IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

法事のお金の相場とマナー|袋/入れ方/書き方/新札・一周忌

ビジネスマナー

四十九日法要や一周忌などの法事にお供えとしてお金を持参する人も多いのでは?その時に、どう表書きを書いたらいいのか、マナーのある渡し方や法事につつむお金の相場はいくらくらいなのか、などなど法事のお金について解説していきます。

更新日時:

法事にお供えとしてお金を持参する場合の基本

故人とのお別れの儀式である葬儀を終えて、次に遺族と顔をあわせるのは四十九日法要や一周忌法要など法事の場となります。法事に参列する時に、お金をお供えとして持参する時の基本やマナーなど、知っておきたいことを確認しましょう。

法事のお金はなんと呼ぶ?

法事に参列をする時に、故人が好きだった果物などをお供えに持参する人もいればお金を持参する人もいるでしょう。品物にかけるのし紙には「御供」という表書きを書く人が多いですが、持参するお金ののし袋にはどのように表書きを書けばいいのでしょうか。宗教によっては表書きの言葉が変わってきます。ではどのように書けばいいのか宗教別にみていきましょう。

法事が仏式で行われる場合

法事が仏式で行われる場合、お金をつつんだのし袋の表書きは以下のように書けばマナー違反にはなりません。 ・御佛前、御仏前、ご仏前 ・御香奠、御香典 ・御供物料 お通夜や告別式に参列する時に持参するお金の表書きには「御霊前」という言葉を書く人もいます。仏教では人が亡くなると霊魂となり七日ごとに審判を受け、四十九日目に閻魔大王の最終の裁きを受ける、ということから御霊前という言葉は四十九日法要以降の法事には使用しません。間違って表書きに書くことが無いように気をつけましょう。

キリスト教の場合

キリスト教の場合、カトリックなのかプロテスタントなのか宗派によって死そのものに対しての考え方にも違いがあります。カトリックでは永遠の命を得ることとなりますし、プロテスタントでは神様のお側に行くこととされていて、どちらも「死は悲しむことではなく祝福されるべきこと」とされています。

カトリックの場合

仏式の法事にあたるものをカトリックでは追悼ミサといいます。 この追悼ミサは亡くなられてから三日目、七日目、三十日目に教会で、親族や知人・友人を招いて行われます。命日のことを昇天日と呼びますが、一年後の昇天日には盛大に死者記念のミサを行い、以後は十年目、二十年目に盛大なミサを行う場合もあります。 お供えのお金を持参する場合、表書きには以下のように書くといいでしょう。 ・御花料(おはなりょう) ・御ミサ料 ・御霊前

プロテスタントの場合

プロテスタントでは法事にあたるものを記念集会と呼びます。亡くなって1カ月後の昇天記念日に自宅や教会で記念集会を行い、親族や知人を招いて牧師を中心に祈りを捧げた後、追悼のための茶話会を開くことが多いです。 仏式の年忌法要のように決まった法事はありませんが、1年目、3年目、7年目の昇天記念日には教会で追悼の記念集会が開かれます。お供えのお金を持参する場合は以下のように書くと良いでしょう ・御花料 ・忌慰料(きいりょう) カトリックでは書く御霊前という表書きは、プロテスタントでは教義が違うため書きませんので注意しましょう。

神道の場合

仏教では故人が亡くなってから七日ごとに忌日法要を行いますが、神道では十日ごとに霊祭という儀式を百日目まで自宅や墓前で行い、神社では行いません。一年目の命日以降の年忌法要も式年祭と呼び一年祭、三年際、五年祭、と儀式を行い十年祭以降は十年単位で行います。 神道の場合、持参するお金の表書きは以下のように書くと良いでしょう ・御神前(ごしんぜん) ・御玉串料(おたまぐしりょう) ・御榊料(おさかきりょう) ・御神饌料(ごしんせんりょう) ・御供(おそなえ) ・幣帛料(へいはくりょう)

お金は新札を使用してもいい?

お金は新札を使用してもいい?

お金は新札のほうが綺麗ですし気持ちがいいものですがお通夜や葬儀など、不祝儀事で使用するお金は新札を使用しないことがマナーとされています。これは新札だとまるで不祝儀を待っていたかのように捉えられるためと言われています。かといって、あまりに使いこんだお金も失礼にあたります。適度に使用したお金をつつむようにしましょう。 ですが新札しか手元にない場合もありますし、最近ではあまり新札かどうかということにこだわらない人も多くなっています。とはいえ、年配の方はやはり気にする人も多くいます。手元に新札しかない時は、そのままのし袋につつむのではなく、一度、折り目をつけるようにすると良いでしょう。

法事のお金を入れるのし袋のマナー

法事にお金を持参する時に、そのまま持って行く人はいないでしょう。必ず、不祝儀用ののし袋に入れていきます。ですが、そののし袋も宗教によって使用できるものやできないものがありますので気をつけて準備をしましょう。 のし袋に蓮の花の絵が描かれていたり、型押しのようになっている物がありますが、これは仏式の葬儀や法事にしか使用できません。手元に蓮の花の絵が描かれている物しか無いからといって、神道やキリスト教の葬儀などに持参するのは重大なマナー違反となります。 無地ののし袋はコンビニなどでも手に入るようになりましたので、お金を持参する場合はきちんと用意をすることが大人としてのマナーです。

仏式、神道で使用できるのし袋

のし袋を使用できるのは法事が仏式または神道で行われる場合ですが、共通しているのは水引の結びの形です。仏式においても神道においても水引はあわじ結びもしくは結びきりのものを使用します。 あわじ結びは鮑結びともいい、上のイラストの結び方です。これは一見、解けそうに見えても簡単にはほどけないところから二度と繰り返したくない事柄の場合、お金をつつむ時に使用します。結びきりは固結びようになっている結び方で固く結ばれて解けないところから、やはり繰り返したくない事柄の場合に使用します。 水引の色は、仏式の場合は黒白、双銀(左右共に銀色)を使用します。関西や山陰地方、北陸の一部の地域など、黄色と白色の水引を使用する所もあります。神道の場合は黒白、双白(左右共に白色)などを使用します。

キリスト教で使用するのはどんな封筒?

キリスト教の追悼ミサや記念集会にお金を持参する時に使用するのはのし袋ではなく、十字架や百合の花が印刷されているキリスト教専用の封筒を使用します。これはコンビニなどで手軽に手に入るというものではないので、用意できない場合は白封筒でも良いでしょう。 ただし、その場合は郵便番号の枠が無いもの、手紙を送る時に使用する二重になった封筒は絶対に使用しないようにします。 お通夜や葬儀といった急に知らせがくることとは違い、法事などはあらかじめ予定がわかっている場合がほとんどです。間近になって慌てないように、お金やのし袋は用意をしましょう。

表書きの注意点

不祝儀袋に表書きをする時に気をつけたいのは字の大きさです。水引があるため書きにくいという人もいるでしょうが、つい字が小さくなってしまうことがあります。上部に書く「御供」などといった文字よりも、下部に書く自分の名前の方が大きくなるのはマナー違反となりますので気をつけましょう。 また、のし袋は意外と墨を吸います。なのでのし袋に直接、書く場合は筆に墨を充分にふくませて文字が掠れないように書きましょう。最近はあらかじめ、御香典などの文字が書かれている短冊がついているのし袋もあります。これだと氏名を書くだけでいいので便利ですが、短冊が落ちないようにのし袋に糊で貼りつけるなどの心遣いをしましょう。

名前の書き方

1人の時はのし袋下部の中央に上部の文字よりも少し小さめの大きさでフルネームを書きます。連名の場合は右側に目上の人の名前を書き、左側に次の人の名前を書くようにします。 夫婦でお供えのお金を包む時は基本的には主人の名前のみ書きます。夫婦2人の名前を書く場合は、主人の名前はフルネームで書き、妻は名前のみを夫の名前の左横に書きます。または主人の名前の横に「内」と書きます。

3名および3名以上の複数の場合

親族や会社の部署で法事のお供えをする場合、3名以上での連名になることがあります。3名の場合の氏名の書き方は1番目上にあたる人の氏名を右に書き、あとは順に並べて書きます。 3名以上の場合は全員の氏名を書くと読みづらくなるなどの理由から代表者の氏名のみを書きます。表書きには代表者の氏名の横に「外一同」と書き添え、別の紙に全員の氏名を書いてのし袋の中に入れておきましょう。氏名を書く紙は白い紙を使用することも忘れないようにします。 会社の部署でまとめる場合は「○○部一同」という表書きでも良いです。その場合も全員の氏名を書いた紙をのし袋に入れるのを忘れないで下さい。 まれに気を使って代表者の氏名しか書かない場合がありますが、誰にお礼をしたらいいのかが判らないため、かえって喪主などに気を使わせることになります。人数の名前を書くほうがマナーに適っていますので全員分の名前を書くようにしましょう。

金額の書き方

法事のお供えのお金に限らず祝儀不祝儀事ともに、金額を書く時は1、2、3などのアラビア数字ではなく漢数字を使用します。できれば旧字体で書くようにすれば尚、良いでしょう。 旧字体で書く場合は以下のように書きます。 ・1→壱、2→弐、3→参、5→五または伍、7→七、8→八、10→拾または十 ・万→萬、円→圓 のし袋に金額を書く場合は中袋に書きます。中袋の表に書く場合は中央に「壱萬圓也」と書き、裏に書く場合は氏名の左横に書きます。

お金の包み方と向き

法事に限らず、のし袋にお金をつつむ時は中袋に入れて相手にお渡しします。お金を中袋に入れないのは3,000円以下の金額の時と直接、渡せない場合に郵送する時などです。中袋が無い時は習字で使用する半紙でお金をつつみましょう。 お金は人物の顔が描かれているほうが表となります。中袋に対して表が見えるようにするのか、裏向きにするのかは諸説あります。ですが、表裏が混ざったり上下がバラバラになったりすることが無いようにだけは気をつけてください。 半紙で中包みをする場合は下記のサイトの折り方を参考にしてください。

お金を喪主へ渡す時は?

法事などで男性がスーツの上着の内ポケットから、何にも包んでいないそのままのお香典袋を出す光景を見ることがありますが、これはマナー違反です。告別式や法事などにお金を持参する時は弔事用の袱紗に包んで喪主や遺族にお渡します。 袱紗には慶事にも弔事にも使用できるように表裏二重になっている物もありますし、板がついていてのし袋が折れないようになっている物、男性がポケットに入れやすいように薄くなっている物など様々あります。 お通夜は急に知らせが来るものなので、袱紗の準備ができなくても仕方がありませんが、法事などはあらかじめ予定が判っています。わかっているのに袱紗などを用意しないのはマナー違反ととられても仕方がありません。マナーを知らないなどと思われないように準備をしておくことをおすすめします。

法事のお金の相場

法事にお金を持参する時、つつむ金額を迷うこともあるでしょう。法事の後の会食がある場合とない場合、会食に参加する場合としない場合などによって金額は変わってきます。また故人との血縁関係よっても変わってきます。 以下の金額は、法事の後の会食(お斎)に出席する場合の金額ですが、その会食に出席しない場合は少なめでも良いでしょう。とはいえ、法事の後の会食は遺族が参列者に対し、感謝の意味を込めて準備することが大半です。そのことをふまえてお金をつつむようにしましょう。

四十九日法要

四十九日法要につつむお金の相場としては以下のようになります。法事のみに参加する場合は下記の金額よりもおさえても良いでしょう。 ・故人と血縁関係があり、会食にも出席する場合:20,000円 ・夫婦で参列し会食にも出席する場合:30,000円~ ・友人として参列し、会食にも出席する場合:10,000円~30,000円

一周忌の法事

一般的なお金の相場金額としては以下のようになりますが、一周忌の法事は喪明けの法要も兼ねていることが多い法事です。なので手厚く執り行なうケースがありますので、その場合は金額を増やすなど臨機応変に対応しましょう。 ・故人と血縁関係があり、会食にも出席する場合:20,000円 ・夫婦で参列し会食にも出席する場合:30,000円~ ・友人として参列し、会食にも出席する場合:10,000円~30,000円

三回忌、七回忌の法事

一周忌の法事に比べて、三回忌や七回忌の法事は法事そのものを控えめに執り行なうことが増えています。その事をふまえてお金の相場は以下のようになります。 ・故人と血縁関係があり、会食にも出席する場合:10,000円 ・夫婦で参列し会食にも出席する場合:20,000円~ ・友人として参列し、会食にも出席する場合:5,000円~10,000円

十三回忌の法事

十三回忌以降の法事の場合、法事そのものを弔い上げとするケースがあります。弔い上げとする場合、法事を手厚く執り行なうことがありますので、その時は以下の金額よりも多めに包みます。弔い上げをしない法事の一般的な金額としては以下のようになります。 ・故人と血縁関係があり、会食にも出席する場合:10,000円 ・夫婦で参列し会食にも出席する場合:20,000円~ ・友人として参列し、会食にも出席する場合:5,000円~10,000円

相手別のお金の相場

法事のお金は、故人と参列者の関係性によっても金額が変わってきますし、一般的にお金の金額は自分の年齢が高いほど上がります。これは若い場合は収入も少ないであろう、という配慮からといわれています。また、故人とは血縁関係にある、など関係性が深い場合もそうでない場合に比べると金額が高く傾向にあります。

親、兄弟姉妹の場合

親、兄弟姉妹の場合

悲しいことですが、親との別れは必ず訪れます。自分の親や義理の親の法事の場合、お金の相場としては3万円から10万円が目安となります。また、自分の兄弟姉妹や義理の兄弟姉妹が亡くなった場合は、3万円から5万円がつつむお金の目安となります。 どちらの場合も、自分が喪主の時はお金をつつむ必要はありませんが、兄弟姉妹が喪主の場合はお金をつつむようにしましょう。

子供の場合

子供の場合

本来ならば、子供を先に見送るということは避けたいことではあります。ですが、様々な理由でこのような事が起きることもあります。以前は「逆縁(親が子供を、夫が妻を亡くした時)」といって葬儀などには参列しない、ということもありましたが最近はそのような事は少なくなっています。これは親が喪主を務める場合が多いからです。 法事の場合も親が喪主を務める場合が多いため、お金はつつまないことが多いですが、子供が結婚などで別所帯を持っている場合はつつむことが多くなります。この時の金額は、親の経済状況にもよりますが10万円からというケースが多く見られます。

祖父母の場合

人生で初めての葬儀や法事を経験するのは祖父母のとき、という人も多いのではないでしょうか。子供の時ならばつつまなくてもいいですが、社会人となっていればやはりつつんだ方が良いでしょう。 祖父母の葬儀や法事につつむお金の相場としては、自分の年齢が20代の場合は1万円から3万円となり、30代以上ならば3万円から5万円となります。

お供えは相場にこだわらないでも良い

いかがでしたか?お金を持参する時は、喪主や遺族が整理しやすいように中袋にも住所と氏名、金額を必ず書くなどマナーを守ることが大切です。法事などや祝儀不祝儀の際に持参するお金の相場はあくまでも参考にするものです。自分が「故人にはお世話になったし、この金額をお供えしたい」というものがあれば、相場よりも上になっても構いません。 ここで述べたマナーは最低限守って、心をこめてお供えをしましょう。

関連タグ

アクセスランキング