらに良いでしょう。 お葬式・一回忌・その他法要・お仏壇、どれも共通してお供えにふさわしくないタブーな花は「牡丹」や「バラ」「バラ科の花」です。これらはどれも枯れて来ると、花びらではなく花ごと下に落ちてしまいます。一説では「ギロチン」を彷彿をさせるという事もあり、枯れてゆく時に花ごと落下する植物はふさわしくありません。

「果物」は絶対にお供えした方がいい?

果物は「お供え」として参列者が持参する場合がありますが、あらかじめ施主側でもお仏壇のお供えとして用意しておくべきです。「篭盛り」になっている果物だと、一周忌法要が終わった際に、引き出物と一緒に分けて持ち帰ってもらいやすいので便利です。 篭盛りや、お花(献花)には親しい「供:〇〇〇〇」と施主側の家族名や、「お花や果物の篭盛りをお供えとして出すよ」と言ってくれた親戚の名前を書いてお供えします。 果物の彩はカラフルでも構いません。日持ちのしない果物は使わない・棘のある果物は入れない、などの配慮があれば十分です。

「お菓子」は篭盛りでお供えしましょう

参列者が「お供えに」とお菓子を持参してくるなら、それは菓子折りで十分です。しかし、前もってお供え物として準備するならば「篭盛り」のお菓子を準備しておきましょう。てんでバラバラなお菓子を積み上げていては見栄えが悪いです。 一周忌に限らず、お供え用の篭盛りも施主側の家族や、あらかじめお供えとして費用を持ってくれると願い出てくれた親戚の名前を「供:〇〇〇〇」と書いて誰からのお供え物なのかわかるようにしておきましょう。 篭盛りとなると、業者が予算に合わせて中のお菓子を盛ってくれるので、どんなお菓子がいいかなどと悩む必要はありません。そこは、注文した業者さんにお任せして、一周忌法要が終わってからお供えなどの果物と一緒に、引き出物の中に入れて参列者に持ち帰って頂きましょう。

お酒をお供えしても大丈夫?

葬儀・四十九日のように基本的にお仏壇や祭壇へお供え物としてお酒を納めるのはふさわしくありません。「在家の五戒」という戒律があり、その中に「不飲酒戒」というお釈迦様の仰言った戒律があるからです。 しかし、現代ではそこまで厳しく咎める人やお寺さん(お坊さん)は居ないので、お供えしても大丈夫です。特に個人が好きだったのであれば、お供えしてあげる気持ちでも大丈夫です。参列者からお供え物としてお酒を貰うことは滅多にありませんが、「供物」と書いてあれば問題はないでしょう。 お酒に漏れず、タバコもそうです。お線香と一緒に火をつけたタバコを香炉に立てている人もいますが、お寺さんが帰った後なら問題はないでしょう。一周忌は喪が明ける日でもあります。葬儀・告別式・四十九日でのお供えではふさわしくありませんが、一周忌からは問題ありません。

お供え物は「餅」?それとも「ご飯」?

実は、お供え物で言う「ご飯」は「御物飯(おぶっぱん)」と呼び、一番重んじられているお供え物です。お餅のことは「お華束(おけそく)」と呼びますが、地域によっては「御物飯」のことを「お華束」と呼び、お餅はお供えせずに、お饅頭と一緒に箱詰めにして引き出物とするところもあります。 「御物飯」は、朝一番に炊いたご飯を一番最初に盛ります。ご飯を盛る器を「仏飯器(ぶつぱんき)」と呼びます。祭壇・お仏壇へのお供え物の順位としてはトップで、絶対に必要なお供えです。むしろ「御物飯」は別物とする方が正しく、「御物飯」と「御供物」という風に考えましょう。

お供えの「お餅」の個数は決まっているの?色は?

お供えのお餅は「お華束(おけそく)」とも呼ばれ、「御物飯(おぶっぱん)」の次に重要なお供え物です。しかし、地域によってはお供えとして置かず、引き出物の一部とするところもあります。注文する場合は「丸餅」「お供え餅」「四十九日餅」という名前で通用するでしょう。 お餅をお供えする時は専用の器があります。その器を「供筍(くげ)」や「高坏(たかつき)」と言います。「供筍(くげ)」は浄土真宗本願寺派であれば六角形の供花型で、真宗大谷派だと八角形と宗派によって変わることがありますが、「供筍(くげ)」がなければ「高坏(たかつき)」で十分です。 どちらも一対で準備します。お供えの餅は三角形になる用のに盛る所が殆んどですので、小さい物だと12個程・大きい物は4個程と考えてお供えしましょう。地域によっては、お餅に薄く桃色を付ける所もあります。

意外と知らないお供え物の重要度順番!

先程、一周忌であろうとお供え物としてはカウントされないのが「御物飯(ごぶっぱん)」で一番重要と書きましたが、その「ご飯=御物飯」を一番としたら残りのお供え物「御供物」の順はどうなるのかご紹介します。 ①「御物飯(ごぶっぱん)」=炊き立て一番のご飯 ②お供え物「お餅」 ③お供え物「お菓子」 ④お供え物「果物」 ⑤お供え物「その他(ジュース・お酒・たばこ・缶詰など)」 という風な順番になります。まず基本として①~③は準備しておきましょう。果物はあれば良いですが、一周忌では無理して篭盛りを準備する必要もありません。もし、お寺で一周忌法要を行うのであればさらに内容も変わって来ることも多いので、ご住職などに確認することが必要です。

会食の「御膳」はどうしたらいいの?

一周忌の流れは、お寺さん(僧侶)による読経の後に一同焼香をします。そして次に会食という流れが一般的です。一周忌に限らず、法要の時の会食を「お斎(おさい)」と呼びます。実はこの「お斎」、省いても失礼にはあたらないことを意外と知られていません。 その代わりに、参列者には引き出物と一緒に「お斎」の代りとなる料理の折詰めをお渡しすることがマナーです。この時に、お酒の小壜(こびん)も併せて持ち帰っていただくこともあります。 そしで、実際「お斎」をする場合に大切なのは予算決めです。参列者には案内状が行くので人数の把握ができたら次のように計算します。 「一人当たりの予算」-「引き出物の金額」=「御膳(お斎)の予算」 そこで、仕出し屋さんなどに予算を伝え人数分の御膳を用意してもらいます。この時に、お斎の予算の中に飲み物代(予算)を入れることも忘れないようにしましょう。

お供え・御膳・一周忌にかかる相場

一周忌に施主側で用意するお供え物の相場は、遺族次第です。自宅で行う場合は、お供え込みで祭壇を業者に依頼するという手もあります。施主が一番悩むのは「引き出物(粗供養)」と「御膳(お斎)」です。 一周忌を自宅や公民館などを借りて行う場合の御膳の相場は飲み物込みで5千円~1万円程度です。田舎の方では、親戚が近所にいるため一人分3千円程度の仕出しと、持ち寄りの煮物や漬物、そしてお酒を色々用意しておくこともあります。 もし、旅館やどこか料亭など会場を設けて一周忌をするとなると御膳の予算はもちろん上がります。飲み放題付きで御膳の予算は8千円~が相場です。田舎では6千円~と物価格差はあります。 引き出物(粗供養)も準備することを考えても、一人当たり1万2千円~で余裕があれば2万円というところです。引き出物は、参列者からのお供え品代や包んでくれた金額の1/2~1/3程度の物を準備します。

一周忌に僧侶に渡す「お布施・お車代・御膳料」は?

一周忌にお呼びした僧侶に手渡すお金の種類は「お布施・お車代・御膳料(御食事代)」があります。一周忌のお布施の相場は3万円ないし5万円といったところです。4という数字は避けるためです。 自宅に僧侶を招いて一周忌の法要を執り行った場合は「お車代」を別途包みます。お車代の相場は5千円~1万円です。これは「御車代」として別途お渡しします。 一周忌法要の席では僧侶が一緒に「お斎(食事)」をすることが多々あります。もし、「お斎」に参加されないのであれば「御膳料」としてまた別途包む必要があります。僧侶が「一周忌のお斎」に参加するか否かはあらかじめ分かりますので、慌てて用意する状況にはならないでしょう。 地域によっては一周忌の「お斎」を始める前に、一周忌法要後のお墓参りをするところもあります。お墓参りが終わったタイミングでお帰りになられる僧侶もいますので、お布施などは持って行く方が良いでしょう。

一周忌のお供えの選び方(参列者が注意する点)

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

一周忌は一番最初の年忌法要です。この後には三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌とあるのですが、実際多くても七回忌まで執り行えば良いところです。三回忌以降は家族だけでという場合が多いので、一周忌法要はとても大切な法事と言えます。 初七日(七日法要)や四十九日法要は年忌法要ではありませんし、一周忌はこれで喪があける大切なタイミングです。しっかりご遺族の心に寄り添って、できるだけご遺族には負担にならないように参列しましょう。 特に、お供え物を持参するのであれば「お供え物」+「御仏前」と現金を持参しましょう。「御仏前」には参列する人数に合わせた額を入れるのがマナーです。大人二人なら少なくとも3万円は包みましょう。 施主側は、引き出物(粗供養)と御膳(お斎)を用意していますので、負担をかけないためにも心遣いが必要です。

「御仏前」と「御供物料」どちらがいい?

地域によって、一周忌などの年忌法要で現金を包む場合に不祝儀袋に「御仏前」と書くのか「御供物料」と書くのか分かれることがあります。まず、間違いないのは「御仏前」です。その現金(心遣い)は故人様のために、という意味を込めて「御仏前」にしておけば無難です。 ただ、親戚関係が仲良く「この花代は家が持つよ」などと言い合える仲であれば、花代を渡す時には「御供物料」と白い封筒に書いて入れたり、不祝儀袋に入れて渡しましょう。ただし、基本的には「御仏前」も用意するのが妥当です。 特に兄姉など、自分の兄弟が施主ならばなお更です。自分の親の一周忌に対して施主におんぶに抱っこ、という訳にはいきません。足しにしてくれと言わんばかりに少し多めに「御仏前」を包んで当然です。 また、間違えやすいのが「御霊前」ですが、不祝儀袋に「御霊前」と書いて使うのは四十九日までですので、一周忌法要の場合は気を付けましょう。

「お線香」をお供えとして持参してもいい?

「お線香」をお供えとするのは全然問題ありません。その代わり、あまり大量に入っている物は避けましょう。使い切る前に湿気ってしまう可能性があります。お線香を一周忌のお供え物とするのであれば、不祝儀袋とそう変わらないサイズの物が良いでしょう。 「御仏前」をお渡しする時に、お線香の上に不祝儀袋を置いて一緒に渡せるからです。とはいえ、「御仏前」でお金を包んでいるのであれば「とにかくお供え物も用意しなくては」と悩む必要はありません。 一周忌法要での大きなお供え物は、法要の段取りを決めながら、誰が花代を出すか、誰が篭盛りを出すかまで決めています。お線香はほんの気持ちですので、新盆に送ったり、不幸の知らせを聞いたけれど葬儀に参列できず香典を後から持って行く時など、ちょっとした気遣いに沿えると丁度良いアイテムです。

故人との間柄別の一周忌のお供えの相場

一周忌では、故人との間柄が濃い程お供え物を担当することになります。葬儀・告別式を思い出してもらえれば分かり易いですが、祭壇の脇には「お花・果物・お菓子」の篭盛りがずらり並んでいます。 そこに、「供:〇〇〇〇」とそのお供えを提供したのは誰かわかるように名前が書かれます。一周忌では葬儀・告別式の時のように大々的にお供え物を並べたりはしません。ですので、最近では「お金を包む」というスタンスが当たり前になって来ています。 一周忌法要で担当するのがお供え物だけというのは、身内として恥ずかしいところです。お供え物を出すことになっても施主はしっかりあなたの世帯の分の引き出物と御膳を準備しているので、その分をカバーするくらいは「御仏前」として別途包みましょう。

施主の兄弟・その他親族・孫などの相場は?

身内は故人との間柄で相場がかなり違ってきます。例えば故人と同居していて家族の誰かが施主である場合は、「御仏前」などを施主に渡す必要はありませんが、一周忌の「花・お菓子・果物」の篭盛りの一つは出しておきましょう。 同居以外の身内であれば、一周忌の御供え物は施主から「出してくれないか」と連絡がない限り、突然贈るのは良くありません。特に喪主の兄弟や、故人の兄弟・子供であれば「お供えどうしたらいい」かと連絡してみることが一番です。 一周忌のお供え物は、葬儀の時と同じように最後は参列者に分けて持って帰ってもらうものなので、全員で自由に送ってお供えがカブることがあります。そういうことがないように、一周忌のお供え物は連名で出し合ったりと必要以上に増えないようにしましょう。そうなると、予算はどれも一人3千円からが相場になります。

故人と同居していなかった場合「御仏前」の相場は?

■故人の兄弟 20代~30代/10,000円~30,000円・40代以上/~50,000円 ■故人の子供 20代~30代/30,000円~50,000円・40代以上/50,000円~ ■故人が義兄弟 20代~30代/10,000円~30,000円・40代以上/~50,000円 ■故人が兄弟夫婦 20代~30代/30,000円~50,000円・40代以上/50,000~ ■故人が祖父母 20代~30代/5,000円~20,000円・40代以上/10,000円~ ■故人が伯父・伯母(叔父・叔母) 20代~30代/5,000円~20,000円・40代以上/~50,000円 ■その他親戚・親類 20代~30代/5,000円~10,000円/40代以上/10,000円程度

親など世帯主がまとまった額を包んでいる場合

自分が世帯主である場合は「御仏前」としてまとまった額を包むのは常識ですが、世帯主とは別にお金を包む場合は世帯主よりも少ない額を包みましょう。額が千円単位の場合は心付のようなものなので、「御供物料」や「ろうそく代」と封筒に書いた方が控え目です。 地域によっては一周忌のお供え物は施主家が用意するので「御仏前」と「ろうそく代」を包む傾向もあります。施主と親しい関係ならば、やはり御供え物はどうするのか直接聞いた方が正解です。 血縁関係がない婚姻族での親戚の場合は、一周忌のお供え物を既に用意していることがあるので、一方的に贈るのは控えてお金を包む方が施主にとっては有り難い場合がほとんどです。

親しい友人・知人として参列する場合の相場は?

一周忌だけでなく、最近の法事・法要・年忌法要は親戚だけで執り行うことが当たり前になって来ました。とても親しかったからと言って、友人や特に知人を招くことはごく希です。 案内状が届いて参列する場合は、お供え物の心配はしなくても良いでしょう。その代わり「故人を偲んで」と、こういう時にお線香が役に立ちます。「お仏前」だけを持って行くよりも、「お供え物(お線香)」を添えてお渡しするとスマートです。 また、一周忌ではあるけれど多く包めず10,000円だけ「御仏前」として包むような場合は、白封筒に「御供物代」または「ろうそく代」と書いて、2,000円~5,000円程度を別途包んで一緒にお渡ししましょう。

供物よりも不祝儀袋に現金を入れて渡す方が良い

施主と話をして一周忌のお供え物の一部を負担することになった場合は、こういった封筒に「御供物料」と書かれた物が売っていますので、自分の名前を書いて「御仏前」とは別に準備しておくと良いでしょう。 後に施主が「〇〇がお花のお供え担当だったな」と、各お供え担当に金額分を回収して回らないで済むように気遣ってあげることも大切です。 一周忌の「御仏前」が少ないかなと自覚しているために「御供物料」として3,000円~5,000円程度包むのであればこういった封筒でなく、白い縦封筒を使うと施主が「これは志なんだな」と気付いてくれやすいので、派手な封筒は控えましょう。

一周忌に故人を忍んで手をあわせたい・何かしたい

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

故人が大切な友人だったり、お世話になった知人や恩師である場合もあります。葬儀に参列したのであれば、一周忌がそろそろだというのは言わずとも1年後ということで判別できます。しかし、一周忌も現代では親戚・親族のみで行うことが通常になってきました、 しかし、節目となる一周忌に「故人を忘れてはいないよ」という意味を込めて何かしたいと感じているならば、いくらでも故人を偲び、それをご遺族に伝える方法はたくさんあります。「気は心」です。遠慮せずにお供え物に一筆添えてご遺族に贈り物をしましょう。

一周忌のお供えを郵送してもいい?マナーはある?

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

故人が友人・知人である場合、一周忌法要に呼ばれなくても当然です。基本的に法事は身内でお行う現代ですから、心伝わる贈り物に手紙を添えてご遺族に贈ると良いでしょう。ただし、高価な物になるとご遺族側が恐縮してしまうので、ちょっとしたもので十分です。 生前お世話になったなら、思い出を綴るのも良いでしょう。ご遺族が心温まるような、あまり暗くならない内容の贈り物と手紙を一緒に送りましょう。そこで、ちょっと変わったお線香とろうそくもご紹介します。普通のお線香やろうそくよりも、ご遺族には喜ばれること間違いなしです。

一周忌のお供え物を送る時期はいつ頃が良い?

一周忌のお供え物は、マナーとして一周忌法要当日の前に到着するように送ります。菓子折りや、果物篭、あなたが身内の場合は特にこのマナーは大切です。ただ、あなたが故人の友人や知人で、一周忌だからと気持ちばかりのお供えを送るのであれば、このマナーの限りではありません。 一周忌法要に見せびらかすようなものでは、ないのであれば、命日の「月」の間に贈りましょう(例えば命日が5月なら5月中に届くように)。遅れて届いてしまうのであれば、その旨のお詫びを一筆書くことも大切です。 次にご紹介する変わり種のお供え物などは、ゆうパックや小包(定形外郵便)で送れますが、現金を送る場合は「不祝儀袋」に現金を入れて、現金書留郵便で送りましょう。

変わり種「お線香」に故人への感謝を込めて

一周忌だけでなく、お仏壇に手を合わせる機会がある時に持参すると喜ばれる「ありがとう線香」です。実はこのお線香、燃えていくと徐々に杯に「ありがとう」と浮かび上がります。 友人・知人・恩師の一周忌などに贈るにはピッタリのお線香です。生前の感謝を込めて、と一筆書けばさらにご遺族にも喜ばれるでしょう。「南無阿弥陀仏」バージョンもありますが、宗教が分からない時などは「ありがとう」が一番良いチョイスです。とってもおすすめなお線香です。

こんな御線香見たことなかったのでとても気に入りました。最後に素晴らしい文字が出るなんて画期的だと思います。

変わり種「ろうそく」も喜ばれる供物になります

故人の好物・コーヒーろうそく、は故人がコーヒー好きだった方ならピッタリです。型にハマらず、故人の好物だった物を模ったろうそくは一周忌などのご遺族への贈り物には人気の品です。 アロマキャンドルとしても使えますが、とてもオシャレで故人を想ったお供え物にもなります。お仏壇用の和ろうそくを送っても、そんなに火を灯す機会がある訳ではないので場所を取るだけになってしまうこともあるので、こういった変わり種の「故人の好物ろうそく」は微笑ましく喜ばれます。

お仏壇に丁度いいサイズでした。 父がコーヒーが大好きだったので、お皿つきのを捜してました。 とても可愛いし、ロウソクが終われば本当のコーヒーをいれてあげたいです。

親戚なのに一周忌に招待されていない場合は?

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

もし、あなたが親戚なのに故人の一周忌に呼ばれなかった場合は、施主側の配慮の可能性が高いです。一周忌に参列するということは、少なくとも数万円は包まなくてはいけないと考えましょう。故人の兄弟などだけの本当の親しい身内だけで、他の親戚には負担もかかることだし、と遠慮している場合もあります。 また、一緒に住んでいる家族だけで僧侶を呼んで簡単に済ませようと施主が考えている場合もあります。一周忌に呼ばれなかったからと言って、問い詰めたりすることは止めましょう。 一周忌を執り行うということは、施主側にとっても時間的にも金銭的にも負担のかかることですし、「どうして一周忌をしっかりしないんだ」などと責めることは現代的にはあまり良しとしないことです。

法要・食事が終わって「ほっ」とした頃にお邪魔する

昔のしきたりを守りたいという年配の方もおられるでしょうけれど、一周忌を行う側の状況を考慮することも大切です。どうしても気になるのなら、「そろそろ一周忌だけど、なにかするの」とチラッと尋ねる程度にしておきましょう。 そこで、施主側から「本当にこじんまりと兄弟だけですることにしたの」「お寺さんの関係で平日になったから誰も呼ばないことにしたの」などと、あなたに対して悪意はない返事があった場合、お仏壇にお供え物だけでもと考えるのも当然です。 訪問する場合は、法要やお斎も終わり皆が解散した頃を狙ってお仏壇に手を合わせに行く程度にしておきましょう。お供え物は、施主の家で消費できるような物が良いでしょう。親戚が一人でも参りに来ると施主側は気を使って後日お礼を持ってくる可能性もあります。「御仏前」か「ろうそく代」を包んでおく方が良いでしょう。

気を付けよう!宗派別の一周忌のお供えのマナー

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

ここまでは基本的な仏教の一周忌に関することでしたが、「死」に対して仏教徒は違う感性を持つ他の宗教は、命日から1年後をどう過ごすのかご紹介します。もし、参列することになった場合は、粗相のないように注意しましょう。

キリスト教

キリスト教信仰者をクリスチャンと言いますが、その中でも「カトリック」と「プロテスタント」に分けられます。キリスト教における「死」の受け止め方は仏教とは違い、生前の罪を許され紙の御元にゆくことができると、決して悲しいこととは捉えません。そこで、クリスチャンは「一周忌」という概念がありません。 1年後に行われる行事を、カトリックならば「追悼ミサ」と言いますが、本来このミサは亡くなってから3・7・30日目に行われるミサです。そしてプロテスタントでは「昇天記念日」とされ「記念集会」を開きます。

「御仏前・御供物代」に変わるものは?

キリスト教では何事も「御花料」とされることがほとんどです。仏教の一周忌と似ている点は、「御花料」もしくは「供物」を持って行く点です。金額にすると相場は10,000円がベースですが、故人との付き合いの長さ、関係の深さによってもう少し花を足しましょう。 ・封筒は白(水引はなし) ・表書きには「御花料」「御花輪料」と書くと良いでしょう。 ・その他宗派によって使う表書き、カトリック「御ミサ料」/プロテスタント「忌慰料(きいりょう)」です。 実際「御霊前」はどんな宗教・宗派でも使えるとされていますが、信者の方が怪訝に感じることもありますので避けましょう。

真言宗

一度は聞いたことのある偉人「弘法大使」「空海」が開いたとされるのが「真言宗」です。この真言宗でも一周忌は仏教徒同じように行われるので、あまり肩肘張らずとも大丈夫です。 ただ真言宗での「御仏前」は各家で行うかどうか決めるのは施主です。真言宗で一番核になるのは、施主がご住職にお渡しする「お布施」がメインとなります。一周忌のお布施1万~10万の間で身の丈を考えた額をお渡しします。 年忌法要だけでなく・お彼岸・お盆など法要によってお布施が違ってきます。また、お布施は新券が基本で、表書き面にお札の面が来るように入封します。渡し方もしきたりがあります。あなたが施主で無いのでああれば、手出し無用です。頼まれたことだけをしていれば良いでしょう。

天理教

天理教での「死」についての考え方は、「借りていた体を神様に返すとともに、次の体が見つかるまで、神様に魂を預かってもらう」という意味をもちます。そこで仏教では一周忌と言っていることを、「一年祭」と悲しみのない状態で表します。 続いて、五年・十年・二十年祭~五十年祭まであります。仏教でのお葬式というよりは、神道ですので葬儀も「神葬祭」という風な儀式になります。 天理教において不祝儀袋を包む場合の表書きは、基本的に「玉串料」と考えましょう。「御霊前」でも特に問題はありませんが、できれば「御榊料」などと、神道に沿った言葉を使う事が望まれます。 一周忌(一年祭)では、数珠も不要ですし、気楽かと思いきやドレスコードにNGがいくつもあるので、その点を気を付けましょう。

一周忌のお供えののしの書き方

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

本来、のし紙はめでたい時に使う掛け紙のことを指します。そのため、法事や葬儀で使っている「白と黒」の水引の描いてあるのし紙は本来「掛け紙」と呼ばれます。最近では「弔事用のし紙」とも呼ばれるようになました。 一周忌のお供え用に使われる「掛け紙」は「白黒・黄白・双銀(青白)」の水引のものを選びます。ただ、西日本と東日本、または地域によって使われる水引の色が決まっていたりするので注意が必要です。 もし、一周忌法要に出席できずに「お供え物」だけを送る場合は、「内のし」と言って包装紙の下にのし紙をかけてお送りしましょう。当日物は、包装紙の上からのし紙をかける「外のし」にします。

表書き

のし紙の水引の上には、「御供物」「御供」と書きます。四十九日を過ぎているので、薄墨は使わず「濃墨(真っ黒な墨)」を使います。百均などでは「御供」のハンコも売っているので、引き出物など多く書かなくてはいけない場合は、スタンプ式の物を使うと良いでしょう。

「御供」のスタンプは一つあると便利です!

施主でなくとも、一周忌や法要事に関わらず、お盆にお仏壇にお供えする物などにも「御供」という表書きをします。意外と「御供」は通年通して使う機会が多いので、スタンプがあると便利です。 掛け紙もスタンプも百円均一に売っているので、一式そろえておくと意外と役に立ちます。お盆やお彼岸に、実家や親戚の家を訪問した際に、ちょとしたお菓子を包装して、「御供」の掛け紙を掛けてお仏壇参りもしましょう。

名前はフルネームで書くの?

水引の上中央に「御供(おとも)」もしくは「御供物(おくもつ)」と書いたら、下中央には送り主の名前を書きます。一周忌などに参列した際に贈る場合は、送り主の名前をフルネームで書きます。 しかし、法要を行った施主が引き出物などお返しで送る場合は、施主の名前をフルネームで書くのではなく、「〇〇家」という風に、苗字に家を付けて施主側からのお返しであることを表すように書く事がマナーです。

一周忌のお供えに添える手紙・メッセージの書き方

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

もし、一周忌に参列できずにお供え物と御仏前を送ることになった場合、ただ送ったのではあまりにも雑な雰囲気になってしまいます。そこで、一言でも良いので何かメッセージを添えて贈りましょう。

参列できずに「供物・御仏前」を贈るときの文例

・〇〇(故人)様の一周忌にあたり、心ばかりの品をおくらせて頂きました。ご仏前にお供え頂ければ幸いでございます。あらためて〇〇様のご冥福をお祈り申し上げますと共に、ご家族のみなさんのご健康をお祈り申し上げます。 ・〇〇様の一周忌法要にあたり、心ばかりのお花をおくらせていただきました。在りし日のお姿を偲びつつも、あらためて心よりご冥福をお祈りいたします。

一周忌の参列者へ渡すお礼の品の選び方

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

一周忌法要のお供えや「お斎」の際の御膳の内容や予算を決めるのも一苦労ですが、最後に参列者に持ち帰っていただく「引き出物(粗供養)」も悩むところです。 全体的な予算から、これまでの予算を引いた額でありながら、「御仏前」や「御供物料」を頂いたのであれば、その半分の額程度のお返しはしましょう。お供え物の一部や、お餅なども引き出物に入れることも考えつつメインとなるお返しはどんなものが良いか迷います。 まず、間違いないのはカタログギフトですが、今後三回忌もそれなりに親戚を呼んで行うのであれば、その時にカタログギフトで締める方が良い場合もあります。業者のカタログから選ぶという方法もありますので、好き嫌いがハッキリするような品物は避けて、消え物を選びましょう。

一周忌のお返し「粗供養」に丁度良い品3選

一周忌法要の引き出物(粗供養)に人気のある品物の中から、3つセレクトしてご紹介します。カタログギフトは葬儀や法事など専用のもので、表紙も落ち着いています。金額に応じた物がありますので、安心して下さい。

「感謝のきもち」があふれるお菓子

この「おかき」はエビマヨとサラダ風味の2種類が入っているので、子供から大人までついつい手が伸びてしまうお菓子です。しかも、最初から「感謝のきもち」というタイトルの菓子折りなので、一周忌法要に参列して下さった方への感謝の気持ちをそのまま表せるおすすめな菓子折りです。

ちょっとしたご挨拶に最適で、助かりました! 気持ちも伝わる気がします。

祭壇にお供えしたらそのまま引き出物として渡せる品

お菓子の篭盛りですが、サイズが小さいので祭壇やお仏壇横にお供え物として置いておくと華やぎます。しかも、参列者にはそのまま引き出物としてお持ち帰りいただけるのでとても便利な洋菓子の詰め合わせです。

身内だけでの法要に使わせて貰い、私どもではサイズも色合いも落ち着いていたので良かったです。

一周忌で大きな法要を終わらせるならカタログギフト

このカタログギフトは法事・法要用のカタログギフトなので、表紙も落ち着いていて、引き出物にはとても人気があります。引き出物の予算によって、他にも種類があるのでとても便利です。 親戚を呼んで大々的に年忌法要をするのは一周忌だけにしようと考えているのであれば、丁度良い品です。法要は毎回カタログギフトというのは流石に芸がないので、大きな法要はこれで最後ですよ、という気持ちも伝わります。

カタログの中身もそっとチェックしましたが幅広い年齢層に喜ばれそうな商品ばかりで高級感も感じました。

一周忌の粗供養と一緒にお礼状も添えましょう!

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

周忌法要でも、葬儀・告別式の引き出物や香典返しに添えるお礼状と同じく、参列して下さった方へのメッセージを添えます。葬儀・告別式と同じく基本的に例文はパターンが決まっています。 業者に引き出物を依頼すると、故人の名前・施主の名前などを知らせると共に、数パターンの中からお礼状を決めるだけであっさりと作成して添えてくれるのであまり悩む必要はありません。お礼状の基本的な例文をご紹介します。 葬儀と違う点は、一周忌で喪が明けるため、施主家はこれでホッとするといった内容も盛り込まれることがある点です。

一周忌法要のお礼状の例文

・ 拝啓 亡父 ○○○○儀 一周忌法要に際しましては、ご多忙中にもかかわらずご参列を賜り誠に有難く、心より厚く御礼申し上げます。早速拝趨の上お礼を申し上げるべきところ、略儀ながら書中を持ちましてお礼申し上げます。 敬具 ※この後に続いて、法要を執り行った日付け、施主の住所、施主の名前、そして「親族一同」と書いて締めます。 もし、参列できずに御供物・御仏前を送って下さった方がいたら、お返しの品(粗供養)と併せてメッセージも一緒に贈りましょう。書く内容は変わりません。「ご多忙中にもかかわらずご鄭重なるご厚志を賜り」と、しい中でもこうして一周忌のお供えを選び送ってくれたということに触れて感謝しましょう。

参列者は施主側の大変さも考慮してあげましょう

一周忌のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

一周忌法要を親戚・親類一同を呼んで執り行うということも少なくなって来ました。そこで、年忌法要の案内が来たのであれば、参列するしないに関わらず「お供え物」よりも「御仏前」を用意しましょう。 葬儀・告別式、そして四十九日法要と何かと慌ただしく、やっと喪が明ける施主家ですが、案内を出した方には失礼のないように色々と準備をします。もちろん、参列者が考えているよりも費用はかかっています。 お供え物も必要な場合がありますが、まずは用意して下さった自分の分の「お斎(御膳)」代程度は御仏前を包んで、施主側の負担を軽くしてあげましょう。 そして、これでようやく肩の荷がおりた施主を労わりつつも、故人を偲んで、故人の思い出を語りながら一周忌法要の御膳を囲みましょう。

アクセスランキング